代志丸・春川丸の船歴

 年 月 日:船歴

T--.--.--:起工 T09.02.--:進水、命名:代志丸 T09.--.--:竣工、船主:合資會社佐藤商會、船籍港:京都府久美濱、登録純噸数:557、      船舶番号:26746、信号符字:RVTL
T10.--.--:傭船主:日魯漁業株式會社 T10.05.02:函館〜堪察加河 T10.05.21:函館〜堪察加河 T11.--.--:傭船主:田悟商會(日下部五郎) T11.10.02:函館〜福島〜利尻島〜10.09ニコラエフスク T11.10.10:木材68本、塩魚68桶搭載、乗客163名乗船 T11.10.12:ニコラエフスク〜小樽 T11.10.--:炭水補給 T11.10.21:小樽〜奥尻島〜西郷〜大黒山島〜11.04青島 T11.11.05:木材68本、塩魚68桶卸方 T12.--.--:〜05.10横須賀
T12.05.10:徴傭 T12.05.10:入籍:内令第181号:特設運送船(雑用船)、横須賀鎮守府所管、臨時海軍防備隊附属
T12.05.17:(第1回)横須賀〜05.21小樽05.23〜05.26亞港(アレキサンドロフスキー) T12.05.27:航路浮標設置作業準備(06.07まで) T12.06.08:亞港〜      〜06.08 間宮海峡南水道No.1浮標〜      〜06.09 間宮海峡南水道No.8〜No.12、No.17〜No.20浮標設置〜      〜06.10 間宮海峡南水道No.6浮標付近にて特設運送船貴船丸」より残余の浮標移載〜      〜06.11 間宮海峡南水道No.21〜No.24浮標設置、No.25設置中、浅瀬に座州〜      〜06.11 第六驅逐隊第二小隊が引卸しを試みるが成功せず〜      〜06.12 驅逐艦「夕立」による引卸作業中、「夕立」も座州〜      〜06.13 驅逐艦「夕立」離州〜      〜06.14 ロシア小型汽艇及びバージを傭入し石炭搬出〜      〜06.15 驅逐艦「夕立」、同「夕暮」による引卸作業援助(06.17まで)〜      〜06.17 離州、船体機関異状なし〜      〜06.18 間宮海峡南水道No.25〜No.32浮標設置、設標完了〜      〜06.18 雑役船栗橋」へ浮標の移載〜 T12.06.18:間宮海峡南水道〜06.20亞港06.20〜06.23小樽 T12.06.25:(第2回)小樽〜06.27亞港 T12.06.30:雑役船「栗橋」に炭水補給 T12.07.01:亞港〜07.03稚内07.03〜07.04小樽 T12.07.04:本船用載炭 T12.07.06:(第3回)小樽〜07.08亞港 T12.07.10:雑役船「栗橋」に炭水補給 T12.07.15:亞港〜07.17小樽 T12.07.18:缶掃除(07.21まで) T12.07.22:炭水補給 T12.07.22:(第4回)小樽〜07.23大泊 T12.07.23:特務艦膠州」に補炭 T12.07.23:大泊〜07.25亞港07.27〜07.30小樽 T12.07.31:石炭搭載 T12.08.01:清水搭載 T12.08.02:(第5回)小樽〜08.04亞港 T12.08.07:亞港〜08.10オハ T12.08.10:雑役船「栗橋」及び第六驅逐隊に炭水補給 T12.08.10:オハ〜08.11チャイオ T12.08.11:第六驅逐隊に石炭補給 T12.08.12:チャイオ〜08.13オハ08.13〜08.15亞港08.26〜08.29小樽 T12.09.01:(第6回)小樽〜09.04亞港 T12.09.04:糧食搭載 T12.09.04:亞港〜09.07小樽 T12.09.07:炭水搭載 T12.09.07:震災救恤任務−スルメ432俵、馬鈴薯771俵、玉葱629俵、塩鱒1,200箱、燕麦2,400俵搭載 T12.09.07:小樽〜09.11品川 T12.09.13:救恤品一部揚陸(09.14まで) T12.09.15:品川〜09.15芝浦09.17〜09.17品川沖 T12.09.18:品川〜09.18横浜09.18〜09.21函館 T12.09.21:生糧品補給 T12.09.22:函館〜09.23小樽 T12.09.25:炭水搭載 T12.09.26:(第7回)小樽〜09.29亞港 T12.09.30:雑役船「栗橋」に炭水補給 T12.10.01:亞港〜間宮海峡航路標識撤収作業〜      〜10.05 驅逐艦「夕立」に補炭〜      〜10.09 雑役船「栗橋」に補炭〜      〜10.10サンチェーバ T12.10.11:サンチェーバ〜10.12亞港 T12.10.12:亞港〜10.15小樽 T12.10.16:炭水搭載 T12.10.17:(第8回)小樽〜10.20亞港 T12.10.21:亞港〜10.21サンチェーバ10.22〜10.22亞港 T12.10.23:亞港〜10.27小樽 T12.10.27:炭水搭載 T12.10.29:小樽〜11.03横須賀
