千歳の艦歴

 年 月 日:艦歴

09.11.19:命名:達第198号:「千歳」(チトセ) 09.11.19:類別等級制定:内令第487号:種別:軍艦、類別:水上機母艦、艦型:なし 09.11.19:本籍仮定:内令第488号:佐世保鎮守府 09.11.26:起工 --.--.--:信号符字點付:JWVA 11.11.29:進水 11.11.29:本籍:内令第448号:佐世保鎮守府 12.03.01:艤装員長:海軍大佐 池内 正方 12.04.17:艤装員事務所を呉海軍工廠内に設置し事務を開始 13.03.10:艦長:海軍大佐 池内 正方 13.07.25:竣工
13.12.15:艦長:海軍大佐 水井 靜治 14.11.15:艦長:海軍大佐 西田 正雄 15.06.03:艦長:海軍大佐 野元 為輝 15.10.15:艦長:海軍大佐 田中 頼三 15.11.15:戦時編制:聯合艦隊第一艦隊第七航空戦隊 15.11.15:艦長:海軍大佐 山本 親雄 16.08.20:艦長:海軍大佐 古川 保 16.04.10:戦時編制:聯合艦隊第十一航空戦隊 16.12.01:信号符字改正:達第369号:JQRA 16.12.--:軍隊区分:南方部隊菲島部隊南菲支援水上機部隊 16.12.17:パラオ〜 16.12.23:南菲部隊水上機部隊電令作第2号: ザンボアンガの攻撃を取止む       千歳は明24日0600乃至0630北緯5度35分東経123度40分に達し飛行機射出爾後第二梯団の後方に       続行しつつ警戒、第三十八號哨戒艇は右時刻千歳に合同すべし 16.12.26:1850 敵双発飛行艇に発砲 17.01.02:マララグ湾〜01.02マララグ湾〜01.27バンガ泊地 17.02.07:蘭印部隊第二航空部隊電令第3号:       マカッサル作戦参加の為、千歳は6日夜ピル湾発ブル島南側を経て8日0700サイアヤー島東側南部に       達する如く行動す、各艦艇は右に依り作戦行動すべし      1.瑞穂、第三十九號哨戒艇、瑞穂艦長所定に依り第一根據地隊部隊に協力、8日0700千歳に合同      2.第三十四號、第三十七號哨戒艇特令任務終了後、千歳に続行 17.02.13:1730 ホロ入港 17.02.15:ホロ〜搭載機捜索〜02.15ホロ 17.02.19:ホロ〜02.20ドンドン湾(予定)      〜03.24アンボン 17.03.30:(ブラ攻略作戦)アンボン〜03.31ブラ湾ワエロワ 17.04.--:ブラ湾ワエロワ〜04.03バボ〜04.05ガネ湾 17.04.--:ガネ湾〜      〜04.18 1230 「第一號哨戒艇」「第三十九號哨戒艇」と合同、             「第一號哨戒艇」「第三十九號哨戒艇」は直ちに先行〜      〜04.19 0500 「第一號哨戒艇」「第三十九號哨戒艇」と合同〜      〜04.19ホランヂヤ 17.04.22:前進部隊電令第3号:      1.第十一航空戦隊(瑞穂欠)及第十六驅逐隊はN攻略部隊の編制解隊後本籍軍港に帰投        整備作業に従事すべし      2.第十一航空戦隊司令官は第十六驅逐隊(雪風欠)の内地回航に関し之を区処すべし 17.04.29:軍隊区分:聯合艦隊電令作第129号:4月30日附南方部隊より除き第一期兵力部署に依る部隊に編入 17.05.--:      〜05.22 佐世保港外にて驅逐艦「親潮」、同「早潮」と合同〜      〜05.26サイパン 17.05.27:軍隊区分:機密攻略部隊命令第1号:航空部隊 17.05.28:(MI攻略作戦)サイパン〜06.06作戦中止〜呉 17.06.26:呉〜06.28父島06.29〜07.01横須賀 17.06.30:軍隊区分:機密攻略部隊甲掃蕩隊命令第3号:甲航空隊 
17.07.14:戦時編制:聯合艦隊第二艦隊第十一航空戦隊 17.07.15:湊町沖〜07.15横須賀 17.07.17:軍隊区分:機密攻略部隊甲航空隊命令作第1号:支援隊 17.07.25:横須賀〜07.25木更津沖 17.08.09:前進部隊電令作第16号:      4.第十一航空戦隊(~川丸欠)及第二水雷戦隊驅逐艦二隻は第十一航空戦隊司令官之を指揮        横須賀発速に主隊に合同 17.08.10:軍隊区分:前進部隊電令作第18号:航空部隊 17.08.20:トラック〜 17.08.29:軍隊区分:外南洋部隊電令作第77号:R方面航空部隊      2.航空部隊はショートランド(又はレカタ湾)方面に基地を設置主としてガダルカナル方面の        航空作戦に従事すべし      〜10.12ショートランド 17.11.01:軍隊区分:聯合艦隊電令作第366号      2.第六驅逐隊(驅逐艦二欠)、千歳(飛行機隊欠)、日進、秋月(以上11月3日附)、        第三水雷戦隊(磯波欠)(以上11月6日附)を外南洋部隊より除き千歳、日進を        聯合艦隊附属に、秋月を機動部隊に、其の他を前進部隊に編入す      4.千歳、日進はトラックに回航すべし 17.11.25:艦長:海軍大佐 佐々木 靜吾 17.12.01:戦時編制:佐世保鎮守府部隊 17.12.01:役務:内令第2212号:警備艦 18.02.01:解役:内令第109号:第四豫備艦 18.04.14:艦長:海軍大佐 荒木 傳 18.06.10:内令第1160号:第三豫備艦 18.07.01:艦長:海軍大佐 小原 義雄 18.08.01:内令第1569号:第一豫備艦 18.08.04:艦長:海軍大佐 三浦 艦三
18.09.15:戦時編制:聯合艦隊第三艦隊第五十航空戦隊 18.09.30:聯合艦隊電令作第728号:聯合艦隊機密第301431番電:      2.第三艦隊長官は龍鳳(昭南進出時)及び千歳をして大海機密第131401番電に依る輸送に任ぜしむ        輸送終了後千歳は内地に帰投せしむべし      3.第五艦隊長官は第二十一驅逐隊(若葉、初霜)をして第二航空戦隊司令官(復航千歳艦長)の        指揮を受け其の護衛に任ぜしむべし      〜10.02 1537 「第百一號哨戒艇」が護衛を開始〜      〜10.02和田岬 18.10.03:和田岬〜10.03洲本沖10.04〜10.04横須賀港外 18.11.07:聯合艦隊電令作第789号:      1.各部隊指揮官は左に依り指定の艦(隊)を以て輸送任務に従事せしむべし(兵力輸送要領)       (ロ)千歳、龍鳳、飛鷹、第二十一驅逐隊、谷風:大海機密第031223番電の輸送       (ハ)各群指揮官:先任艦長 18.11.07:徳山〜      〜11.07 0723 第二十一驅逐隊は反転〜      〜横須賀 18.11.20:聯合艦隊電令作第817号:      1.聯合艦隊電令作第789号中1(ロ)及び3項を削除す      2.各部隊指揮官は左の隊(艦)を以て大海機密第151847番電及び同161737番電の輸送に任ぜ        しむべし       (イ)指揮官:翔鶴艦長          兵力:翔鶴、千歳、谷風、秋月、玉波、島風(島風はサイパンに到着後本任務を解く)
18.12.15:類別等級変更:内令第2708号:種別:軍艦、類別:航空母艦、艦型:瑞鳳型 18.12.16:(阪警)海防電令作第47号:      1.千歳、雪風、天津風本日二三三〇潮岬通過北上す(速力二〇節) 19.01.01:工事完了
19.01.01:戦時編制:聯合艦隊第三艦隊 19.01.11:(ヒ31船団護衛)門司〜01.16驅逐艦「天津風」大破〜01.20昭南 19.01.25:(ヒ32船団護衛)昭南〜
19.02.01:戦時編制:聯合艦隊第三艦隊第三航空戦隊 19.02.05:第一海上護衛隊の作戦指揮下を去る 19.03.01:戦時編制:聯合艦隊第一機動艦隊第三艦隊第二航空戦隊 19.04.07:艦長:海軍大佐 岸 良幸
19.10.25:沈没 19.12.20:除籍:内令第1369号 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅)
喪失場所:N19.20-E125.20 エンガノ岬の東235浬 喪失原因:米航空母艦Essex(CV-9)及びLexington(CV-16)艦載機による空爆

