第貮海南丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 14.12.23:進水、命名:第貮海南丸 --.--.--:竣工
--.--.--:
16.08.22:徴傭 16.09.05:入籍:内令第1025号:特設監視艇、佐世保鎮守府所管
16.10.15:内令第1253号:馬公防備隊所属 16.10.15:戦時編制:馬公要港部部隊馬公防備隊 16.11.20:戦時編制:馬公警備府部隊馬公防備隊 16.12.--:馬公 17.01.15:機密馬公警備府命令作第6号:       馬公防備隊司令は官房機密第77番電に依る特設監視艇第十八南進丸第二十一南進丸、       第二十六南進丸第二十八南進丸第一海南丸、第二海南丸、第三朝洋丸第十六南進丸、       第二十二南進丸第二十七南進丸をして準備出来次第、馬公発佐世保経由横須賀に回航せしめ       第五艦隊に引渡すべし
17.01.15:内令第93号:第七防備隊所属 17.01.15:戦時編制:聯合艦隊第五艦隊第七根據地隊第七防備隊 17.02.01:内令第198号:横須賀鎮守府所管に変更
17.02.01:特設監視艇隊編制:内令第195号:第一監視艇隊 17.02.01:戦時編制:聯合艦隊第五艦隊第一監視艇隊 17.02.01:軍隊区分:北方部隊哨戒部隊第一哨戒隊第四小隊(144) 17.02.01:監視艇長:海軍兵曹長 坂元 松男 17.02.14:横須賀〜      〜02.19 0000 ル哨戒線着哨〜      〜02.24 1600 徹哨〜      〜02.27釧路 17.02.25:特設監視艇隊編制:内令第353号:第一監視艇隊 17.02.25:軍隊区分:北方部隊哨戒部隊第一哨戒隊第四小隊(144) 17.03.01:九六式空二号航空機用無線電信機搭載工事(03.02まで) 17.03.18:釧路にて上架修理 17.03.31:修理完了 17.04.10:軍隊区分:北方部隊哨戒部隊第一哨戒隊第五小隊(152) 17.04.19:釧路〜      〜04.21 東経151度の新哨戒線に移動〜      〜04.24 1200 配備完了〜      〜04.26 0600 哨戒線を東経152度線に変更〜      〜05.01 1200 徹哨〜      〜05.05横須賀 17.05.15:横須賀〜      〜05.18 着哨(N35.20-E152.00)〜      〜05.21 1625 特設砲艦昌榮丸」と会合〜      〜05.24 特設砲艦「昌榮丸」と会合〜      〜05.28 1200 徹哨〜      〜06.01横須賀 17.05.22:官房機密第657番電:兵器供給:九二式七粍七単装機銃A型(三脚架附)、      仮称40瓩発煙筺5個以内、発煙浮筺用筺嚢3個以内、      九五式爆雷(九五式爆雷改二)完備4個以内、落下傘一型爆雷と同数、      仮装投下台を装備 17.06.07:横須賀〜      〜06.13 2000 着哨〜      〜06.17 0000 「カ」「コ」(東経151度)哨戒線に移動〜      〜06.22 1200 徹哨〜      〜06.26横須賀 17.06.18:軍務局機密第715番電:次を逐次実施予定      1.速力6節以上のものに対しては落下傘付爆雷4個以内、仮装投下台2個装備      2.機銃1基装備、小銃5挺供給      3.発煙筺又は発煙浮筺5個以内供給      4.七倍双眼望遠鏡供給      5.商船式救命袋供給 17.07.03:九二式七粍七単装機銃1基搭載 17.07.05:横須賀〜      〜07.08 1820 着哨〜      〜07.14 特設砲艦「昌榮丸」と会合〜      〜07.21 1200 徹哨〜      〜07.25横須賀 17.08.05:横須賀〜      〜08.08 1200 「タ一」「レ一」線配備完了〜      〜08.08 1800 「タ」「レ」哨戒線に移動〜      〜08.08 2200 反転、「タ一」「レ一」哨戒線に戻る〜      〜08.12 東方に進行しつつ不時着敵水上機捜索〜      〜08.12 1700 反転、分哨に復帰〜      〜08.15 1200 「タ二」「レ二」哨戒線に移動〜      〜08.17 徹哨〜      〜08.20横須賀 17.