第五京仁丸の船歴

 年 月 日:船歴

12.02.--:起工 12.10.29:進水、命名:第五京仁丸 12.12.23:竣工
14.--.--:〜01.22南京
14.09.26:徴傭
14.--.--:〜10.10鎮江 14.10.11:鎮江〜12.16南京〜12.23鎮江 14.12.24:鎮江〜
16.12.10:入籍:内令第1625号:特設掃海艇、横須賀鎮守府所管
16.12.10:掃海艇長:海軍豫備中尉 山本 宗次郎 16.12.19:函館船渠株式會社にて艤装工事開始 16.12.31:特設掃海隊編制:内令第1774号:第二十八掃海隊 16.12.31:戦時編制:大湊警備府部隊第二十八掃海隊 17.01.04:艤装工事完了 17.01.05:大湊警備府機密第416番電:準備出来次第、大湊回航 17.01.07:函館〜01.07大湊 17.01.15:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第17号:津軽防備部隊 17.01.26:大湊〜02.02大湊 17.02.05:大湊〜02.07大湊 17.02.12:大湊〜02.16大湊 17.02.18:大湊〜02.26大湊 17.02.28:大湊〜03.03大湊 17.03.05:大湊〜03.08大湊 17.03.12:大湊〜03.21大湊 17.03.16:掃海艇長:海軍豫備大尉 山本 宗次郎 17.--.--:大湊〜04.12大湊 17.04.14:大湊〜04.27大湊 17.04.15:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第24号:津軽防備部隊 17.04.--:軍隊区分:機密津軽防備部隊命令作第8号:厚岸哨戒隊 17.--.--:大湊〜05.06大湊 17.--.--:大湊〜06.09大湊 17.06.13:大湊〜大湊 17.07.04:大湊〜07.12大湊 17.07.15:大湊〜函館 17.07.25:函館〜 17.08.--:軍隊区分:東口隊 17.08.01:津防機密第272番電:尻矢崎南東5浬の敵潜掃蕩 17.08.05:津防機密第325番電:固有哨区に復帰、第二配備      〜08.23大湊 17.08.28:大湊〜10.11函館 17.10.01:軍隊区分:機密津軽防備部隊命令作第9号:東口隊 17.10.19:28掃機密第390番電:10.26入渠予定 17.10.25:函館〜10.25大湊 17.10.--:大湊〜10.27大湊 17.11.04:大湊〜11.14函館 17.11.16:函館〜12.27大湊 17.11.25:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第36号:津軽防備部隊 17.12.30:大湊〜01.03函館 18.01.07:函館〜01.21大湊 18.01.26:大湊〜01.26函館 18.01.28:函館〜01.31室蘭02.03〜02.18大湊 18.02.24:大湊〜02.25函館 18.02.27:函館〜03.06函館 18.03.09:函館〜03.13函館 18.03.20:函館〜 18.03.21:特設運送船満珠丸」救難作業中の警戒〜04.10室蘭 18.04.12:室蘭〜04.17大湊 18.04.23:大湊〜04.27函館 18.04.30:函館〜 18.05.29:軍隊区分:大湊警備府電令作第56号:千島防備部隊(05.31付)      2.第二十八掃海隊は31日1200以後現地発大湊に回航、準備出来次第幌筵に進出すべし 18.06.01:軍隊区分:機密千防部隊命令作第2号:掃海部隊 18.06.06:大湊〜06.14幌筵海峡 18.06.07:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第44号:千島防備部隊 18.06.16:幌筵〜掃海訓練〜06.16幌筵 18.06.16:幌筵〜小谷島付近対潜掃蕩〜06.17幌筵海峡 18.06.17:対潜警戒要領:機密千防部隊命令作第3号:乙哨区(松輪哨区) 18.06.18:千防信電令作第67号:       19日以後当隊対潜警戒配備左の通定む       (イ)部隊名(ロ)指揮官(ハ)兵力(ニ)配備標準(ホ)分担区域の順以下同断      2.