昭益丸の船歴

 年 月 日:船歴

14.08.03:起工 16.01.28:進水、命名:昭益丸 16.06.30:竣工
16.11.18:徴傭 16.11.21:佐世保海軍工廠にて艤装工事開始 16.12.20:入籍:内令第1701号:特設捕獲網艇、佐世保鎮守府所管
16.12.31:内令第1780号:鎮海防備隊所属 16.12.31:戦時編制:鎮海警備府部隊鎮海防備戦隊鎮海防備隊 16.12.31:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第28号:對馬海峡防備部隊 17.01.03:機密鎮海警備府命令第2号:爆雷8個(定数外)搭載 17.01.15:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第32号:鎮海海面防備部隊 17.01.11:艤装工事完了 17.01.12:佐世保〜01.12鎮海 17.01.15:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第32号:對馬海峡防備部隊 17.01.22:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第37号:對馬海峡防備部隊 17.02.05:竹敷〜02.09竹敷02.10〜02.10鎮海 17.02.12:鎮海〜02.17鎮海 17.02.10:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第41号:釜山海面防備部隊(発動時期別途指定) 17.02.16:鎮警電令第29号:機密鎮海警備府命令作第41号の発動時期を02月17日1200とす 17.02.21:鎮海〜02.21釜山02.23〜02.24竹敷02.26〜02.27鎮海 17.03.05:鎮海〜03.07釜山03.13〜03.13鎮海 17.03.14:鎮海〜03.19鎮海 17.03.21:鎮海〜03.26鎮海 17.03.27:鎮海〜03.31鎮海 17.04.03:鎮海〜04.10鎮海 17.04.15:鎮海〜04.19鎮海 17.04.23:鎮海〜04.27鎮海 17.05.01:鎮海〜05.05鎮海 17.05.09:鎮海〜05.13鎮海 17.05.17:鎮海〜05.21鎮海 17.05.23:鎮海〜05.30鎮海 17.06.01:鎮海〜出動訓練〜06.02鎮海 17.06.05:鎮海〜06.17鎮海 17.06.25:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第59号:鎮海海面防備部隊 17.06.26:軍隊区分:鎮防戦電令作第89号:五番隊 17.06.21:鎮海〜07.03鎮海 17.07.11:鎮海〜07.14鎮海 17.07.16:鎮海〜出動訓練〜07.16鎮海 17.07.20:鎮海〜07.23鎮海 17.07.24:鎮海〜出動訓練〜07.24鎮海 17.07.29:鎮海〜08.01鎮海 17.08.07:鎮海〜08.10鎮海 17.08.16:鎮海〜08.19鎮海 17.08.25:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第66号:對馬海峡防備部隊 17.08.28:鎮海〜08.31鎮海 17.09.24:鎭海防備戦隊電令作第102号:       地点「ネ」「ト」「リ」「ム」連結線内を掃蕩せよ       基点「ネ」列方位0度 捜索間隔75浬       基点より順序 濟州春川丸、昭益丸、朝輝丸第十六日正丸       捜索針路270度 速力8節 17.09.--:鎮海〜09.28釜山 17.09.28:朝鮮重工業株式會社にて入渠 17.10.01:戦時編制:鎮海警備府部隊鎮海防備隊 17.10.01:軍隊区分:鎮海警備府信電令作第57号:對馬海峡防備部隊第二部隊 17.10.04:出渠 17.10.04:釜山〜10.04鎮海 17.10.07:鎮海〜10.15鎮海 17.10.18:鎮海〜10.27鎮海 17.10.29:鎮海〜11.11鎮海 17.11.14:鎮海〜11.26鎮海 17.11.30:鎮海〜12.10鎮海 17.12.12:鎮海〜12.21鎮海 17.12.24:鎮海〜01.02鎮海 18.01.05:鎮海〜01.14鎮海 18.01.17:鎮海〜01.26鎮海 18.02.09:鎮海〜02.15鎮海 18.03.07:鎮海〜04.26鎮海 18.05.14:鎮海〜05.26鎮海 18.05.31:鎮海〜 18.06.