陽光丸の船歴

 年 月 日:船歴

09.06.18:起工 09.09.27:進水、命名:陽光丸 09.12.03:竣工、船主:共同漁業株式會社
12.05.07:船主:日本水産株式會社に変更
16.08.15:徴傭
16.09.15:驅潜艇長:海軍豫備中尉 平田 信男
16.09.20:入籍:内令第1093号:特設驅潜艇、横須賀鎮守府所管
16.09.20:軍隊区分:機密大湊要港部命令第234号:当分の間、大湊防備隊司令指揮下、      函館統制工業にて艤装 16.10.14:艤装工事完了 16.10.15:内令第1253号:大湊防備隊所属 16.--.--:戦時編制:大湊警備府部隊大湊防備隊 16.10.28:大湊〜水路部作業〜11.14大湊 16.12.01:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第6号:津軽防備部隊 16.12.07:大湊〜第二哨区哨戒〜12.10大湊 16.12.09:大湊〜第二哨区哨戒〜12.14大湊 16.12.17:大湊〜第二哨区哨戒〜12.19大湊 16.12.21:大湊〜第二哨区哨戒〜12.23大湊 16.12.25:大湊〜第二哨区哨戒〜12.27大湊 16.12.29:大湊〜第二哨区哨戒〜12.31大湊 17.01.02:大湊〜第二哨区哨戒〜01.04大湊 17.01.06:大湊〜第二哨区哨戒〜01.08大湊 17.01.15:大湊〜第二哨区哨戒〜01.18大湊 17.01.23:大湊〜第二哨区哨戒〜01.26大湊 17.02.02:大湊〜第三哨区哨戒〜02.04大湊 17.02.08:大湊〜第三哨区哨戒〜02.10大湊 17.02.14:大湊〜第三哨区哨戒〜02.16大湊 17.02.24:大湊〜第二哨区哨戒〜02.27大湊 17.03.03:大湊〜第二哨区哨戒〜03.05大湊 17.03.09:大湊〜第二哨区哨戒〜03.11大湊 17.03.13:大湊〜第二哨区哨戒〜03.15大湊 17.03.21:大湊〜第二哨区哨戒〜03.23大湊 17.03.24:大湊〜第二哨区哨戒〜03.26大湊 17.04.01:大湊〜第二哨区哨戒〜04.05大湊 17.04.09:大湊〜第二哨区哨戒〜04.11大湊 17.04.15:軍隊区分:第二十八掃海隊指揮下 17.04.16:大湊〜第二哨区哨戒〜04.21大湊 17.04.26:大湊〜第二哨区哨戒〜04.29大湊 17.05.--:軍隊区分:津軽哨戒隊東口隊第二特設驅潜艇隊 17.05.08:大湊〜第三哨区哨戒〜05.10大湊 17.05.16:大湊〜第三哨区哨戒〜05.18大湊 17.05.24:大湊〜第三哨区哨戒〜05.29大湊 17.06.01:(現在)驅潜艇長:海軍豫備中尉 八柳 吉之助 17.06.02:大湊〜A、B、第三哨区哨戒〜06.07大湊 17.06.11:大湊〜A、B、第三哨区哨戒〜06.16大湊 17.06.18:大湊〜A、B、第三哨区哨戒〜06.23大湊 17.06.23:大湊〜A、B、第三哨区哨戒〜06.26大湊 17.07.01:大湊〜A、B、第三哨区哨戒〜07.03大湊 17.07.06:大湊〜A、B、第三哨区哨戒〜 17.07.07:八丈機密第626番電:尻矢崎90度線以南41度線以北東経141度43分以西の海面を掃蕩せよ 17.07.08:八丈機密第630番電:尻矢崎を通ずる90度線を基準とし南に間隔3浬捜索捜索針路90度      (270度)にて所定海面の掃蕩実施、状況に異状なければ07.09 0600解列予定 17.07.09:八丈機密第634番電:列を解き所定配備に就け      