野柳丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 13.10.17:進水、命名:野柳丸 13.10.25:竣工、船主:日本水産株式會社
16.07.15:徴傭 16.07.23:大湊要港部工作部にて艤装工事開始 16.07.25:入籍:内令第837号:特設驅潜艇、横須賀鎮守府所管
16.07.25:驅潜艇長:海軍豫備中尉 香山 辰雄 16.08.25:内令第965号:大湊防備隊付属 16.--.--:戦時編制:大湊警備府部隊大湊防備隊 16.08.28:大湊〜出入港及び操艦訓練〜08.28大湊 16.08.31:艤装工事完了 16.09.03:大湊〜運動力検測、自差測定及び諸訓練〜09.03大湊 16.09.11:大湊〜聴音訓練〜09.11大湊 16.09.19:大湊〜諸訓練〜09.19大湊 16.10.06:大湊〜諸訓練及び機関能力検査〜10.06大湊 16.10.12:大湊〜聴音訓練〜10.12大湊 16.10.21:大湊〜見張員撤収〜10.23大湊 16.10.29:大湊〜自差修正、機関運転決定〜10.29大湊 16.11.05:大湊〜水測訓練〜11.07大湊 16.11.19:大湊〜速力試験及び諸訓練〜11.20大湊 16.11.22:大湊〜機雷監視〜11.27大湊 16.12.01:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第6号:津軽防備部隊 16.12.08:大湊〜12.17小泊 16.12.17:小泊港にて荒天により座礁 17.02.22:大湊〜C哨区哨戒〜02.28大湊 17.03.02:大湊〜C哨区哨戒〜03.04大湊 17.03.06:大湊〜C哨区哨戒〜03.08大湊 17.03.10:大湊〜C哨区哨戒〜03.13大湊 17.03.16:大湊〜C哨区哨戒〜03.19大湊 17.03.22:大湊〜C哨区哨戒〜03.25大湊 17.03.29:教練射撃実施 17.04.08:大湊〜J哨区哨戒〜04.10厚岸 17.04.11:厚岸〜K哨区哨戒〜04.13厚岸 17.04.15:厚岸〜K哨区哨戒〜04.20厚岸 17.04.23:厚岸〜K哨区哨戒〜04.24大湊 17.04.30:大湊〜J哨区哨戒〜05.02大湊 17.05.03:軍隊区分:津軽哨戒隊東口隊第一特設驅潜艇隊 17.05.04:大湊〜J哨区哨戒〜05.06厚岸 17.05.08:厚岸〜J哨区哨戒〜05.09大湊 17.05.16:大湊〜B哨区哨戒〜05.21大湊 17.05.23:軍隊区分:電令作第42号:千島防備部隊 17.05.23:大湊警備府第984番電:準備出来次第出港、片岡湾回航 17.05.24:大湊〜片岡湾〜06.13大湊 17.06.01:(現在)驅潜艇長:海軍豫備中尉 尾崎 修平 17.06.16:大湊〜06.20大湊 17.06.24:大湊〜 17.08.20:軍隊区分:甲護衛隊(尻矢隊) 17.08.30:軍隊区分:電令作第87号:津軽防備部隊 17.09.05:軍隊区分:津防機密第408番電:尻矢隊      〜09.06襟裳岬の274度25浬にて潜水艦から雷撃を受けるが被害なし〜      〜09.06対潜戦闘:爆雷攻撃〜 17.09.07:津防機密第434番電:大湊にて機関整備をせよ      〜09.08大湊 17.09.21:軍隊区分:津防機密第488番電:宮古隊に編入 17.09.21:大湊〜C哨区哨戒〜09.23八戸 17.09.25:八戸〜C哨区哨戒〜      〜09.26白糠灯台南東海面にて対潜戦闘:砲撃、爆雷攻撃〜      〜09.30八戸 17.10.01:軍隊区分:機密津軽防備部隊命令作第9号:尻矢隊 17.10.01:八戸〜C哨区哨戒〜10.06八戸 17.10.08:八戸〜C哨区哨戒〜10.09八戸 17.10.11:八戸〜C哨区哨戒〜10.13八戸 17.10.17:八戸〜C哨区哨戒〜10.22八戸 17.10.23:八戸〜C哨区哨戒〜      〜10.27対潜戦闘:爆雷攻撃〜      