同型艦

 千代田

兵装

(水上機母艦:計画時)
 四十口径八九式十二糎七聯装高角砲2基、 九六式二十五粍二聯装機銃6基、
 呉式二号五型射出機4基、
 九五式水上偵察機24機(補用4機)。

(航空母艦:計画時)
 四十口径八九式十二糎七聯装高角砲4基、 九六式二十五粍三聯装機銃10基、
 九七式艦上攻撃機9機(補用0機)、零式艦上戦闘機21機(補用0機)。

(19.06.15現在)
 四十口径八九式十二糎七聯装高角砲4基、 九六式二十五粍三聯装機銃10基、同単装18基、
 二号一型電波探信儀1基。

(19.07.10現在)
 四十口径八九式十二糎七聯装高角砲4基、 九六式二十五粍三聯装機銃10基、同単装30基、
 一号三型電波探信儀1基、二号一型電波探信儀1基。

 【航空機関連】
(定数:16.12.01)
 二座水上偵察機16機、三座水上偵察機4機。

(定数:17.06.01)
 二座水上偵察機16機、三座水上偵察機7機。

(定数:19.02.01)
 艦上攻撃機9機、艦上戦闘機21機。

(定数:19.03.01)
 なし。

写真資料

 雑誌「世界の艦船」海人社 1978年7月号増刊「写真集・日本軍艦史<3>昭和編」(P.33,36)
 雑誌「世界の艦船」海人社 1994年5月号別冊「日本航空母艦史」(P.81-82,114-117)
 雑誌「世界の艦船」海人社 2011年1月号増刊「日本航空母艦史」(P.89-90, 105,122-124)
 雑誌「丸スペシャル」潮書房 No.25「水上機母艦」(P.5-11)
 雑誌「丸スペシャル」潮書房 No.38「日本の空母II」(P.34-36)
 雑誌「丸スペシャル」潮書房 No.131「戦時中の日本の空母III」(P.24-27)
 雑誌「丸Graphic Quarterly」潮書房 No.17「写真集 日本の小艦艇」(P.3-4,11-15)
 雑誌「丸エキストラ」潮書房 第六十一集「連合艦隊」(P.18)
 「海軍艦艇史3」 潟xストセラーズ S57.04 福井静夫(3402-3404,3491-3508)
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫 (0877,0922-0929)
 「日本海軍艦艇写真集 航空母艦・水上機母艦」ダイヤモンド社 H17.06 呉市海事歴史科学館(P.100,134-137)

前の艦へ ← 水上機母艦 → 次の艦へ

前の艦へ ← 航空母艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る