建川丸の船歴

 年 月 日:船歴

09.10.20:起工 10.04.20:進水、命名:建川丸 10.06.30:竣工、登録総噸数:10,152、登録純噸数:5,943
10.07.01:(第1次航)神戸〜オハ〜徳山07.17〜神戸 10.07.19:(第2次航)神戸〜サンルイス〜横浜(原油11,500トン輸送) 10.--.--:〜12.31横須賀 11.--.--:登録総噸数:10,090、登録純噸数:5,901に変更 11.--.--:〜12.14横須賀 12.--.--:〜01.16横須賀 --.--.--:(第3次航)横浜〜ロサンゼルス(生糸1,121俵輸送) 12.--.--:〜07.22横須賀07.24〜 16.--.--:サンペドロ〜07.25下津
16.12.20:徴傭:一般徴傭船(給油船)、呉鎮守府所管
16.12.20:下津〜木の江〜呉〜四日市〜馬公〜袋ノ内〜四日市03.08〜03.11馬公 17.03.12:馬公〜03.18昭南 17.03.--:巡洋艦「三隈」に給油 17.03.28:昭南〜03.29彼南 17.03.28:馬來部隊信電令第33号:       綾波、汐風、日榮丸、建川丸及び駿河丸の任務行動を左の通定む      4.建川丸は1日夕刻ペナン発4日朝迄にブレーヤ港着待機      6.綾波は30日メルギー発ペナンに回航、4月1日以後建川丸の護衛に任ず 17.04.01:彼南〜04.04アンダマン・ポートブレア 17.04.04:1730 第十一驅逐隊に燃料補給 17.04.08:ポートブレア〜04.10彼南04.17〜04.19昭南 17.04.21:昭南〜04.30呉 17.05.06:呉〜05.07大阪 17.05.--:株式會社大阪鐵工所にて船体・機関の修理 17.05.31:大阪〜05.31呉 17.06.03:呉〜06.03広06.15〜06.12基隆06.13〜06.14馬公06.16〜06.16高雄06.19〜06.26聖雀06.28〜06.30昭南 17.07.01:昭南〜07.02パレンバン河口入口07.02〜07.03パレンバン07.08〜07.10パレンバン河口入口07.11〜      〜07.12昭南 17.07.18:昭南〜07.19パレンバン河口入口07.20〜07.26昭南 17.07.30:昭南〜08.08麻里布08.12〜08.12呉 17.08.--:甲錨地に投錨碇泊、十二糎砲取付け 17.08.20:呉〜08.20鹿ノ川08.21〜08.21飛渡瀬08.22〜08.30トラック 17.08.30:1200 右舷に戦艦「比叡」に横付け、重油4,300t揚荷      ---- 驅逐艦「舞風」に重油補給      ---- 戦艦「霧島」に重油4,600t揚荷 17.09.01:トラック〜09.12パレンバン09.15〜09.16昭南 17.09.23:昭南〜10.02麻里布10.05〜10.05袋内10.06〜10.06飛渡瀬10.07〜10.07吉浦 17.10.09:吉浦〜10.09徳山10.15〜10.21トラック10.22〜10.30バリックパパン11.02〜      〜11.09トラック11.13〜11.22スラバヤ11.26〜11.28バリックパパン12.01〜12.05ミリ12.09〜      〜12.20麻里布12.23〜12.23呉 17.12.24:呉〜01.03パレンバン01.05〜01.07昭南 18.01.11:昭南〜01.21元山01.27〜02.09昭南 18.02.11:昭南〜02.20徳山02.24〜02.25呉 18.02.26:呉〜03.06昭南 18.03.15:昭南〜03.25尼崎03.29〜03.29神戸04.03〜      〜04.07 敷設艇由利島」が護衛〜      〜04.09呉 18.04.17:呉〜04.26パレンバン04.28〜04.30昭南 18.05.03:昭南〜05.12徳山05.16〜05.17広05.18〜05.20横須賀 18.05.25:(第7525B船団)横須賀〜05.26神戸 18.05.26:入渠、定期検査 18.06.29:出渠 18.06.29:神戸〜06.30呉 18.07.04:呉〜07.04鹿ノ川07.05〜07.06徳山07.09〜07.19昭南 18.07.23:昭南〜08.04下津08.06〜08.19昭南 18.08.24:昭南〜09.03徳山
18.09.01:入籍:内令第1820号:特設運送船(給油船)、呉鎮守府所管
18.09.01:戦時編制:海軍省配属、呉鎮守府所属、特設運送船(乙) 18.09.09:徳山〜09.10門司09.10〜09.22昭南 18.09.27:昭南〜10.09徳山10.12〜10.12門司10.14〜10.14徳山10.22〜10.22門司 18.10.28:門司〜11.01高雄11.02〜11.04マニラ11.05〜11.10昭南 18.11.13:昭南〜11.23高雄11.24〜11.28徳山12.03〜12.03門司 18.12.05:門司〜12.10高雄12.12〜12.17昭南 18.12.21:(サ20船団)昭南〜12.27高雄港外12.28〜01.02下津 18.01.07:下津〜01.07神戸01.09〜01.10門司 19.01.11:門司〜01.20昭南 19.01.25:(ヒ32船団)昭南〜02.04徳山02.14〜02.14門司 19.02.17:(ヒ45船団)門司〜02.21高雄02.21〜02.27昭南 19.03.11:(ヒ48船団)昭南〜03.11バンフォン湾03.15〜03.19高雄03.20〜03.26神戸 19.03.26:神戸〜03.27徳山03.29〜03.30佐世保 19.03.30:入渠、船体修理、兵装工事 19.05.02:工事完了 19.05.03:あ号作戦第一補給部隊 19.05.03:(ヒ61船団)門司〜      〜05.07 ---- 海軍配當船仁榮丸」が機関故障の為、船団から分離〜      〜05.08 0615頃(N19.19-E12.00)陸軍配當船あかね丸」が被雷小破、船団から分離〜      〜05.09マニラ 19.05.--:水雷艇「鳩」に燃料補給 19.05.09:戦時編制:聯合艦隊第一機動艦隊所属、特設運送船(甲) 19.05.11:マニラ〜05.15バリックパパン 19.05.17:バリックパパン〜05.19タウイタウイ05.23〜      〜ダバオ向け(重油9,682t、ドラム缶300本輸送)航行中右舷6番油槽に1発、機関室に1発被雷
19.05.24:沈没 19.07.10:除籍:内令第855号 19.07.20:解傭
喪失場所:N05.45-E125.43 ミンダナオ島カヤポンガ東方25km付近 喪失原因:米潜水艦Gurnard(SS-254)の雷撃

同型船

 日本丸

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和10年5月号、昭和10年8月号
 雑誌「海と空」増刊「特殊船舶画報」S14.07 海と空社(P.54)
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1980年4月号「日本商船隊の懐古 No. 10」山田早苗
 「海軍第十一巻 小艦艇 特務艦艇 雑役船 特設艦船」誠文図書 S56.09 「海軍」編集委員会(P.235) 
 「川崎造船所四十年史」 S11.11 川崎重工業株式会社
 「川崎重工業株式会社社史」 S34.10 川崎重工業株式会社(P.805)
 「川崎汽船100年史」 R元.09 川崎汽船株式会社(P.10)
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第十巻(P.119)
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.263)
 "ONI 208-J (Revised) Japanese Merchant Ships Recognition Manual (1944)" (P.278)

前の船へ ← 特設運送船(給油船) → 次の船へ

Homeへ戻る