〜10.28鮫角灯台0度線の双方1浬半程度北上機雷捜索〜      〜10.29八戸 17.11.02:八戸〜C哨区哨戒〜11.03八戸 17.11.06:八戸〜C哨区哨戒〜11.08大湊 17.11.19:大湊〜C哨区哨戒〜11.24八戸 17.11.25:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第36号:津軽防備部隊 17.11.26:八戸〜C哨区哨戒〜11.27八戸 17.12.04:八戸〜C哨区哨戒〜12.18八戸 17.12.22:八戸〜C哨区哨戒〜12.31八戸 18.01.03:八戸〜C哨区哨戒〜01.04八戸 18.01.05:八戸〜01.05大湊 18.01.16:大湊〜C哨区哨戒〜01.21八戸 18.01.27:八戸〜C哨区哨戒〜01.28八戸 18.01.31:八戸〜C哨区哨戒〜01.31八戸 18.02.04:八戸〜C哨区哨戒〜02.06八戸 18.02.09:八戸〜C哨区哨戒〜02.13八戸 18.02.15:八戸〜C哨区哨戒〜02.16八戸 18.02.19:八戸〜C哨区哨戒〜02.20八戸 18.02.22:八戸〜C哨区哨戒〜02.23八戸 18.02.25:八戸〜C哨区哨戒〜02.27八戸 18.03.01:八戸〜C哨区哨戒〜03.04大湊 18.03.07:大湊〜C哨区哨戒〜03.07八戸 18.03.09:八戸〜C哨区哨戒〜03.10八戸 18.03.12:八戸〜C哨区哨戒〜03.13八戸 18.03.15:八戸〜C哨区哨戒〜03.16八戸 18.03.18:八戸〜C哨区哨戒〜03.23八戸 18.03.25:八戸〜C哨区哨戒〜03.26八戸 18.03.28:八戸〜C哨区哨戒〜03.29八戸 18.03.31:八戸〜C哨区哨戒〜03.31八戸 18.03.31:船主:日本海洋漁業統制株式會社に変更 18.04.03:八戸〜C、E哨区哨戒〜      〜04.03対潜掃蕩〜      〜04.05八戸 18.04.08:八戸〜C、E哨区哨戒〜04.09八戸 18.04.--:八戸〜04.10大湊 18.04.14:大湊〜C、E哨区哨戒〜      〜04.15対潜掃蕩〜      〜04.15八戸 18.04.16:八戸〜C、E哨区哨戒〜04.18八戸 18.04.22:八戸〜C、E哨区哨戒〜04.22八戸 18.04.24:八戸〜C、E哨区哨戒〜04.25八戸 18.04.27:八戸〜C、E哨区哨戒〜04.27八戸 18.04.30:八戸〜C、E哨区哨戒〜      〜04.30対潜掃蕩〜      〜04.30八戸 18.05.01:八戸〜C、E哨区哨戒〜05.05八戸 18.05.05:軍隊区分:一時室蘭隊に編入 18.05.08:八戸〜A哨区哨戒〜05.09室蘭 18.05.10:室蘭〜A哨区哨戒〜05.11室蘭 18.05.13:室蘭〜A哨区哨戒〜05.14室蘭 18.05.16:室蘭〜A哨区哨戒〜05.19大湊 18.05.24:大湊〜C、E哨区哨戒〜05.26八戸 18.05.28:八戸〜C、E哨区哨戒〜05.31函館 18.05.31:軍隊区分:津防機密第011605番電:東口隊 18.06.02:函館〜A、B、第三哨区哨戒〜06.03函館 18.06.04:函館〜小島に座礁した「海和丸」の救助作業〜06.05函館 18.06.07:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第44号:津軽防備部隊 18.06.07:函館〜小島南岸で座礁した「英順丸」の救難作業〜06.11函館 18.06.13:函館〜A、B、第三哨区哨戒〜06.16函館 18.06.18:函館〜A、B、第三哨区哨戒〜06.19函館 18.06.21:津防機密大211457番電:任務終了後、大湊回航 18.06.21:函館〜A、B、第三哨区哨戒〜06.25大湊 18.06.28:大湊〜A、B、第三哨区哨戒〜07.02函館 18.07.01:驅潜艇長:海軍中尉 尾崎 修平 18.07.04:函館〜A、B、第三哨区哨戒〜07.06函館 18.07.08:軍隊区分:津防機密第080633番電:西口隊 18.07.08:函館〜第二、第四哨区哨戒〜07.14函館 18.07.07:驅潜艇長:海軍大尉 松崎 昇 18.07.12:松崎大尉着任 18.07.16:函館〜第二、第四哨区哨戒〜07.17函館 18.07.19:函館〜      〜07.20 0642 敷設艦常盤」の護衛を開始〜      〜07.20 1025 「第二十四號掃海艇」が護衛を終了〜      〜07.20大湊 18.07.