花咲丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 M38.10.30:進水、命名:Gisla M38.12.--:竣工、船主:Brødrene Biørnstad、船籍港:Christiania、      登録総噸数:1,570、登録純噸数:974、登録長:235.0呎、登録幅:35.2呎
M39.04.26:改名:花咲丸、      船主:日本郵船株式會社、船籍港:東京、船舶番号:9999、      登録総噸数:1,570、登録純噸数:973、      登録長:240.20尺、登録幅:33.60尺、登録深さ:20.37尺に変更       T04.--.--:登録総噸数:1,464、登録純噸数:889、      登録長:235.0呎、登録幅:35.0呎、登録深さ:22.7呎に変更 T05.--.--:登録純噸数:892に変更
T06.12.01:日本郵船株式會社と南洋占領各群島間における海軍用運送契約:枝線航路 T06.12.04:官房第3715号:設備施行通牒      1. 一等船客5名、二等船客3名移乗を収容する客室      2. 前項以外必要に応じ軍医官室に充てる為、一等客室1室を準備      3. 豫備室を病室(2床)及医務室兼薬剤室(看護用1床、ソファー、診察台、鎖鍮附薬棚、        書籍格納所を備える)に充てること      4. 隔離室(2床)を設け専用の便所を附属      5. 軍用通信吏室及郵便物格納所設置      6. 38名以上を収容し得る三等客室を新設 7. 手荷物置場を設置      8. 氷箱及野菜庫を新設      9. 上甲板に活牛3頭の繋留場を設備   10.五噸デリックを新設 T06.12.05:官房第3719号:南洋交通船花咲丸の行動及海軍に関する輸送業務其の他の細目に就ては      所属運送船に準じ横須賀鎮守府司令長官は之が指示を為し又輸送手続等に関しては      適用し得る限り海運取扱規程に準拠する T06.12.10:通牒:経船第62号 T07.--.--:登録総噸数:1,456、登録純噸数:847に変更 T07.01.08:(第1回)横浜〜01.08横須賀01.10〜01.16サイパン01.17〜01.20トラック T07.01.24:(第1回西廻)トラック〜01.28ヤップ01.29〜01.30パラオ01.31〜01.31アンガウル02.01〜      〜02.01パラオ02.02〜02.04ヤップ02.04〜02.06ウオレア02.07〜02.10トラック T07.02.13:(第1回東廻)トラック〜02.15ポナペ02.16〜02.18クサイ02.18〜02.20ヤルート02.22〜      〜02.24クサイ02.24〜02.26ポナペ02.26〜02.28トラック T07.03.05:(第2回西廻)トラック〜03.09ヤップ03.10〜03.11パラオ03.12〜03.12アンガウル03.13〜      〜03.13パラオ03.14〜03.15ヤップ03.16〜03.21トラック T07.03.24:(第2回東廻)トラック〜03.26ポナペ(二番浮標)03.26〜      〜03.26 1607 ポナペ港内W立標北部にて座礁〜      〜03.27 0206 自力離礁〜      〜03.27 1430 出港〜      〜03.29クサイ03.29〜03.31ヤルート04.01〜      〜04.03クサイ04.03〜04.05ポナペ04.05〜04.07モルトロック04.07〜04.08トラック T07.04.13:(第3回東廻)トラック〜04.15ポナペ04.18〜04.20クサイ04.20〜04.22ヤルート04.23〜      〜04.25クサイ04.25〜04.27ポナペ04.27〜04.29トラック T07.05.03:(第3回西廻)トラック〜05.07ヤップ05.08〜05.09パラオ05.10〜05.10アンガウル05.12〜      〜05.13パラオ05.13〜05.15ヤップ05.15〜05.17ウオレア05.17〜05.20トラック T07.05.28:(第4回西廻)トラック〜06.01ヤップ06.02〜06.03パラオ06.05〜06.05アンガウル06.07〜      〜06.07パラオ06.07〜06.09ヤップ06.09〜06.14トラック T07.06.17:(第4回東廻)トラック〜06.19ポナペ06.19〜06.21クサイ06.21〜06.23ヤルート06.23〜      〜06.26クサイ06.26〜06.28ポナペ06.28〜06.30モルトロック06.30〜06.30トラック T07.07.08:(第5回東廻)トラック〜07.10ポナペ07.11〜07.14クサイ07.14〜07.16ヤルート07.18〜       〜07.20クサイ07.20〜07.22ポナペ07.22〜07.24トラック T07.07.28:(第5回西廻)トラック〜08.01ヤップ08.02〜08.04パラオ08.05〜08.10アンガウル08.11〜       〜08.12パラオ08.12〜08.12ヤップ08.12〜08.14ウオレア08.14〜08.19トラック T07.08.24:(第6回東廻)トラック〜08.26ポナペ08.27〜08.29クサイ08.29〜08.31ヤルート09.01〜       