明石山丸の船歴

 年 月 日:船歴

09.11.14:起工、第一次船舶改善助成施設第31号 10.04.20:進水、命名:明石山丸 10.06.03:竣工、船主:三井物産株式會社、船籍港:神戸、登録総噸数:4,550、登録純噸数:2,683
10.06.07:横浜〜06.12神戸06.14〜盤谷 --.--.--:盤谷航路定期船
12.07.12:徴傭:陸軍      〜08.25呉淞      〜11.09呉淞11.12〜 13.03.23:解傭 13.07.05:徴傭:陸軍 13.12.11:解傭
--.--.--:盤谷航路定期船 15.--.--:登録総噸数:4,541、登録純噸数:2,679
16.09.15:徴傭 16.09.16:浪速船渠にて艤装工事開始 16.09.20:入籍:内令第1093号:特設運送船(雑用船)、舞鶴鎮守府所管
16.09.20:監督官:海軍大佐 細谷 義男 16.10.21:艤装工事完了 16.--.--:戦時編制:聯合艦隊第五艦隊所属、特設運送船(甲)雑用船兼給兵船 16.11.12:横須賀〜南洋方面〜 16.11.26:横須賀〜イミエジ 16.12.01:イミエジ〜12.01メジュロ12.03〜12.12横須賀 16.12.--:軍隊区分:北方部隊補給部隊 17.01.--:爆弾及び弾薬その他軍需品搭載 17.01.06:横須賀〜01.08厚岸 17.02.01:軍隊区分:機密北方部隊命令作第14号:北方部隊補給部隊 17.02.03:横須賀海軍工廠をして十四米特型運貨船1隻を搭載の件訓令 17.02.04:厚岸〜02.06大湊 17.02.18:大湊〜02.20厚岸 17.03.01:軍隊区分:機密北方部隊命令作第17号:北方部隊補給部隊 17.03.09:厚岸〜03.10大湊 17.03.18:大湊〜03.18室蘭 17.03.21:室蘭〜03.22釧路 17.03.23:釧路〜03.23厚岸 17.03.24:厚岸〜03.26武蔵湾03.28〜03.28明石03.28〜03.29春日崎03.30〜03.30武蔵湾04.12〜      〜04.12明石湾04.12〜04.12乙前湾04.13〜04.13武蔵湾04.15〜04.15乙前湾04.17〜      〜04.17武蔵湾04.18〜04.18乙前湾04.19〜04.19武蔵湾04.21〜04.24釧路 17.04.26:釧路〜04.26厚岸 17.05.02:訓令:官房機密第5289号:測距儀及び望遠鏡供給及び装備 17.05.--:軍隊区分:附属部隊 17.05.05:厚岸〜05.06大湊 17.05.12:大湊〜05.13厚岸 17.05.16:官房機密第5990号:九二式七粍七単装機銃供給の件訓令 17.05.16:厚岸〜05.17大湊 17.05.23:大湊〜05.26武蔵湾      (アリューシャン攻略作戦−補給部隊) 17.06.16:幌筵〜06.19大湊 17.06.25:大湊〜06.25川内湾06.27〜06.27大湊 17.06.30:大湊〜06.30函館06.30〜大湊 17.07.03:大湊〜07.06幌筵07.13〜07.16大湊 17.07.17:大湊〜      〜07.19 驅逐艦「電」が護衛に就く〜      〜07.19横須賀 17.08.03:横須賀〜08.03横浜 17.08.07:横浜〜08.07横須賀 17.08.10:船長:海軍嘱託 三ヶ島 十郎(部内限り奏任官待遇) 17.08.11:北方部隊機密第431番電:      1.明石山丸は8月18日横須賀発爾後機密北方部隊命令作第24号所定(第一種標的大湊港務部に        預入)に依り行動すべし 17.08.16:大通機密第16164005番電:       明石山丸及び雷は8月18日横須賀発機密北方部隊命令作第34号に依り行動すべし(以下略) 17.08.20:横須賀〜08.22大湊 17.08.21:官房機密第10469号:機銃装備の件訓令 17.08.25:大湊〜射撃曳的艦〜08.25大湊 17.08.25:大湊〜08.29幌筵 17.09.12:大湊〜幌筵 17.10.04:幌筵〜10.04占守10.07〜10.10大湊 17.10.15:大湊〜10.15函館10.19〜10.19大湊 17.10.28:大湊〜10.31幌筵11.08〜11.12大湊 17.11.12:監督官:海軍大佐 竹内 平七 17.11.23:大湊〜11.23野内11.24〜11.24大湊 17.12.11:大湊〜12.12小樽12.15〜幌筵 18.01.30:幌筵〜02.03大湊 18.02.10:北方部隊電令作第234号:      1.2月10日附第三十二防空隊をAO防備部隊に編入      2.第三十二防空隊の大部は粟田丸及び藤影丸にて鳴~島に進出すべし      3.爾余の人員は大湊に陸行明石山丸にて幌筵に進出待機すべし 18.02.18:大湊〜02.22幌筵(兜山南方) 18.02.26:特設運送船帝洋丸」に缶用重油160tを補給 18.03.04:監督官:海軍大佐 牧 兼幸 18.03.04:1340 驅逐艦「若葉」を横付け、燃料補給 18.03.05:0700 驅逐艦「雷」を横付け、燃料補給 18.03.07:0910 驅逐艦「若葉」、同「初霜」を横付け、燃料補給 18.03.22:幌筵〜03.26大湊 18.03.27:監督官:海軍大佐 もV 哲四郎 18.2Q :船主:三井船舶株式會社、船籍港:東京に変更 18.04.03:大湊〜04.07幌筵 18.05.21:幌筵〜05.21武蔵湾05.23〜05.24幌筵 18.05.25:指揮官:海軍大佐 もV 哲四郎 18.06.04:幌筵〜06.08大湊 18.06.15:大湊〜06.15青森 18.06.18:青森〜06.18大湊 18.06.19:大湊〜06.23幌筵06.28〜07.02大湊 18.08.03:幌筵〜      〜08.03 阿頼度島西方155度附近にて驅逐艦「若葉」が護衛を終了〜      〜08.07大湊 18.08.