第十五號驅潜特務艇の艦歴

 年 月 日:艦歴

17.02.10:起工、仮称艦名:第514號艦 17.07.25:命名:達第212号:第十五號驅潜特務艇 17.07.25:類別等級制定:内令第1357号:種別:特務艇、類別:驅潜特務艇、艇型:第一號型 17.07.25:本籍仮定:内令第1358号:呉鎮守府 17.10.29:進水 18.03.06:竣工
18.03.06:本籍:内令第404号:呉鎮守府、佐伯防備隊所属 18.03.06:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊佐伯防備隊 18.03.21:呉〜03.21三机03.23〜03.23佐伯 18.03.28:佐伯〜訓練〜03.28佐伯 18.03.29:佐伯〜訓練〜03.29佐伯 18.03.30:佐伯〜訓練〜03.30佐伯 18.03.31:佐伯〜訓練〜03.31佐伯 18.04.--:特務艇長:海軍兵曹長 小野 竹男 18.04.01:内令第584号:佐伯防備隊所属 18.04.01:佐伯〜訓練〜04.01佐伯 18.04.02:佐伯〜訓練〜04.02佐伯 18.04.07:佐伯〜哨戒〜04.08佐伯 18.04.10:佐伯〜哨戒〜04.11佐伯 18.04.12:佐伯〜哨戒〜04.13佐伯 18.04.14:佐伯〜哨戒、哨戒訓練〜04.15佐伯 18.04.17:佐伯〜哨戒、対潜哨戒〜04.19佐伯 18.04.20:佐伯〜哨戒〜04.21佐伯 18.04.22:佐伯〜対潜訓練〜04.22佐伯 18.04.23:佐伯〜哨戒〜04.24佐伯 18.04.26:佐伯〜対潜訓練、哨戒〜04.27佐伯 18.04.29:佐伯〜哨戒〜04.30佐伯 18.05.02:佐伯〜哨戒〜05.02佐伯 18.05.03:佐伯〜哨戒〜05.03佐伯 18.05.05:佐伯〜哨戒〜05.06佐伯 18.05.08:佐伯〜哨戒〜05.08佐伯 18.05.09:佐伯〜哨戒〜05.11佐伯 18.05.12:佐伯〜対潜掃蕩〜05.12佐伯 18.05.13:佐伯〜対潜掃蕩〜05.13宿毛 18.05.14:宿毛〜対潜掃蕩〜05.14佐伯 18.05.16:佐伯〜哨戒〜05.16佐伯 18.05.17:佐伯〜哨戒〜      〜05.18対潜訓練〜      〜05.19佐伯 18.05.20:佐伯〜05.20呉
18.06.01:内令第1093号:第三十二特別根據地隊所属 18.06.01:戦時編制:聯合艦隊南西方面艦隊第三南遣艦隊第三十二特別根據地隊 18.08.--:軍隊区分:哨戒部隊 18.08.06:バリックパパン〜08.10ダバオ 18.08.13:ダバオ〜08.14ザンボアンガ 18.08.15:ザンボアンガ〜08.16セブ08.17〜08.18ザンボアンガ 18.08.25:ザンボアンガ〜08.26ザンボアンガ 18.09.01:内令第1833号:第三十二特別根據地隊所属 18.09.06:ザンボアンガ〜09.07ダバオ 18.09.20:ダバオ〜09.22ザンボアンガ 18.09.23:ザンボアンガ〜09.24セブ09.26〜09.27ザンボアンガ 18.10.04:ザンボアンガ〜10.05セブ10.06〜10.07ザンボアンガ 18.10.09:ザンボアンガ〜10.11ダバオ 18.10.17:ダバオ〜10.19ホロ 18.10.23:ホロ〜10.24タウイタウイ10.25〜10.26ホロ 18.10.27:ホロ〜10.27タウイタウイ10.28〜10.29ホロ 18.--.--:ホロ〜11.01シアシ11.05〜11.05ホロ 18.11.07:ホロ〜11.08ザンボアンガ11.12〜11.15ダバオ 18.12.04:ダバオ〜12.06ダバオ 18.12.07:ダバオ〜12.08ザンボアンガ 18.12.09:ザンボアンガ〜12.09ザンボアンガ 18.12.10:ザンボアンガ〜12.12ラミタン 18.12.13:ラミタン〜12.13ラミタン 18.12.14:ラミタン〜12.14ラミタン 18.12.16:ラミタン〜12.16ザンボアンガ 18.12.17:ザンボアンガ〜12.19ザンボアンガ 18.12.31:ザンボアンガ〜01.02ダバオ 19.01.07:ダバオ〜01.08ザンボアンガ 19.01.09:ザンボアンガ〜01.11ダバオ 