第一拓南丸の船歴

 年 月 日:船歴

12.02.08:起工 12.05.01:進水、命名:第一拓南丸 12.07.24:竣工、船主:日本水産株式會社
12.--.--:(第3回南氷洋捕鯨)〜10.30フリーマントル〜03.30フリーマントル〜 13.--.--:(第4回南氷洋捕鯨)〜10.31フリーマントル〜03.26フリーマントル〜 14.--.--:本州南方の海流観測 14.--.--:(第5回南氷洋捕鯨)〜11.14フリーマントル〜11.20フリーマントル〜      〜03.28フリーマントル〜 15.--.--:(第6回南氷洋捕鯨)〜11.14フリーマントル
16.09.04:徴傭 16.09.14:旅順要港部工作部にて艤装工事開始 16.09.20:入籍:内令第1093号:特設掃海艇、佐世保鎮守府所管
16.09.20:掃海艇長:海軍豫備中尉 鈴木 邦與 16.10.15:特設掃海隊編制:内令第1252号:第五十掃海隊 16.10.15:戦時編制:旅順警備府備隊第五十掃海隊 16.10.27:艤装工事完了 16.--.--:軍隊区分:北支部隊北監視部隊 16.11.29:旅順〜12.01天津12.03〜12.04大沽12.04〜12.05旅順 16.12.06:旅順〜12.07秦皇島 16.12.08:秦皇島にてパナマ船"Herleik"を抑留(12.17拿捕) 16.12.--:秦皇島〜12.11旅順 16.12.23:大連〜12.29大連 17.01.15:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第32号:旅順特別根據地隊海上警戒隊 17.02.10:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第41号:旅順特別根據地隊海上警戒隊 17.04.10:特設掃海隊編制:内令第653号:第五十掃海隊の項を削る
17.04.10:内令第658号:旅順方面特別根據地隊所属 17.04.10:戦時編制:鎮海警備府部隊旅順方面特別根據地隊 17.04.23:旅順〜04.24旅順04.30〜04.30旅順05.03〜05.03旅順05.05〜05.05旅順 17.05.11:旅順〜05.11旅順05.19〜05.19旅順05.26〜05.26旅順06.03〜06.03旅順 17.06.10:旅順〜06.11旅順06.18〜06.19旅順06.27〜06.28旅順07.06〜07.07旅順 17.06.12:官房機密第7254号:訓令:兵器供給:九二式七粍七単装機銃A型(三脚架附)、      30瓩発煙筺5個、発煙浮筺用浮嚢3個 17.07.08:旅順〜07.10旅順07.19〜07.24旅順08.03〜08.05旅順08.18〜08.18旅順 17.08.25:旅順〜08.25旅順09.01〜09.01旅順09.09〜09.09旅順09.23〜09.23旅順 17.09.27:旅順〜09.27旅順10.03〜10.03旅順10.07〜10.07旅順10.09〜10.10旅順 17.10.01:軍隊区分:鎮海警備府信電令作第57号:旅順方面特別根據地隊海上警戒部隊 17.10.20:旅順〜10.21旅順10.23〜10.25旅順10.27〜10.27旅順11.05〜11.05旅順 17.11.13:旅順〜11.13旅順11.16〜11.16旅順11.21〜11.21旅順11.25〜11.25旅順 17.12.01:旅順〜12.03旅順12.09〜12.09旅順12.18〜12.20旅順12.27〜12.29旅順 18.01.07:旅順〜01.08旅順01.14〜01.14旅順01.18〜01.19旅順01.22〜01.22旅順 18.01.25:旅順〜01.25旅順01.29〜01.29旅順02.03〜02.04旅順02.09〜02.10旅順 18.02.13:旅順〜02.14旅順02.16〜02.19旅順02.27〜02.28旅順03.04〜03.09旅順 18.03.13:旅順〜03.14旅順03.18〜03.23旅順03.24〜04.09旅順04.13〜04.13旅順 18.05.21:旅順〜05.23旅順05.29〜05.31旅順06.08〜06.10旅順07.03〜07.10旅順 18.07.12:旅順〜07.14旅順08.27〜08.29旅順09.02〜 18.09.--:(チ56船団護衛) 18.09.--:(チ59船団護衛) 18.10.15:0700 大東湾に於ける航路指示を敷設艇那沙美」と交代〜旅順 18.12.29:鎮警電令作第66号:準備出来次第佐世保に回航、作戦に関し佐鎮長官の指揮下 18.12.30:軍隊区分:佐鎮信電令作第61号:作戦に関し佐防戦司令官の指揮下 19.01.01:軍隊区分:佐海防電令作第31号:第一護衛部隊 19.01.07:佐世保〜01.07伊万里 19.01.08:(シ804船団護衛)伊万里〜01.12上海 19.01.15:(モ503船団護衛)上海〜01.19佐世保 19.01.20:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第53号:海面防備部隊第一護衛部隊 