〜09.04クサイ09.04〜09.06ポナペ09.06〜モルトロック〜09.09トラック T07.09.14:(第6回西廻)トラック〜09.19ヤップ09.20〜09.22パラオ09.24〜09.24アンガウル09.24〜       〜09.25パラオ09.26〜09.27ヤップ09.28〜10.02トラック T07.10.09:(第7回東廻)トラック〜10.11ポナペ10.12〜10.14クサイ10.14〜10.16ヤルート10.18〜       〜10.21クサイ10.21〜10.23ポナペ10.23〜10.25トラック T07.10.28:(第7回西廻)トラック〜11.02ヤップ11.02〜11.04パラオ11.04〜11.05アンガウル11.06〜       〜11.06パラオ11.07〜11.09ヤップ〜ウオレア〜11.14トラック T07.11.18:(第8回東廻)トラック〜11.20ポナペ11.20〜クサイ〜11.24ヤルート11.26〜       〜クサイ〜11.30ポナペ11.30〜モルトロック〜12.03トラック T07.12.06:(第8回西廻)トラック〜12.10ヤップ12.12〜12.13パラオ12.14〜12.14アンガウル12.17〜       〜12.17パラオ12.17〜12.19ヤップ12.19〜12.23トラック T07.12.28:(第8回)トラック〜01.07横浜 T08.01.--:定期検査 T08.01.29:機関故障 T08.02.05:(第9回)横浜〜サイパン〜02.17トラック T08.02.--:航行中切断墜落した補助缶の煙突修理 T08.02.23:(第9回東廻)トラック〜02.25ポナペ02.26〜02.28クサイ02.28〜03.03ヤルート03.05〜      〜03.07クサイ03.07〜03.09ポナペ03.09〜03.12トラック T08.03.16:(第9回西廻)トラック〜03.20ヤップ03.21〜03.22パラオ03.23〜03.23アンガウル03.24〜      〜03.24パラオ03.25〜03.27ヤップ03.27〜04.01トラック T08.04.06:(第10回東廻)トラック〜04.08ポナペ04.09〜04.11クサイ04.11〜04.14ヤルート04.16〜      〜04.18クサイ04.18〜04.20ポナペ04.20〜04.22トラック T08.04.25:(第10回西廻)トラック〜04.29ヤップ04.30〜05.01パラオ05.02〜05.02アンガウル05.03〜      〜05.03パラオ05.03〜05.05ヤップ05.05〜05.11トラック T08.05.16:(第11回東廻)トラック〜05.18ポナペ05.19〜05.21クサイ05.21〜05.24ヤルート05.26〜      〜05.28クサイ05.28〜05.30ポナペ05.30〜モルトロック〜06.02トラック T08.06.05:(第11回西廻)トラック〜06.09ヤップ06.10〜06.11パラオ06.12〜06.12アンガウル06.12〜      〜06.13パラオ06.14〜06.15ヤップ06.15〜06.20トラック T08.06.28:(第12回西廻)トラック〜07.02ヤップ07.04〜07.05パラオ07.06〜07.06アンガウル07.07〜      〜07.07パラオ07.08〜07.09ヤップ07.11〜ウオレア〜07.16トラック T08.07.19:(第12回東廻)トラック〜ポナペ〜クサイ〜ヤルート〜      〜クサイ〜ポナペ〜08.04トラック T08.08.09:(第13回東廻)トラック〜ポナペ〜クサイ〜ヤルート〜      〜クサイ〜ヤルート〜クサイ〜ポナペ〜モルトロック〜08.24トラック T08.08.28:(第13回西廻)トラック〜ヤップ〜パラオ〜アンガウル〜      〜パラオ〜ヤップ〜09.15トラック T08.09.25:(第14回東廻)トラック〜09.27ポナペ09.28〜09.30クサイ09.30〜10.02ヤルート10.04〜      〜10.06クサイ10.06〜10.08ポナペ10.08〜10.10トラック T08.10.13:(第14回西廻)トラック〜10.17ヤップ10.18〜10.20パラオ10.23〜10.23アンガウル10.25〜      〜10.25パラオ10.25〜10.27ヤップ10.28〜10.30ウオレア10.30〜11.02トラック T08.11.10:(第15回東廻)トラック〜ポナペ〜クサイ〜ヤルート〜      〜クサイ〜ポナペ〜11.25トラック T08.11.28:(第15回西廻)トラック〜ヤップ〜パラオ〜アンガウル〜      〜パラオ〜ヤップ〜12.13トラック T08.12.18:(第16回東廻)トラック〜ポナペ〜クサイ〜ヤルート〜      〜クサイ〜ポナペ〜01.02トラック T09.01.06:(第16回)トラック〜サイパン〜横浜 T09.01.--:定期検査
T09.07.19:官房機密第956号:「花咲丸」徴傭を舞鶴鎮守府に訓令 T09.07.19:官房機密第956号ノ2:「花咲丸」徴傭を陸軍大臣へ通牒 T09.07.19:官房機密第956号ノ3:「花咲丸」徴傭を日本郵船株式會社へ通牒
