第八日東丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 07.07.--:進水、命名:第八日東丸 --.--.--:竣工、船籍港:山口県彦島町
08.03.20:船籍港:下關に変更
16.08.21:徴傭 16.09.12:入籍:内令第1049号:特設驅潜艇、呉鎮守府所管
16.09.25:株式會社大阪造船所にて艤装工事完了 16.10.15:内令第1253号:紀伊防備隊所属 16.10.15:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊紀伊防備隊 16.11.20:戦時編制:大阪警備府部隊紀伊防備隊 16.12.--:驅潜艇長:海軍豫備中尉 熊谷 正六 16.12.08:軍隊区分:機密大阪警備府作戦命令第2号:海面防備部隊 16.12.12:由良内〜試運転〜12.12由良内 16.12.15:由良内〜試運転〜12.15由良内 16.12.16:由良内〜哨戒〜12.16由良内 16.12.17:由良内〜哨戒〜12.17由良内 16.12.19:由良内〜哨戒〜12.19由良内 16.12.20:由良内〜哨戒〜12.20由良内 16.12.21:由良内〜哨戒〜12.21由良内 16.12.22:由良内〜哨戒〜12.22由良内 16.12.23:由良内〜特別任務〜12.24由良内 16.12.26:由良内〜哨戒〜12.26由良内 16.12.27:由良内〜哨戒〜12.27由良内 16.12.28:由良内〜哨戒〜12.28由良内 16.12.29:由良内〜哨戒〜12.29由良内 16.12.31:由良内〜哨戒〜12.31由良内 17.01.01:由良内〜哨戒〜01.03由良内 17.01.06:由良内〜哨戒〜01.07由良内 17.01.10:由良内〜試運転〜01.10由良内 17.01.14:由良内〜哨戒〜01.16由良内 17.01.18:由良内〜哨戒〜01.20由良内 17.01.21:艦隊区分:機密紀伊防法令第6号:3(1) 17.01.22:由良内〜哨戒〜01.24由良内 17.01.30:由良内〜哨戒〜01.31由良内 17.02.01:由良内〜哨戒〜02.01由良内 17.02.05:由良内〜哨戒〜02.07由良内 17.02.09:由良内〜哨戒〜02.11由良内 17.02.16:由良内〜哨戒〜02.17由良内 17.02.19:由良内〜哨戒〜02.20由良内 17.02.24:由良内〜哨戒〜02.25由良内 17.02.28:由良内〜哨戒〜02.28由良内 17.03.01:由良内〜哨戒〜03.01由良内 17.03.04:由良内〜哨戒〜03.05由良内 17.03.08:由良内〜哨戒〜03.10由良内 17.03.16:由良内〜哨戒〜03.17由良内 17.03.20:由良内〜試運転〜03.20由良内 17.03.26:由良内〜哨戒〜03.27由良内 17.03.28:由良内〜哨戒〜03.28由良内 17.03.31:由良内〜教練運転〜03.31由良内 17.04.02:由良内〜哨戒〜04.05由良内 17.04.09:由良内〜哨戒〜04.11由良内 17.04.13:由良内〜哨戒〜04.13由良内 17.04.15:由良内〜04.15大阪 17.04.15:名村造船所にて入渠 17.04.21:軍隊区分:機密大阪警備府作戦命令第9号:海面防備部隊 17.04.28:大阪〜試運転哨戒〜04.28大阪 17.05.01:修理完成 17.05.01:大阪〜05.01由良内 17.05.02:由良内〜哨戒〜05.03市江崎 17.05.04:市江崎〜哨戒〜05.08由良内 17.05.11:由良内〜哨戒〜05.13由良内 17.05.16:由良内〜哨戒〜05.18由良内 17.05.21:由良内〜哨戒〜05.21由良内 17.05.22:由良内〜哨戒〜05.23由良内 17.05.25:由良内〜特設運送船朝日山丸」救難作業〜05.26由良内 17.05.28:由良内〜哨戒〜05.29由良内 