--.--:横須賀〜清水 17.09.04:金指造船所にて上架 17.10.08:修理完成 17.10.08:清水〜10.09横須賀 17.10.22:横須賀〜      〜11.02 1200 特設監視艇第三朝洋丸」を護衛して徹哨〜      〜11.06横須賀 17.11.11:横須賀海軍工廠にて入渠 17.11.16:出渠 17.11.18:横須賀〜
17.11.25:戦時編制:聯合艦隊第五艦隊第二十二戦隊第一監視艇隊      〜12.01 1200 徹哨〜      〜12.05横須賀 17.12.27:横須賀〜      〜12.28 無電洋電池故障、送信不能〜      〜12.31横須賀 18.01.08:監視艇長:海軍兵曹長 岩野 好美 18.01.08:横須賀〜      〜01.09 0940(N32.44-E143.10)激浪のため外舷破損浸水〜      〜01.10横須賀 18.02.04:横須賀〜02.05下田 18.02.10:下田造船所にて上架 18.02.21:修理完成 18.03.--:下田〜03.14横須賀 18.03.16:横須賀〜      〜着哨(N38.20-E152.00)〜      〜03.26 1200 徹哨〜      〜03.29横須賀 18.04.--:監視艇長:海軍兵曹長 岩野 好美 18.04.05:横須賀〜      〜04.08 着哨〜 18.04.08:哨戒部隊電令作第85号:09日0600発動、「ユ」哨戒線(152度線)に進出      〜04.09 0900 「ユ」哨戒線に移動〜 18.04.14:哨戒部隊電令作第89号:14日1500発動、「ノ」哨戒線(149度線)に移動      〜04.14 1500 「ノ」哨戒線に移動〜      〜04.20 徹哨〜      〜04.22横須賀 18.05.--:監視艇長:海軍兵曹長 坂元 松男 18.05.05:横須賀〜      〜「ト」哨戒線「ロ」(N36.20-E151.00)〜 18.05.12:哨戒部隊電令作第100号:速やかに「ユ」哨戒線(152度線)に進出      〜「ユ」哨戒線「ロ」(N36.20-E152.00)〜      〜05.14 1410 特設砲艦浮島丸」と会合〜 18.05.17:哨戒部隊電令作第101号:直ちに徹哨、速に釧路に回航、北方進出準備を完成待機      〜05.17 徹哨〜      〜05.21釧路 18.05.23:哨戒部隊電令作第103号:準備出来次第、速やかに幌筵に進出 18.05.24:釧路〜05.29幌筵 18.06.01:軍隊区分:機密北方部隊哨戒部隊命令作第14号:泊地哨戒隊南口哨戒隊 18.06.01:台風により錨鎖切断 18.06.04:幌筵〜哨区哨戒〜06.05幌筵 18.06.10:幌筵〜哨区哨戒〜06.11幌筵 18.07.--:監視艇長:海軍兵曹長 岩野 好美 18.07.20:幌筵〜08.01横須賀 18.08.05:軍隊区分:第二基地航空部隊電令作第24号:第二基地航空部隊哨戒部隊第一哨戒隊 18.08.11:横須賀〜08.12清水 18.08.--:東海遠洋漁業會社にて上架 18.10.--:軍隊区分:第一直哨戒隊乙直 18.10.09:横浜〜      〜10.14 着哨(U哨戒線)〜      〜10.15 1800 配備点を三分哨南方に移動〜      〜10.23 1800 155度線に移動〜      〜10.26 1200 徹哨〜      〜10.31横浜 18.11.