雄島の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 14.08.12:官房第4260号:       命名:雑役船「雄島」(ヲシマ)       船種:救難船兼曳船(八百瓲)       所属:舞鶴海軍港務部、定数別: 15.01.23:信号符字點付:達第15号:JQVD 15.05.23:進水 16.12.01:信号符字改正:達第369号:JKKQ 17.02.28:竣工
17.03.04:官房機密第2697号:救難船借用の件訓令(第四艦隊へ) 17.04.14:舞鶴〜04.16佐世保 17.04.15:第四艦隊機密第383番電:武装の件 17.04.21:佐世保〜サイパン
17.04.23:軍隊区分:機密南洋部隊命令作第13号:MO攻略部隊 17.04.23:軍隊区分:機密MO攻略部隊命令作第1号:RZP攻略部隊 17.04.26:軍隊区分:機密RZP攻略部隊命令作第1号:附属 17.04.30:RZP攻略部隊電令第3号:       雄島は急速ラバウルに進出すべし、着予定期日知らせ 17.04.--:サイパン〜05.04トラック 17.05.04:南洋部隊電令作第171号:1200第六兵力部署(乙)発令 17.05.05:MO攻略部隊電令作第2号:      1.雄島はラバウル進出後特令する迄同地に在りて待機すべし 17.05.07:トラック〜
17.05.10:軍隊区分:南洋部隊電令作第178号:主隊 17.05.11:軍隊区分:南洋部隊電令作第181号:MO攻略部隊 17.05.11:MO攻略部隊電令作第14号:      2.第十八戦隊司令官は第十八戦隊(龍田欠)、加古、第三十驅逐隊第一小隊、雄島を指揮し        沖島救難作業に従事すべし      〜05.12クインカロラ 17.05.12:第十八戦隊機密第255番電:      1.今朝来天龍作業員及び望月を以て雄島の離礁曳艦作業中なるも未だ成功せず      2.現在の処船体異常を認めず      3.差当り加古を以て離礁作業を続行せしめ第十八戦隊(龍田欠)、第三十驅逐隊第一小隊は        寶洋丸より重油満載、1700クインカロラ発、2200松榮丸現場着の予定 17.05.12:第十八戦隊信令第58号:      3.雄島は離礁後トラックに回航すべし  17.05.--:クインカロラ〜ラバウル 17.05.15:0545-0755 ラバウルにて特設運送船廣コ丸」に横付け、石炭搭載、重油補給 18.01.18:特設水上機母艦山陽丸」を曳航、夏島第二浮標へ転錨させる 18.02.--:軍隊区分:港内警戒隊 18.02.--:特設運送船白山丸」から石炭40t補給 18.02.17:(「春雨」を曳航)ウエワク〜02.23トラック 18.03.08:特設運送船日祐丸」救難作業 18.03.16:トラック〜03.18カビエン 18.04.14:トラック〜      〜04.16 驅逐艦「陽炎」、同「K潮」が船団と分離〜      〜04.18カビエン 18.07.--:軍隊区分:機密カロリン方面防備部隊命令作第22号:トラック港内警戒隊
18.10.07:沈没 --.--.--:除籍
喪失場所:S.-E. トラック諸島夏島錨地 喪失原因:特設運送船菊川丸」の火災事故の巻き添え

同型船

 立~長浦

兵装

(開戦時)
 十三粍二聯装機銃1基、六十糎探照燈1基。
()
 二十五粍単装機銃2基、爆雷6個、六十糎探照燈1基。

写真資料

 なし

前の船へ ← 救難船兼曳船 → 次の船へ

Homeへ戻る