19.01.23:(「北開丸」護衛)ダバオ〜01.26パラオ 19.01.30:(ネ002船団護衛)パラオ〜      〜01.31 1405 「第二十二號驅潜特務艇」が護衛を終了〜      〜02.02 1300 護衛を止め船団より分離〜       〜02.03ダバオ 19.02.03:ダバオ〜02.04グラン02.07〜02.08ダバオ 19.02.11:ダバオ〜02.12サランガニ02.14〜02.14ダバオ 19.02.15:ダバオ〜02.19セブ02.21〜02.26ザンボアンガ 19.03.11:ザンボアンガ〜03.13タラカン 19.03.14:タラカン〜03.16ブラオ03.17〜03.18タラカン 19.03.19:タラカン〜03.25ザンボアンガ 19.03.28:ザンボアンガ〜03.30ダバオ 19.04.07:ダバオ〜04.09ザンボアンガ04.10〜04.11タウイタウイ 19.05.--:軍隊区分:菲島南第一部隊哨戒部隊 19.05.01:特務艇長:海軍少尉 小野 竹男 19.05.17:タウイタウイ〜05.18ザンボアンガ05.19〜05.19ホロ05.20〜05.20タウイタウイ 19.08.14:菲南部隊電令作第124号:第三十號掃海艇、第十二京丸、第十一號驅潜特務艇、      第十五號驅潜特務艇は第二菱丸を護衛しダバオに帰投すべし      (* 実際は第十一號驅潜特務艇は欠) 19.08.16:(D161船団護衛)ザンボアンガ〜      〜08.16 1230 特設運送船第二菱丸」機械故障〜      〜08.16 1330 特設運送船「第二菱丸」故障復旧〜      〜08.16 1414 「第三十號掃海艇」は潜望鏡らしきものを認め爆雷攻撃〜      〜08.18 0012(N04.50-E124.35)敵B-24 1機来襲、投弾2個〜      〜08.18 0120(N04.53-E124.42)敵B-24 1機来襲、投弾2個〜      〜08.18 ---- 「第三十號掃海艇」は船団を先行させ単独対潜掃蕩〜      〜08.18マララグ 19.08.20:菲南部隊電令作第127号:第三十號掃海艇、第十二京丸、第十五號驅潜特務艇、十勝丸は      21日ダバオ発、立石丸、第二菱丸をザンボアンガ迄護衛すべし 19.08.22:(Z222船団護衛)マララグ〜      〜08.22 0851(N06.08-E125.44)陸軍徴傭船立石丸」が敵潜水艦の雷撃2本を受けるが回避〜      〜08.22 1800 「第三十號掃海艇」は掃蕩を打切り船団と合同〜      〜08.22グラン 19.08.23:(Z222船団護衛)グラン〜      〜08.23 0304 敵大型機の触接を受ける〜      〜08.23 0430 特設驅潜艇第十二京丸」が対空戦闘〜      〜08.24ザンボアンガ 19.09.22:(シミ11船団護衛)昭南〜09.26ミリ 19.10.--:マニラ〜セブ方面物件輸送〜      〜マエストロ・デ・カンポ島コンセブション沖にて座礁 19.10.22:0140 離礁      0930 「第三新泰丸」に横付け諸物件積込み      1100 爆雷以外の積込み終了      1142 対空戦闘:コンソリデーテット1機来襲      1143 第二撃により機関銃旋回不能、燃料タンク発火、「第三新泰丸」右舷火災      1144 第三撃により爆雷誘爆、後部艦橋破壊飛散、火災      1146 機関室煙突付近より前方に延焼      1147 横付用ホーサ燃焼      1200 総員退去      1207 沈没
19.10.22:沈没 20.05.10:内令第412号:第三十二特別根據地隊所属解除 20.05.10:類別等級削除:内令第402号 20.05.10:除籍:内令第414号
喪失場所:N12.55-E121.35 マエストロ・デ・カンポ島コンセブション沖 喪失原因:米B-24による空爆

同型艇

 第一號第百號第百五十一號第二百五十號

兵装

(第一號型驅潜特務艇の計画時)
 九二式七粍七単装機銃1基、爆雷22個、吊下式水中聴音機1基、軽便探信儀1基。

写真資料

 なし

前の艇へ ← 驅潜特務艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る