17.05.30:由良内〜対潜掃蕩:爆雷2個投射〜05.31由良内 17.06.06:由良内〜特別任務〜06.08由良内 17.06.14:由良内〜特別任務〜06.14由良内 17.06.17:由良内〜特別任務〜06.18由良内 17.06.22:軍隊区分:機密大阪警備府命令第37号:海面防備部隊D部隊(12) 17.06.23:由良内〜射撃訓練〜06.23由良内 17.06.25:由良内〜射撃訓練〜06.28由良内 17.07.01:由良内〜哨戒〜07.03由良内 17.07.13:由良内〜哨戒〜07.13由良内 17.07.15:信電令作第4号:紀防機密第372番電:      4.第二號松榮丸は夜間F線以西の区画を掃蕩すべし      5.第九、第八日東丸は市江埼潮岬配備に就け 17.07.15:由良内〜哨戒〜07.18由良内 17.07.16:信電令作第5号:紀防機密第375番電:      4.第五日正丸は直に出港市江配備に就け、第九日東丸は直に、第八日東丸は第五日正丸と交代後        何れも成生の区処下に入り捜敵配備に就け 17.07.16:信電令作第6号:紀防機密第357番電:      2.成生、第八日東丸は成生艇長之を区処し最寄港に仮泊、成生は明朝由良内に帰投せよ        第八日東丸は潮岬配備に就け 17.07.25:由良内〜      〜07.25 1345 市江崎の235度19浬にて爆雷攻撃、4個投射〜      ^07.27由良内 17.08.02:信電令作第20号:紀防機密第443番電:       阪警電令作第28号に依る三日〇六〇〇より七日〇六〇〇迄紀伊水道東側航路通航禁止に関し      1.紀伊水道通航船舶は西側航路(第二六四〇番線)を通航せしむる如く航路指示をなせ      2.現配備の外昼間白埼日ノ御埼南方及伊島附近に警戒艇を増派す右警戒艇を第八(第九)日東丸        第五十二號驅潜特務艇、第五十三號驅潜特務艇に指定す 17.08.03:由良内〜特別任務〜08.03由良内 17.08.05:由良内〜特別任務〜08.07市江崎 17.08.09:市江崎〜特別任務〜08.16友ヶ島 17.08.12:電令作第17号:紀防機密第473番電:       明十三日未明に至るも情況に変化なければ直接護衛艦左の通り定む      3.成生は市江埼附近、第八日東丸田邊配備、第三十二掃海隊の一艇は潮岬配備に就け 17.08.14:電令作第20号:紀防機密第482番電:       本日〇三〇〇梶取埼二六度一二.五浬にて敵潜の攻撃を受けたる後木本泊地に座礁せる船舶あり      2.第五十三號驅潜特務艇は潮岬配備、第八日東丸は田邊配備に就け 17.08.14:電令作第23号:紀防機密第490番電:      1.一九〇〇に至るも状況に変化なければ千鳥の外第六配備に復帰せよ        兼ねて同灯台の光達距離を測定報告せよ      4.爾余の各艇は最寄港にて待機、成生、第八日東丸は由良内に帰投せよ 17.08.14:電令作第25号:紀防機密第493番電:       明十五日〇六〇〇に至るも情況に変化なければ左記担任区を飛行機と協力徹底的に掃蕩攻撃すべし      2.第三十二掃海隊ニ、ホ、ヘ区、第八日東丸ト、第九日東丸チ区 17.08.18:電令作第33号:紀防機密第514番電:       4.一九〇〇以後成生、第八日東丸は串本に待機、第三十二掃海隊は固有配備に復帰せよ 17.08.18:友ヶ島〜特別任務〜08.18由良内 17.08.20:由良内〜特別任務〜08.22由良内 17.08.26:由良内〜特別任務〜08.26由良内 17.08.29:由良内〜特別任務〜08.29由良内 17.09.01:水測及投射機競技 17.09.07:驅潜艇長:海軍兵曹長 岡村 與三太 17.09.12:驅潜艇長:海軍豫備中尉 中井 三郎 17.09.19:由良内〜舵訓練〜09.19由良内 17.09.23:由良内〜特別訓練〜09.24由良内 17.09.25:紀防機密第584番電:電令作第42号:09.26 黎明時現場付近に到達、敵潜掃蕩 