牟婁丸の船歴

 年 月 日:船歴

T15.06.01:起工 T15.12.09:進水、命名:牟婁丸 02.02.28:竣工、船主:大阪商船株式會社、登録総噸数:1,600、登録深さ:6.0
02.--.--:大阪〜勝浦 08.03.--:神戸〜勝浦 09.--.--:登録深さ:6.1に変更 09.09.21:室戸台風により大阪桜島突堤上に打ち上げられる 09.10.09:日本サルベージにより引卸しに成功 11.--.--:登録総噸数:1,606に変更
13.08.01:徴傭 13.08.02:入籍:内令第657号:特設運送船(雑用船)、呉鎮守府所管
13.08.02:監督官:海軍中佐 中村 正雄 13.08.05:艤装工事完了 13.08.18:呉〜      〜08.24(安慶-九江間)射撃〜      〜新洲 13.09.20:0950-1205 特設掃海母艦日本海丸」の右舷に横付け、遺骨及び戦傷戦病者を移乗 13.--.--:新洲〜獅子山 13.10.02:1130-1150 特設掃海母艦「日本海丸」から遺骨、戦傷者乗船 13.10.05:1000-1050 特設掃海母艦「日本海丸」の右舷に横付け、戦傷者合計38名乗船 13.11.15:監督官:海軍大佐 中村 正雄 13.--.--:獅子山〜11.27九江〜01.09蕪湖〜 14.03.12:軍隊区分:T作戦部隊附属隊 14.03.22:監督官:海軍大佐 阪本 敏      〜03.25安慶 14.03.26:安慶〜龍口 14.05.11:龍口〜05.22南京05.25〜06.08江南 14.06.10:入渠 14.06.16:出渠 14.06.16:江南〜07.03定海07.06〜07.13定海〜07.29上海 14.--.--:上海〜08.18南京〜10.22安慶10.23〜03.31佐世保 15.04.04:佐世保〜中支方面〜07.28佐世保 15.04.20:監督官:海軍大佐 橋本 愛次 15.07.29:佐世保〜中支方面〜 15.11.15:戦時編制:支那方面艦隊附属 15.11.16:江南造船所を出渠 15.12.14:上海〜12.14呉淞12.15〜12.15鎮江12.16〜12.16南京12.17〜12.17蕪湖12.18〜      〜12.18南京12.21〜12.21鎮江12.22〜12.22呉淞12.25〜12.25定海12.25〜      〜12.25沈家門12.26〜12.26高亭鎮12.27〜12.27呉淞12.28〜12.28上海 16.01.09:上海〜01.09泗礁山01.10〜01.10定海01.13〜01.13沈家門01.15〜01.15岑港鎮01.16〜      〜01.16瀝港01.17〜01.17高亭鎮01.18〜01.18定海01.19〜01.19呉淞01.20〜      〜01.20江陰01.21〜01.21鎮江01.22〜01.22南京01.25〜01.25鎮江01.27〜      〜01.27江陰01.28〜01.28上海 16.02.22:上海〜02.22東沙角02.23〜02.23定海02.26〜02.26大横島02.27〜02.27定海02.27〜      〜02.27東沙角02.28〜02.28上海 16.03.01:監督官:海軍大佐 小橋 義亮 16.03.12:上海〜03.12江陰03.13〜03.13鎮江03.14〜03.14南京03.16〜03.16蕪湖03.17〜      〜03.17安慶03.19〜03.19九江03.22〜03.22安慶03.23〜03.23蕪湖03.24〜      〜03.24南京03.27〜03.27鎮江03.28〜03.28通州03.29〜03.29上海 16.04.10:軍隊区分:F一作戦部隊附属隊 16.04.18:上海〜04.18泗礁山04.19〜04.19鎮海04.20〜04.20定海04.21〜      〜04.21廾子水道04.22〜04.22穿山04.23〜04.23松門04.24〜04.24楽清湾04.24〜      〜04.24瑞安04.24〜04.24黒牛湾04.25〜04.25松門04.27〜04.27定海04.28〜      〜04.28鎮海04.29〜04.29定海05.04〜05.04上海 16.05.19:上海〜05.19江陰05.20〜05.20鎮江05.21〜05.21南京05.22〜05.22蕪湖05.23〜      〜05.23安慶05.24〜05.24九江05.25〜05.25石灰窟05.26〜05.26漢口05.29〜      〜05.29龍口05.30〜05.30岳陽 16.08.25:監督官:海軍大佐 松田 鹿三 16.09.20:病院長:海軍軍醫中佐 廣川 濟 16.11.21:軍隊区分:南支部隊 16.11.21:軍隊区分:広東方面部隊      〜11.30広東 16.12.01:軍隊区分:機密南支部隊命令第18号:広東方面部隊進撃部隊 16.12.05:広東〜12.05黄埔 16.12.11:黄埔〜12.11大産湾12.19〜12.19急水門12.22〜12.22銅鼓島12.26〜12.26香港 16.12.26:軍隊区分:香港方面部隊進撃部隊 17.01.05:香港〜01.05黄埔01.06〜01.06広東01.09〜01.09香港 17.02.15:軍隊区分:機密南支部隊命令第5号:香港方面部隊 17.04.01:軍隊区分:南支部隊より除く 17.04.01:香港〜04.05上海 17.04.23:上海〜漢口方面〜04.28上海 