宏川丸の船歴

 年 月 日:船歴

14.04.06:起工、優秀船舶建造助成施設第二種船第113号 15.05.10:進水、命名:宏川丸 15.10.07:竣工
16.11.01:中間検査完了
16.11.06:徴傭:陸軍 16.11.06:門司〜三亞
16.11.28:輸送船隊区分:第三分隊(船番号:17) 16.12.02:三亞〜出動、航行及び泊地進入訓練〜12.03三亞 16.12.04:(あ号E作戦第一次)三亞〜      〜12.04 0800 「第七號驅潜艇」が機関不良の為、三亞に引返す〜      〜12.05 0200 驅逐艦「浦波」が諾汽船"Salldor"を臨検〜      〜12.05 1500 「第一號掃海艇」「第五號掃海艇」「第六號掃海艇」が合同〜      〜12.06 0700 「第二號掃海艇」「第三號掃海艇」「第四號掃海艇」「第九號驅潜艇」             陸軍徴傭船淺香山丸」、關西丸」が合同〜      〜12.06 1930 第十九驅逐隊(磯波、浦波、綾波、敷波)が合同〜      〜12.07 1030 G点着、各隊毎に上陸点に分進〜      〜12.08パタニ(Patani) 16.12.08:0300 第五師団安藤支隊上陸成功
16.12.15:呉淞〜12.17虎門 16.12.18:虎門〜萬山泊地 17.01.08:萬山泊地〜01.10カムラン 17.01.11:輸送船隊区分:第二分隊(船番号:10) 17.01.12:カムラン〜湾内にて泊地進入、揚陸訓練〜01.13カムラン 17.01.16:馬來部隊信令作第46号:S作戦延期 17.01.20:馬來部隊信電令作第8号:S作戦中止 17.01.20:カムラン〜01.22シンゴラ 17.01.26:シンゴラ〜01.30西貢 17.01.31:西貢〜01.31カムラン
17.02.01:輸送船隊区分:第四分隊(船番号:22) 17.02.11:(あ号L作戦主力:防空船)カムラン〜      〜02.15 1125 反転、一時北方避退〜      〜02.15 1700 ジャン角の39度10.2浬にて反転南下〜      〜02.16 1800 ムーシ河口 17.02.16:1845 ムーシ河口入泊 17.02.--:ムーシ河口〜02.20パレンバン 17.02.--:第三十八師団主力揚陸 17.02.27:パレンバン〜ムントク 17.03.02:ムントク〜      〜03.03 1700 驅逐艦「天霧」が護衛を終了〜      〜03.03昭南
17.03.10:昭南〜03.12ラブハンルク03.13〜03.15昭南 17.03.17:昭南〜彼南
17.03.01:輸送船隊区分(船番号:2) 17.03.20:(あ号D作戦)彼南〜      〜03.22 2030 D点に於いて第一掃海隊、「第五號掃海艇」と合同〜      〜03.23 0250 予定地点に分進〜      〜03.23ポートブレア 17.03.23:0600 第一予定錨地に入泊      0630 奇襲上陸成功      1900 揚陸作業終了 17.03.24:ポートブレア〜03.26昭南
17.03.27:昭南〜04.02ポートブレア04.03〜04.08蘭貢04.13〜04.18昭南 17.04.19:昭南〜04.22西貢 17.05.05:西貢〜05.08宇品 17.05.--:中間検査 17.06.01:宇品〜06.09マニラ 17.07.02:マニラ〜07.08宇品〜07.10大阪 17.07.12:宇品〜07.22虎門〜08.05ベラワン08.05〜08.06昭南 17.--.--:昭南〜大連09.02〜09.04神戸 17.09.08:神戸〜門司 17.09.13:門司〜09.21昭南 17.09.27:昭南〜09.29ベラワン09.29〜09.30スラバヤ10.04〜10.14ラバウル 17.10.15:ラバウル〜10.16ショートランド 17.11.10:機密増援部隊命令作第1号:第一分隊(2) 17.11.12:(ガダルカナル島第二次強行輸送船団)ショートランド〜      〜11.13 0300 地点「ケネノ15」にて反転〜      〜11.13ショートランド 17.11.13:(ガダルカナル島第二次強行輸送船団)ショートランド〜11.15エスペランス泊地 17.11.15:第三十八師団等を揚陸
17.11.15:擱座 17.11.15:解傭
喪失場所:S07.16-E156.00 ボネギ河口南東1.26km 喪失原因:米海軍及び海兵隊機の空爆、海兵隊及び陸軍の沿岸砲による砲撃、驅逐艦Meade(DD-602)の砲撃

同型船

 ~川丸聖川丸君川丸國川丸

兵装

 八八式七糎野戦高射砲6門、九八式高射機関砲4門。

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1982年5月号「日本商船隊の懐古 No.35」山田早苗
 「東洋海運株式會社二十年史」 S31.11 東洋海運株式会社(P.137)
 「川崎汽船100年史」 R元.09 川崎汽船株式会社(P.13, 101)

前の船へ ← 防空船 → 次の船へ

Homeへ戻る