〜07.11大湊  17.07.13:大湊〜A、B、第三哨区哨戒〜07.17大湊 17.07.25:大湊〜A、B、第三哨区哨戒〜07.31大湊 17.08.03:津防機密第302番電:掃蕩隊編成(第二直) 17.08.05:津防機密第325番電:東口固有哨区に就け 17.08.06:大湊〜A、B、C哨区哨戒〜 17.08.06:津防機密第331番電:八戸沖に回航、「八丈」艦長の指揮を受けよ      〜08.09高瀬川平沼海岸で座礁〜      〜08.13港務部曳船及び地元警防団の協力で離礁〜      〜08.13八戸 17.08.17:八戸〜08.17大湊 17.08.22:軍隊区分:津防機密第384番電:08.20甲護衛隊(尻矢隊)に編入 17.08.22:大湊〜C哨区哨戒〜      〜08.25:鮫角の72度20浬びて対潜戦闘:爆雷攻撃3個〜      〜08.28八戸 17.09.01:八戸〜C哨区哨戒〜09.02八戸 17.09.03:八戸〜C哨区哨戒〜09.04大湊 17.09.05:軍隊区分:津防機密第408番電:尻矢隊 17.09.06:大湊〜C哨区哨戒〜09.08八戸 17.09.10:八戸〜C哨区哨戒〜09.15八戸 17.09.16:八戸〜C哨区哨戒〜09.17八戸 17.09.21:八戸〜C哨区哨戒〜09.25八戸 17.09.22:樋口艇長着任 17.09.--:驅潜艇長:海軍豫備中尉 樋口 喜三郎 17.09.26:八戸〜C哨区哨戒〜09.30八戸 17.09.29:八柳艇長退任 17.10.01:軍隊区分:機密津軽防備部隊命令作第9号:尻矢隊 17.10.01:八戸〜C哨区哨戒〜10.06大湊 17.10.18:大湊〜C哨区哨戒〜10.20八戸 17.10.21:八戸〜C哨区哨戒〜10.30八戸 17.11.04:八戸〜C哨区哨戒〜11.05八戸 17.11.09:八戸〜C哨区哨戒〜11.10八戸 17.11.14:八戸〜C哨区哨戒〜11.15八戸 17.11.18:八戸〜C哨区哨戒〜11.18八戸 17.11.20:八戸〜C哨区哨戒〜11.23大湊 17.11.24:入渠 17.11.25:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第36号:津軽防備部隊  17.12.05:大湊〜C哨区哨戒〜      〜12.11八戸沖で「花咲丸」と衝突し前部を破損浸水、敷設艇「石埼」に曳航される〜      〜12.11八戸 17.12.--:修理 18.02.21:八戸〜C哨区哨戒〜02.23大湊 18.03.14:上架 18.03.17:下架 18.03.31:船主:日本海洋漁業統制株式會社に変更 18.04.01:上架 18.04.07:下架 18.04.15:大湊〜C、E哨区哨戒〜      〜04.15対潜掃蕩〜      〜04.17八戸 18.04.18:八戸〜C、E哨区哨戒〜04.19八戸 18.04.23:八戸〜C、E哨区哨戒〜04.24八戸 18.04.25:八戸〜C、E哨区哨戒〜04.27八戸 18.04.29:八戸〜C、E哨区哨戒〜      〜04.30対潜掃蕩〜      〜04.30八戸 18.05.01:八戸〜C、E哨区哨戒〜05.03八戸 18.05.05:八戸〜C、E哨区哨戒〜05.06八戸 18.05.08:八戸〜C、E哨区哨戒〜05.10八戸 18.05.13:八戸〜C、E哨区哨戒〜05.14八戸 18.05.16:八戸〜C、E哨区哨戒〜05.17八戸 18.05.19:八戸〜C、E哨区哨戒〜05.21八戸 18.05.23:八戸〜C、E哨区哨戒〜05.23大湊 