19.01.23:(シ301船団護衛)佐世保〜01.26上海 19.01.29:(モ901船団護衛)上海〜佐世保 19.02.03:佐世保〜02.03伊万里 19.02.06:(シ504船団護衛)伊万里〜02.09呉淞〜02.10上海 19.02.12:軍隊区分:佐海防電令作第80号:南西諸島部隊沖縄部隊 19.02.12:(モ202船団護衛)上海〜02.16佐世保 19.03.01:(護衛)宮古〜03.04那覇 19.03.08:那覇〜哨戒〜03.13佐世保 19.03.14:入渠 19.03.22;出渠 19.03.24:機関手入完了 19.03.26:佐世保〜哨戒〜03.29佐世保 19.03.30:入渠(04.13まで) 19.04.10:軍隊区分:佐世保鎮守府司令長官作戦指揮下 19.04.10:軍隊区分:第四海上護衛部隊協力部隊南西諸島海面防備部隊大島部隊 19.04.14:佐世保〜哨戒〜04.15鹿児島 19.04.19:(鹿813船団護衛)鹿児島〜船団より分離、不時着機救難〜04.23那覇 19.04.24:(漁船隊護衛)那覇〜大東島方面〜04.28瀬相 19.04.29:瀬相〜対潜掃蕩〜04.30瀬相 19.05.03:(鹿508船団護衛)瀬相〜05.04那覇 19.05.06:(沖503船団護衛)那覇〜05.07瀬相 19.05.10:瀬相〜電探目標艇〜05.10瀬相 19.05.12:瀬相〜遭難機救難作業〜05.13瀬相 19.05.15:瀬相〜南大東島方面に漁船隊護衛〜05.18古仁屋 19.05.22:(ナカ205船団護衛)古仁屋〜05.23鹿児島 19.05.25:(臨時カナ505船団護衛)鹿児島〜05.28那覇 19.05.29:那覇〜哨戒〜05.30瀬相 19.05.31:瀬相〜対潜掃蕩〜 19.--.--:(「琉球丸」護衛)〜06.03瀬相 19.06.07:瀬相〜特設驅潜艇曾文丸」曳航〜06.09瀬相 19.06.12:(タカ705船団護衛)瀬相〜06.16瀬相 19.06.18:(カタ517船団護衛)古仁屋〜 19.06.20:(タカ606船団護衛) 19.06.22:瀬相〜喜界島基地の220度15浬に不時着の沖空輸送機救助〜06.22瀬相 19.06.26:(「富津丸」護衛)瀬相〜06.27鹿児島 19.07.03:(船団護衛)鹿児島〜07.06鹿児島 19.07.09:(カナ912船団護衛)鹿児島〜07.11那覇 19.07.13:(タカ005船団護衛)那覇〜07.14瀬相07.15〜07.16鹿児島 19.07.17:鹿児島〜飛行機救難作業〜07.19鹿児島 19.07.24:鹿児島〜瀬相 19.07.26:(カナ408船団護衛)瀬相〜07.27護衛終了〜07.28山川 19.08.--:軍隊区分:第四海上護衛部隊海上護衛部隊大島護衛部隊 19.08.03:鹿児島〜救難〜08.04鹿児島 19.08.06:鹿児島〜「江差丸」護衛〜08.07鹿児島 19.08.17:(カタ717船団護衛)鹿児島〜08.19那覇 19.08.21:(タカ708船団護衛)那覇〜 19.08.23:瀬相〜対潜掃蕩、「對馬丸」遭難者救難〜08.26鹿児島 19.08.30:(鹿北906船団護衛)鹿児島〜08.31佐世保 19.09.10:佐世保〜哨戒〜09.11山川 19.09.11:電令作第64号:鹿児島回航、「長壽山丸」「萩川丸」「相州丸」を護衛、瀬相に帰投 19.09.14:(カナ402船団護衛)山川〜09.15瀬相 19.09.17:信電令作第73号:天候回復次第「燕」と共に「萩川丸」を辺戸崎付近迄護衛、帰投       19.09.19:(カナ402船団護衛)瀬相〜対潜掃蕩〜09.20瀬相 19.09.19:電令作第67号:護衛を止め「迅鯨」被雷現場付近(N27.25-E127)の対潜掃蕩 19.09.19:電令作第68号:09.20 0600迄にて掃蕩を打切り瀬相に帰投、次回南大東島輸送従事 19.09.20:大島防備隊第200542番電:「海威」現場到着まで瀬底に向け「迅鯨」を曳航せよ、      電令作第68号前段を取消し 19.09.23:(第5次大東島輸送船団護衛)瀬相〜09.25南大東島〜09.30瀬相 19.10.04:(第7次大東島輸送船団護衛)瀬相〜10.05南大東島〜10.06沖大東島〜 19.10.10:1400 敵機の銃撃により爆雷誘爆、艇後部切断沈没
19.10.10:沈没 20.12.31:解傭 22.05.03:除籍:復二第327号
喪失場所:N25.30-E131.00 南大東島 喪失原因:米第38機動部隊艦載機2機による銃撃

同型船

 第二拓南丸第三拓南丸第五拓南丸第六拓南丸第七拓南丸第八拓南丸第十拓南丸

兵装

 要調査

写真資料

 「海洋少年」通巻19号 海と空社
 「船舶百年史」有明書房 S32.09 上野喜一郎 (P.187)
 「日本水産の70年」 S56.05 日本水産株式会社

備考

  1. カナ402船団は「相州丸」「萩川丸」の2隻と護衛の特設砲艦「長壽山丸」。
    「相州丸」は古仁屋止まり、「萩川丸」「長壽山丸」は那覇行き。

前の艇へ ← 特設掃海艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る