--:大湊〜第二、第四哨区哨戒〜07.26函館 18.08.01:函館〜第二、第四哨区哨戒〜08.04函館 18.08.05:驅潜艇長:海軍中尉 坂根 禮三 18.08.06:函館〜08.06大湊 18.08.07:松崎艇長退艇、坂根艇長乗艇 18.08.11:大湊〜第二、第四哨区哨戒〜08.17函館 18.08.18:函館〜第二、第四哨区、奥尻及び江差沖対潜掃蕩及び船団護衛〜08.27函館 18.08.21:軍隊区分:津防機密第211451番電:西口隊を含め一時西掃蕩隊と呼称 18.08.24:軍隊区分:石崎機密第241947番電:西口隊を西掃蕩隊より除く 18.08.27:軍隊区分:津防機密第272001番電:小樽隊 18.08.30:函館〜第二、第四哨区哨戒〜09.01小樽 18.09.03:小樽〜小樽方面哨戒〜09.04小樽 18.09.06:小樽〜小樽方面哨戒及び船団護衛〜09.07小樽 18.09.09:小樽〜小樽方面哨戒及び船団護衛〜09.10小樽 18.09.12:小樽〜小樽方面哨戒及び船団護衛〜09.13小樽 18.09.15:小樽〜小樽方面哨戒〜09.16小樽 18.09.23:小樽〜小樽方面哨戒〜09.23小樽 18.09.26:小樽〜小樽方面対潜掃蕩、哨戒及び船団護衛〜09.30小樽 18.10.06:小樽〜10.07大湊 18.10.09:軍隊区分:津防機密第092006番電:小樽隊より除く 18.10.10:軍隊区分:津防機密第100940番電:船川隊 18.10.11:大湊〜船川方面哨戒〜10.12船川 18.10.13:船川〜船川方面哨戒〜10.15函館 18.10.17:函館〜船川方面哨戒〜10.19船川 18.10.22:坂根艇長退艇、高木艇長着任 18.10.23:船川〜船川方面哨戒〜10.23船川 18.10.--:驅潜艇長:海軍中尉 高木 美佐男 18.10.25:船川〜船川方面哨戒〜10.26船川 18.10.27:船川〜船川方面哨戒〜10.28船川 18.10.29:船川〜船川方面哨戒〜10.30船川 18.11.01:船川〜船川方面哨戒〜11.02船川 18.11.03:船川〜船川方面哨戒〜11.04船川 18.11.05:船川〜船川方面哨戒〜11.06船川 18.11.13:船川〜船川方面哨戒〜11.14船川 18.11.15:船川〜船川方面哨戒〜11.16船川 18.11.17:船川〜船川方面哨戒〜11.18船川 18.11.21:船川〜11.22函館11.23〜11.23大湊 18.11.27:大湊〜陸奥海湾にて教練射撃〜11.28函館 18.11.30:函館〜12.01船川 18.12.04:船川〜      〜12.04 1000 土崎港口にて座州〜      〜特設掃海艇第三京仁丸」が救難〜      〜12.12 1810 離礁 18.12.17:土崎〜船川方面哨戒〜12.17船川 18.12.18:船川〜船川方面哨戒〜12.19船川 18.12.22:船川〜船川方面哨戒〜12.22船川 18.12.25:船川〜船川方面哨戒〜12.25船川 18.12.29:船川〜船川方面哨戒〜12.30船川 19.01.02:軍隊区分:津防機密第021114番電:一時、小樽隊 19.01.05:船川〜01.07小樽 19.01.12:小樽〜小樽方面哨戒〜01.12小樽 19.01.24:小樽〜小樽方面哨戒〜01.25小樽 19.01.31:小樽〜小樽方面哨戒〜02.04大湊 19.02.02:岩内〜02.04函館02.04〜02.04大湊 19.02.