T12.11.06:除籍:内令第406号 T12.11.06:解傭
T13.--.--:船籍港:東京に変更 T14.--.--:改名:春川丸、      船主:朝鮮郵船株式會社、船舶番号:朝鮮1110、船籍港:仁川、信号符字:PGMWに変更 T15.--.--:登録純噸数:548に変更 09.--.--:登録純噸数:546に変更 15.--.--:登録純噸数:547に変更 16.11.18:佐廠機密第141番電:鎮海海軍要港部工作部にて艤装工事 16.11.21:徴傭 16.12.06:鎮海海軍要港部工作部にて艤装兵装工事開始
16.12.10:入籍:内令第1625号:特設捕獲網艇、佐世保鎮守府所管
16.12.30:機関確認運転 16.12.31:鎮海海軍要港部工作部にて艤装兵装工事竣工 16.12.31:内令第1780号:鎮海防備隊所属 16.12.31:戦時編制:鎮海警備府部隊鎮海防備戦隊鎮海防備隊 16.12.31:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第28号:對馬海峡防備部隊 17.01.03:機密鎮海警備府命令第2号:爆雷8個(定数外)搭載 17.01.15:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第32号:鎮海海面防備部隊 17.02.01:鎮海〜02.11鎮海 17.02.10:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第41号:鎮海海面防備部隊 17.02.17:鎮海〜02.20鎮海 17.02.23:鎮海〜02.26鎮海 17.03.01:鎮海〜03.04鎮海 17.03.13:鎮海〜03.16鎮海 17.03.31:鎮海〜04.12鎮海 17.04.19:鎮海〜04.24鎮海 17.04.27:鎮海〜05.01鎮海 17.05.05:鎮海〜05.09鎮海 17.07.31:缶修理工事竣工 17.08.02:鎮海〜08.02釜山 17.08.03:朝鮮重工業株式會社にて入渠 17.08.09:出渠 17.08.12:釜山〜08.12鎮海 17.08.15:鎮海〜08.21鎮海 17.08.28:鎮海〜08.31鎮海 17.09.24:鎭海防備戦隊電令作第102号:       地点「ネ」「ト」「リ」「ム」連結線内を掃蕩せよ       基点「ネ」列方位0度 捜索間隔75浬       基点より順序 濟州、春川丸、昭益丸朝輝丸第十六日正丸       捜索針路270度 速力8節 17.09.--:鎮海〜09.27鎮海 17.10.01:戦時編制:鎮海警備府部隊鎮海防備隊 17.10.01:軍隊区分:鎮海警備府信電令作第57号:對馬海峡防備部隊第一部隊 17.10.10:鎮海〜 18.01.--:軍隊区分:南鮮方面部隊鎮海海面防備部隊 18.08.--:軍隊区分:對馬海峡防備部隊第一部隊 18.08.02:出港〜哨戒〜08.05入港 18.08.08:出港〜哨戒〜08.11鎮海 18.08.25:出港〜哨戒〜08.26入港 18.08.29:出港〜哨戒〜08.31入港 18.09.02:出港〜哨戒〜09.03入港 18.09.06:出港〜哨戒〜09.09鎮海 18.09.15:鎮海〜哨戒〜09.17入港 18.09.20:出港〜哨戒〜09.22入港 18.09.24:出港〜哨戒〜09.26入港 18.09.28:出港〜哨戒〜09.30入港 18.11.04:巨文島〜哨戒〜11.07巨文島 18.11.05:官房機密第051742番電:網関係及び掃海関係を撤去、輸送任務に適するよう整備、      十三粍聯装機銃1基増備
18.11.10:内令第2381号:第二南遣艦隊所属 18.11.10:哨戒中11.11〜11.12鎮海 18.11.16:釜山船渠に入渠 18.11.20:出渠、鎮海工作部岸壁横付け、      物品の搭載が可能なように兵員室、捕獲網台、爆雷投射機の位置変更、      十三粍機銃台新設、人員整理〜12.09まで 18.12.10:鎮海〜12.11佐世保      船体、機関、兵器整備、人員整理、出撃準備作業〜12.31まで 19.01.06:荷役作業〜01.06まで 19.01.07:佐世保〜01.07網場湾01.09〜01.09牛深湾01.11〜01.15枋寮湾01.16〜01.16高雄 19.01.--:荷役作業 19.01.19:便乗者20名(整備兵)乗艇 19.01.20:高雄〜01.23マニラ 19.01.--:荷役作業、補給、諸訓練 19.02.01:(第3105船団護衛)マニラ〜02.03護衛打切り〜02.04タウイタウイ02.06〜02.09バリックパパン 19.02.