18.05.27:大湊〜C、E哨区哨戒〜05.29八戸 18.05.31:八戸〜C、E哨区哨戒〜05.31室蘭 18.06.02:室蘭〜A哨区哨戒〜06.04室蘭 18.06.05:室蘭〜A哨区哨戒〜06.07室蘭 18.06.07:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第44号:津軽防備部隊 18.06.08:室蘭〜A哨区哨戒〜06.10室蘭 18.06.11:室蘭〜A哨区哨戒〜06.12室蘭 18.06.12:軍隊区分:津防機密第121651番電:「第十六日東丸」と交代、尻矢隊に復帰 18.06.15:室蘭〜      〜06.15白糠灯台の145度5浬にて浮流機雷1個銃撃処分〜      〜06.16対潜戦闘:爆雷攻撃7個〜      〜06.19高瀬川沖にて浮流機雷1個処分〜      〜C哨区哨戒〜06.18八戸 18.06.20:八戸〜C哨区哨戒〜06.21八戸 18.06.22:八戸〜C哨区哨戒〜06.24八戸 18.06.26:八戸〜C哨区哨戒〜06.27八戸 18.06.29:八戸〜C哨区哨戒〜      〜06.30尻矢の170度9浬にて対潜戦闘:爆雷攻撃12個〜      〜06.30八戸 18.07.01:驅潜艇長:海軍中尉 樋口 喜三郎 18.07.01:八戸〜C、E哨区哨戒〜07.01八戸 18.07.02:八戸〜C、E哨区哨戒〜07.03八戸 18.07.04:八戸〜C、E哨区哨戒〜      〜07.04鮫角沖にて浮流機雷1個処分〜      〜07.04八戸 18.07.06:八戸〜C、E哨区哨戒〜07.07八戸 18.07.09:八戸〜C、E哨区哨戒〜07.10八戸 18.07.12:八戸〜C、E哨区哨戒〜07.13八戸 18.07.15:八戸〜C、E哨区哨戒〜07.16大湊 18.07.21:大湊〜C、E哨区哨戒〜07.21函館 18.07.23:函館〜C、E哨区哨戒〜07.24八戸 18.07.26:八戸〜C、E哨区哨戒〜07.27八戸 18.07.28:八戸〜C、E哨区哨戒〜07.29八戸 18.07.31:八戸〜C、E哨区哨戒〜07.31八戸 18.08.01:八戸〜C哨区哨戒〜08.02八戸 18.08.04:八戸〜C哨区哨戒〜08.05八戸 18.08.07:八戸〜C哨区哨戒〜      〜08.07泊の100度5浬にて浮流機雷1個銃撃処分〜      〜08.08八戸 18.08.08:樋口艇長退隊 18.08.--:臨時驅潜艇長:海軍兵曹長 栗原 甚介  18.08.16:八戸〜C哨区哨戒〜08.17八戸 18.08.19:八戸〜C哨区哨戒及び船団護衛〜08.20八戸 18.08.21:軍隊区分:津防機密第211451番電:西掃蕩隊 18.08.21:大湊〜第二、第四哨区、奥尻及び江差沖方面対潜掃蕩、哨戒及び船団護衛〜08.26函館 18.08.27:津防機密第272001番電:西掃蕩隊編成を解く 18.08.27:函館〜08.27大湊 18.09.03:大湊〜09.03函館 18.09.04:函館〜C哨区哨戒〜09.04八戸 18.09.06:八戸〜C哨区哨戒及び船団護衛〜09.08八戸 18.09.09:八戸〜C哨区哨戒〜09.10八戸 18.09.11:八戸〜C哨区哨戒〜09.12八戸 18.09.13:八戸〜C哨区哨戒〜09.14八戸 18.10.01:八戸〜C哨区船団護衛〜10.03八戸 18.10.04:八戸〜      〜0501 鮫角の60度2浬にて機関故障により漂流〜      〜0947 尻矢隊による捜索活動開始〜      