春陽丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 T05.10.--:進水、命名:春陽丸 T--.--.--:竣工、船主:山本善吉、船籍港:尼崎、登録総噸数:805、登録純噸数:542
T06.--.--:登録総噸数:808、登録純噸数:545に変更 T07.--.--:船主:株式會社八巻商店に変更 T09.05.10:日本郵船株式會社と傭船契約締結:大正09年05月11日までに熱田港に於て積荷悉皆陸揚を終り      航海準備を整え横須賀軍港に向け出帆の日より使用
T09.05.10:入籍:内令第144号:特設運送船(給炭船)、横須賀鎮守府所管、第三艦隊所属 T09.05.10:第三艦隊法令第19号:第三艦隊特務隊 T09.05.10:監督官:海軍大尉 寺垣 孝三 T09.05.13:徴傭授受 T09.05.13:寺垣大尉着任 T09.05.14:艤装工事着手       船橋点滅信号燈新設       後部船艙の一隅に兵員室四人分を新設       前部船員室、下部会食堂、兵員室の四箇所に消火器台を新設       兵員室にストーブ1個新設       デリック、ワイヤーを取換      大皷型四噸浮標9個附属具共、水雷缶球型浮標10個附属具共、位置浮標若干搭載      行動用和炭290t、同予備和炭100t、飲料水70t搭載、需品搭載 T09.05.15:(第1回)横須賀〜05.22加斯土里湾 T09.05.22:通牒:経船第5号 T09.05.23:0900 大型敷設艇「葦埼丸」に横付け球型水雷罐10個卸方 T09.05.24:軍艦「敷島」に横付け航路標識用大皷型二噸浮標及附属具繋留用具全部を搭載 T09.05.26:軍艦「千早」より小銃6挺受領 T09.05.28:加斯土里湾〜      〜05.28 間宮海峡一番より七番迄浮標設置〜      〜05.28ラザレバ岬沖 T09.05.29:ラザレバ岬沖〜      〜05.28 間宮海峡八番より十七番迄浮標設置〜      〜05.29ジャオレ岬沖 T09.05.29:軍艦「敷島」艦載水雷艇に缶水及糧食補給、船尾に繋留 T09.05.30:缶水、雑用水15t搭載      軍艦「敷島」艦載水雷艇に缶水及糧食補給、船尾に繋留 T09.05.31:ジャオレ岬沖〜      〜05.31 間宮海峡十八番浮標設置〜      〜05.31フジ沖 T09.05.31:1500 大型敷設艇「葦埼丸」を横付け浮標設置材料転載 T09.06.04:特設運送船「多摩丸」より石炭搭載 T09.06.12:加斯土里湾〜06.15小樽 T09.06.18:(第2回)小樽〜06.21泥港〜亞港〜尼港 T09.07.03:尼港〜      〜07.03 0630頃 プロンゲ岬信号桿の北41度西2浬1鏈にて座礁〜      〜07.03 0652 敷設艇「葦埼」が曳卸開始〜      〜07.03 0730 船尾に曳索を取り曳卸しを試みるが失敗〜      〜07.03 0800 船首に曳索を取り曳卸しを試みるが失敗〜      〜07.03 0951 船尾に曳索を取り曳卸し〜      〜07.03 1000 離礁〜      〜07.03加斯土里湾 T09.07.05:0530 特設運送船多摩丸」に横付け   0540 特設運送船「多摩丸」より練炭搭載開始      2030 特設運送船「多摩丸」より練炭搭載中止460t T09.07.06:0600 特設運送船「多摩丸」より練炭搭載開始      1900 特設運送船「多摩丸」より練炭搭載終了340t      1930 横付け離す T09.07.07:加斯土里湾〜      〜07.07 1730 雑役船栗橋」に横付け、「栗橋」 より飲料水22t補給〜      〜07.07 間宮海峡十七番浮標付近 T09.07.08:間宮海峡十七番浮標付近〜      〜07.08 0900 驅逐艦「時雨」に会合〜      〜07.08 十六番浮上にて軍艦「千早」に会合〜      〜07.08 間宮海峡三十九番浮標付近 T09.07.09:間宮海峡三十九番浮標付近〜07.11ヱイリネヤ湾外07.12〜07.12ヱイリネヤ湾 T09.07.14:0700 軍艦「千早」に横付け      0750 軍艦「千早」に石炭補給開始      1230 軍艦「千早」に石炭補給終了150t      1300 横付け離す T09.07.16:ヱイリネヤ湾〜07.16オコツク T09.07.18:オコツク〜07.19アイアン付近07.20〜07.20アイアン T09.07.27:0500 軍艦「千早」に横付け      0600 軍艦「千早」に練炭補給開始      1130 軍艦「千早」に錬炭補給終了240t      1300 横付け離す      便乗者4名乗船 T09.07.--:アイアン〜07.28樺太水道北口07.29〜      〜07.29 0500 五十六番浮標にて驅逐艦「時雨」に会合、便乗者1名乗船〜      〜07.29ジャオレ岬沖 T09.07.29:驅逐艦「時雨」に練炭50t補給、河水15t搭載 T09.07.30:ジャオレ岬沖〜07.30亞港 T09.07.31:便乗者5名退船 T09.07.31:0600 特設運送船「多摩丸」に横付け      0700 特設運送船「多摩丸」より和炭搭載開始      1500 特設運送船「多摩丸」より和炭搭載終了100t      1600 横付け離す T09.07.31:便乗者9名乗船 T09.07.31:亞港〜08.05小樽 T09.08.11:(第3回)小樽〜08.13亞港〜尼港 T09.08.24:尼港〜08.24亞港 T09.08.29:特設運送船「多摩丸」より石炭100t、清水56t搭載 T09.08.30:亞港〜08.30泥港 T09.08.30:特設運送船「多摩丸」より石炭200t搭載 T09.08.31:泥港〜09.05ヱイリネヤ09.05〜09.05オコツク09.06〜09.09亞港 T09.09.--:亞港〜09.15小樽 T09.09.23:(第4回)小樽〜09.27亞港09.28〜09.28間宮海峡〜10.11亞港 T09.10.12:亞港〜10.15小樽10.16〜函館10.19〜10.22横須賀 T09.10.26:除籍:内令第411号ノ2 T09.10.--:解傭
T10.--.--:船主:株式會社野村商會に変更 T14.08.--:基隆〜      〜08.26 0300頃 珠江内セコンドバー付近にて座洲〜      〜08.28 離礁〜   〜08.28広東
03.07.08:座洲
喪失場所:福山沖 喪失原因:海難

同型船

 なし。

兵装

 要調査

写真資料

 「日本汽船件名録 第七版」(P.118)
 「日本汽船件名禄 第八版」(P.124)
 「日本汽船件名録 第九版」(P.118)
 「日本汽船件名録 第十版」(P.112)
 「日本汽船件名録 第十一版」(P.107)

前の船へ ← 特設艦船-大正期 → 次の船へ

Homeへ戻る