--:荷役作業 19.02.13:バリックパパン〜02.16スラバヤ 19.02.--:荷役作業 19.02.20:スラバヤ〜02.22レンバル 19.02.--:荷役作業 19.02.25:レンバル〜      〜02.26 「隆西丸」遭難者627名救助〜      〜02.27 ブレレン 19.02.27:遭難者揚陸 19.02.27:ブレレン〜      〜02.27 (S07.25-E114.50)銃撃により浮遊機雷処分〜      〜02.29スラバヤ 19.03.03:スラバヤ〜03.05ジャカルタ 19.03.--:荷役作業 19.03.07:ジャカルタ〜03.07港外仮泊03.08〜03.11バダン 19.03.--:荷役作業 19.03.18:バダン〜      〜03.20(S00.25-E105.00)潜水艦から雷撃を受けるが回避〜      〜03.20(S05.55-E105.00)再度潜水艦から雷撃を受けるが回避〜      〜03.20ラタイ湾03.21〜03.24スラバヤ 19.03.--:荷役作業 19.03.30:第一警備部隊電令作第132号: 1.春川丸は30日0800スラバヤ発31日1200 8度119度00分東航、クーパンに向かう      2.第百四號哨戒艇は電令作第131号による任務終了後、ロンボック海峡北方の対潜掃蕩を        行いつつ31日右地点にて春川丸と会合しロンボック島北端付近まで護衛したる後、        スラバヤに帰投 19.03.30:スラバヤ〜      〜03.31 1040 「第百四號哨戒艇」が護衛開始〜      〜03.31スラト島 19.03.31:スラト島〜04.01ビマ04.02〜04.03マウメリ 19.04.--:荷役作業 19.04.05:マウメリ〜04.06ビマ〜04.08スラバヤ 19.04.--:整備作業、荷役作業 19.04.20:便乗者26名乗艇 19.04.21:スラバヤ〜      〜04.21 機雷処分〜      〜04.23コタバル 19.04.27:コタバル〜04.28セブ04.29〜04.30マカッサル港外 19.05.01:岸壁横付け、燃料補給 19.05.04:マカッサル〜05.05ケンダリー 19.05.--:荷役作業 19.05.08:便乗者27名乗艇 19.05.09:ケンダリー〜05.09仮泊05.10〜05.10ラリコ湾05.11〜05.11ワタボネ05.12〜05.13マカッサル港外 19.05.15:荷役作業 19.05.16:マカッサル〜05.17マンダ岬05.18〜05.18バリックパパン 19.05.--:荷役作業 19.05.23:バリックパパン〜05.24サマリンタ 19.05.--:給水 19.05.24:サマリンタ〜05.24ロアクール 19.05.--:荷役作業 19.05.26:ロアクール〜05.28コタバル05.29〜05.31スラバヤ 19.--.--:整備作業、荷役作業 19.06.15:スラバヤ〜06.17ジャカルタ 19.06.--:荷役作業 19.06.19:便乗者2名乗艇 19.06.20:ジャカルタ〜06.23バダン 19.06.--:荷役作業 19.06.30:バダン〜07.02ラタン湾07.03〜07.03ジャカルタ港外 19.07.04:清水搭載 19.07.05:ジャカルタ港外〜07.07スラバヤ 19.07.--:荷役作業 19.07.14:便乗者201名乗艇 19.07.15:スラバヤ〜07.18バリックパパン 19.07.--:荷役作業 19.07.20:バリックパパン〜07.21マンカリハット07.22〜07.22トリトリ07.24〜07.24バレレ07.25〜      〜07.25ドミシル07.26〜07.26バンカ海峡07.27〜07.27ビートン 19.07.--:荷役作業 19.07.30:ビートン〜07.30メナド 19.--.--:荷役作業 19.08.03:メナド〜      〜08.03(N12.14-E124.32)対潜掃蕩、爆雷18個投下〜      〜08.03ドミシル08.04〜08.05メナド 19.08.--:爆雷補充 19.08.06:メナド〜08.06バレレ08.07〜      〜08.07(N01.16-E121.30)対潜掃蕩、爆雷4個投下〜      〜08.08トリトリ 19.08.--:「征南丸」横付け石炭補給 19.08.09:トリトリ〜08.09ドンドン岬08.10〜      〜08.10 浮遊機雷処分〜      〜08.10ギリンキリン08.11〜08.11サンクリラング08.12〜〜08.12バヨル河口08.13〜      〜08.13バリックパパン 19.08.