〜1315 特設監視艇雄島丸」、特設驅潜艇水上丸」現場着、      〜1343 「雄島丸」が曳航、「水上丸」が警戒〜      〜1925 八戸 18.10.06:八戸〜C哨区哨戒〜10.07八戸 18.10.09:八戸〜C哨区哨戒〜10.12八戸 18.10.10:津防機密第102142番電:台風明朝三陸方面通過予定、函館に避泊せよ 18.10.13:八戸〜C哨区船団護衛〜10.15八戸 18.10.19:八戸〜C哨区船団護衛及び哨戒〜10.21八戸 18.10.23:八戸〜C哨区対潜掃蕩〜10.25八戸 18.10.27:八戸〜C哨区船団護衛〜10.29八戸 18.10.30:八戸〜10.31大湊 18.11.01:驅潜艇長:海軍少尉 武田 長治 18.11.08:大湊〜C哨区哨戒〜      〜11.09陸奥海湾にて教練射撃〜11.09八戸 18.11.11:八戸〜C哨区船団護衛及び哨戒〜11.13八戸 18.11.16:八戸〜漁船「探海丸」捜索〜11.18八戸 18.11.19:八戸〜漁船「探海丸」捜索〜11.19八戸 18.11.24:八戸〜「第二白龍丸」捜索及び船団護衛〜11.26八戸 18.11.28:八戸〜C哨区船団護衛及び哨戒〜11.30八戸 18.12.03:八戸〜C哨区船団護衛〜12.05八戸 18.12.07:八戸〜C哨区船団護衛〜12.09八戸 18.12.11:八戸〜C哨区船団護衛及び哨戒〜12.14大湊 18.12.16:大湊〜12.16函館 18.12.17:函館〜C哨区哨戒〜12.19八戸 18.12.21:八戸〜C哨区船団護衛〜12.23八戸 18.12.26:八戸〜C哨区船団護衛〜12.28八戸 18.12.31:八戸〜C哨区船団護衛〜01.02八戸 19.01.04:八戸〜C哨区船団護衛及び哨戒〜01.06八戸 19.01.08:八戸〜C哨区船団護衛〜01.09八戸 19.01.11:八戸〜C哨区船団護衛〜01.13八戸 19.01.15:八戸〜C哨区船団護衛及び哨戒〜01.17八戸 19.01.21:八戸〜C哨区哨戒〜01.22八戸 19.01.26:八戸〜C哨区船団護衛〜01.28八戸 19.01.31:八戸〜C哨区船団護衛〜02.02大湊 19.02.12:大湊〜02.12函館 19.02.13:函館〜C哨区船団護衛及び哨戒〜02.15八戸 19.02.18:八戸〜C哨区船団護衛及び哨戒〜02.20八戸 19.02.24:八戸〜C哨区船団護衛及び哨戒〜02.26八戸 19.02.28:八戸〜C哨区船団護衛及び哨戒〜02.29八戸 19.03.02:八戸〜C哨区船団護衛及び哨戒〜03.03八戸 19.03.04:軍隊区分:津防機密第040817番電:一時、厚岸隊 19.03.04:八戸〜03.06釧路 19.03.08:釧路〜J、F哨区哨戒〜03.10釧路 19.03.12:釧路〜J、F哨区船団護衛及び哨戒〜03.14釧路 19.03.15:釧路〜J、F哨区船団護衛及び哨戒〜03.18釧路 19.03.20:釧路〜J、F哨区哨戒〜03.21釧路 19.03.23:釧路〜J、F哨区船団護衛及び哨戒〜03.25釧路 19.03.27:釧路〜J、F哨区哨戒〜03.27釧路 19.03.29:釧路〜J、F哨区船団護衛及び哨戒〜03.31釧路 19.04.02:釧路〜04.05大湊 19.04.06:軍隊区分:尻矢隊 19.04.09:大湊〜04.09函館04.10〜04.10八戸 19.04.13:八戸〜C哨区船団護衛及び哨戒〜04.15八戸 19.04.17:八戸〜C哨区船団護衛及び哨戒〜04.19八戸 19.04.21:八戸〜C哨区船団護衛及び哨戒〜04.26大湊 