月山丸の船歴

 年 月 日:船歴

12.12.15:起工 13.05.13:進水、命名:月山丸 13.08.31:竣工、船主:北日本汽船株式會社
--.--.--:新潟〜北鮮(定期船) 14.07.--:中間検査 14.09.02:新潟〜09.04清津09.05〜09.05羅津 14.09.11:新潟〜09.13清津09.14〜09.14羅津 14.09.20:新潟〜09.22清津09.23〜09.23羅津 14.09.29:新潟〜10.01清津10.02〜10.02羅津 15.02.27:船主:日本海汽船株式會社に変更 15.09.--:中間検査 16.10.--:中間検査
--.--.--:徴傭:船舶運營會 18.05.13:第1次海軍指定船 19.02.29-07.12:新潟〜羅津〜清津〜新潟(定期船13往復)
19.07.15:臨時配當船:第一次AC船 19.07.15:新潟〜07.17宇品 19.07.20:宇品〜07.22釜山07.24〜07.25門司 19.07.26:門司〜07.26釜山07.28〜08.02六連 19.08.04:(モタ22船団)六連〜      〜08.06 0430(N30.52-E129.40)陸軍配當船昭南丸」被雷沈没〜      〜08.09 1310(N26.10-E124.15)一般徴傭船「興新丸」沈没〜      〜08.10基隆 19.08.12:臨時配當船としての運航終了
19.08.20:基隆〜08.30宇品
19.08.29:臨時配當船:第一次AC船 19.09.02:宇品〜09.05釜山09.06〜09.06博多 19.09.08:博多〜09.11六連 19.09.11:(モタ26船団)六連〜09.16基隆 19.09.23:臨時配當船としての運航終了
19.10.01:(タモ26船団)基隆〜      〜10.01 0900 「第一號海防艦」が合同し護衛開始〜      〜10.01 ---- 特設砲艦長白山丸」が主冷却水管破損修理の為、船団から分離し基隆に向かう〜      〜10.03 ---- 一番船が船団から分離し長崎へ先行〜      〜10.05 0600 特務艦波勝」が船団から分離し先行〜      〜10.06 0300 荒天の為「洋興丸」は的山大島に避泊〜      〜10.06 1130 特設電線敷設船王星丸」は福岡湾に避泊〜      〜10.07宇品
19.10.09:臨時配當船:第一次AC船 19.10.17:宇品〜10.19門司10.19〜10.22六連 19.10.22:(モマ06船団)六連〜      〜10.24 0427(N32.50-E125.57)米潜水艦"Croaker"(SS-246)の雷撃に依り損傷〜      〜10.24 1230 一般徴傭船~jロ」が曳航開始〜      〜10.24兄弟島 19.10.29:日本海難救助株式會社「山陽丸」来着 19.10.31:(「山陽丸」が曳航)兄弟島〜11.02釜山 19.11.17:入渠(11.31まで記録あり)
20.08.15:残存:釜山 --.--.--:解傭

同型船

 気比丸。

兵装

 要調査。

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和13年6月号、9月号
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1991年3月号「日本商船隊の懐古 No.140」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 1998年4月号「回想の日本客船その11」
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本の客船(1)」(P.162)
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本客船の黄金時代1939〜41」(P.90)
 「船舶百年史前篇」有明書房 S32.09 上野喜一郎(P.124)
 「浦賀船渠六十年史」 S32.06 浦賀船渠株式会社(P.264)
 「日本海汽船株式会社五十年史」 H02.05 日本海汽船株式会社(P.17)

前の船へ ← 臨時配當船(AC船) → 次の船へ

Homeへ戻る