白令丸の船歴

 年 月 日:船歴

08.09.12:起工 09.03.15:進水、命名:白令丸 09.05.15:竣工、船主:新興水産株式會社、登録総噸数:398、登録純噸数:212
09.05.08:汽船トロール漁業許可       許可番号:第一三〇號       名義:新興水産株式會社       操業区域:東経百六十度以東、北緯五十一度以北のベーリング海を含む北太平洋とす          但し堪察加オリュートルスキー岬よりナワリン岬に至る線内にして          水深六十尋以内の海面及堪察加クロノスキー岬よりアフリカ岬に至る線内を除く       漁獲物陸揚港:函館港、東京港、大阪港       許可期間:昭和09年05月08日より起算し十箇年 09.05.25:傭船主:日本合同工船株式會社(03.28まで) 10.--.--:登録総噸数:407、登録純噸数:218に変更 10.10.22:汽船トロール漁業許可証書換       操業区域:       (イ)東海及黄海       (ロ)東経百六十度以東、北緯五十一度以北のベーリング海を含む北太平洋とす          但し堪察加オリュートルスキー岬よりナワリン岬に至る線内にして          水深六十尋以内の海面及堪察加クロノスキー岬よりアフリカ岬に至る線内を除く       (ハ)北緯二十一度以南の南支那海       漁獲物陸揚港:函館港、東京港、大阪港、神戸港、戸畑港       制限又は条件       (一)省略       (二)四月一日より九月三十日に至る期間は南支那海に於て操業することを得ず       に変更
     〜呉淞沖 12.10.30:1400 水上機母艦「~威」の左舷に横付け      1410 水上機母艦「~威」に生糧品搭載開始      1620 水上機母艦「~威」に生糧品搭載終了      1625 水上機母艦「~威」から横付離す 12.11.18:特設水上機母艦衣笠丸」の右舷に横付け、糧食補給 12.11.12:1344 水上機母艦「~威」の左舷に横付け、生糧品搭載開始   1430 生糧品搭載終了      1431 水上機母艦「~威」から横付離す 13.09.27:船主:日本水産株式會社に変更 --.--.--:呉淞沖〜大亞湾西錨地 13.10.21:1307-1418 特設砲艦でりい丸」の右舷前部に横付け、生糧品供給 13.10.--:大亞湾西錨地〜虎門錨地 13.10.29:1055-1220 特設砲艦「でりい丸」の右舷に横付け、生糧品供給 13.10.--:虎門錨地〜三虎錨地 13.11.11:1345-1520 特設砲艦「でりい丸」の右舷に横付け、生糧品供給
13.12.26:汽船トロール漁業許可       許可番号:第一三〇號       名義:共同漁業株式會社       操業区域:       (イ)東経百六十度以東、北緯五十一度以北のベーリング海を含む北太平洋とす          但し堪察加オリュートルスキー岬よりナワリン岬に至る線内にして          水深六十尋以内の海面及堪察加クロノスキー岬よりアフリカ岬に至る線内を除く       (ロ)北緯二十一度以南の南支那海       漁獲物陸揚港:函館港、東京港、大阪港、神戸港、戸畑港       許可期間:昭和13年12月26日より起算し十箇年       制限又は条件       (一)省略       (二)四月一日より九月三十日に至る期間は南支那海に於て操業することを得ず
16.06.25:徴傭:一般徴傭船 16.08.01:馬祖島にて特設砲艦南浦丸」、同「阿蘇丸」に生糧品補給
16.10.15:入籍:内令第1256号:特設運送船(給糧船)、佐世保鎮守府所管
16.--.--:戦時編制:聯合艦隊所属、特設運送船(乙) 16.11.09:橘湾にて特設砲艦「南浦丸」、木曽丸」、同「阿蘇丸」に生糧品供給 16.12.01:佐世保〜12.03奄美大島(薩川湾) 16.12.14:1350 「第一號哨戒艇」に生糧品補給 16.12.16:1400 「第一號哨戒艇」に生糧品補給 16.12.29:奄美大島〜01.02ダバオ 17.01.02:マララグ湾にて敷設艦白鷹」に生糧品搭載 17.01.14:ダバオ〜01.16バンカ泊地 17.01.16:「第一號哨戒艇」に生糧品補給 17.01.27:「第一號驅潜艇」に生糧品補給 17.02.05:バンカ泊地〜02.07ケンダリ(スターリング湾) 17.02.08:巡洋艦「~通」生糧品補給      