乙哨区(松輪哨区)       (イ)松輪隊(ロ)第二十八掃海隊司令(ハ)第二十八掃海隊       (ニ)松輪二隻、片岡二隻(ホ)乙哨区      5.各隊内の配備及交代は各隊指揮官所定とす      7.本令発動時機19日0000 18.06.19:清水4t搭載 18.06.19:幌筵海峡〜06.20松輪島 18.06.24:座礁した一般徴傭船岩木丸」を救難 18.06.25:一般徴傭船「岩木丸」引卸に成功 18.06.26:松輪島〜06.27幌筵 18.07.01:掃海艇長:海軍大尉 山本 宗次郎 18.07.01:片岡哨区哨戒(07.03まで) 18.07.03:松輪哨区哨戒(07.09まで) 18.07.09:片岡哨区哨戒(07.15まで) 18.07.10:片岡湾〜「正島丸」護衛〜07.10片岡湾 18.07.14:片岡湾〜 18.07.15:松輪島沖にて対潜掃蕩 18.07.16:松輪哨区哨戒(07.23まで) 18.07.20:対潜掃蕩 18.07.24:片岡哨区哨戒(07.29まで) 18.07.29:片岡湾〜 18.07.30:松輪哨区哨戒(08.06まで)      〜08.06幌筵 18.08.05:軍隊区分:大湊警備府電令作第87号:千島根據地隊司令官の作戦指揮下 18.08.06:幌筵哨区哨戒(08.12まで) 18.08.10:軍隊区分:機密千防部隊命令作第4号:掃海部隊 18.08.12:幌筵〜 18.08.12:松輪哨区哨戒(08.19まで)      〜08.19幌筵 18.08.19:幌筵哨区哨戒(08.25まで) 18.08.25:掃海艇長:海軍大尉 馬場 賢太郎 18.08.25:幌筵〜 18.08.25:松輪哨区哨戒(09.01まで) 18.09.02:幌筵哨区哨戒(09.08まで)      〜09.03幌筵 18.09.06:幌筵〜 18.09.08:松輪哨区哨戒(09.10まで) 18.09.11:幌筵哨区哨戒(10.02まで)      〜09.15幌筵 18.09.17:対潜掃蕩、特設運送船長和丸」救難作業(09.18まで) 18.09.19:加熊別湾〜09.19幌筵海峡   18.09.--:幌筵〜09.23幌筵 18.09.25:幌筵〜 18.09.25:温禰古丹島北端に座礁した漁船「天~丸」の救難      〜09.29幌筵 18.10.01:幌筵〜10.01片岡 18.10.02:片岡〜「第十八日正丸」護衛〜10.07小樽 18.10.05:軍隊区分:大湊警備府長官指揮下(冬季大湊方面引揚期間) 18.10.08:小樽〜哨戒〜10.09大湊
18.10.11:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第59号:津軽防備部隊 18.10.11:軍隊区分:津防機密第111432番電:船川隊 18.10.15:大湊〜船団護衛〜10.20船川 18.10.21:船川〜哨戒〜10.22船川 18.10.23:船川〜哨戒〜10.24船川 18.10.25:船川〜船団護衛〜10.26船川 18.10.27:船川〜船団護衛〜10.28船川 18.10.29:船川〜船団護衛〜10.30船川 18.10.31:船川〜哨戒〜11.01船川 18.11.02:船川〜哨戒〜11.03船川 18.11.04:船川〜哨戒〜11.05船川 18.11.07:船川〜11.07大湊 18.11.--:機関修理 18.11.15:大湊〜哨戒〜11.17船川 18.11.23:船川〜哨戒〜11.24船川 18.11.25:船川〜哨戒〜11.28大湊 18.12.09:大湊〜哨戒〜船川 18.12.31:軍隊区分:大警電令作第142号:佐世保鎮守府長官の作戦指揮下 19.01.01:軍隊区分:佐鎮電令作第1号:第二十八掃海隊は佐世保防備戦隊司令官の指揮下 19.01.05:船川〜01.07舞鶴01.11〜01.14佐世保
