第二十一南進丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 11.12.--:進水、命名:第二十一南進丸 --.--.--:竣工、船舶番号:42552、船主:株式會社林兼商店、船籍港:下關
16.--.--:船舶番号:臺灣430、船籍港:基隆に変更
16.09.09:徴傭 16.09.20:入籍:内令第1093号:特設監視艇、佐世保鎮守府所管
16.10.15:内令第1253号:馬公防備隊所属 16.10.15:戦時編制:馬公要港部部隊馬公防備隊 16.11.20:戦時編制:馬公警備府部隊馬公防備隊 16.12.13:高雄〜哨区哨戒〜 17.01.15:機密馬公警備府命令作第6号:       馬公防備隊司令は官房機密第77番電に依る特設監視艇第十八南進丸、第二十一南進丸、       第二十六南進丸第二十八南進丸第一海南丸第二海南丸第三朝洋丸第十六南進丸、       第二十二南進丸第二十七南進丸をして準備出来次第、馬公発佐世保経由横須賀に回航せしめ       第五艦隊に引渡すべし
17.01.15:内令第93号:第七防備隊所属 17.01.15:戦時編制:聯合艦隊第五艦隊第七根據地隊第七防備隊 17.01.24:馬公〜01.29佐世保 17.02.01:内令第198号:横須賀鎮守府所管に変更
17.02.01:特設監視艇隊編制:内令第195号:第二監視艇隊 17.02.01:戦時編制:聯合艦隊第五艦隊第二監視艇隊 17.02.01:艦隊区分:第五艦隊附属(56)第二監視艇隊(2)第五小隊 17.02.01:軍隊区分:機密北方部隊命令作第14号:北方部隊哨戒部隊第二哨戒隊 17.02.01:監視艇長:海軍兵曹長 有馬 正男 17.02.24:横須賀〜 17.02.25:特設監視艇隊編制:内令第353号:第二監視艇隊   17.03.01:軍隊区分:機密北方部隊命令作第17号:北方部隊哨戒部隊第二哨戒隊      〜03.14釧路 17.04.04:釧路〜「ヲ」哨戒線哨戒〜   〜04.18 1315(N36.40-E152.10)対空戦闘:米航空母艦Enterprise(CV-6)艦載機と交戦、          空爆により空中戦切断、左舷前部水準線破孔3箇所、外板亀裂5米、          小銃30発発射〜      〜04.19 1315 巡洋艦「木曾」に乗員、重要書類、兵器等を収容〜      〜04.19 1716 巡洋艦「木曾」の砲撃により処分
17.04.19:沈没 17.05.10:特設監視艇隊編制:内令第821号:第二監視艇隊より削る 17.05.10:除籍:内令第823号 17.05.10:解傭
喪失場所:N37.22-E151.15 いわき市の東1,000km附近 喪失原因:巡洋艦「木曾」の砲撃により処分

同型船

 第二十二南進丸

兵装

 小銃。

写真資料

 なし

前の艇へ ← 特設監視艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る