昭洋丸の船歴

 年 月 日:船歴

02.06.12:起工 03.01.24:進水、命名:昭洋丸 03.03.24:竣工、船主:日本タンカー株式會社、登録純噸数:4,508、登録吃水:8.1
08.09.11:オハ〜徳山09.20〜 10.--.--:登録吃水:8.4に変更 10.--.--:〜10.30横須賀 13.--.--:〜九江 13.11.28:1010-1042 特設掃海母艦日本海丸」の左舷後部に横付け、軽質油補給 15.--.--:登録純噸数:4,484に変更 16.07.23:船主:日東鑛業汽船株式會社に変更     :〜08.14サンフランシスコ11.02〜11.19横浜〜11.28呉
16.11.28:徴傭:一般徴傭船(給油船)、呉鎮守府所管、海軍省配属 --.--.--:船長:海軍嘱託 中村 明三 16.12.--:艤装工事 16.12.18:呉〜12.27トラック01.02〜01.07ヤルート01.11〜01.14ポナペ01.18〜01.23パラオ01.25〜      〜01.28サイパン01.31〜02.06呉 17.02.09:呉〜横須賀 17.02.--:運輸機密第248番電:軍需品輸送 17.02.15:横須賀〜横浜〜呉〜02.28基隆02.28〜03.07西貢03.08〜03.11昭南 17.03.--:特設運送船日榮丸」に横付け 17.03.--:巡洋艦「川内」、驅逐艦「初雪」に補給 17.03.13:昭南〜03.23呉 17.03.28:馬來部隊信電令第33号:       綾波、汐風、日榮丸建川丸及び駿河丸の任務行動を左の通定む      1.日榮丸及び駿河丸は30日メルギー発31日ブレーヤ港着        4月3日(状況に依り4日)第十一驅逐隊補給終了後ブレーヤ港発彼南に寄港、鳥海及び        第七戦隊の彼南水上基地人員物件を日榮丸に搭載、昭南に回航      2.日榮丸は昭南到着後、昭洋丸より重油を移載の上待機 17.03.28:呉〜04.09昭南04.16〜04.26呉 17.05.24:呉〜05.26四日市06.01〜06.09サイパン06.14〜06.21ミリ06.24〜      〜06.26聖雀06.29〜07.04馬公07.05〜07.13横浜07.23〜07.25呉 17.07.26:呉〜07.27六連07.30〜08.04馬公08.04〜08.06香港08.09〜      〜08.16パレンバン08.18〜08.19昭南08.23〜08.24パレンバン08.28〜08.29昭南09.04〜      〜09.05パレンバン09.07〜09.10昭南09.16〜09.19西貢09.20〜09.26馬公09.27〜      〜10.04元山10.08〜10.10鎮海10.13〜10.15呉 17.10.21:呉〜10.28サイパン10.30〜11.02トラック11.06〜11.19パレンバン11.21〜      〜11.23昭南11.26〜11.29西貢12.01〜12.09馬公12.10〜12.15神戸12.16〜      〜12.17四日市12.21〜12.23呉 17.12.26:呉〜12.26下松12.31〜12.31徳山01.01〜01.01呉 18.01.07:呉〜01.07徳山01.11〜01.11呉 18.01.17:呉〜01.18下津01.21〜01.23横浜 18.01.--:三菱重工業株式會社横浜造船所に入渠、修理 18.02.21:横浜〜02.21横須賀 18.02.22:中村船長嘱託を解く 18.02.22:横須賀〜      〜02.24 金華山沖にて「第十七號掃海艇」が護衛終了〜      〜03.01幌筵 18.02.26:船主:日東汽船株式會社に変更 18.03.01:片岡湾にて特設運送船帝洋丸」に一号重油2,905t補給 18.03.06:兜山南方にて特設運送船「帝洋丸」に缶用重油1,800t、二号重油601t補給 18.03.06:幌筵〜03.12横須賀 18.03.16:横須賀〜03.19門司03.21〜03.26馬公03.26〜04.01西貢04.02〜      〜04.06パレンバン04.09〜04.10昭南04.14〜04.17西貢04.21〜04.27馬公04.30〜      〜05.06神戸05.07〜05.09横浜 18.05.18:横浜〜05.20門司05.24〜05.29馬公06.02〜06.09西貢06.10〜      〜06.14パレンバン06.17〜06.18昭南06.21〜06.22パレンバン06.25〜06.26昭南06.29〜      〜06.30パレンバン07.03〜07.05昭南07.07〜07.09聖雀07.13〜07.19馬公07.23〜      〜07.28徳山08.02〜08.02門司 18.08.04:門司〜08.09馬公08.11〜08.19聖雀08.20〜08.25パレンバン08.28〜      〜08.31昭南
18.09.01:入籍:内令第1820号:特設運送船(給油船)、呉鎮守府所管
18.09.01:戦時編制:海軍省配属、呉鎮守府所属、特設運送船(乙) 18.09.05:昭南〜09.08聖雀09.11〜09.18馬公 18.09.20:(臨時B船団)馬公〜門司向け(原油3,000トン輸送)航行中、右舷に被雷
18.09.21:沈没 18.12.01:除籍:内令第2564号 18.12.01:解傭
喪失場所:N26.30-E123.00 魚釣島北西120km付近 喪失原因:米潜水艦Trigger(SS-237)の雷撃

同型船

 なし。

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報」S12.06 海と空社 (P.86)
 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第十五巻(P.38)
 「日東商船株式会社社史」 S41.04 ジャパンライン株式会社(P.70)
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.273)
 "ONI 208-J (Revised) Japanese Merchant Ships Recognition Manual (1944) (P.286)

前の船へ ← 特設運送船(給油船) → 次の船へ

Homeへ戻る