T09.07.19:入籍:内令(2)第239号:特設運送船(雑用船)、舞鶴鎮守府所管、舞鶴鎮守府所属 T09.07.20:日本郵船株式會社と傭船契約締結:大正09年07月22日までに神戸港又大阪港に於て      積荷悉皆陸揚を終り航海準備を整え舞鶴軍港に向け出帆の日より使用      〜07.21神戸 T09.07.21:メインボイラー不良箇所修繕 T09.07.27:通牒:経船第10号 T09.07.27:官房機密第956号ノ5:監督官を置かず T09.07.27:汽缶故障により出帆延期 T09.07.28:神戸〜汽缶故障〜07.28神戸 T09.07.28:日本郵船株式會社と傭船契約更改:「第二養老丸」に変更 T09.07.29:汽缶故障続出の為「第二養老丸」を徴用することを舞鶴鎮守府に電報 T09.08.02:官房機密第956号ノ7:官房機密第956号訓令中「花咲丸」を「第二養老丸」に変更 T09.08.02:官房機密第956号ノ8:官房機密第956号ノ2通牒中「花咲丸」を「第二養老丸」に変更 T09.08.02:官房機密第956号ノ9:官房機密第956号ノ3通牒中「花咲丸」を「第二養老丸」に変更 T09.08.--:除籍:内令第---号
T09.--.--:登録総噸数:1,456、登録純噸数:860に変更 T11.--.--:登録総噸数:1,463、登録純噸数:882に変更 T12.03.31:船主:近海郵船株式會社に変更      〜06.20小樽
T12.06.21:徴傭:陸軍 T12.10.01:陸410号:耐氷工事認可 T12.10.--:函館船渠株式會社にて耐氷工事施行 T12.10.--:小樽〜 T13.01.22:西2号:蒸気還元装置拙著の件指令      〜01.25小樽 T13.02.06:函館船渠株式會社にて入渠 T13.02.07:陸58号:耐氷増加工事の件認可 T13.02.12:陸63号:耐氷増加工事変更の件認可 T13.05.04:小樽〜05.20亞港 T13.05.21:亞港〜 T13.06.--:薩哈嗹歩兵第二大隊第七中隊、同鉄道電信隊乗船 T13.06.05:亞港〜 T13.08.16:函館船渠株式會社にて入渠、修繕(08.21まで) T13.10.27:小樽〜10.31函館10.31〜青森 T13.12.03:函館船渠株式會社にて耐氷増加工事 T13.12.17:工事完成 T--.--.--:解傭
14.08.16:船主:日本郵船株式會社、登録純噸数:879に変更
18.10.07:室蘭〜      〜10.07 1140(N42.13-E140.50)「惠須取丸」が敵潜望鏡を発見し砲撃5発〜 17.05.18:徴傭:船舶運營會 19.06.12:水雷部隊電令作第3号:      3.キ三〇四船団(第二高運丸、花咲丸、日鵬丸、古城丸)は15日午前中に稚内に回航すべし 19.06.16:(キ304船団)小樽〜      〜06.16 第一水雷戦隊機密第161406番電(宗谷岬の30度10浬に敵潜)に依り反転〜      〜小樽 19.07.14:(ヲ404船団)片岡〜      〜07.14 夕刻 一般徴傭船日鵬丸」が機関故障のため分離独航〜      〜07.18小樽      〜08.02稚内 19.08.05:(キ104船団)稚内〜片岡 20.02.--:雑貨864t搭載 20.02.02:七尾〜02.07清津 20.02.--:銅片335t搭載 20.02.09:清津〜02.09羅津 20.02.--:大豆粕1,097t搭載 20.02.12:羅津〜02.15伏木 20.02.--:雑貨440t搭載 20.02.23:伏木〜02.23七尾 20.02.26:七尾〜02.28清津 20.03.--:銅片330t搭載 20.03.02:清津〜03.02羅津 20.03.--:大豆粕1,126t搭載 20.03.06:羅津〜03.10伏木 20.03.--:雑貨484t搭載 20.03.17:伏木〜03.17七尾 20.03.--:雑貨302t搭載 20.03.19:七尾〜03.21清津 20.03.--:雑貨400t搭載 20.03.26:清津〜03.26羅津 20.03.29:羅津〜04.01七尾 20.04.--:雑貨772t搭載 20.04.10:七尾〜04.10伏木 20.04.11:伏木〜04.14清津 20.04.--:銑鉄315t搭載 20.04.15:清津〜04.15羅津 20.04.--:大豆1,155t搭載 20.04.18:羅津〜04.21七尾 20.04.--:雑貨460t搭載 20.04.27:七尾〜04.28輪島 20.04.29:輪島〜04.29七尾 20.04.--:解傭
20.06.19:(第1903船団)七尾〜      〜06.19 0615 「坤山丸」被雷〜      〜06.19七尾 20.07.14:米第38機動部隊艦載機の空襲により函館で損傷
20.08.15:残存

同型船

 小樽丸

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本郵船船舶100年史」(P.126)
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第十八巻(P.50)
 「日本郵船戦時戦史下巻」S46.05 日本郵船株式会社(P.396)

前の船へ ← 特設運送船-大正期 → 次の船へ

Homeへ戻る