--:軍需品搭載 18.08.09:大湊〜08.09野内 18.08.--:燃料搭載 18.08.11:野内〜08.12大湊 18.08.15:大湊〜      〜08.15 0330 石狩湾沖にて被雷〜      〜小樽      〜08.17 0830(N46.04-E143.54)礼文島の269度38浬にて雷撃を受けるが被害なし〜      〜08.17 1600 稚内沖より驅逐艦「若葉」が護衛開始〜      〜08.20 0625 占守島潮見崎附近にて座礁〜      〜08.20 ---- 特設工作艦八海丸」による現状調査〜      〜08.20 ---- 小破口を遮防、荷揚〜      〜08.20 ---- 重油の一部を地方徴傭船葵丸」に移載〜      〜08.20 1900 船首を漁船「米山丸」、船尾を油槽船日の出丸」にて押す〜      〜08.20 1950 離礁〜      〜08.20 2000 幌筵海峡北口に転錨、一番艙破孔応急修理施行、浸水毎時2屯弱〜〜      〜08.21片岡湾 18.08.22:片岡湾にて特設工作艦「八海丸」による潜水調査、応急修理 18.08.28:幌筵〜09.01大湊 18.09.12:大湊〜09.13小樽09.14〜09.15大泊 18.09.17:大泊〜      〜09.17 1212(N46.04-E143.54)敵潜の雷撃4本を受けるが損害なし〜      〜09.19幌筵 18.09.27:幌筵〜09.27幌筵 18.09.28:幌筵〜10.02大湊 18.10.03:大湊〜10.03大湊 18.10.--:大湊〜10.06横浜 18.11.01:軍隊区分:機密北方部隊命令作第25号:附属 18.11.10:出渠 18.11.27:横須賀〜11.29大湊 18.12.01:揮発油、糧食、爆弾搭載 18.12.02:揮発油、ダイナマイト、米麦搭載、被服、酒保物品揚陸 18.12.03:糧食、雑貨、石炭、木炭、機雷、冷凍品、魚雷頭部搭載 18.12.04:便乗者6名乗船 18.12.04:大湊〜12.08片岡湾 18.12.08:郵便物揚陸、便乗者6名退船 18.12.09:鉄材、託送品、機械類揚陸 18.12.10:機雷、揮発油、木炭、機械類、糧食、重油揚陸 18.12.11:米麦、糧食、雑貨類揚陸 18.12.12:糧食。揮発油、重油揚陸 18.12.13:片岡湾〜12.13兜山南方12.15〜12.15片岡湾 18.12.16:雑貨類、酒保物品、揮発油揚陸 18.12.17:酒保物品、揮発油、冷凍品揚陸 18.12.17:片岡湾〜12.17兜山南方12.19〜12.19片岡湾 18.12.19:米麦、酒保物品、冷凍品揚陸 18.12.20:米麦、ダイナマイト、冷凍品揚陸      空ドラム缶、便乗者携行品搭載 18.12.21:便乗者319名乗船 18.12.22:片岡湾〜12.25小樽 18.12.25:便乗者退船 18.12.26:小樽〜12.27大湊 18.12.27:便乗者退船 18.12.29:空ドラム缶、託送品揚陸 19.01.07:大湊〜01.08小樽01.08〜01.12幌筵 19.01.22:幌筵〜01.25大湊 --.--.--:船長:猪塚 智(-19.03.03) 19.01.31:大湊〜02.01釧路 19.02.02:釧路〜02.05片岡湾 19.02.--:片岡にて特設運送船第二號天洋丸」へ生糧品30t、酒保物品220m3移を載 19.02.15:片岡〜02.19大湊 19.02.28:(ハ船団同行)大湊〜      〜03.02 2315(N46.00-E149.08)被雷
19.03.03:沈没 19.05.10:除籍:内令第654号 19.05.10:解傭
喪失場所:N46.00-E149.08 得撫島鎧山西北西50km付近 喪失原因:米潜水艦Sandlance(SS-381)の雷撃

同型船

 朝日山丸

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和10年5月号、昭和10年7月号
 雑誌「世界の艦船」海人社 1997年1月号「思い出の日本貨物船その5」
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1989年12月号「日本商船隊の懐古 No.125」山田早苗
 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫 (2960)
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第二巻(P.83)
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.282)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊
 "The World's Merchant Fleets 1939" Chatham Publishing 1999 Roger Jordan(P.252)
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.125)
 "ONI 208-J (Revised) Japanese Merchant Ships Recognition Manual (1944)" (P.112)

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る