17.09.26:紀防機密第586番電:電令作第43号:09.26 昼間掃蕩配備:潮岬配備 17.09.26:由良内〜      〜09.26 1310 市江埼灯台の180度2浬にて対潜戦闘:爆雷8個投射〜      〜09.26 1440 爆雷投射8個〜   〜機関故障〜      〜09.26由良内 17.09.28:由良内〜試運転〜09.28由良内 17.09.30:由良内〜特別訓練〜09.30日ノ御崎 17.10.01:日ノ御崎〜特別任務〜10.01由良内 17.10.02:由良内〜特別任務〜10.02由良内 17.10.06:由良内〜特別任務〜10.07大島 17.10.08:大島〜特別任務〜10.08由良内 17.10.12:由良内〜特別任務〜10.12串本 17.10.14:串本〜特別任務〜10.14串本 17.10.16:串本〜特別任務〜10.17串本 17.10.18:串本〜特別任務〜10.18由良内 17.10.21:由良内〜特別任務〜10.22大島 17.10.23:大島〜特別任務〜10.24大島 17.10.25:大島〜特別任務〜10.25由良内 17.10.25:軍隊区分:機密大阪警備府命令第74号:海面防備部隊D部隊(12) 17.10.27:由良内〜特別任務〜10.28市江崎 17.10.29:市江崎〜特別任務〜10.29市江崎 17.10.30:市江崎〜特別任務〜10.31由良内 17.11.01:由良内〜特別任務〜11.01周参見 17.11.03:周参見〜特別任務〜11.03周参見 17.11.04:周参見〜特別任務〜11.04周参見 17.11.05:周参見〜特別任務〜11.05由良内 17.11.19:由良内〜哨戒〜11.19日ノ御崎 17.11.20:日ノ御崎〜哨戒〜11.20由良内 17.11.21:由良内〜試運転〜11.21由良内 17.11.22:由良内〜哨戒〜11.22大島 17.11.23:大島〜哨戒〜11.23大島 17.11.24:大島〜哨戒〜11.24由良内 17.11.25:由良内〜哨戒〜11.25市江崎 17.11.26:市江崎〜哨戒〜11.26市江崎 17.11.27:市江崎〜哨戒〜11.27由良内 17.11.28:由良内〜11.28由良内 17.11.29:由良内〜特別任務〜11.29由良内 17.12.07:紀防機密第072345番電:8日以降夜間、日ノ御崎配備 17.12.08:由良内〜特別任務〜12.09由良内 17.12.11:由良内〜特別任務〜12.12由良内 17.12.13:紀防機密第131552番電:14日潮岬配備 17.12.13:由良内〜特別任務〜12.13周参見 17.12.14:周参見〜特別任務〜12.15串本 17.12.16:串本〜特別任務〜12.16由良内 17.12.17:由良内〜特別任務〜12.17由良内 17.12.19:由良内〜特別任務〜12.19和歌浦 17.12.20:和歌浦〜特別任務〜12.20周参見 17.12.21:周参見〜特別任務〜12.22由良内 17.12.24:由良内〜特別任務〜12.24由良内 17.12.25:由良内〜特別任務〜12.25由良内 17.12.26:由良内〜特別任務〜12.26由良内 17.12.27:由良内〜特別任務〜12.27由良内 18.01.01:由良内〜特別任務〜01.02由良内 18.01.08:由良内〜特別任務〜01.08串本 18.01.09:串本〜特別任務〜01.10串本 18.01.11:串本〜特別任務〜01.11由良内 18.01.14:紀防機密第141540番電:15日潮岬配備 18.01.15:由良内〜特別任務〜01.15串本 18.01.16:串本〜特別任務〜01.17串本 18.01.20:串本〜特別任務〜01.21由良内 18.01.27:由良内〜特別任務〜01.27串本 18.01.28:串本〜特別任務〜01.29串本 18.01.31:串本〜特別任務〜01.31串本 18.02.01:串本〜特別任務〜02.01串本 18.02.02:串本〜対潜掃蕩〜02.02串本 