--:軍隊区分:室蘭隊 19.02.10:大湊〜02.10函館02.12〜02.12室蘭 19.02.14:室蘭〜A哨区哨戒〜02.15室蘭 19.02.23:室蘭〜02.23函館02.25〜02.26大湊 19.02.--:驅潜艇長:海軍兵曹長 林 邦美 19.03.--:修理 19.04.10:入渠、水測兵器装備工事 19.04.23:大湊〜水測兵器公試〜04.23大湊 19.04.24:大湊〜水測兵器公試〜04.24大湊 19.04.26:軍隊区分:津防機密第260800番電:一時、尻矢隊 19.04.27:大湊〜公試〜04.27大湊 19.04.28:大湊〜公試〜04.28大湊 19.05.02:大湊〜軽便探信儀公試〜05.02大湊 19.05.03:大湊〜05.03函館 19.05.04:函館〜C哨区哨戒〜05.05八戸 19.05.06:八戸〜C哨区哨戒〜05.07八戸 19.05.08:八戸〜C哨区対潜掃蕩及び船団護衛〜05.12八戸 19.05.13:八戸〜C哨区哨戒〜05.14八戸 19.05.15:八戸〜C哨区船団護衛及び哨戒〜05.18八戸 19.05.19:八戸〜C哨区船団護衛及び哨戒〜05.21八戸 19.05.22:八戸〜C哨区哨戒〜05.23八戸 19.05.25:八戸〜      〜05.26白糠の東5浬付近にて大湊海軍航空隊哨戒機の誘導により爆雷攻撃4個〜      〜05.28八戸 19.05.30:八戸〜C哨区哨戒〜05.31八戸 19.06.03:八戸〜C哨区哨戒〜06.05八戸 19.06.07:八戸〜C哨区哨戒〜06.09八戸 19.06.07:信電令第1号:小島灯台の北62度4100mに座礁の「英順丸」救難 19.06.10:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第83号:津軽防備部隊 19.06.12:八戸〜C哨区船団護衛及び哨戒〜      〜06.14 2123 包囲配備変更:機雷礁南端高瀬川間〜      〜06.14 2300 所定包囲配備に就き掃蕩開始〜      〜06.15 0914 掃蕩隊形変更:高瀬川90度線15浬〜      〜06.15 1710 日没後の配備:41度線上距岸30浬0度高瀬川小田野沢間〜      〜06.16八戸 19.06.16:軍隊区分:大警電令第8号:小樽隊 19.06.17:八戸〜06.18小樽 19.06.20:小樽〜小樽方面哨戒〜06.21小樽 19.06.23:小樽〜小樽方面哨戒〜06.24小樽 19.06.25:軍隊区分:大警電令第13号:小樽隊の任務を解く 19.06.27:小樽〜小樽方面哨戒〜06.28小樽 19.06.29:軍隊区分:尻矢隊 19.06.29:小樽〜06.30大湊 19.07.05:大湊〜07.05函館 19.07.07:函館〜C哨区哨戒〜07.08八戸 19.07.09:八戸〜 19.07.09:津防機密第091537番電:N41.17-E141.30の米潜水艦Tautog(SS-199)掃蕩 19.07.09:文山丸機密第091621番電:配備北より「文山丸」「野柳丸」、南「雄島丸」 19.07.09:文山丸機密第092003番電:掃蕩隊形:基点尻矢埼灯台の北90度5浬180度20浬間、      西より「文山丸」「藤丸」「野柳丸」各艇距離10浬、      「雄島丸」は機雷礁の南端付近の掃蕩及び監視 19.07.10:文山丸機密第101015番電:掃蕩区域変更:尻矢埼高瀬川間、「雄島丸」は機雷礁付近 19.07.10:津防機密第101548番電:恵山灯台60度1浬の敵潜掃蕩 19.07.10:文山丸機密第101610番電:掃蕩区域変更:尻矢埼物見埼間 19.07.10:28掃機密第101657番電:今夜掃蕩隊形:基点恵山灯台の152度6.5浬350度、      「第七福榮丸」「第三京仁丸」「陽光丸」「第五京仁丸」「野柳丸」「藤丸」の順      〜07.10 1700 現場に急行〜      〜07.10 2200 配備点着、掃蕩開始〜 19.07.11:28掃機密第110810番電:敵情を得ず、恵山付近0330以降濃霧、      