19.01.17:軍隊区分:佐海防電令作第44号:南西諸島部隊沖縄部隊 19.01.19:佐世保〜伊万里 19.01.20:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第53号:海面防備部隊南西諸島部隊 19.01.20:(シ003船団護衛)伊万里〜01.23余山〜01.24佐世保 19.01.24:入渠 19.02.05:出渠 19.02.05:機関手入(02.11まで) 19.02.12:佐世保〜02.12佐世保 19.02.15:佐世保〜02.15佐世保 19.02.16:(「米山丸」護衛)佐世保〜02.18瀬相 19.02.19:瀬相〜02.20那覇02.22〜02.22久米島02.23〜02.24慶良間 19.02.26:慶良間〜02.27慶良間 19.02.28:慶良間〜哨戒〜03.01那覇 19.03.01:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第57号:海面防備部隊南西諸島部隊 19.03.05:那覇〜哨戒〜03.07瀬底 19.03.08:瀬底〜哨戒〜慶良間03.11〜03.12宮古 19.03.13:宮古〜03.13船浮 19.03.15:(タ105船団護衛)船浮〜03.15蘇澳03.16〜03.16基隆 19.03.19:(「日満丸」護衛)基隆〜03.19蘇澳03.20〜03.20船浮03.21〜03.22那覇 19.03.28:那覇〜03.29久米島 19.03.30:久米島〜03.30久米島 19.03.31:久米島〜03.31那覇 19.04.04:那覇〜04.04中城湾 19.04.07:軍隊区分:海上護衛総司令部電令作第119号:佐世保鎮守府長官の作戦指揮を解く 19.04.08:軍隊区分:大警電令作第166号:津軽防備部隊に復帰 19.04.09:中城湾〜04.24鹿児島 19.04.26:鹿児島〜05.02横須賀 19.05.06:横須賀〜哨戒〜05.11大湊
19.05.14:軍隊区分:津防機密第140901番電:東口隊 19.05.16:大湊〜哨戒〜05.23函館 19.05.24:函館〜哨戒〜05.28函館 19.05.29:函館〜哨戒〜06.02函館 19.06.05:函館〜哨戒〜06.07函館 19.06.09:函館〜哨戒〜06.10函館 19.06.10:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第83号:津軽防備部隊 19.06.13:函館〜哨戒〜06.14大湊 19.06.23:大湊〜06.23函館 19.06.24:函館〜哨戒〜06.25函館 19.06.27:函館〜      〜06.28 大湊海軍航空隊哨戒機の誘導により尻矢崎の64度32浬にて「金比羅丸」を発見、曳航〜      〜06.29函館 19.07.01:函館〜B、第三哨区哨戒〜07.03函館 19.07.05:函館〜B、第三哨区哨戒〜07.07函館 19.07.10:津防機密第101548番電:恵山灯台60度1浬の敵潜掃蕩 19.07.10:28掃機密第101552番電:今夜掃蕩隊形:基点恵山灯台の152度6.5浬350度、      第七福榮丸第三京仁丸陽光丸、第五京仁丸の順 19.07.10:函館〜      〜07.10 2300 配備点着、掃蕩開始〜 19.07.11:28掃機密第110810番電:敵情を得ず、恵山付近0330以降濃霧、      1200以降掃蕩隊形変更:尻矢埼の331度5浬を基点とし同方向間隔3浬      野柳丸、藤丸、第五京仁丸、陽光丸60度方向30浬間      〜B、第三哨区船団護衛〜      〜07.15函館 19.07.16:函館〜B、第三哨区哨戒〜 19.07.17:28掃機密第171155番電:尻矢隊に協力、尻矢109度19浬の敵潜掃蕩      〜07.17函館 19.07.22:函館〜尻矢崎白糠中間にて雑役船「淀橋」の警戒救難〜07.23函館 19.07.24:函館〜B、第三哨区哨戒〜07.26函館 19.07.28:函館〜B、第三哨区哨戒〜07.30函館 19.07.31:函館〜B、第三哨区哨戒〜 19.07.31:28掃機密第311205番電:08.01早朝より恵山東方防備作業に伴う対潜掃蕩:      