驅逐艦「漣」に生糧品補給 17.02.12:「第一號哨戒艇」に生糧品補給 17.02.14:ケンダリ〜02.16マカッサル 17.02.20:マカッサル〜03.02高雄 17.03.05:高雄〜03.13アンボン 17.03.16:アンボン〜03.18ケンダリ 17.03.25:ケンダリ〜03.27アンボン 17.03.27:特設砲艦萬洋丸」を横付け、生糧品補給      特設砲艦大興丸」を横付け、生糧品補給      特設砲艦億洋丸」を横付け、生糧品補給 17.03.28:「第一號哨戒艇」に生糧品補給 17.03.29:アンボン〜04.01マカッサル04.13〜04.15ケンダリ04.19〜04.20アンボン 17.05.02:アンボン〜      〜05.07(N11.15-E126.30)潜水艦の雷撃を受ける〜      〜05.11高雄 17.05.12:高雄〜05.17佐世保 17.05.15:官房機密第5990号:訓令:九二式七粍七単装機銃A型1基、三八式小銃5挺供給 17.05.19:佐世保〜05.20戸畑 17.06.12:官房機密第7246号:訓令:四十口径安又は四一式八糎砲1門装備 17.07.05:出渠 17.07.17:佐世保〜07.17戸畑07.19〜07.27高雄07.30〜 17.11.20:船長:吉田 留治(固有船員)
17.12.01:(現在)南方部隊 17.12.01:骨付生牛肉空気冷凍(12.06まで) 17.12.07:第一〇二海軍軍需部宛て託送品および同経理部宛て還納品搭載 17.12.08:バリ島ベノア〜12.09スラバヤ 17.12.09:燃料油補充 17.12.10:第一〇二海軍軍需部宛て託送品および同経理部宛て還納品揚陸 17.12.12:特設運送船第三播州丸」に冷凍生牛、豚肉を移載 17.12.12:清水補充 17.12.13:特設運送船第二播州丸」に冷凍生牛、豚肉を移載 17.12.13:第一〇二海軍軍需部に冷凍生牛肉を還納(12.14まで) 17.12.14:生糧品補充 17.12.14:第七五三海軍航空隊宛て戦給品及び第一〇二海軍軍需部ケンダリ出張所宛て託送品搭載 17.12.15:スラバヤ〜12.18ケンダリ 17.12.19:第七五三海軍航空隊宛て戦給品及び第一〇二海軍軍需部ケンダリ出張所宛て託送品揚陸 17.12.19:第一〇二海軍軍需部ケンダリ出張所に生糧品補給 17.12.20:高雄海軍航空隊、第七五三海軍航空隊に生糧品補給 17.12.20:第九三四海軍航空隊宛て航空器材搭載、便乗者1名乗船 17.12.20:ケンダリ〜12.22アンボン 17.12.22:第一〇二海軍軍需部アンボン支部、同建築部、第三六海軍航空隊、第二十四通信隊、      第二十四特別根據地隊に生糧品補給 17.12.22:水雷艇「友鶴」、同「初雁」に生糧品補給 17.12.22:第九三四海軍航空隊宛て航空器材揚陸 17.12.23:第一〇二海軍軍需部、同経理部宛て託送品、同航空廠宛て航空器材搭載 17.12.23:清水補充 17.12.24:アンボン〜12.29スラバヤ 17.12.29:便乗者1名退船 17.12.29:第一〇二海軍軍需部、同経理部宛て託送品、同航空廠宛て航空器材揚陸 18.01.04:託送品搭載(01.05まで) 18.01.05:第三警備隊宛て戦給品搭載 18.01.06:スラバヤ〜01.07バリ島ベノア 18.01.07:託送品揚陸(01.08まで) 18.01.08:第三警備隊宛て戦給品揚陸 18.01.08:無骨生牛肉船内急速冷凍(01.21まで) 18.01.22:特設運送船「第三播州丸」に冷凍生獣肉全量を移載 18.01.24:無骨生牛肉船内急速冷凍(02.16まで) 18.02.18:冷凍牛肉76t、冷凍豚肉25t、塩牛肉9t、塩豚肉16t、塩皮を搭載 18.02.18:バリ島ベノア〜02.20スラバヤ 18.02.20:巡洋艦「球磨」、同「鬼怒」に生獣肉、塩獣肉を補給 18.02.21:第一〇二海軍軍需部に塩獣肉、塩皮を揚陸 18.02.21:第一〇二海軍軍需部に生獣肉を還納 (02.22まで) 18.02.22:燃料、清水補充、消耗品積込み 18.02.23:郵便物搭載 18.02.24:託送品搭載 18.02.24:スラバヤ〜02.26バリ島ベノア 18.02.26:託送品、郵便物揚陸 18.02.26:無骨生豚肉船内急速冷凍(02.27まで) 18.02.28:無骨生牛肉船内急速冷凍(03.04まで) 