1200以降掃蕩隊形変更:尻矢埼の331度5浬を基点とし同方向間隔3浬      「野柳丸」「藤丸」「第五京仁丸」「陽光丸」60度方向30浬間 19.07.13:津防機密第131854番電:固有哨区に復帰せよ      〜C哨区哨戒〜      〜07.14八戸 19.07.15:八戸〜C哨区哨戒〜07.17八戸 19.07.19:八戸〜C哨区哨戒〜07.21八戸 19.07.24:八戸〜C哨区船団護衛及び哨戒〜07.26八戸 19.07.30:八戸〜C哨区哨戒〜08.01八戸 19.08.--:驅潜艇長:海軍少尉 林 邦美 19.08.02:八戸〜C哨区哨戒〜08.04八戸 19.08.05:八戸〜C哨区船団護衛及び哨戒〜08.07八戸 19.08.09:八戸〜C哨区哨戒〜08.10八戸 19.08.13:八戸〜C哨区哨戒〜08.15八戸 19.08.18:八戸〜C哨区哨戒〜08.20八戸 19.08.22:八戸〜C哨区哨戒〜08.24八戸 19.08.25:八戸〜C哨区哨戒〜08.30八戸 19.08.31:八戸〜C哨区哨戒〜八戸 19.09.01:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第89号:津軽防備部隊 19.09.01:八戸〜C哨区哨戒〜09.02八戸 19.09.04:八戸〜C哨区船団護衛及び哨戒〜09.06八戸 19.09.09:八戸〜C哨区船団護衛及び哨戒〜09.11八戸 19.09.15:八戸〜09.16大湊 19.09.20:大湊〜09.20函館 19.09.21:函館〜C哨区哨戒〜09.23八戸 19.09.25:八戸〜C哨区船団護衛及び哨戒〜09.27八戸 19.09.30:八戸〜C哨区哨戒〜10.02八戸 19.10.05:仮称簡易式水中聴音機改装工事(10.29まで) 19.10.06:八戸〜C哨区哨戒〜10.07八戸 19.10.11:八戸〜C哨区船団護衛及び哨戒〜10.13八戸 19.10.14:八戸〜C哨区哨戒〜10.16八戸 19.10.18:八戸〜C哨区哨戒〜10.20八戸 19.10.22:八戸〜C哨区哨戒〜10.24大湊 19.10.30:大湊〜10.30函館 19.11.01:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第91号:津軽防備部隊 19.11.01:函館〜C哨区哨戒〜11.03八戸 19.11.06:八戸〜C哨区船団護衛及び哨戒〜11.09室蘭 19.11.07:軍隊区分:津防機密第071340番電:室蘭隊 19.11.10:室蘭〜A哨区哨戒〜11.12室蘭 19.11.14:室蘭〜A哨区哨戒〜11.16室蘭 19.11.18:室蘭〜A哨区哨戒〜11.19室蘭 19.11.19:軍隊区分:津防機密第191025番電:尻矢隊 19.11.20:室蘭〜A哨区哨戒〜11.21室蘭 19.11.24:八戸〜C哨区哨戒〜11.26八戸 19.11.30:八戸〜C哨区哨戒〜12.02八戸 19.12.04:驅特185機密第040915番電:掃蕩隊:鮫角の350度5浬 19.12.04:八戸〜C哨区対潜掃蕩及び哨戒〜12.05八戸 19.12.06:八戸〜C哨区哨戒〜12.08八戸 19.12.12:八戸〜C哨区哨戒〜12.14八戸 19.12.16:八戸〜C哨区哨戒〜      〜12.17「四十一星丸」の捜索〜      〜12.17座礁した特設救難船桂川丸」を警戒救助〜      〜12.18八戸 19.12.22:八戸〜C哨区哨戒〜12.24八戸 19.12.29:八戸〜C哨区哨戒〜12.31八戸 20.01.