東亞丸の船歴

 年 月 日:船歴

08.04.24:起工、第一次船舶改善助成施設第13号 09.04.02:進水、命名:東亞丸 09.06.23:竣工、船主:飯野商事株式會社、船籍港:京都府中舞鶴、登録総噸数:10,050、登録純噸数:5,820
09.--.--: 8航海(海軍5、三井物産2、日本石油1) 10.--.--:10航海(海軍9、早山石油1)
10.--.--:徴傭 10.09.--:入籍:特設運送船(給油船)
10.09.13:監督官:海軍大佐 井澤 徹 10.09.13:横須賀港にて事務取扱い開始 10.09.21:昭和十年度海軍特別大演習(第二期演習)に参加(青軍聯合艦隊附属) 10.09.25:大湊〜09.25大湊 10.09.26:大湊〜09.26大湊 10.09.--:大湊〜09.28大湊 10.10.05:残務事務は10日まで横須賀鎮守府構内に於いて取り扱う  10.10.07:1407 昭和十年度海軍大演習第二期終結
10.10.--:除籍 10.--.--:解傭
10.--.--:〜11.07横須賀 11.--.--:10航海(海軍4、朝鮮石油3、三井物産3) 11.01.04:佐世保〜 12.--.--: 9航海(海軍5、朝鮮石油3、野村事務所1) 13.--.--: 9航海(海軍7、三井物産1、朝鮮石油1) 13.--.--:船籍港:東舞鶴に変更 14.--.--:10航海(海軍6、三井物産1、朝鮮石油2、日本石油1) 15.--.--: 7航海(海軍2、三井物産3、丸善石油1、東亜石油1) 15.--.--:登録総噸数:10,052、登録純噸数:5,821に変更 16.03.13:船主:飯野海運産業株式會社に変更 16.--.--: 4航海(東亜石油)
16.09.01:徴傭 16.09.20:入籍:内令第1093号:特設運送船(給油船)、呉鎮守府所管
16.09.20:戦時編制:聯合艦隊第六艦隊所属、特設運送船(甲) 16.09.20:監督官:海軍大佐 横山 彌太郎 16.09.20:呉海軍工廠にて艤装工事開始 16.10.15:艤装工事完了 16.12.09:呉〜トラック〜01.01クエゼリン(潜水艦への補給) 17.01.--:軍隊区分:先遣部隊補給部隊 17.02.01:米航空母艦Enterprise(CV-6)艦載機と対空戦闘:機銃装備なし、八糎水平砲と小銃で応戦      損傷、応急修理 17.02.19:クエゼリン〜02.27呉 17.02.--:入渠 17.04.05:戦時編制:聯合艦隊所属 17.04.10:出渠 17.04.10:呉〜04.20ペナン〜05.01昭南 17.05.--:重油揚陸 17.05.02:昭南〜05.05バリックパパン  17.05.--:原油搭載 17.05.08:バリックパパン〜05.16徳山 17.05.--:原油揚陸 17.05.17:徳山〜05.17呉 17.05.17:先遣部隊指揮官の指揮を解く 17.05.21:軍隊区分:主力部隊 17.05.21:軍隊区分:機密主力部隊命令第3号:第二補給隊 17.05.27:呉〜05.27広 17.05.--:重油搭載 17.05.28:広〜      〜06.02 巡洋艦「北上」、同「大井」に燃料補給〜      〜06.17横須賀 17.06.22:横須賀〜06.24内海西部06.25〜06.25呉 17.07.08:呉〜08.05横須賀 17.08.09:軍隊区分:聯合艦隊機密第748番電:機動部隊 17.08.13:佐世保〜08.15鹿ノ川 17.09.01:トラック〜ラバウル〜ショートランド 17.09.05:巡洋艦「葉」、同「加古」、同「衣笠」、同「古鷹」に重油補給 17.09.--:ショートランド〜トラック 17.09.21:呉〜ブカ〜10.30呉 17.11.02:監督官:海軍大佐 來島 茂雄 17.11.18:呉〜      〜11.18 敷設艇那沙美」が都井岬90度線まで護衛〜      〜ショートランド 17.12.10:ショートランドにて米陸軍航空隊のB-17 11機の攻撃で至近弾を受け損傷、3月迄修理 17.12.27:特設水上機母艦山陽丸」を横付け 18.01.08:0430 運送艦鶴見」が横付け、燃料搭載 18.01.09:特設水上機母艦「山陽丸」に横付け、「山陽丸」の揚錨のため給電 18.01.--:ショートランド〜      〜01.15 1230 巡洋艦「熊野」二、三号機が対潜直衛開始〜      〜01.15カビエン 18.01.15:1710-2035 巡洋艦「熊野」に横付け重油補給1,045t 18.01.16:0645-1015 巡洋艦「鳥海」に横付け重油補給 18.