恵山岬灯台の東8浬を中心とする15浬圏内南半円      〜08.02函館 19.08.03:函館〜B、第三哨区哨戒〜08.05函館 19.08.07:函館〜B、第三哨区哨戒〜08.09函館 19.08.11:函館〜08.11大湊 19.08.15:大湊〜08.15函館 19.08.19:函館〜B、第三哨区哨戒〜08.20函館 19.08.22:函館〜B、第三哨区哨戒〜08.23函館 19.08.25:函館〜B、第三哨区哨戒〜08.27函館 19.08.28:函館〜B、第三哨区哨戒〜08.30函館 19.09.01:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第89号:津軽防備部隊 19.09.01:函館〜B、第三哨区哨戒〜09.02函館 19.09.05:函館〜B、第三哨区哨戒〜09.07函館 19.09.09:函館〜B、第三哨区哨戒〜09.10函館 19.09.12:函館〜B、第三哨区哨戒〜09.13函館 19.09.16:函館〜B、第三哨区哨戒〜09.17函館 19.09.20:28掃機密第201750番電:09.21敷設隊の直接護衛 19.09.21:函館〜B、第三哨区船団護衛〜09.22函館 19.09.23:函館〜B、第三哨区哨戒〜09.24大湊 19.09.--:入渠 19.10.07:大湊〜公試〜10.07大湊 19.10.09:大湊〜公試〜10.09函館 19.10.12:函館〜B、第三哨区哨戒〜10.14函館 19.10.15:函館〜B、第三哨区哨戒〜10.16函館 19.10.18:函館〜B、第三哨区船団護衛及び哨戒〜10.20函館 19.10.23:函館〜B、第三哨区哨戒〜10.23函館 19.10.26:函館〜B、第三哨区哨戒〜10.26函館 19.10.29:函館〜防備作業〜10.30函館 19.11.01:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第91号:津軽防備部隊 19.11.01:函館〜B、第三哨区船団護衛及び哨戒〜11.03函館 19.11.02:訓令:官房艦機密第6759号:電波探知機装備の件訓令 19.11.05:函館〜B、第三哨区船団護衛及び哨戒〜11.07函館 19.11.08:函館〜B、第三哨区船団護衛及び哨戒〜11.11函館 19.11.13:函館〜B、第三哨区船団護衛及び哨戒〜11.14函館 19.11.16:函館〜B、第三哨区船団護衛及び哨戒〜11.18函館 19.11.20:函館〜B、第三哨区船団護衛及び哨戒〜11.22函館 19.11.24:函館〜B、第三哨区船団護衛及び哨戒〜11.25函館 19.11.27:函館〜B、第三哨区船団護衛及び哨戒〜11.28函館 19.12.01:函館〜12.02大湊 19.12.08:大湊〜B、第三哨区哨戒〜12.10函館 19.12.12:函館〜B、第三哨区哨戒〜12.14函館 19.12.16:函館〜B、第三哨区哨戒〜12.18函館 19.12.21:函館〜B、第三哨区哨戒〜12.22函館 19.12.24:函館〜B、第三哨区哨戒〜12.25函館 19.12.27:函館〜B、第三哨区哨戒〜12.28函館 19.12.30:函館〜B、第三哨区哨戒〜函館 20.01.03:函館〜B、第三哨区哨戒〜01.04函館 20.01.06:函館〜B、第三哨区哨戒〜01.07函館 20.01.09:函館〜B、第三哨区哨戒〜01.11函館 20.01.13:函館〜B、第三哨区哨戒〜01.14函館 20.01.17:函館〜B、第三哨区哨戒〜01.18函館 20.01.21:函館〜B、第三哨区哨戒〜01.22函館 20.01.25:函館〜B、第三哨区哨戒〜01.26函館 20.01.29:函館〜B、第三哨区哨戒〜01.30函館 20.02.01:掃海艇長:海軍大尉 高津 彬 20.02.02:函館〜B、第三哨区哨戒〜02.03函館 20.02.11:函館〜B、第三哨区哨戒〜02.12函館 20.02.12:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第94号:津軽防備部隊 