18.02.03:串本〜特別任務〜02.03串本 18.02.04:串本〜02.04由良内 18.02.09:由良内〜潜水艦護衛〜02.09串本 18.02.10:串本〜特別任務〜02.10串本 18.02.11:串本〜特別任務〜02.12串本 18.02.14:串本〜特別任務〜02.15串本 18.02.18:串本〜特別任務〜02.18串本 18.02.19:串本〜02.19由良内 18.02.24:由良内〜特別任務〜02.24串本 18.02.25:串本〜特別任務〜02.26串本 18.02.26:中井艇長退任 18.03.--:驅潜艇長:海軍豫備中尉 矢野原 榮一 18.03.01:串本〜特別任務〜03.02串本 18.03.03:串本〜特別任務〜03.04由良内 18.03.09:由良内〜03.09由良内 18.03.10:由良内〜特別任務〜03.11牟岐 18.03.12:牟岐〜特別任務〜03.12由良内 18.03.13:軍隊区分:機密大阪警備府命令第23号:海面防備部隊D部隊(12) 18.03.15:由良内〜特別任務〜03.15日和佐 18.03.16:日和佐〜特別任務〜03.17由良内 18.03.22:由良内〜特別任務〜03.22串本 18.03.23:串本〜特別任務〜03.24串本 18.03.26:串本〜特別任務〜03.27由良内 18.03.31:由良内〜03.31大阪 18.04.01:木津川船渠にて入渠修理工事着手 18.04.23:大阪〜公試運転〜04.23大阪 18.04.25:大阪〜04.25由良内 18.04.28:由良内〜特別任務〜04.28串本 18.04.29:串本〜特別任務〜04.29周参見 18.04.30:周参見〜特別任務〜04.30串本 18.05.02:串本〜特別任務〜05.03由良内 18.05.04:由良内〜教練〜05.04由良内 18.05.05:由良内〜特別任務〜05.06串本 18.05.07:串本〜特別任務〜05.08由良内 18.05.12:由良内〜特別任務〜05.14串本 18.05.16:串本〜特別任務〜05.18潮岬 18.05.19:潮岬〜特別任務〜05.20串本 18.05.22:串本〜特別任務〜05.24周参見 18.05.25:周参見〜特別任務〜05.25串本 18.05.26:串本〜特別任務〜05.27由良内 18.05.28:由良内〜特別任務〜05.28由良内 18.06.03:由良内〜特別任務〜06.03串本 18.06.04:串本〜特別任務〜06.05串本 18.06.06:串本〜06.06袋 18.06.07:袋〜特別任務〜06.08串本 18.06.10:串本〜特別任務〜06.11串本 18.06.13:串本〜特別任務〜06.14串本 18.06.17:串本〜特別任務〜06.18串本 18.06.19:串本〜特別任務〜06.20串本 18.06.22:串本〜特別任務〜06.22串本 18.06.23:串本〜特別任務〜06.24串本 18.06.25:串本〜諸訓練〜06.26潮岬 18.06.27:潮岬〜対潜掃蕩〜06.28袋 18.06.29:袋〜06.29由良内 18.07.01:驅潜艇長:海軍中尉 矢野原 榮一 18.07.05:海防機密第051530番電:田辺進出後第三十二掃海隊司令の区処 18.07.05:由良内〜07.05田辺 18.07.07:田辺〜07.08田辺 18.07.10:田辺(文里)〜07.11市江崎 18.07.11:海防電令作第32号:日没までに敵情を得ない場合11日夜間掃蕩、市江配備 18.07.12:第32掃海隊機密第121255番電:市江配備に変更 18.07.12:市江崎〜07.13市江崎 18.07.12:海防電令作第34号:1200までに敵情に変化ない場合、串本(周参見)待機 18.07.12:海防電令作第35号:1900までに敵情を得ない場合、樫野配備 18.07.13:海防電令作第36号:13日0600以降の掃蕩配備:串本又は田辺待機 18.07.13:海防電令作第37号:通常配備 