第十八日正丸の船歴

 年 月 日:船歴

16.05.29:起工 17.05.01:進水、命名:第十八日正丸 17.09.28:竣工
17.12.06:(東行第37船団)〜東京 17.12.23:(東行第54船団)〜東京
17.12.29:徴傭:一般徴傭船(雑用船)、横須賀鎮守府所管、海軍省配属
17.12.29:船長:海軍嘱託 八木 新寅(部内限り奏任官待遇) 17.12.31:横須賀〜12.31横浜 18.01.01:横浜〜01.10四日市01.12〜01.14八幡01.16〜01.18四日市01.24〜      〜01.26西戸崎01.29〜02.02舞鶴 18.02.05:石炭2,600t揚陸 18.02.06:舞鶴〜02.11西戸崎02.15〜 18.02.16:(第8216船団)〜02.17四日市 18.02.19:四日市〜      〜02.22三池02.24〜02.26境02.28〜03.03三池03.04〜03.08津久見03.10〜      〜03.12武豊03.15〜03.16大阪03.19〜03.21横須賀 18.03.27:横須賀〜03.30大湊04.05〜04.05函館04.09〜04.10釧路04.14〜      〜04.15択捉島04.16〜04.19松輪島04.20〜04.21幌筵04.22〜04.22片岡湾04.28〜      〜04.28武蔵04.29〜05.03釧路05.15〜05.16大湊05.18〜05.21武蔵湾05.26〜      〜05.29摺鉢湾06.08〜06.09占守島長崎06.13〜06.18大湊06.24〜06.25釧路06.28〜      〜06.30天寧07.08〜07.10松輪島07.13〜08.17武蔵湾08.20〜08.20摺鉢湾08.23〜      〜08.23片岡湾08.27〜08.28長崎08.31〜09.01大泊09.08〜09.08長浜09.09〜      〜09.09大泊09.11〜09.15武蔵湾10.02〜10.07小樽10.10〜10.11青森10.12〜      〜10.12大湊10.14〜10.14函館10.16〜10.17小樽10.18〜10.23武蔵湾10.24〜      〜10.24摺鉢湾11.18〜11.18片岡湾11.21〜11.21摺鉢湾11.22〜11.27小樽12.06〜      〜12.07函館12.09〜12.12東京 18.12.15:東京〜12.18恵山沖12.19〜12.20釧路12.26〜12.26広尾沖12.27〜      〜12.28室蘭12.30〜01.01赤泊
19.01.01:入籍:内令第16号:特設運送船(雑用船)、横須賀鎮守府所管
19.--.--:戦時編制:聯合艦隊南東方面艦隊所属、特設運送船(乙) 19.01.01:赤泊〜01.05舞鶴01.06〜01.06宮津01.08〜01.11大阪01.15〜      〜01.17三池01.20〜01.23大阪01.25〜01.26因島 19.01.24:八木船長嘱託を解く 19.01.27:入渠、修理 19.02.13:因島〜02.13徳山02.15〜02.16呉02.16〜02.17神戸02.19〜      〜02.19御坊02.20〜02.20尾鷲02.21〜02.23横須賀 19.02.28:横須賀〜02.28横浜03.06〜03.10父島03.17〜03.22サイパン03.28〜      〜03.31大宮島04.07〜04.09メレヨン 19.04.09:対空戦闘:B-24に対し十三粍機銃100発発射 19.04.12:メレヨン〜04.17サイパン04.20〜04.20大宮島04.29〜04.29サイパン 19.05.29:(ばたびや丸船団)大宮島〜05.29サイパン 19.06.03:(船団)サイパン〜      〜06.06 2150(N07.43-E147.33)対空戦闘:十三粍機銃78発発射〜      〜06.09トラック 19.06.21:トラック〜06.29ダバオ07.07〜07.09セブ07.11〜07.13マニラ07.16〜07.23高雄 19.07.31:特設運送艦聖川丸」に横付け、ボーキサイト搭載 19.07.31:高雄〜08.03高雄 19.08.07:船体、機関修理 19.08.31:第一一号岸壁にて対空戦闘:B-24に対し十三粍機銃100発発射 19.10.05:高雄〜10.13香港 19.10.16:対空戦闘:十三粍機銃30発発射 19.10.27:(ホマ01船団)香港〜10.30高雄 19.11.20:(タマ32B船団)高雄〜11.20枋寮11.22〜11.22大板埼 19.11.22:一海護機密第221158番電: 1.