17.05.01:上海〜漢口方面〜05.05上海 17.05.04:船主:關西汽船株式會社に変更 17.05.07:上海〜05.09佐世保 17.05.13:佐世保〜05.15上海 17.05.19:上海〜05.25九江 17.05.25:軍隊区分:せ號作戦部隊附属隊 17.06.02:星子〜B地点〜06.03大鶏山 17.06.07:大鶏山泊地にあって甲陸戦隊と連絡 17.06.18:大山〜06.18九江06.19〜06.19陽邏06.20〜06.20漢口 17.06.22:漢口〜06.22新堤 17.06.22:砲艦隅田」から傷病者収容 17.06.23:新堤〜06.23漢口 17.06.23:砲艦「隅田」の傷病者退船 17.06.25:漢口〜06.25九江06.26〜06.26大鶏山 17.07.02:青島根據地隊陸戦隊、漢口警備隊山砲隊員を収容 17.07.02:大鶏山〜07.03九江 17.07.04:陸軍患者収容 17.07.04:九江〜07.04陽邏07.05〜07.05漢口 17.07.08:漢口〜07.08彭沢07.09〜07.09南京 17.07.09:軍隊区分:せ號作戦部隊より除く 17.07.10:南京〜07.10呉淞07.11〜07.11上海 17.07.17:上海〜07.21楽清湾07.25〜上海 17.08.04:上海〜定海方面〜08.07上海 17.08.11:上海〜08.13佐世保 17.08.15:監督官:海軍大佐 酒井 武雄 17.08.17:佐世保〜08.19上海 17.09.05:上海〜09.06定海09.22〜09.22上海 17.10.01:病院長:海軍軍醫中佐 小川 義男 17.12.10:船長:海軍嘱託 遊見 幸太郎(部内限り奏任官待遇) 17.12.15:酒井大佐横須賀鎮守府附被仰付 17.12.19:上海〜12.21佐世保 17.12.24:官房機密第241453番電:佐世保海軍工廠をして特設病院船として整備: 船体塗替及び赤十字電飾新設、九五式短四号送信機改一1組増備、      八糎高角砲1基、毘式七粍七機銃2基及び小銃10挺、拳銃5挺撤去還納
17.12.25:移籍:内令第2397号:特設病院船、呉鎮守府所管
17.12.25:戦時編制:聯合艦隊所属 17.12.31:佐世保海軍工廠にて艤装工事開始 18.01.02:官房軍第2号:外務省に対し病院船として交戦国に通知を依頼(JACAR:B02032923500) 18.01.18:艤装工事完了 18.01.20:佐世保〜03.08タラワ〜ジャボール 18.03.15:特設運送船北上丸」から生糧品を補給 18.--.--:ジャボール〜04.18タラワ 18.04.19:タラワ〜05.09タラワ〜      〜07.01(N07.37-E134.26)パラオにて雷撃を受ける〜      〜10.27 0700 市江埼通過北上(予定)〜      〜10.28呉 18.11.10:病院長:海軍軍醫中佐 松尾 傳 18.11.30:18.07.01に雷撃を受けたことに対して抗議提出 18.12.05:呉〜サイパン〜パラオ 19.03.11:特設運送船北上丸」から生糧品補給      〜05.01別府05.03〜05.03呉 19.06.08:都井岬方面行動中(米潜水艦Batfish(SS-310)に目撃される) 19.06.10:呉〜09.28アンボン〜コロン湾 19.10.15:病院長:海軍軍醫大佐 松尾 傳 19.10.27:特設運送船日榮丸」の左舷に横付け、患者25名受入れ
19.11.13:沈没 20.01.10:除籍:内令第35号 20.01.10:解傭
喪失場所:マニラ港外28km付近 喪失原因:米第38機動部隊艦載機による空爆

同型船

 那智丸

兵装

 (特設運送船時)
 八糎高角砲1基、毘式七粍七単装機銃2基、小銃10挺、拳銃5挺

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1980年9月号「日本商船隊の懐古 No.15」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 2010年12月号「大阪港で陸に乗り上げた大阪商船「牟婁丸」」
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫 (2956,2957)
 「船舶百年史」有明書房 S32.09 上野喜一郎 (P.129)
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第三巻(P.100)
 「大阪商船株式會社五十年史」 S09.06 大阪商船株式會社
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.45)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊
 「夏の企画展 病院船〜戦傷病者を還送した船〜」 R元.08 戦傷病者資料館
 アジア歴史資料センター(Ref. B02032926600)
 "毎日フォトバンク"(00039112,00054177,00054244)
 "大阪市立図書館デジタルアーカイブ" 管理番号:d2115001

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

前の船へ ← 特設病院船 → 次の船へ

Homeへ戻る