18.07.13:第32掃海隊機密第131448番電:市江崎配備 18.07.14:海防機密第141100番電:第三十二掃海隊司令の区処を解く 18.07.14:市江崎〜07.14由良内 18.07.19:由良内〜07.20由良内 18.07.21:由良内〜07.22由良内 18.07.29:驅潜艇長:海軍中尉 神崎 慎三 18.07.30:海防機密第226番電:機雷捜索援助 18.07.30:由良内〜 18.07.30:鹿ノ瀬浮標の270度6.5浬にて九二式管制機雷1個発見、曳航〜      〜07.30湊07.31〜07.31由良内 18.08.01:海防信電令第16号:01日田辺進出、02日教練作業 18.08.01:由良内〜第五回教練射撃・運転投射〜08.02由良内 18.08.04:由良内〜市江哨戒〜08.07由良内 18.08.09:由良内〜市江哨戒〜08.12由良内 18.08.13:海防電令作第38号:直ちに出航、潮岬配備 18.08.13:由良内〜哨戒〜 18.08.15:海防電令作第40号:便宜由良内に帰投      〜08.15由良内 18.08.18:由良内〜市江哨戒〜08.21由良内 18.08.22:由良内〜対潜聯合訓練・第六回単独訓練〜08.23由良内 18.08.24:由良内〜 18.08.25:海防信電令第19号:26日1830以後艦隊通過迄市江配置      〜市江哨戒〜08.30由良内 18.09.03:由良内〜市江哨戒〜09.05由良内 18.09.05:由良内〜市江哨戒〜09.10由良内 18.09.12:由良内〜哨戒〜09.13対潜訓練〜09.14哨戒〜09.15由良内 18.09.19:由良内〜市江哨戒〜09.22由良内 18.09.23:由良内〜機雷敷設警戒〜09.23由良内 18.09.25:由良内〜市江哨戒〜09.27由良内 18.09.29:由良内〜市江哨戒〜10.01由良内 18.10.01:海防電令作第44号:由良内にて補給 18.10.03:由良内〜市江哨戒〜10.06由良内 18.10.10:由良内〜市江哨戒〜 18.10.12:海防機密第121420番電:配備艇は瀬戸崎沖より新宮沖まで      第8012船団のリレー式直接護衛      〜第8012船団護衛〜10.13由良内 18.10.15:由良内〜市江哨戒〜 18.10.17:海防機密第171430番電:配備艇は瀬戸崎沖より新宮沖まで      第8017甲、第8017乙船団のリレー式直接護衛      〜第8017船団護衛〜10.18由良内 18.10.22:由良内〜市江哨戒〜 18.10.24:海防機密第241610番電:配備艇は瀬戸崎沖より新宮沖まで      第8024乙船団、「千早丸」のリレー式それぞれ直接護衛      〜第8024船団護衛〜10.25由良内 18.10.27:由良内〜市江哨戒〜 18.10.27:海防機密第271215番電:配備艇は新宮沖より瀬戸崎沖まで      第7026船団のリレー式直接護衛 18.10.27:海防機密第271710番電:配備艇はK沖より新宮沖まで      第8027船団のリレー式直接護衛      〜第8027船団護衛〜 18.10.28:海防機密第281610番電:配備艇は瀬戸崎沖より新宮沖まで      第8028船団のリレー式直接護衛 18.10.28:海防機密第281805番電:配備艇は出来るだけの      「三池丸」のリレー式直接護衛      〜10.30由良内 18.11.04:由良内〜対潜訓練〜11.04由良内 18.11.05:由良内〜市江哨戒〜 18.11.07:海防機密第071059番電:配備艇は8日「千歳」「初春」「初霜」の護衛警戒      〜11.08由良内 18.11.13:由良内〜市江哨戒〜11.16由良内 18.11.18:由良内〜市江哨戒〜 18.11.19:海防機密第191920番電:配備艇は潮岬沖より新宮沖まで      第8119船団のリレー式直接護衛 18.11.20:海防機密第201930番電:配備艇はK沖より新宮沖まで      