18.03.04:塩獣肉その他託送品及び郵便物搭載 18.03.04:バリ島ベノア〜03.06スラバヤ 18.03.06:託送品、郵便物揚陸 18.03.08:燃料油積込み 18.03.09:巡洋艦「足柄」に生獣肉、塩獣肉を補給 18.03.10:「Cjロ」に生獣肉を移載 18.03.14:「カリテヤ」に生獣肉、塩獣肉を移載 18.03.15:特設運送船「第三播州丸」に生獣肉、塩獣肉を移載 18.03.15:郵便物搭載 18.03.16:託送品搭載 18.03.17:清水補給 18.03.17:スラバヤ〜03.19バリ島ベノア 18.03.19:託送品、郵便物揚陸 18.03.20:託送品揚陸 18.03.21:無骨生牛肉船内急速冷凍(03.24まで) 18.03.25:無骨生豚肉船内急速冷凍 18.03.26:無骨生牛肉船内急速冷凍(03.29まで) 18.03.29:「Cjロ」に冷凍生獣肉全量を移載 18.03.30:無骨生牛肉船内急速冷凍(04.02まで) 18.03.31:船主:日本海洋漁業統制株式會社に変更 18.04.02:特設運送船「第三播州丸」に冷凍生獣肉を移載 18.04.04:無骨生牛肉船内急速冷凍(04.27まで) 18.04.05:バリ島ベノア〜第三警備隊所属特型運貨船の捜索〜04.05バリ島ベノア 18.04.09:「Cjロ」に冷凍生獣肉を移載 18.04.30:託送品、郵便物搭載 18.04.30:バリ島ベノア〜05.02スラバヤ 18.05.03:第一〇二海軍軍需部に生獣肉を還納 18.05.03:託送品、郵便物揚陸 18.05.04:郵便物、託送品搭載 18.05.05:スラバヤ〜05.07バリ島ベノア 18.05.07:託送品、郵便物揚陸 18.05.07:無骨生牛肉船内急速冷凍(05.18まで) 18.05.14:特設運送船「第三播州丸」に冷凍生獣肉全量を移載 18.05.19:無骨生豚肉船内急速冷凍(05.22まで) 18.05.25:無骨生牛肉船内急速冷凍(06.01まで) 18.06.02:託送品搭載 18.06.02:バリ島ベノア〜06.04スラバヤ 18.06.04:託送品揚陸 18.06.05:第一〇二海軍軍需部に冷凍生獣肉を還納 18.06.05:石炭補充 18.06.06:燃料油、清水補充 18.06.14:第一〇二海軍軍需部に冷凍生獣肉を還納 18.06.14:生糧品、託送品搭載 18.06.15:戦給品搭載 18.06.16:スラバヤ〜06.19バリックパパン 18.06.19:陸上各部隊、在泊艦船に生糧品補給 18.06.19:バリックパパン〜06.20サンガサンガ 18.06.21:陸上各部隊に生糧品補給 18.06.21:戦給品、託送品揚陸 18.06.21:サンガサンガ〜06.21サマリンダ 18.06.21:陸上各部隊に生糧品補給 18.06.22:サマリンダ〜06.22テンガロン 18.06.22:木材搭載 18.06.23:テンガロン〜06.23サマリンダ06.23〜06.25バリックパパン 18.06.25:陸上部隊に冷凍生獣肉補給 18.06.25:託送品、アスファルト搭載 18.06.26:バッリクパパン〜06.28スラバヤ 18.06.29:託送品揚陸 18.07.01:特設潜水母艦りおでじゃねろ丸」に冷凍生獣肉を移載 18.07.01:清水補給 18.07.02:第一〇二海軍軍需部に冷凍生獣肉を還納(07.03まで) 18.07.02:戦給品、託送品搭載(07.04まで) 18.07.04:スラバヤ〜07.06バリ島ベノア 18.07.06:戦給品、託送品揚陸 18.07.08:無骨生牛肉船内急速冷凍(07.12まで) 18.07.14:無骨生豚肉船内急速冷凍(07.19まで) 18.07.20:特設運送船箕面丸」に冷凍生獣肉を移載 18.07.21:無骨生牛肉船内急速冷凍(08.02まで) 18.08.03:「Cjロ」に冷凍生獣肉を移載 18.08.03:郵便物、託送品搭載 18.08.03:バリ島ベノア〜08.05スラバヤ 18.08.05:郵便物揚陸 18.08.06:特設運送船「箕面丸」に冷凍生獣肉を移載 18.08.06:第一〇二海軍軍需部に冷凍生獣肉を揚陸 18.08.06:託送品揚陸 18.08.09:郵便物、託送品搭載 18.08.10:託送品搭載 18.08.12:託送品搭載(08.13まで) 18.08.14:スラバヤ〜08.16バリ島ベノア 18.08.16:郵便物、戦給品、託送品揚陸 18.08.17:無骨生豚肉船内急速冷凍(08.21まで) 