古城丸の船歴

 年 月 日:船歴

T--.--.--:起工 T14.09.05:進水、命名:古城丸  T14.11.--:竣工、登録総噸数:1,681、登録純噸数:956
04.--.--:登録総噸数:1,683、登録純噸数:956に変更 06.--.--:登録純噸数:952に変更 09.--.--:登録総噸数:1,688、登録純噸数:954に変更 12.--.--:登録総噸数:1,684、登録純噸数:955に変更 17.07.17:官房機密第8948号:商船用機銃貸与の件訓令       所属海軍軍需部をして在庫の左記兵器を別冊記載の商船用として各所管海軍警備隊に貸与せしむべし        記       三年式又は麻式機銃附属具補用品共三脚架  1基(数量は各一隻分を示す)       同弾薬包                3,000個      (別冊)--抜粋       〇三年式機銃       ×麻式機銃       佐世保警備隊(門司)       船名  総噸数 船舶所有者  入港時期 記事       〇古城丸  1,684 大連汽船  7月中旬 八幡入港
19.02.29:徴傭:船舶運營會 19.02.29:大孤山〜03.01六連 19.03.06:六連〜03.09博多03.10〜03.11吉浦 19.03.14:吉浦〜03.15博多03.19〜03.20薪志摩03.21〜03.23六連 19.03.26:六連〜03.29朝鮮所里島03.30〜03.30博多 19.03.31:博多〜04.08吉浦 19.04.08:解傭
19.04.08:徴傭:一般徴傭船(雑用船)、呉鎮守府所管、海軍省配属 19.04.15:呉〜04.15部崎04.16〜04.17釜山 19.04.18:朝鮮重工業にて入渠 19.05.13:釜山〜05.13釜山 19.05.15:釜山〜05.16門司 19.05.17:門司〜05.17徳山05.22〜05.22部崎 19.05.23:部崎〜05.23大湊05.28〜05.28室蘭 19.05.31:室蘭〜06.01大湊 19.06.05:大湊〜06.06小樽 19.06.10:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第83号:直卒部隊 19.06.12:水雷部隊電令作第3号:      3.キ三〇四船団(第二高運丸花咲丸日鵬丸、古城丸)は15日午前中に稚内に回航すべし 19.06.16:(キ304船団)小樽〜      〜06.16 第一水雷戦隊機密第161406番電(宗谷岬の30度10浬に敵潜)に依り反転〜      〜小樽 19.06.26:小樽〜07.01片岡 19.07.04:(ヲ405船団護衛)片岡〜07.09小樽 19.07.--:小樽〜07.10函館07.16〜07.16大湊 19.07.21:大湊〜07.22小樽 19.07.24:(キ404船団)小樽〜07.29占守〜08.01片岡 19.08.02:片岡〜08.08小樽08.08〜08.09大湊 19.08.20:大湊〜08.21大泊09.02〜09.03稚内09.04〜09.06大湊 19.09.07:大湊〜09.07青森09.11〜09.11大湊 19.09.16:大湊〜09.17小樽09.24〜09.25亞庭09.27〜10.01片岡 19.10.03:片岡〜10.03擂鉢10.05〜10.05朝日湾10.07〜10.07柏原10.07〜10.08片岡 19.10.11:片岡〜10.12ゴゼゴチック10.26〜10.27柏原10.27〜10.27片岡 19.11.01:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第91号:直卒部隊 19.11.04:片岡〜11.04朝日湾11.07〜11.07片岡 19.11.11:片岡〜11.12朝日湾11.14〜11.14片岡 19.11.15:片岡〜11.20小樽11.23〜11.24函館11.29〜11.30大湊 19.12.21:大湊〜12.21青森12.22〜12.24敦賀湾12.25〜12.25宮津12.31〜01.01美保関 20.01.03:美保関〜01.04鎮海湾01.05〜01.05鎮海 20.01.09:鎮海〜01.09馬山01.11〜01.11鎮海湾01.12〜01.14敦賀湾01.19〜01.22函館 20.01.23:函館〜01.23室蘭 20.01.31:室蘭〜01.31大湊 20.02.12:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第94号:直卒部隊 20.02.--大湊〜舞鶴 20.02.16:回転爐444t揚荷 20.02.17:回転爐270t揚荷 20.02.--:舞鶴〜 20.04.10:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第95号(04.06):直卒部隊 20.04.19:横浜〜石巻 20.05.07:(キ704船団)小樽〜05.14片岡 20.05.19:(ヲ904船団)片岡〜05.24小樽 20.06.30:解傭通知:軍務三機密第610号ノ14:       船主及び船主代行者:船舶運營會、授受地:適宜、授受指定:呉鎮守府 20.06.30:解傭
20.07.22:新潟港で触雷 20.08.05:日本海重工業で終戦まで修理待ち
20.08.15:残存:SCAJAP No.K-065

同型船

 要調査。

兵装

 三年式機銃1基。

写真資料

 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第十六巻(P.38)
 小樽市博物館所蔵(132-4)

前の船へ ← 一般徴傭船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る