19.04.27:入渠、簡易式水中聴音器一型、軽便探信儀三型新設装備 19.05.09:出渠 19.05.10:水測兵装工事 19.05.26:大湊〜陸奥海湾にて聴音公試〜05.26大湊 19.05.28:大湊〜陸奥海湾にて聴音公試〜05.28大湊 19.05.30:大湊〜陸奥海湾にて聴音公試〜05.30大湊 19.05.31:大湊〜陸奥海湾にて聴音公試〜05.31大湊 19.06.02:大湊〜C哨区哨戒〜06.02八戸 19.06.06:八戸〜C哨区船団護衛〜06.08八戸 19.06.10:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第83号:津軽防備部隊 19.06.10:八戸〜C哨区船団護衛〜06.12八戸 19.06.14:八戸〜      〜06.14 1707 白糠163度9浬着、探信掃蕩開始〜      〜06.14 2123 包囲配備変更:掃蕩隊〜      〜06.15 0914 掃蕩隊形変更:基点41度線上距岸30浬0度高瀬川小田野沢間〜      〜06.17函館 19.06.17:軍隊区分:津防機密第171345番電:一時、東口隊 19.06.18:函館〜A、B、第三哨区船団護衛及び哨戒〜06.21函館 19.06.22:函館〜A、B、第三哨区船団護衛〜06.24函館 19.06.25:函館〜A、B、第三哨区船団護衛〜06.27函館 19.06.28:函館〜A、B、第三哨区哨戒〜06.29函館 19.07.--:函館〜A、B、第三哨区哨戒〜07.01函館 19.07.03:函館〜B、第三哨区哨戒〜07.05函館 19.07.08:函館〜B、第三哨区哨戒〜07.09函館 19.07.10:函館〜B、第三哨区哨戒〜 19.07.10:津防機密第101548番電:恵山灯台60度1浬の敵潜掃蕩 19.07.10:28掃機密第101552番電:今夜掃蕩隊形:基点恵山灯台の152度6.5浬350度、      「第七福榮丸」「第三京仁丸」「陽光丸」「第五京仁丸」の順      〜07.10 2000 所定掃蕩線に就く〜 19.07.11:28掃機密第110810番電:敵情を得ず、恵山付近0330以降濃霧、      1200以降掃蕩隊形変更:尻矢埼の331度5浬を基点とし同方向間隔3浬      「野柳丸」「藤丸」「第五京仁丸」「陽光丸」60度方向30浬間 19.07.11:28掃機密第112035番電:恵山岬の48度18浬にて室蘭隊の対潜掃蕩に協力      〜07.11 2115 恵山岬の48度18浬にて室蘭隊の対潜掃蕩に向う〜 19.07.11:菊丸機密第112136番電:「陽光丸」到着後の掃蕩配備:      恵山の45度23浬を中心とする5浬圏内120度240度間      〜07.11 2340 所定の配備に就く〜 19.07.12:菊丸機密第120630番電:敵情を得ず、付近濃霧視界200m、掃蕩海面線を変更:      地球岬の140度22浬50度方向40浬間「菊丸」「第百八十一號」驅潜特務艇、「陽光丸」      〜07.12 0845 敵情を得ず、所定の配備に就く〜      〜07.14函館 19.07.15:函館〜B、第三哨区哨戒〜07.16函館 19.07.17:函館〜B、第三哨区哨戒〜07.17函館 19.07.18:函館〜B、第三哨区船団護衛〜07.20大湊 19.07.25:大湊〜速力試験〜07.25大湊 19.07.