盧山丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 T08.--.--:進水、命名:Anaconda T08.10.--:竣工、船主:U. S. Shipping Board、船籍港:Newark, N.J.、船舶番号:219007、      登録総噸数:6,517、#4470
--.--.--:信号符字:LTDM、登録総噸数:6,093、登録純噸数:3,757に変更 --.--.--:信号符字:KJBJに変更 12.--.--:船主:U. S. Maritime Commissionに変更 12.11.--:改名:Analock、      船主:G. E. Marden、船籍港:Shanghai、船舶番号:171165、信号符字:MBZM、      登録総噸数:6,638、登録純噸数:3,983、      運航:Wheelock and Company, Limitedに変更 15.04.23:興國産業株式會社が所有権取得 15.12.18:逓信省告示第572号(16.03.07附):電信取扱所設置 16.01.16:逓信省告示第91号:私設無線電信施設許可      1.施設者名:興國産業株式會社      3.機器装置場所:汽船アナロック、定繋港:東京      4.呼出符号:JARZ 16.03.07:逓信省告示第573号:船舶局追加      局名:アナロック、呼出符号:JARZ
16.12.08:拿捕
拿捕場所:横浜港外 拿捕原因:「第二十三號驅潜艇」による臨検*
16.12.09:軍務機密第224番電:日本名、盧山丸に改むること、英人船長を下船させ日本国旗掲揚 16.12.17:改名:盧山丸 16.12.17:逓信省告示第54号(17.01.16附):電信取扱所の名称、位置及呼出符号を変更       新名称:盧山丸無線電信取扱所       新位置:興國産業株式會社所属汽船盧山丸       呼出符号:JDAR 16.12.17:逓信省告示第55号(17.01.16附):船舶局変更       新局名:盧山丸、新呼出符号:JDAR 17.02.--:笠戸島にて定期検査完了 17.02.28:国籍証書交付 17.2Q :船主:興國産業株式會社、船籍港:東京、船舶番号:49202、信号符字:JDAR、      登録総噸数:6,095、登録純噸数:4,213に変更 17.--.--:横須賀獲審検所審検公告 17.05.16:横須賀捕獲審検所事件番号昭和十七年第一號検定書 17.05.23:横須賀捕獲審検所事件番号昭和十七年第一號判決「捕獲」 17.06.12:抗議書提出 17.06.20:逓信省告示第932号:信号符字點付 17.--.--:徴傭:船舶運營會 18.05.--:中間検査 18.05.16:第1次海軍指定船 19.01.28:高等捕獲審検所事件番号第二號判決「抗議棄却」 19.03.09:唐津〜03.15釜石03.20〜03.21室蘭 19.03.25:室蘭〜03.28川崎04.02〜04.02横浜 19.04.03:横浜〜04.06室蘭 19.04.11:室蘭〜04.14川崎04.18〜04.18鶴見 19.04.21:鶴見〜04.22五箇所04.23〜04.24和田岬04.26〜04.29崎戸04.30〜05.01唐津 19.05.02:唐津〜05.06秦皇島05.09〜05.09大連 19.05.14:大連〜05.17佛島05.18〜05.21神戸05.22〜05.25川崎 19.05.31:川崎〜06.01的矢06.02〜06.03笠戸 19.06.28:笠戸〜06.29若松07.01〜07.03青島 19.07.12:青島〜07.18門司07.19〜07.20八幡
19.07.28:臨時配當船:第一次AC船 19.07.28:八幡〜07.28若松07.29〜07.30尼崎07.31〜07.31大阪 19.08.10:大阪〜08.12門司08.13〜08.13六連 19.08.15:(モタ23船団)六連〜      〜08.16 1230 直衛機が敵潜発見、「第十號海防艦」が爆雷投射〜      〜08.16 1237 「第十號海防艦」「第六十三號驅潜艇」「第二十號掃海艇」が対潜掃蕩〜      〜08.18鹿児島 19.08.20:(モタ23船団)鹿児島〜08.24基隆 19.08.27:(モタ23船団)基隆〜08.28高雄 19.09.05:(タマ25船団)高雄〜      〜09.05 2100 「第五號海防艦」が合同、護衛を開始〜      