日南丸の船歴

 年 月 日:船歴

16.12.24:起工 17.12.21:進水、命名:日南丸  18.01.16:竣工 
17.12.10:徴傭発令:兵備三機密第17号の12の13 18.01.16:徴傭:一般徴傭船(給油船)、佐世保鎮守府所管、海軍省配属 18.01.16:川南工業株式會社浦崎造船所にて油槽船への改造工事着手(第一次応急油槽船) 18.02.04:船長:海軍嘱託 池田 榮太(部内限り奏任官待遇) 18.03.24:油槽船への改造工事竣工 18.03.25:長崎〜3.26佐世保 18.03.28:炭水食糧補給 18.03.28:佐世保〜04.03呉04.05〜04.05広04.06〜04.07下津04.12〜04.14呉 18.04.14:燃料清水補給 18.04.15:バラスト搭載、機関修理(05.02まで) 18.05.03:呉〜05.04関内港05.05〜05.06鹿児島 18.05.10:鹿児島〜05.11名瀬05.12〜05.12久慈05.13〜05.15長崎 18.05.15:主機関船体修理作業(06.21まで) 18.06.24:長崎〜06.30馬公07.04〜07.12聖雀07.13〜07.18セレター軍港07.27〜07.29パレンバン 18.07.30:パレンバン〜08.01武勲島08.05〜08.07パレンバン 18.08.08:パレンバン〜08.10三宝島08.15〜08.17パレンバン 18.08.18:パレンバン〜08.20武勲島08.23〜08.25パレンバン 18.08.23:解傭発令:兵備三機密第18号の8の37(08.31附解傭予定) 18.08.27:パレンバン〜08.30武勲島09.02〜09.04パレンバン 18.09.11:パレンバン〜09.13武勲島 18.09.15:解傭
18.09.15:徴傭:船舶運營會海軍配當船、佐世保鎮守府所管 18.10.03:昭南〜10.11高雄 18.10.23:第19次海軍指定船 18.10.31:(第1船団)マニラ〜11.03セブ 18.11.06:(H2船団)セブ〜11.10カウ 18.11.23:ワシレ〜      〜11.24 1150(S00.10-E128.35)対空戦闘:野砲、七粍七機銃300発発射、          至近弾により機関、缶等破損、航行不能〜      〜11.24 「大祐丸」が曳航〜      〜11.24 1500頃機関復旧、自力航行〜      〜11.24アンボイナ 18.12.08:兵備三機密第422号:海軍配當船一覧表掲載 19.02.20:兵備三機密第216号:海軍配當船一覧表掲載 19.05.31:昭南〜06.02パレンバン 19.06.--:重油2,200t搭載 19.06.03:パレンバン〜06.05昭南 19.06.--:重油2,200t揚陸 19.06.07:昭南〜06.09パレンバン 19.06.--:重油2,050t搭載 19.06.10:パレンバン〜06.12昭南 19.06.--:重油2,050t揚陸、重油2,200t搭載 19.06.20:(シミ04船団)昭南〜06.24ミリ 19.06.21:兵備三機密第558号:海軍配當船一覧表掲載 19.06.27:(ミ06船団)ミリ〜 〜06.27 1939 「第三十八號哨戒艇」が合同、護衛開始〜      〜07.01 1140 「第十八號掃海艇」が脅威投射3個〜      〜07.02マニラ 19.07.--:重油2,200t揚陸 19.07.06:マニラ〜07.11ミリ 19.07.--:三号原油2,150t搭載 19.07.17:ミリ〜07.22マニラ 19.07.23:(マサ09船団)マニラ〜07.28西貢 19.08.01:西貢〜08.05昭南 19.08.--:昭南〜高雄 19.09.--:三号原油2,150t揚陸 19.09.18:(タマ26船団)高雄〜09.18大板埒09.19〜      〜09.19 1633 直衛機が左70度2,000mに目標弾投下、爆雷投射9個〜      〜09.19 1640 直衛機が右25度5,000mに爆弾投下〜      〜09.19 1644 「第二十號掃海艇」が爆雷投射11個〜      〜09.19 1847 「第二十號掃海艇」が船団に合同〜      〜09.19サブタン 19.09.20:(タマ26船団)サブタン〜 〜09.20 1156 右30度3,500mに味方機が爆弾投下、「第二十號掃海艇」が掃蕩〜      〜09.20 1618 「第二十號掃海艇」が船団に合同〜      〜09.20ムサ 19.09.21:(タマ26船団)ムサ〜      〜09.21 0705 陸軍徴傭船淡路丸」被雷沈没〜      〜09.21 0833 陸軍徴傭船「瑞穂丸」被雷沈没〜      〜09.22ラポック 19.09.26:(タマ26船団)ラポック〜09.26サンフェルナンド 19.09.27:0930 「第二十號掃海艇」を横付け、重油補給 19.09.29:(タマ26船団)サンフェルナンド〜09.29サンタクルーズ 19.10.01:(タマ26船団)サンタクルーズ〜      〜10.01 1440 「第二十號掃海艇」が脅威投射5個〜      〜10.01 2056 マニラ湾に入る〜      〜10.02マニラ 19.10.04:マニラ〜10.14ミリ 19.10.--:B重油2,447キロリットル搭載 19.10.19:ミリ〜10.23昭南 19.10.--:B重油2,447キロリットル揚陸 19.11.01:昭南〜11.02ポートセッテンハム11.04〜11.06ベラワン11.07〜11.07パンカランスス 19.11.--:重油1,474キロリットル搭載 19.11.08:パンカランスス〜11.11昭南 19.11.18:十根機密第182140番電:スマトラ向け船団5隻、日南丸、勝南丸、あやゆき丸、      栗榮丸、松榮丸、護衛艦、第三十五號驅潜艇第三十四號掃海艇 19.11.--:重油1,474キロリットル揚陸、兵器10t、空木樽245個搭載、便乗者41名乗船 19.11.19:昭南〜パンカランスス向け航行
19.11.19:沈没  --.--.--:解傭
喪失場所:N01.36-E102.55 マレー南西岸バトパハ南南西28km附近 喪失原因:英潜水艦Stratagem(P.234)の雷撃

同型船

 (D型平時標準船)
 成田丸日の出丸光コ丸光リ丸

兵装

 七粍七単装機銃。

写真資料

 要調査

前の船へ ← 海軍配當船 → 次の船へ

Homeへ戻る