竹生の艦歴

 年 月 日:艦歴

19.09.08:起工、仮称艦名:第5253號艦 19.10.05:命名:達第341号:「竹生」(チクブ) 19.10.05:本籍仮定:内令第1150号:佐世保鎮守府 19.10.05:類別等級制定:内令第1148号:種別:海防艦、艦型:御藏型 19.11.24:進水 19.11.30:艤装員事務所を浦賀船渠株式會社浦賀造船所内に設置し事務を開始 19.12.10:艤装員長:海軍少佐 松島 卓男 19.12.31:竣工、艤装員事務所を撤去 19.12.31:本籍:内令第1394号:佐世保鎮守府、役務:警備海防艦 19.12.31:海防艦長:海軍少佐 松島 卓男
19.12.31:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊 20.01.17:1300 江須埼通過西航(予定)
20.02.26:戦時編制:大海幕機密第608号ノ206:海上護衛総司令部第一護衛艦隊 20.02.27:佐世保〜02.28呉 20.02.28:呉海軍工廠にて船体兵器機関の修理整備(03.01まで) 20.03.--:艦隊区分:隊番号:40、艦船番号(6) 20.03.02:呉〜03.02門司 20.03.05:類別等級変更:内令第205号:種別:海防艦、艦型:鵜來型 20.03.12:門司〜03.12六連 20.03.15:六連〜03.15門司03.16〜03.16六連 20.03.16:(モタ43船団護衛)六連〜      〜03.19 0300(N33.10-E122.14)特設運送船筥崎丸」被雷沈没、敵潜掃蕩〜      〜03.19 1457(N33.07-E122.05)特設運送船辰春丸」被雷小破〜      〜03.21泗礁山 20.03.22:(モタ43船団護衛)泗礁山〜03.23馬祖山03.24〜03.24福瑤門03.25〜03.26基隆
20.04.25:戦時編制:海上護衛総司令部第一護衛艦隊第二十二海防隊 20.04.25:海防隊編制:内令第356号:第二十二海防隊 20.04.25:小隊区分:第三小隊(7) 20.04.25:軍隊区分:第三哨戒部隊電令第22号:第十哨戒隊 20.04.29:小隊区分:第三小隊(5) 20.05.05:軍隊区分:第一護衛艦隊電令作第50号(05.01附):鮮南哨戒部隊第三哨戒部隊 20.05.10:第三哨戒部隊信電令作第25号:       竹生は直に出動、北緯33度56分東経126度31分、崎戸の探知せる敵潜を崎戸、對馬と共同       撃滅すべし 20.06.01:軍隊区分:第一護衛艦隊電令作第72号(05.27附):鮮南方面海防部隊 20.06.01:軍隊区分:鮮南方面海防部隊電令作第1号:護衛部隊 20.08.--:樽内50船団護衛〜      〜08.14新潟 20.08.25:役務:内令第747号:第一豫備海防艦 20.12.01:除籍
20.12.01:入籍:内令第5号:掃海艦、佐世保地方復員局所管 20.12.01:所属:内令第7号:佐世保地方復員局 20.12.01:艦長:第二復員官 松島 卓男 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅) 21.04.01:艦長:第二復員事務官 松島 卓男 21.06.10:艦長:欠員 21.07.10:所属:復二第72号:大竹掃海部 21.07.10:復二第79号:当分の間掃海母艦と呼称、定員を置かない 22.03.05:艦長:復員事務官 池端 鉄郎 22.06.26:所属:復二第460号:大竹掃海部より削る
22.06.26:移籍:復二第462号:特別輸送艦、佐世保地方復員局所管、特別保管艦に指定 22.06.26:艦長:復員事務官 宇田 廣美 22.09.10:艦長:復員事務官 山名 寛雄 22.11.01:除籍:復二第799号
22.11.01:内務省に移管 24.07.01:電気通信省告示第43号(09.03附):無線電信取扱所設置       位置:中央気象台長所属汽船「竹生丸」、呼出符号:JAWX、定繋港:東京 --.--.--:改名:「あつみ丸」(昭和32年度版日本船名録で「あつみ」に変更) 29.01.01:海上保安庁、横浜海上保安部配属 29.04.13:信号符字點付:運輸省告示第255号(06.26附):JDRU、船名:「あつみ」、       船舶番号:71777、総噸数:867、船主:大蔵省、理由:旧艦艇より編入 29.05.01:就役:海上保安庁告示第5号(04.16附):巡視船「あつみ」(PL-103)      船舶番号:71777、信号符字:JDRU、船主:運輸省、船籍港:東京、       登録総噸数:897、登録純噸数:297、登録長:72.5、登録幅9.1、登録深さ:5.3
37.04.10:解役:海上保安庁告示第80号(04.11附)

同型艦

 鵜來沖繩奄美粟國新南稻木註゚男鹿金輪宇久高根久賀志賀伊王屋久~津保高伊唐生野蔚美室津

兵装

(計画時)
 四十五口径十二糎聯装高角砲A型改三1門、四十五口径十二糎高角砲B型改二1門、
 二十五粍三聯装機銃2基、九六式軽機銃2挺、一四式拳銃25丁、九九式小銃50挺、
 九六式三米測距儀1基、九六式六十六糎測距儀1基、
 九三式水中聴音機1基、九三式探信儀一型1基、須式七十五糎探照燈四型改一1基、
 九四式投射機2基又は仮称三式投射機16基、爆雷装填台三型2基又は地下軌道、
 九五式爆雷120個、
 単艦式大掃海具1組又はなし、水中処分具一型2基。

写真資料

 雑誌「世界の艦船」海人社 2003年7月号増刊「海上保安庁全船艇史」(P.73)
 雑誌「世界の艦船」海人社 1996年2月号増刊「日本海軍護衛艦艇史」(P.27)
 雑誌「世界の艦船」海人社 2017年12月号増刊「日本海軍護衛艦艇史」(P.27)
 雑誌「丸スペシャル」潮書房 No.28「海防艦」(P.35)
 「残存帝国艦艇」図書出版社 S47.12 木俣慈郎(P.78-79)
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫(2294)
 「終戦と帝国艦艇」光人社 H23.01 福井静夫(111,139)

前の艦へ ← 海防艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る