--:驅潜艇長:海軍大尉 井上 英也 19.07.27:大湊〜B、第三哨区哨戒〜07.29函館 19.07.30:函館〜B、第三哨区哨戒〜 19.07.31:28掃機密第311205番電:08.01早朝より恵山東方防備作業に伴う対潜掃蕩:      恵山岬灯台の東8浬を中心とする15浬圏内北半円      〜08.01函館 19.08.03:函館〜B、第三哨区哨戒〜08.05函館 19.08.06:函館〜B、第三哨区哨戒〜08.08函館 19.08.09:函館〜B、第三哨区哨戒〜08.11函館 19.08.13:函館〜B、第三哨区哨戒〜08.15函館 19.08.17:函館〜B、第三哨区哨戒〜08.18函館 19.08.20:函館〜B、第三哨区哨戒〜08.21函館 19.08.20:軍隊区分:津防機密第201413番電:尻矢隊 19.08.20:井上艇長退任 19.08.24:驅潜艇長:海軍大尉 鮫島 恵 19.08.23:函館〜B、第三哨区哨戒〜08.25函館 19.08.26:函館〜B、第三哨区哨戒〜08.27八戸 19.08.28:八戸〜C哨区哨戒〜08.29八戸 19.08.30:八戸〜C哨区哨戒〜08.31八戸 19.09.01:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第89号:津軽防備部隊 19.09.02:八戸〜C哨区哨戒〜09.04八戸 19.09.06:八戸〜C哨区哨戒〜      〜09.06尻矢埼170度2浬の油紋状況調査〜      〜09.08八戸 19.09.14:八戸〜C哨区哨戒〜09.15八戸 19.09.16:軍隊区分:大警電令作第12号:高雄警備府の作戦指揮下に編入 19.09.17:八戸〜09.18大湊 19.09.19:簡易式水中聴音機一型、軽便探信儀三型修理(09.22まで) 19.09.20:軍隊区分:津防機密第200745番電:尻矢隊から除く
19.09.25:大湊〜輪島〜10.02佐世保(予定) 19.10.--:軍隊区分:哨戒部隊第一哨戒隊 19.11.--:軍隊区分:哨戒部隊第四哨戒隊 19.11.05:(キタ9船団護衛)基隆〜11.06高雄 19.12.30:呂宗海峡部隊電令作第4号:      1.第四十一號掃海艇、陽光丸、鮎川丸紀洋丸高知丸第百五十一號第百六十三號、        第百七十六號第百七十七號驅潜特務艇は準備出来次第出撃、第四十一號掃海艇長指揮の下に        北緯21度00分東経121度22分敵潜掃蕩撃滅及び呉竹乗員の救助に任ずべしの      2.九五三空海軍航空隊は全力を挙げ右に協力すべし 20.01.28:高雄南方海面にてB-24 1機と交戦し撃墜、船体機関損傷
20.02.10:内令第121号:高雄海軍警備隊所属 20.--.--:軍隊区分:機密高雄警備府命令作第33号:高雄海上防備部隊 20.03.--:驅潜艇長:海軍大尉 鮫島 恵 20.05.01:戦時編制:高雄方面根據地隊
20.03.29:沈没 20.05.10:除籍:内令第417号 20.05.10:解傭
喪失場所:左営港岸壁 喪失原因:B-24 9機による空爆

同型船

 地久丸利國丸旺洋丸和風丸嘉辰丸

兵装

(最終時)
 短八糎砲1門、九三式十三粍単装機銃1基、九二式七粍七単装機銃1基、
 九四式投射機2基、二式爆雷改二20個、
 仮称簡易式聴音機二型1基、仮称軽便探信儀三型1基。

写真資料

 「漁船」第二號 S12.02 漁船協会
 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編

前の艇へ ← 特設驅潜艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る