20.02.14:函館〜02.14大湊 20.02.25:大湊〜02.26函館 20.03.01:函館〜B、第三哨区哨戒〜03.03函館 20.03.05:函館〜B、第三哨区哨戒〜03.08函館 20.03.09:函館〜B、第三哨区哨戒〜03.11函館 20.03.13:函館〜B、第三哨区哨戒〜03.15函館 20.03.17:函館〜B、第三哨区哨戒〜03.19函館 20.03.22:函館〜B、第三哨区哨戒〜03.23函館 20.03.25:函館〜B、第三哨区哨戒〜03.28函館 20.04.01:函館〜B、第三哨区哨戒〜04.03函館 20.04.04:函館〜04.04大湊 20.04.06:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第95号:津軽防備部隊 20.04.09:大湊〜B、第三哨区哨戒〜04.10函館 20.04.13:函館〜B、第三哨区哨戒〜      〜04.16 1725 尻矢崎の320度7,000mにて爆雷投射6個〜      〜04.19函館 20.04.20:函館〜B、第三哨区哨戒〜04.24函館 20.04.25:函館〜B、第三哨区哨戒〜04.25函館 20.04.27:函館〜B、第三哨区哨戒〜函館 20.05.04:函館〜B、第三哨区哨戒〜05.07函館 20.05.10:函館〜B、第三哨区哨戒〜 20.05.12:東口隊機密第121650番電:N41.26-E141.06の敵潜掃蕩〜      〜05.15函館 20.05.18:函館〜B、第三哨区哨戒〜05.22函館 20.05.25:函館〜B、第三哨区哨戒〜05.27函館 20.05.27:函館〜B、第三哨区哨戒〜05.28函館 20.05.30:函館〜B、第三哨区哨戒〜05.04函館 20.06.01:28掃機密第010315番電:06.01 0800以降配備:N41.30-E141.53を基点として      東へ藤丸、第五京仁丸、K埼、第七十二號驅潜特務艇の順に      間隔5浬掃蕩方向南北距離30浬 20.06.01:28掃機密第011347番電:06.01 0800以降配備:基点を15浬西方に移し掃蕩      針路320度(140度)区隔30浬 20.06.02:28掃機密第020642番電:尻矢の76度10浬の敵潜に対し現場の10浬圏内      南半  K埼、第二十四號掃海艇、      北半東 第七十二號驅潜特務艇、      北半西 第五京仁丸、尻矢隊、進出距離を20浬に変更、      室蘭隊、第二號明治丸の基点を10浬南に移動  20.06.02:津防機密第020753番電:N41.31-E141.30の敵潜を掃蕩 20.06.02:28掃機密第021450番電:海上の模様悪化の為、一時掃蕩を中止 20.06.03:28掃機密第030838番電:補給を兼ね函館に避泊 20.06.09:28掃機密第091059番電:1800以後出港可能 20.06.09:掃23機密第091340番電:06.09 2200恵山岬尻矢岬の連結線及び尻矢岬の10浬圏内 20.06.10:1850 尻矢崎の165度12浬にて哨戒機の誘導下爆雷投下 20.06.16:28掃機密第160917番電:地球岬の194度16浬の敵潜掃蕩:北哨区 20.06.16:28掃機密第161320番電:主機械不調に付司令艇を藤丸に変更、尾札部にて合同せよ 20.06.26:軍隊区分:28掃機密第261422番電:主機械一部修理の為02.28 0800以後尻矢隊復帰      〜07.14函館
20.08.15:残存:SCAJAP No. K-142 20.12.01:移籍:内令第5号:掃海船、大湊地方復員局所管 20.12.01:内令第7号:大湊地方復員局掃海部大湊支部所属 21.08.10:特設掃海隊編制:復二第158号:特設掃海隊編制を廃止
21.09.01:除籍:復二第211号 21.09.30:解傭

同型船

 第一京仁丸第二京仁丸第三京仁丸

兵装

 要調査

写真資料

 なし。

前の艇へ ← 特設掃海艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る