常島丸の船歴

 年 月 日:船歴

15.10.21:起工 16.06.10:進水、命名:常島丸  16.09.06:竣工
17.07.28:(北航船団) 18.01.08:(第2108船団)古武井沖〜古武井沖 18.01.10:(第2110船団)古武井沖〜川崎 18.01.25:(第2125船団)古武井沖〜横浜 18.01.31:(第1131船団)横浜〜釧路 18.02.07:(第2207船団)〜川崎 18.02.13:(第1213船団)横浜〜 18.06.29:徴傭発令:兵備三機密第18号ノ7ノ4:船舶徴傭の件通知      〜07.01舞鶴 18.07.01:運輸機密第128番電:       常島丸は舞鶴にて速に兵装工事(機銃のみ)了し門司に回航のことに定めらる件 18.07.03:機密舞鶴鎮守府命令第101号:左に依り海軍省徴傭船舶の授受を行う       授受期日:7月5日0900、授受地;舞鶴軍港 
18.07.05:徴傭:一般徴傭船(雑用船)、舞鶴鎮守府所管、海軍省配属 18.07.05:兵装工事(機銃搭載)(07.10まで) 18.07.09:官房艦機密第3445号:兵器貸与の件訓令:       常島丸外に九二式七粍七単装機銃外 18.07.10:舞鶴〜07.13徳山 18.07.--:揮発油8,343缶、鉱油324缶搭載 18.07.--:徳山〜横須賀 18.07.--:特型運貨船6隻、貯糧品1,200m3搭載 18.07.26:横須賀〜07.29父島 18.--.--:父島〜トラック 18.08.13:(第5133船団)トラック〜08.17クエゼリン 18.08.14:官房艦機密第4162号:光学兵器装備並に供給の件訓令 18.09.18:(第6188船団)クエゼリン〜09.25トラック 18.09.26:(第4926船団)トラック〜09.29サイパン 18.10.--:空ドラム缶8,500本、タピオカ澱粉1,200t、便乗者その他搭載 18.10.12:サイパン〜      〜10.13 第4008船団に加入〜      〜10.15 護衛の特設驅潜艇が船団から分離〜      〜10.18館山 18.10.19:館山〜10.19横浜 18.10.23:横浜〜10.26因島 18.10.--:占部造船所にて船体修理 18.11.05:修理完了 18.11.--:因島〜横須賀 18.11.--:設営資材、鉄鋼、糧食等満載 18.11.--:横須賀〜館山 18.11.13:(第3113船団)館山〜11.24トラック 18.12.06:官房艦機密第6083号:徴傭船及び借用船に水中聴音機装備の件訓令 18.12.18:(第1182船団)トラック〜ラバウル向け航行
18.12.20:沈没  19.01.31:解傭
喪失場所:N01.26-E148.36 マヌス島北東330km附近 喪失原因:米潜水艦Gato(SS-212)の雷撃

同型船

 長田丸生田丸大興丸千洋丸萬洋丸億洋丸山鳥丸

兵装

 九二式七粍七単装機銃。

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和16年10月号
 「飯野60年の歩み」 S34.07 飯野海運株式会社(P.74)
 「新造船写真史」 S56.07 三菱重工業株式会社横浜造船所 (P.54)

前の船へ ← 一般徴傭船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る