第8120乙船団のリレー式直接護衛      〜第8120船団護衛〜11.21由良内 18.11.23:由良内〜水測訓練〜11.23由良内 18.11.25:由良内〜 18.11.25:海防機密第251900番電:配備艇はK沖より新宮沖まで      第8125船団のリレー式直接護衛      〜第8125船団護衛〜市江哨戒〜 18.11.26:海防機密第261657番電:配備艇はK沖より新宮沖まで      第8126船団のリレー式直接護衛 18.11.27:海防機密第271645番電:配備艇はK沖より新宮沖まで      第8127船団のリレー式直接護衛      〜第8127船団護衛〜11.28由良内 18.11.29:由良内〜大島・室戸、電操艇力試験〜11.30由良内 18.12.03:由良内〜対潜訓練〜12.03由良内 18.12.07:由良内〜市江哨戒〜 18.12.07:海防機密第071745番電:配備艇は瀬戸崎沖より新宮沖まで      第8207船団をリレー式直接護衛 18.12.08:海防機密第081605番電:配備艇は瀬戸崎沖より新宮沖まで出来うる限り      「大鳥山丸」及び第8208船団をそれぞれリレー式直接護衛 18.12.09:海防機密第091740番電:配備艇は瀬戸崎沖より新宮沖まで      第8209船団をリレー式直接護衛      〜12.10由良内 18.12.--:驅潜艇長:海軍少尉 坂井 光平 18.12.13:神崎艇長退任 18.12.13:坂井艇長着任 18.12.15:由良内〜市江哨戒〜12.16由良内 18.12.19:由良内〜市江哨戒〜 18.12.19:海防機密第910番電:瀬戸崎沖より新宮沖まで      第8219甲及び乙船団をリレー式直接護衛 18.12.20:海防機密第753番電:配備艇は瀬戸崎沖より新宮沖まで      第8220乙船団をリレー式直接護衛 18.12.21:海防機密第141番電:配備艇は瀬戸崎沖より新宮沖まで      第8221船団をリレー式直接護衛 18.12.22:海防機密第221701番電:配備艇は瀬戸崎沖より新宮沖まで      第8222船団を直接護衛      〜12.22由良内 18.12.23:驅潜艇長:海軍少尉 小林 強太郎 18.12.23:小林艇長着任 18.12.25:海防電令作第9号:準備出来次第出港、掃蕩に関して第三十二掃海隊司令の指揮下 18.12.25:第32掃海隊機密第250635番電:「第二十一號」「第二十二號」掃海特務艇と合同、      潮岬の180度線以西の掃蕩に従事せよ 18.12.25:由良内〜      〜1400 江須崎着、江須崎潮岬距岸7浬間を掃蕩〜 18.12.25:第32掃海隊機密第251710番電:商船航路に重点を置き掃蕩し、      船団通過の際は直接(間接)護衛せよ 18.12.25:海防電令作第55号:26日友ヶ島水道付近まで"Havelland"を護衛 18.12.26:那智丸機密第261045番電:"Havellland"出港延期      〜第32掃海隊機密第251710番電の如く行動〜 18.12.26:坂井艇長退任 18.12.27:海防電令作第59号:適宜索敵を打切り"Havelland"を護衛 18.12.27:第32掃海隊機密第271455番電:潮岬の180度以西15浬圏内を索敵攻撃      〜1530 "Havelland"の護衛に就く〜      〜1600 周参見通過〜      〜1605 "Havelland"直衛〜      〜2130 "Havelland"曳航中の曳船1隻の曳策切断により瀬戸崎付近哨戒〜 18.12.28:0830 日ノ御崎の120度5浬〜 〜0920 御坊錨地に避泊〜 18.12.29:0700 "Havelland"出港、友ヶ島水道まで護衛開始〜      〜1200 友ヶ島灯台の190度2浬にて護衛終了〜 18.12.31:0825 対潜掃蕩中〜 18.12.31:海防信電令作第62号:「君川丸」の警戒任務、「第九日東丸」到着後市江配備 