タマ三二部隊船団は車城に仮泊す      2.第三十九號掃海艇は高雄港に回航待機中の岩戸丸、第十八日正丸を護衛車城に於て         船団に合同せよ      3.タマ三二部隊船団は明23日出港タマ三二A船団(22日1200高雄発航)に続行する如く行動せよ 19.11.24:(タマ32B船団)大板埼〜11.25サブタン泊地11.26〜11.26ムサ湾 19.11.27:ムサ湾〜      〜11.27 座礁〜      〜11.27ムサ湾 19.11.28:(タマ32B船団)ムサ〜11.28ラポック湾11.29〜11.29サンフェルナンド11.30〜      〜11.30サンタクルーズ12.01〜12.02マニラ 19.12.04:(マタ36船団)マニラ〜12.05サンフェルナンド12.06〜12.06クルリマオ12.07〜反転〜      〜12.07クルリマオ12.12〜12.12サンピオクイント12.13〜12.15高雄 19.12.23:高雄〜12.26基隆 20.01.03:第九号岸壁にて対空戦闘:十三粍機銃103発発射 20.01.09:第八号岸壁にて対空戦闘:十三粍機銃53発発射 20.01.21:第八号岸壁にて対空戦闘:十三粍機銃350発発射
20.02.05:戦時編制:大海幕機密第608号ノ193:海軍省配属、特設運送船(乙) 20.03.02:基隆〜03.05泗礁山03.06〜03.09木浦03.11〜03.12六連 20.03.13:六連〜03.14若松03.15〜03.17門司03.18〜      〜03.19 0905(N36.06-E132.54)愛媛県越智郡亀岡村沖2浬にて対空戦闘:          十三粍機銃52発発射〜      〜03.20因島 20.03.21:因島〜03.25大阪03.25〜03.26因島 20.03.26:入渠、修理 20.04.28:因島〜07.29門司04.30〜04.30西戸崎 20.05.18:(N34.33-E134.47)淡路島室津北西10km付近にて触雷 20.05.--:日立造船所株式會社櫻島にて入渠 20.06.01:0915 日立造船所入渠中対空戦闘:十三粍機銃32発発射、      後部短艇甲板に大型焼夷弾1発、小型焼夷弾数発命中
20.06.30:除籍:内令第577号 20.06.30:解傭:軍務三機密第610号の14
20.06.30:徴傭:船舶運營會 20.08.15:残存:SCAJAP No. N-024 --.--.--:解傭 20.12.23:傭船:運輸省、燈台視察船
23.05.01:所属:海上保安庁 23.08.20:燈台補給船「第十八日正丸」(LT-01):運輸省告示第230号 24.10.20:燈台業務用船「第十八日正丸」(LT-01):海上保安庁告示第36号(24.10.18) 24.12.12:解傭

同型船

 なし。

兵装

 短八糎砲1門、十三粍単装機銃1基、爆雷。

(20.06.01現在)
 短八糎砲1門、十三粍単装機銃4基、爆雷。

写真資料

 雑誌「世界の艦船」海人社 2003年7月号増刊「海上保安庁全船艇史」 (P.56)
 雑誌「世界の艦船」海人社 2018年12月号「懐かしの大型灯台補給用船」
 「海軍雑誌 海と空」 昭和18年01月号 海と空社
 「海洋少年」通巻43号 海と空社
 「五十年の歩み」 H05.11 日正汽船株式会社(P.24)
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第三十巻(P.169)
 「海上保安庁三十年史」海上保安協会 S54.05 海上保安庁総務部政務課 (P.315)

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る