--:軍隊区分:第一直哨戒隊甲直 18.11.09:横浜〜      〜11.14 1200 着哨(156度線)〜      〜11.15 1210 特設砲艦「浮島丸」と会合〜      〜11.17 0600 159度線に移動〜      〜11.22 0600 154度線に移動〜      〜11.26 1200 徹哨〜      〜12.01横浜 18.12.12:横須賀〜12.13江ノ浦 18.12.15:静浦船渠株式會社にて上架 19.02.21:戦時編制:聯合艦隊北東方面艦隊第二十二戦隊第一監視艇隊 19.03.10:下架 19.03.16:上甲板他2件修理(03.28まで) 19.03.19:十三粍単装機銃新設 19.04.--:江ノ浦〜04.06横浜 19.05.02:横浜〜      〜05.09 0821 特設砲艦「浮島丸」と会合〜      〜05.11 0600 「ヘ」線より「ハ」線へ哨区移動〜      〜05.14 1128 特設砲艦「浮島丸」と会合〜      〜05.19 徹哨〜      〜05.25横浜 19.05.03:監視艇長:海軍兵曹長 高牟禮 善之助 19.06.07:横浜〜      〜06.23 1830 特設砲艦「浮島丸」と会合〜      〜06.--横浜 19.07.04:横浜〜空襲警報発令により内港浮標に疎開〜07.06横浜(桟橋) 19.07.14:横浜〜      〜07.20 152度線〜      〜07.21 0847 特設砲艦「浮島丸」と会合〜      〜07.23 154度線〜      〜07.25 1429 特設砲艦「浮島丸」と会合〜      〜07.26 153度線〜      〜横浜 19.08.01:戦時編制:聯合艦隊第二十二戦隊第一監視艇隊 19.08.01:軍隊区分:第七基地航空部隊第一哨戒部隊第一直哨戒隊 19.08.18:横浜〜      〜09.07 0330 勝浦沖にて座礁、浸水甚大〜      〜09.07 0440 離礁、航行可能勝浦泊〜      〜09.07 1230 勝浦湾内岸壁50mに右転覆、船体の半面露出沈没、          第百六十一號驅潜特務艇及び勝浦警防團の応援を得て          兵器弾薬の大部分と重要書類を揚陸、船体を岸壁に引寄せるための要具準備中 19.10.--:勝浦町旭造船所にて修理 19.12.10:勝浦〜12.11横須賀 19.12.21:三神造船所にて修理 20.01.01:軍隊区分:哨戒部隊第一直哨戒隊 20.02.--:軍隊区分:第七小隊(171) 20.03.26:横浜〜      〜03.26 1320 (N30.10-E138.30)B-24 1機発見、対空戦闘〜      〜03.26 1359 打方始め〜           二十五粍機銃46、十三粍機銃61発発射〜      〜03.26 1410 打方止め〜      〜03.27 南哨区着〜      〜04.07 0830 (N30.00-E138.30)B-29 24機発見、対空戦闘〜      〜04.07 0840 打方始め〜           二十五粍機銃28、十三粍機銃33発発射〜      〜04.07 0843 打方止め〜      〜04.08 1330 (N31.00-E138.30)B-29 1機発見、対空戦闘〜      〜04.08 1340 打方始め〜           二十五粍機銃61発発射〜      〜04.08 1400 打方止め〜       〜横浜
20.07.28:沈没 20.08.10:特設監視艇隊編制:内令第729号:特設監視艇隊編制を廃止 20.08.10:除籍:内令第730号 20.08.10:解傭
喪失場所:N.-E. 神戸港 喪失原因:米第38機動部隊艦載機による空爆

同型船

 第壹海南丸

兵装

(開戦時)
 なし。

(17.07.03)
 九二式七粍七単装機銃1基、三八式小銃5挺、拳銃2丁、九五式爆雷改二4個。

(19.03.19)
 九三式十三粍単装機銃1基、
 九二式七粍七単装機銃1基、三八式小銃5挺、拳銃2丁、九五式爆雷改二4個。

(20.--.--)
 九六式二十五粍単装機銃、九三式十三粍単装機銃1基、
 三八式小銃5挺、拳銃2丁、九五式爆雷改二4個。

写真資料

 なし

前の艇へ ← 特設監視艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る