18.12.31:海防電令作第63号:田辺にて補給待機      〜12.31田辺 19.01.03:市江〜01.04市江 19.01.06:市江〜01.16大阪 19.01.17:木津川船渠にて入渠修理工事着手 19.02.01:軍隊区分:機密大阪警備府命令作第1号(01.20附):海面防備部隊紀伊水道部隊 19.02.14:木津川船渠にて修理工事完成 19.02.19:大阪〜02.23由良内 19.02.26:由良内〜02.29由良内 19.03.04:由良内〜03.12江須崎03.17〜03.18江須崎03.31〜04.02由良内
19.04.01:海防機密第011438番電:2日0800哨区を徹し由良内に帰投せよ 19.04.06:由良内〜江須崎哨戒〜04.10由良内 19.04.11:由良内〜04.14由良内 19.04.16:由良内〜江須崎哨戒〜04.19由良内 19.04.23:海防電令作第8号:即時待機 19.04.23:海防信電令作第10号:「第二十一號」掃海特務艇と任務交代 19.04.23:由良内〜 19.04.25:海防信電令第7号:第一護衛法別法第三掃蕩配備:丁哨区配備 19.04.26:海防信電令第8号:第一掃蕩配備 19.04.26:海防機密第260910号:市江崎の215度4浬に急行、敵潜を攻撃せよ 19.04.26:海防電令第4号:1800以降、安宅配備掃蕩哨戒 19.04.27:1120 対潜戦闘:爆雷攻撃3個後、機関故障〜      〜1130 機関復旧、対潜戦闘中〜      〜1200 第2回攻撃、計10個(残弾2)、補給の為、串本に向う〜 19.04.27:海防機密第271527番電:潮岬の170度10浬「もんとりいる丸」被雷現場の対潜掃蕩任務 19.04.27:海防電令第6号:1800以後特令後、第一掃蕩隊安宅配備掃蕩哨戒 19.04.27:海防機密第271815番電:海防機密第271527番電取消し、安宅配備に就け      〜2030 1930以後、安宅配備に復帰〜 19.04.28:海防機密第280655番電:周参見配備に就け      〜0800 周参見配備に就く〜      〜1210 1230以後、周参見配備に復帰〜 19.04.29:海防機密第290800番電:由良内に回航補給せよ      〜04.29由良内 19.04.29:海防機密第291940番電:04.30 0800由良内発安宅配備  19.04.30:由良内〜 19.04.30:海防電令第7号:第一護衛法別法第三掃蕩配備:江須崎配備      〜安宅配備対潜掃蕩〜05.03由良内 19.05.05:由良内〜 19.05.05:海防機密第051735番電:H線以東I線以西距岸10浬圏内対潜掃蕩 19.05.07:海防機密第071540番電:安宅配備      〜1545護衛任務終了、受持哨区に就く〜 19.05.10:海防機密第101138番電:第一護衛法別法第三掃蕩配備:由良内に帰投せよ      〜05.10由良内 19.05.--:驅潜艇長:海軍少尉 山西 春松 19.05.11:海防機密第111826番電:05.12 市江崎梶取崎間      第8510乙船団直接護衛、護衛終了後、安宅配備 19.05.12:由良内〜甲哨区配備〜05.13周参見 19.05.13:修理 19.05.14:周参見〜 19.05.14:海防機密第141652番電:市江崎梶取崎間      「第二十五南進丸」直接護衛 19.05.14:海防機密第142115番電:「第二十五南進丸」直接護衛取消し 19.05.15:海防機密第151903番電:05.16 市江崎梶取崎間      第8515船団直接護衛、護衛終了後、潮岬配備 19.05.17:海防機密第171644番電:05.18 新宮市江崎間      第7515船団直接護衛、護衛終了後、由良内に回航補給      〜05.18由良内 19.05.19:海防機密第191832番電:05.20 特令ある迄、串本に派遣、      第三十二掃海隊司令の指揮を受け、第三海上護衛隊に協力