--:八戸〜C哨区哨戒〜01.02八戸 20.01.04:津防機密第041705番電:天候を見て機械故障、      尻労に仮泊中の「第七恵山丸」を八戸に曳航せよ 20.01.04:八戸〜C哨区哨戒〜01.06八戸 20.01.08:八戸〜C哨区哨戒〜01.10八戸 20.01.12:八戸〜C哨区哨戒〜01.14八戸 20.01.18:八戸〜C哨区哨戒〜01.20八戸 20.01.24:八戸〜C哨区哨戒〜01.26八戸 20.01.30:八戸〜C哨区哨戒〜02.01八戸 20.02.05:八戸〜C哨区哨戒〜02.07八戸 20.02.08:2330 公稱第一五六〇號曳船が出港の際、本艇の右錨鎖を1節半のところより切断 20.02.09:八戸〜C哨区哨戒〜02.11八戸 20.02.12:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第94号:津軽防備部隊 20.02.13:八戸〜C哨区哨戒〜02.15八戸 20.02.17:八戸〜C哨区哨戒〜02.18八戸 20.02.22:八戸〜      〜02.23 1800「福勢丸」座礁後、脱出したカッター発見できず〜      〜02.24八戸 20.02.28:八戸〜C哨区哨戒〜03.01大湊 20.03.07:大湊〜03.08函館 20.03.09:函館〜C哨区哨戒〜03.11八戸 20.03.13:函館〜C哨区哨戒〜03.15八戸 20.03.16:函館〜C哨区哨戒〜03.18八戸 20.03.21:函館〜C哨区哨戒〜03.23八戸 20.03.27:函館〜C哨区哨戒〜03.29八戸 20.04.02:八戸〜C哨区哨戒〜04.04八戸 20.04.06:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第95号:津軽防備部隊 20.04.07:八戸〜C哨区対潜掃蕩、哨戒〜04.11八戸 20.04.14:八戸〜C哨区哨戒〜04.16八戸 20.04.17:八戸〜C哨区哨戒〜04.18八戸 20.04.19:八戸〜04.20大湊 20.04.21:入渠、船体修理 20.04.27:出渠 20.04.30:大湊〜試運転〜04.30大湊 20.05.03:大湊〜05.03函館 20.05.05:八戸〜C哨区哨戒〜05.07八戸 20.05.11:八戸〜C哨区哨戒〜05.13八戸 20.05.15:八戸〜C哨区哨戒〜05.17八戸 20.05.19:八戸〜C哨区対潜掃蕩及び哨戒〜05.23八戸 20.05.25:八戸〜C哨区哨戒〜05.27八戸 20.05.29:八戸〜C哨区対潜掃蕩及び哨戒〜06.04八戸 20.06.05:八戸〜C哨区哨戒〜06.07八戸 20.06.09:八戸〜C哨区対潜掃蕩〜      〜06.10 1225 尻矢崎164度7.5浬にて「第六昌榮丸」の乗員救助、「第二幸丸?」に収容〜      〜06.10 1235 敵潜没潜水艦見ゆ〜      〜06.10 1250 敵潜探知、爆雷攻撃〜      〜06.10 1830 白糠の70度7浬にて水偵の誘導下、爆雷攻撃3個〜      〜06.13八戸 20.06.14:八戸〜C哨区対潜掃蕩及び哨戒〜06.19八戸 20.06.19:軍隊区分:津防機密第190815番電:東口隊 20.06.21:八戸〜06.21函館 20.06.23:函館〜第三、B哨区哨戒〜06.26函館 20.06.26:軍隊区分:津防機密第261115番電:尻矢隊 20.06.27:函館〜第三、B哨区哨戒〜06.28函館 20.06.29:函館〜第三、B哨区哨戒〜八戸 20.07.13:八戸〜特設運送艦「豊國丸」の区間護衛〜      〜07.14 0448 鮫角0度10浬にて米第38機動部隊艦載機3機と対空戦闘:             十三粍機銃300発、七粍七機銃80発、小銃50発発射、爆雷1個投棄、             五糎砲、十三粍機銃破損、艇長戦死〜      〜07.14八戸
20.07.15:大破 20.08.10:解傭 20.11.30:除籍:第301730番電
大破場所:八戸港 大破原因:米第38機動部隊艦載機による空爆

同型船

 九龍丸文山丸鹽水丸天山丸秋津丸楡林丸水上丸卑南丸目斗丸

兵装

 十三粍機銃、三八式小銃、爆雷。

写真資料

 なし

前の艇へ ← 特設驅潜艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る