昭榮丸の船歴

 年 月 日:船歴

T--.--.--:起工 T08.11.18:進水、命名:War Oasis T09.02.19:竣工、船主:Shipping Controller
T08.--.--:改名:Oakwin、      船主:Ashwin & Company、船籍港:London、船舶番号:142770、信号符字:JVTS、      登録総噸数:3,099、登録純噸数:1,870     :船長:J.O. Williams T10.--.--:船主:Sir W. Reardon Smithに変更 T10.10.18:フリーマントル T11.01.04:フリーマントル T14.--.--:改名:General Lukin、      船主:Oakwin Steam Ship Company Limited、登録純噸数:1,866に変更、      運航:Sir W.R. Smith & Sons Limited 02.--.--:船主:St. Just Steam Ship Company Limitedに変更 03.07.26:逓信省告示第1808号:私設無線電信施設許可      1.施設者名:昭榮汽船株式會社      3.機器設置場所:汽船昭榮丸(セウエイマル)定繋港:神戸      4.呼出符号:JCDC
03.08.20:改名:昭榮丸、      船主:昭榮汽船株式會社、船籍港:兵庫県垂水、船舶番号:33569、信号符字:TNMW、      登録総噸数:3,083、登録純噸数:1,859に変更 07.09.27:船主:東和汽船株式會社に変更 08.01.01:信号符字:JCDCに変更 16.--.--:船籍港:~戸に変更
16.08.21:徴傭:一般徴傭船(雑用船)、横須賀鎮守府所管 16.--.--:〜12.01八幡 16.12.04:八幡〜12.07鎮南浦12.16〜12.21馬公12.22〜12.23高雄12.26〜12.26馬公01.05〜      〜01.06高雄01.09〜01.10基隆01.12〜01.18大阪02.28〜03.01呉 17.03.07:呉〜03.14高雄03.19〜03.23基隆03.27〜04.01大阪04.03〜04.04因島 17.04.04:株式會社大阪鉄工所因島工場にて艤装工事開始
17.04.10:入籍:内令第663号:特設運送船(雑用船)、横須賀鎮守府所管
17.--.--:戦時編制:海軍省配属、横須賀鎮守府所属、特設運送船(乙) 17.05.02:艤装工事完了 17.05.02:因島〜05.03門司05.04〜05.05大阪05.09〜05.16高雄05.23〜      〜06.01大連06.08〜06.15東京 17.06.17:東京〜06.20室蘭06.23〜06.27散頃07.02〜07.10大阪07.12〜      〜07.16小樽07.18〜07.20散頃07.24〜07.30東京 17.07.27:船長:海軍嘱託 泉 政右エ門(部内限り奏任官待遇) 17.08.02:東京〜08.09浅瀬08.15〜08.21大阪08.23〜09.09名古屋09.11〜      〜09.19来知志09.22〜09.29名古屋10.01〜10.11敷香10.20〜10.31横浜 17.11.19:横浜〜11.21塩釜11.24〜11.26室蘭12.03〜12.06東京 17.12.11:東京〜12.15釧路12.21〜12.26東京 17.12.29:東京〜01.06小樽01.14〜01.19東京 18.01.22:東京〜01.25室蘭01.31〜02.02東京 18.02.07:東京〜      〜02.10 0910(N40.18-E141.55)雷撃を受けるが被害なし〜      〜02.11函館02.17〜02.17室蘭02.23〜02.28大阪03.03〜      〜03.04呉03.06〜03.12大湊03.13〜03.16室蘭03.16〜03.21名古屋03.25〜      〜03.29釧路04.01〜04.20東京 18.04.24:東京〜04.24横浜04.25〜04.25横須賀04.28〜05.01呉05.03〜      〜05.04因島 18.05.05:因島船渠に入渠修理 18.05.20:修理完了 18.05.21:因島〜05.22呉05.23〜05.24下関05.26〜05.27三池05.29〜      〜05.31津久見06.08〜06.13東京 18.06.20:東京〜06.24函館06.26〜06.27釧路07.02〜07.08大阪07.12〜      〜07.19鎮南浦07.23〜08.01横須賀 18.08.04:横須賀〜08.07父島08.08〜08.12サイパン08.12〜08.16トラック09.10〜      〜09.15クエゼリン10.01〜10.05トラック 18.10.22:(第4022船団)トラック〜11.01横須賀 18.11.13:(第3113船団)横須賀〜11.13館山11.14〜11.23トラック 18.12.14:(第5142船団)トラック〜12.19クエゼリン 18.12.19:空爆により中破
18.12.20:沈没 19.02.05:除籍:内令第305号 19.02.05:解傭
喪失場所:クェゼリン 喪失原因:米海軍のPBYによる空爆

同型船

(英国第一次大戦C型戦時標準船)
 War Beach(薩摩丸)、War Beacon(盛海丸)、War Brae、War Breaker、War Breeze(桐葉丸)、
 War Brosna(大洲丸)、War Chine、War Cloud、War Coast、War Combe、War Comet、War Coppice、
 War Country、War Cove、War Crag、War Crater、War Creek、War Delta(建國丸)、War Dene、
 War Diadem、War Dodder、War Down、War Drummer、War Firth、War Foam、War Forest、War Gale、
 War Glade、War Glen、War Globe、War Grange、War Hamlet、War Harbour、War Haven、War Highway、
 War Horizon、War Island(桃葉丸)、War Isthmus、War Loch、War Manor、War Mansion、War Minaret、
 War Mirage、War Mist(やすくに丸)、War Monsoon、War Moon、War Mosque(高濱丸)、
 War Obelisk、War Ocean、War Palace(盛泰丸)、War Planet、
 War Pyramid(須磨丸)、War Quarry、War Ravine、War Reef、War Regalia、War Ripple、War River、
 War Rock、War Simoom(明石丸)、War Sirocco、War Sky、War Sphere(日興丸)、
 War Spray(たまひめ丸)、War Star、War Summit、War Sun、War Surf(浦鹽丸)、War Swell、
 War Tempest、War Temple(愛國丸)、War Tiara、War Tolka(天山丸)、War Torrent、War Trench、
 War Typhoon、War Valley、War Zenith、War Zephyr。

兵装

 要調査

写真資料

 "WW II Wrecks of the Kwajalein and Truk Lagoons" North Valley Diver Publications 1992 Dan E. Bailey
 小樽市博物館所蔵(54-18, 124-11)

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る