18.08.23:無骨生牛肉船内急速冷凍(08.26まで) 18.08.28:無骨生牛肉、鶏肉船内急速冷凍(08.30まで) 18.08.30:特設運送船「箕面丸」に冷凍生獣肉を移載 18.09.03:無骨生牛肉船内急速冷凍 18.09.04:無骨生牛肉、鶏肉船内急速冷凍(09.07まで) 18.09.09:無骨生豚肉船内急速冷凍(09.10まで) 18.09.11:無骨生牛肉船内急速冷凍(09.15まで) 18.09.16:無骨生牛肉、鶏肉船内急速冷凍(09.18まで) 18.09.19:無骨生鶏肉船内急速冷凍(09.20まで) 18.09.20:託送品搭載(09.21まで) 18.09.21:還納品、郵便物搭載 18.09.21:バリ島ベノア〜09.23スラバヤ 18.09.23:託送品、還納品、郵便物揚陸 18.09.24:託送品揚陸 18.09.27:託送品揚陸、石炭搭載 18.10.09:特設運送船「第三播州丸」に冷凍生獣肉を移載(10.10まで) 18.10.10:清水補充 18.10.11:運送艦「荒埼」に冷凍生獣肉を移載(10.12まで) 18.10.12:第一〇二海軍軍需部に冷凍生獣肉を揚陸 18.10.13:「Cjロ」に冷凍生獣肉を移載 18.10.13:郵便物、託送品搭載 18.10.14:スラバヤ〜10.16バリ島ベノア 18.10.16:郵便物、託送品揚陸 18.10.17:託送品揚陸 18.10.18:無骨生牛肉船内急速冷凍(10.22まで) 18.10.24:無骨生豚肉船内急速冷凍(10.25まで) 18.10.26:無骨生豚肉、鶏肉船内急速冷凍(10.27まで) 18.10.28:無骨生牛肉船内急速冷凍(10.31まで) 18.11.01:無骨生牛肉、鶏肉船内急速冷凍(11.02まで) 18.11.01:特設運送船「箕面丸」に冷凍生獣肉を移載 18.11.03:無骨生豚肉、鶏肉船内急速冷凍(11.07まで) 18.11.09:無骨生牛肉船内急速冷凍 18.11.10:無骨生牛肉、鶏肉船内急速冷凍 18.11.11:無骨生牛肉船内急速冷凍(11.15まで) 18.11.16:無骨生牛肉、鶏肉船内急速冷凍 18.11.17:無骨生牛肉船内急速冷凍 18.11.17:郵便物、託送品搭載 18.11.18:バリ島ベノア〜「第五新勢丸」を曳航〜11.21スラバヤ 18.11.22:第一〇二海軍軍需部に冷凍生獣肉を揚陸 18.11.22:郵便物、託送品揚陸 18.11.23:清水補給 18.11.24:第一〇二海軍軍需部に冷凍生獣肉を揚陸 18.11.24:郵便物、託送品搭載 18.11.25:特設運送船「箕面丸」に冷凍生獣肉を移載 18.11.26:スラバヤ〜11.28バリ島ベノア 18.11.28:郵便物、託送品揚陸 18.11.29:無骨生牛肉船内急速冷凍(11.30まで)
19.11.--:〜ラウト海峡南口      〜11.13 2045 「第十一號掃海艇」と合同〜      〜11.14 1145 バリト河口着〜   〜11.14 1315 出港〜      〜11.14 1535 ダト島沖仮泊地着〜      〜11.16 1230 出港〜      〜11.17スラバヤ 19.12.01:スラバヤ〜12.03バリ島ベノア12.05〜12.07スラバヤ 19.12.11:スラバヤ〜12.15バリ島ベノア12.15〜12.17スラバヤ 20.01.01:スラバヤ〜01.02スラバヤ西掃海水路01.05〜01.06バウエアン島サンカプラ泊地 20.01.15:バウエアン島サンカプラ泊地〜 20.01.16:1700 バリクパパン向け航行中触雷
20.01.16:2029 沈没 20.06.30:除籍:内令第577号 20.06.30:解傭:軍務三機密第610号の14
20.06.30:徴傭:船舶運營會
喪失場所:S04.10-E116.05 ラウト島ラヤル岬南沖9km付近 喪失原因:磁気機雷に触雷

同型船

 東光丸北開丸

兵装

 四十口径安式八糎砲1門、九二式七粍七単装機銃1基、九五式爆雷。

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 2018年1月号「日本商船隊の懐古 No.257」山田早苗
 「船舶百年史」有明書房 S32.09 上野喜一郎 (P.184)
 「新三菱神戸造船所五十年史」 S32.04 新三菱重工業株式会社神戸造船所 (P.165)

前の船へ ← 特設運送船(給糧船) → 次の船へ

Homeへ戻る