--.--:カビエン〜トラック 18.02.14:トラック〜03.14呉 18.04.18:呉〜05.16呉 18.05.25:指揮官:海軍大佐 來島 茂雄 18.06.02:呉〜柱島 18.06.29:柱島泊地にて巡洋艦「利根」、同「筑摩」に重油補給 18.06.--:柱島〜06.30呉 18.07.06:呉〜佐伯 18.07.07:(オ 703船団)佐伯〜07.10船団から分離〜07.14トラック 18.07.19:軍隊区分:機動部隊電令作第96号:補給部隊 18.07.23:トラック〜      〜07.24 0845 驅逐艦「玉波」が護衛を終了〜      〜パラオ 18.08.13:軍隊区分:前進部隊電令作第251号(08.16附):附属部隊 18.08.15:軍隊区分:邀撃部隊電令作第1号(08.16附):附属部隊 18.08.28:(第8283船団)パラオ〜      〜09.01 1100 標的艦矢風」が合同、護衛開始〜      〜09.02トラック 18.09.02:巡洋艦「利根」に重油補給480t 18.09.17:(第2510船団)パラオ〜      〜09.18 0900 船団より分離、スラバヤに向う〜 18.10.11:(N06.40-E144.20)〜10.13トラック 18.10.16:巡洋艦「利根」に480t、同「筑摩」に494t重油補給 18.10.18:トラック〜10.21ブラウン 18.10.21:標的艦「矢風」に燃料補給 18.10.--:ブラウン〜トラック 18.10.30:トラック〜      〜10.31 0800 礁外200浬にて驅逐艦「島風」による護衛終了〜      〜11.06タラカン 18.11.--:原油積載 18.11.08:タラカン〜      〜11.08 1700(N00.34-E118.59)潜水艦の攻撃を受け1本被雷(不発)〜      〜11.09バリックパパン 18.11.--:原油揚陸 18.11.--:重油、外部鉱油、航空揮発油、普通揮発油及び酒保用砂糖、煙草、石鹸等搭載 18.11.14:バリックパパン〜11.21トラック 18.11.23:軍隊区分:聯合艦隊電令作第829号:邀撃部隊      2.邀撃部隊は準備出来次第クエゼリンに進出待機すべし 18.11.23:軍隊区分:邀撃部隊電令作第23号:第一補給隊 18.11.25:トラック〜クエゼリン向け航行中、潜水艦の雷撃を受け機関部に1発被雷
18.11.25:沈没 19.01.05:除籍:内令第54号 19.01.05:解傭
喪失場所:N08.30-E158.00 ポナペ島北方170km付近 喪失原因:米潜水艦Searaven(SS-196)の雷撃

同型船

 極東丸東邦丸

兵装

 八糎砲1門、小銃。

写真資料

 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報」S12.06 海と空社 (P.72)
 雑誌「海と空」増刊「特殊船舶画報」S14.07 海と空社(P.60)
 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和9年5月号、昭和9年7月号
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1980年9月号「日本商船隊の懐古 No. 15」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 2014年8月号「思い出の日本貨物船その216」
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第十二巻(P.124)
 「船舶百年史」有明書房 S32.09 上野喜一郎 (P.159)
 「川崎造船所四十年史」 S11.11 川崎重工業株式会社
 「飯野60年の歩み」 S34.07 飯野海運株式会社 (P.64, 252)
 「艦船雑誌」企画室黒潮 第1号(P.35-38,42)
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.264)
 "ONI 208-J (Revised) Japanese Merchant Ships Recognition Manual (1944)" (P.279)
 "Naval History and Heritage Command" Catalog #:NH 45567,111675
 Collection of Mr. Ron Wolford

前の船へ ← 特設運送船(給油船) → 次の船へ

Homeへ戻る