〜09.05 2130 「第一號海防艦」が合同、護衛を開始〜      〜09.06 0230 特設運送船興業丸」が機関故障、驅逐艦「初春」が護衛し船団から分離〜      〜09.06 0424 琉球嶼北東海面にて臨時配當船永治丸」が触雷〜      〜09.06 0430 東港に向かう〜      〜09.06東港 19.09.08:(タマ25船団)東港〜      〜09.08 0330 「第一號海防艦」が合同、護衛を開始〜      〜09.08 0800 「第二十號掃海艇」「第十七號掃海艇」「第四十一號驅潜艇」が合同、護衛を開始〜      〜09.08 0920 「第一號海防艦」「第三號海防艦」が対潜掃蕩〜      〜09.08 1815 「第一號海防艦」「第三號海防艦」が合同〜      〜09.09 0232(N19.52-E120.48)「第十七號掃海艇」が浮上潜水艦を砲撃〜      〜09.09 0315(N19.45-E120.53)一般徴傭船豐岡丸」被雷大破〜      〜09.09 0316 臨時配當船滿洲丸」被雷〜      〜09.09 0318 臨時配當船「滿洲丸」沈没〜      〜09.09 0326 「第二十號掃海艇」が爆雷攻撃〜      〜09.09 0738 「第十七號掃海艇」「第二十號掃海艇」「第四十一號驅潜艇」が対潜掃蕩開始〜      〜09.09 2000 アパリ沖仮泊〜      〜09.09 2400 「第一號海防艦」「第三號海防艦」が合同〜      〜09.10 0330 「第十七號掃海艇」「第二十號掃海艇」「第四十一號驅潜艇」が合同〜      〜09.10 0600 アパリ沖発〜      〜09.10 0640 パタ岬沖で 「第一號海防艦」「第三號海防艦」が船団から分離〜      〜09.10 0912 「第二十號掃海艇」が爆雷攻撃〜      〜09.10ラポック 19.09.11:(タマ25船団)ラポック〜       〜09.11 0955 ビガン沖で「第一號海防艦」「第三號海防艦」が合同〜      〜09.11サンフェルナンド 19.09.12:(タマ25船団)サンフェルナンド〜      〜09.12 0800 「第一號海防艦」「第三號海防艦」が合同、護衛を開始〜      〜09.12サンタクルーズ 19.09.13 :(タマ25船団)サンタクルーズ〜      〜09.13 0800 「第一號海防艦」「第三號海防艦」が合同、護衛を開始〜      〜09.13スービック 19.09.14:(タマ25船団第一分団)スービック〜09.14サンフェルナンド09.15〜09.15サンタクルーズ09.17〜      〜09.17スービック09.18〜09.18マニラ
19.09.21:沈没 --.--.--:解傭
喪失場所:N14.35-E120.55 マニラ港 喪失原因:米第38機動部隊艦載機による空爆

同型船

 (米国第一次大戦戦時標準船 EFC Design 1037)
 New Orleans、Potter、Wichita、City of Elwood、Jeff Davis、Galveston、Ward、Oldham、
 Wichita、Federal(nR丸)、Piave、Mercer、Marne(裕山丸)、The Lambs、Homestead、
 Duquesne、McKeesport、Braddock、Donora、Lorain、Waukegan、Youngstown、Ambridge、
 Clairton、Innoko、Wytheville、Belfort、Westmoreland、Bellbuckle、Vincent、Bellhaven、
 Winona County、Bellepline、Bellerose、Kearny、Bellflower、Bellemina、Cranford、
 City of Omaha、City of Joliet、Winston Salem、Nemaha、City of Fort Worth、Hybert、
 Syros、San LambertoSan Leon、(USSB#1456)、(USSB#1457)。

兵装

 八糎砲、爆雷4個。

写真資料

 要調査

備考

高等捕獲審検所の判決文では特設掃海艇第三鶚丸」が拿捕したことになっておりますが、横須賀鎮守府の戦時日誌によれば、実際に本船を発見し拿捕したのは「第二十三號驅潜艇」です。


前の船へ ← 臨時配當船(AC船) → 次の船へ

Homeへ戻る