19.05.20:軍隊区分:第三海上護衛隊紀州部隊 19.05.26:第32掃海隊機密第261755番電:1900 掃蕩配備:江須崎5浬圏内 19.05.28:驅潜艇長:海軍兵曹長 野々部 信道 19.06.18:第32掃海隊機密第181850番電:1930以降掃蕩配備:江須崎市江崎間距岸10浬間掃蕩 19.06.25:軍隊区分:機密大阪警備府命令作第9号(06.20附):海面防備部隊 19.07.08:引本〜07.08引本 19.07.12:引本〜07.15串本 19.07.16:主機械主要部総分解検査(07.22まで) 19.07.23:串本〜07.25串本 19.07.29:串本〜08.27串本 19.08.04:勝浦船渠にて主機械クラッチ摩擦板を新替 19.08.21:紀州部隊機密第211445番電:信電令第22号:周参見沖の敵潜に対し第一掃蕩配備 19.08.22:第32掃海隊機密第220719番電:掃蕩配備:江須崎周参見間距岸8浬 19.09.01:串本〜09.30串本 19.10.01:軍隊区分:機密大阪警備府命令作第16号:削除
19.10.01:特設驅潜隊編制:内令第1139号:第百十二驅潜隊 19.10.01:戦時編制:横須賀鎮守府部隊第三海上護衛隊第百十二驅潜隊 19.10.01:阪警信電令第127号:準備出来次第、第百十二驅潜隊を串本港に回航 19.10.02:串本〜10.29大阪 19.10.29:木津川船渠にて修理工事開始 19.11.15:木津川船渠にて修理工事完成 19.11.15:大阪〜11.23串本 19.12.03:串本〜01.07串本 20.01.20:串本〜 20.01.15:木津川船渠にて修理工事(02.10まで予定)
20.04.15:戦時編制:大海幕機密第608号ノ234:横須賀鎮守府部隊第四特攻戦隊第百十二驅潜隊 20.04.19:112驅潜隊司令1230発:掃蕩区分:市江崎の10浬圏内225度以西 20.07.10:除籍:内令第624号(08.02:除籍取消) 20.07.15:特設驅潜隊編制:内令第646号:特設驅潜隊編制を廃止
20.07.15:内令第647号:伊勢防備隊所属
20.08.15:残存? 20.11.29:除籍:(第281841番電にて予定) --.--.--:解傭 

同型船

 第九日東丸第十日東丸第十一日東丸第十二日東丸第十三日東丸

兵装

(16.12)
 毘式十二粍単装機銃1基、
 九四式投射機1基、爆雷手動投下台一型1基、爆雷、
 吊下式K型水中聴音機1組。

(19.05.31現在)
 毘式十二粍単装機銃1基、
 九四式投射機1基、爆雷手動投下台一型1基、爆雷、
 探信儀1基。

(19.07.31現在)
 十三粍単装機銃1基、
 九四式投射機1基、爆雷手動投下台一型1基、爆雷、
 探信儀1基。

写真資料

 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編

備考

「太平洋戦争特設艦艇史」では沈没位置がN34.03-E130.50(関門六連島北西四粁付近)とされておりますが、本艇は当時和歌山県市江崎沖で対潜掃蕩に従事しており九州方面にはおりません。「特設艦船被害表」には緯度経度の情報のみが記載されており具体的な地名が記載されておりません。各種の2次資料はおそらくこの「特設艦船被害表」の誤った緯度経度に基づいて地名を特定しているものと思われます。紀伊防備隊戦時日誌(JACAR:C08030431400)に「第二十一號」掃海特務艇の発した本艇に関する電文が掲載されております。(2012.08.24追記)沈没したのは第97號驅潜特務艇で本船は救助した側でした。また、20.07.10に除籍されたものの08.02の公報でこの記述が削除され、07.15附で伊勢防備隊に転属となっていることが判明しました。これにより除籍日を22.05.03に訂正しました。


前の艇へ ← 特設驅潜艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る