--:(チ71船団護衛) 18.06.--:(チ76船団護衛) 18.06.--:(チ77船団護衛) 18.06.--:(チ82船団護衛) 18.07.--:(チ95船団護衛) 18.07.--:(チ98船団護衛) 18.08.--:軍隊区分:鎮海海面防備部隊護衛部隊 18.08.01:(チ24船団護衛)出港〜08.04鎮海 18.08.11:鎮海〜08.12群山 18.08.13:(チ35船団護衛)群山〜08.15入港 18.08.16:(チ38船団護衛)出港〜08.19入港 18.08.19:(チ41船団護衛)出港〜08.21大連 18.08.23:(護衛)大連〜08.25入港 18.08.27:(護衛)出港〜08.29旅順 18.08.30:入渠 18.09.06:出渠 18.09.08:旅順〜09.08大連 18.09.08:(チ62船団護衛)大連〜09.10群山09.14〜09.16大連 18.09.20:(護衛)大連〜09.22群山 18.09.25:群山〜哨戒〜09.26入港 18.09.26:出港〜対潜掃蕩〜09.28入港 18.09.29:出港〜対潜掃蕩〜09.29入港 18.09.30:出港〜哨戒〜09.30入港 18.10.18:2230 現場着、対潜掃蕩開始 18.10.20:1200 敵情を得ず 18.10.21:0110 敵情を得ず掃蕩しつつ青島方面行船団の直接護衛をなす 18.10.27:(N37.50-E124.44)「吉浦丸」座礁現場 18.11.05:官房機密第051742番電:網関係及び掃海関係を撤去、輸送任務に適するよう整備、      十三粍聯装機銃1基増備
18.11.10:内令第2381号:第二南遣艦隊所属 18.11.10:戦時編制:聯合艦隊南西方面艦隊第二南遣艦隊 19.02.24:スターリング湾〜02.25アンボン
19.05.25:内令第708号:第四南遣艦隊所属 19.05.25:戦時編制:聯合艦隊南西方面艦隊第四南遣艦隊 19.05.29:アンボン〜05.30ソロン06.02〜06.03アンボン 19.06.10:艦隊区分:機密第四南遣艦隊法令第20号:附属(2415) 19.06.10:軍隊区分:機密濠北部隊命令作第8号:附属部隊 19.06.27:アンボン〜07.01コカス07.02〜07.04アンボン 19.07.--:(現在)捕獲網艇長:海軍大尉 石田 一男 19.07.01:艦隊区分:機密第四南遣艦隊法令第22号:附属(435)(2) 19.07.11:アンボン〜07.15カウ07.19〜07.23アンボン 19.07.25:軍隊区分:機密濠北部隊命令作第14号:附属部隊 19.08.02:アンボン〜08.04ケンダリ08.06〜08.08ビートン08.09〜08.09メナド08.14〜      〜08.17ザンボアンガ08.19〜08.20セブ08.22〜08.25マニラ09.02〜09.04セブ09.07〜      〜09.15バリックパパン09.19〜09.22マカッサル09.27〜09.27パレパレ10.01〜      〜10.01マカッサル10.17〜10.22マカッサル10.27〜10.27カポポサン10.28〜10.31スラバヤ 19.11.06:第百二工作部にて入渠 19.12.07:修理完了 19.12.14:スラバヤ〜12.19アンボン 19.12.19:アンボン〜ケンダリ向け航行
19.12.20:沈没 20.03.10:除籍:内令第232号 20.03.10:解傭
喪失場所:S06.10-E127.02 ロマン島北方155km付近 喪失原因:蘭B-24、三機による空爆

同型船

 昭jロ

兵装

(参考:開戦時の標準兵装)
 四十口径四一式八糎砲1門、十三粍単装機銃1基、七粍七単装機銃1基、
 六十糎探照燈1基、
 爆雷投射機1式、爆雷投下台2組、爆雷24個、
 一四式捕獲網4組、吊下式水中聴音機1基。

(19.01.01現在)
 二十五粍単装機銃5基。

写真資料

 なし。

前の艇へ ← 特設捕獲網艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る