--:荷役作業、燃料補給、整備作業 19.08.26:バリックパパン〜08.26クライ河口08.27〜08.27サンクリラン08.28〜08.28ギリンキリン08.29〜      〜08.29トリトリ08.30〜08.31バレレ08.31〜08.31ドミシル09.01〜09.01メナド09.01〜      〜09.01モクパ部落北側の陸岸至近09.02〜09.02メナド 19.09.--:荷役作業 19.09.04:メナド〜09.04バンカ島西側09.05〜09.06ラロブク09.07〜09.07プロリ岬09.08〜09.08バレレ 19.09.08:敷設艦「嚴島」に横付け 19.09.09:バレレ〜09.09ブサ09.10〜09.10トリトリ 19.09.--:「征南丸」横付け石炭補給 19.09.13:トリトリ航空機桟橋横付け、航空機用発動機等搭載、便乗者10名(航空整備兵)乗艇 19.09.14:トリトリ〜09.14ギリンキリン09.15〜09.15サンクリラン09.16〜09.16クライ河口09.17〜      〜09.17バリックパパン 19.09.17:便乗者退艇 19.09.18:第三号桟橋横付け、荷役作業 19.09.19:バリックパパン〜09.19第一河口09.20〜09.20サマリンダ 19.09.--:清水補給 19.09.21:サマリンダ〜09.21ロアクール 19.09.--:荷役作業 19.09.22:ロアクール〜09.22サマリンダ 19.09.22:生糧品補給 19.09.22:サマリンダ〜09.22クライ第一河口09.23〜09.23バリックパパン 19.09.24:整備作業 19.09.25:バリックパパン〜09.25パムカン岬09.26〜09.27バリト河口09.29〜10.01スラバヤ 19.09.30:(現在)捕獲網艇長:海軍大尉 佐々木 宗平 19.10.--:荷役作業 19.10.02:整備作業 19.10.03:入渠準備、弾火薬揚陸 19.10.04:三号船渠入渠 19.10.10:出渠、分工場岸壁に繋留      三式水中聴音機三型新設、40口径8cm砲陸揚げ、25mm三聯装機銃と換装、13mm単装機銃1基追加 19.10.21:公試運転、聴音機試験、機銃試射 19.10.22:商港にて荷役作業 19.10.24:整備作業、配置教育、戦備作業〜10.31まで 19.11.01:スラバヤ〜11.01ジャムアン島15度3,400mに仮泊11.02〜11.05バリックパパン 19.11.05:便乗者退艇 19.11.05:荷役作業〜11.10まで 19.11.11:バリックパパン〜11.11仮泊11.12〜11.12ナンカ島3,550m沖に仮泊 19.11.12:第一警備部隊電令作第421号:      1.第一港務部長は第十一號掃海艇第三號驅潜艇、春川丸、漢江丸を指揮し北海丸の曳航        救難及び護衛を実施すべし      2.第十一號掃海艇は速に出激、第一港務部長を北海丸現状迄及び水上機隊基地員を        バンジェルマシンに進出せしめたる後ラウト海峡南口に仮泊待機中の白令丸及び        セラタン角北西ダト島北側に待機(15日1200着予定)の平洋を護衛しスラバヤに帰投すべし      3.第十二號掃海艇に対する第一警備部隊電令作第418号の任を解く 19.11.13:ナンカ島3,550m沖〜11.13「北海丸」現場仮泊 19.11.14:転錨、曳航準備 19.11.15:曳航の為横付け(前曳き 一般徴傭船い號秋津丸」、中曳き 特設捕獲網艇漢江丸」) 19.11.16:一般徴傭船「北海丸」曳航開始〜11.18スラバヤ港外11.19〜11.19スラバヤ 19.11.19:曳航終了、横付け離す 19.11.20:荷役作業(11.25まで) 19.11.26:スラバヤ〜11.26港外11.27〜11.29ハリト河口11.30〜バリックパパン 20.01.--:海軍兵80名、医薬品、軍票等搭載 20.01.05:スラバヤ〜バリックパパン向け
20.01.05:沈没 20.04.10:除籍:内令第317号 20.03.10:解傭
喪失場所:S05.00-E112.20 バウエアン島北北西80km付近 喪失原因:米潜水艦Cavalla(SS-244)の雷撃

同型船

 なし。

兵装

(参考:開戦時の標準兵装)
 四十口径四一式八糎砲1門、十三粍単装機銃1基、七粍七単装機銃1基、
 六十糎探照燈1基、
 爆雷投射機1式、爆雷投下台2組、爆雷24個、
 一四式捕獲網4組、吊下式水中聴音機1基。

写真資料

 「朝鮮郵船株式會社二十五年史」 S12 朝鮮郵船株式會社
 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編

備考

 入港・出港とあるのは発着地が不明なものですが、おそらく鎮海と推定されます。


前の船へ ← 特設艦船-大正期 → 次の船へ

前の艇へ ← 特設捕獲網艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る