新勢丸の船歴

 年 月 日:船歴

08.10.27:起工 09.02.15:進水、命名:新勢丸 09.03.17:竣工、登録総噸数:131、登録純噸数:46、登録長:27.1、      船主:保證責任燒津信用販賣購買利用組合
12.--.--:登録総噸数:148、登録純噸数:57、登録長:30.1に変更
16.09.15:徴傭:一般徴傭船 16.12.01:軍隊区分:機密南支部隊命令第18号:広東方面部隊附属 16.12.07:南朋島南西27kmにて"Islas Visayas"を停船させる 16.12.08:0300頃 南朋島東南約10km付近にて"Islas Visayas"を臨検〜12.08南朋島 16.12.26:軍隊区分:香港方面部隊附属 17.02.15:軍隊区分:機密南支部隊命令第5号:香港方面部隊附属 17.03.06:北海附近陸上の敵と交戦、載貨戎克2隻拿捕 17.03.23:軍隊区分:南支部隊より除く
17.05.01:入籍:内令第779号:特設監視艇、横須賀鎮守府所管
17.05.10:特設監視艇隊編制:内令第821号:第一監視艇隊 17.05.10:戦時編制:聯合艦隊第五艦隊第一監視艇隊 17.05.22:官房機密第657番電:兵器供給:九二式七粍七単装機銃A型(三脚架附)、      仮称40瓩発煙筺5個以内、発煙浮筺用筺嚢3個以内、      九五式爆雷(九五式爆雷改二)完備4個以内、落下傘一型爆雷と同数、      仮装投下台を装備 17.06.--:軍隊区分:北方部隊哨戒部隊第一哨戒隊第七小隊(171) 17.06.05:九二式七粍七単装機銃1基搭載 17.06.07:監視艇長:海軍兵曹長 瀧本 義雄 17.06.07:横須賀〜      〜06.13 1600 着哨〜      〜06.17 0000 「カ」「コ」(東経151度)哨戒線に移動〜      〜06.22 1200 徹哨〜      〜06.26横須賀 17.06.18:軍務局機密第715番電:次を逐次実施予定      1.速力6節以上のものに対しては落下傘付爆雷4個以内、仮装投下台2個装備      2.機銃1基装備、小銃5挺供給      3.発煙筺又は発煙浮筺5個以内供給      4.七倍双眼望遠鏡供給      5.商船式救命袋供給 17.07.05:横須賀〜      〜07.09 0600 着哨〜      〜07.15 特設砲艦昌榮丸」と会合〜      〜07.--横須賀 17.08.--:軍隊区分:北方部隊哨戒部隊第一哨戒隊第一小隊(114) 17.08.05:横須賀〜      〜08.08 1200 「タ一」「レ一」線配備完了〜      〜08.08 1800 「タ」「レ」哨戒線に移動〜      〜08.08 2200 反転、「タ一」「レ一」哨戒線に戻る〜      〜08.12 東方に進行しつつ不時着敵水上機捜索〜      〜08.12 1700 反転、分哨に復帰〜      〜08.15 1200 「タ二」「レ二」哨戒線に移動〜      〜08.17 徹哨〜      〜08.20横須賀 17.08.31:横須賀〜      〜09.03 1400 着哨〜      〜09.04 1800 「タ」「レ」哨戒線に移動〜      〜09.20横須賀 17.09.28:横須賀〜      〜10.-- 着哨(N33.40-E150.00)〜      〜10.09 1100(N35-55-E149.40)機関室後部附近に破孔を生じる、航行に支障なし〜      〜10.09 徹哨〜      〜10.13釧路 17.10.15:釧路〜10.19横須賀 17.10.28:横須賀〜10.28浦賀 17.10.28:浦賀船渠株式會社にて入渠 17.11.02:出渠 17.11.02:浦賀〜11.02横須賀 17.11.16:六糎砲1門搭載 17.11.18:横須賀〜
17.11.25:戦時編制:聯合艦隊第五艦隊第二十二戦隊第一監視艇隊      〜12.01 1200 徹哨〜      〜12.04横須賀 17.12.21:横須賀〜教練射撃〜12.22横須賀 18.01.05:横須賀〜      〜01.05 2200 特設監視艇第一日東丸」を曳航して横須賀に向う〜      〜01.06横須賀 18.01.08:横須賀〜      〜01.14 着哨〜      〜01.18 徹哨〜      〜01.23横須賀 18.01.15:船主:昭和漁業株式會社に変更 18.02.08:横須賀〜      〜02.10 1200 着哨〜      〜02.21 1200 徹哨〜      〜02.24横須賀 18.03.09:横須賀〜      〜03.13 着哨(N33.00-E152.00)〜      〜03.20 1105(N32.50-E151.58)敵潜水艦と遭遇〜      〜03.20 1112 敵潜水艦より砲撃を受ける〜      〜03.20 1118 初弾発砲、約10分で全弾20発発射、七粍七機銃をもって突撃敢行〜         (計:六糎砲23発(内演習弾3発)、七粍七機銃828発、三八式小銃230発)       〜03.20 1145 爆雷二発威嚇投下〜      〜03.20 1305 敵潜水艦潜航〜      〜03.20 1400 特設砲艦~津丸」と合同、死傷者移乗〜      〜03.21 特設監視艇第五h鼕ロ」に護衛され帰途に就く〜      〜03.--横須賀 18.03.25:横須賀海軍工廠にて入渠 18.05.--:監視艇長:海軍兵曹長 小林 吉松 18.05.12:横須賀〜 18.05.12:哨戒部隊電令作第100号:速やかに「ユ」哨戒線(152度線)に進出      〜「ユ」哨戒線「ソ」(N38.40-E152.00)〜      〜05.16 1055 特設砲艦浮島丸」と会合〜      〜05.17 1510 特設砲艦「浮島丸」と会合〜 18.05.17:哨戒部隊電令作第101号:直ちに徹哨、速に釧路に回航、北方進出準備を完成待機      〜05.17 徹哨〜      〜05.20釧路 18.05.23:哨戒部隊電令作第103号:準備出来次第、速やかに幌筵に進出 18.05.24:釧路〜05.30幌筵 18.06.01:軍隊区分:機密北方部隊哨戒部隊命令作第14号:洋上哨戒隊第三小隊 18.06.05:幌筵〜南口哨戒〜06.06幌筵 18.06.11:幌筵〜南口哨戒〜06.12幌筵 18.06.16:幌筵〜      〜06.19 着哨(F3)〜      〜06.30 徹哨〜      〜07.03幌筵 18.07.18:軍隊区分:機密北方部隊哨戒部隊命令作第18号:東方洋上哨戒隊第一直哨戒隊乙直 18.07.20:幌筵〜釧路〜      〜08.03 1824 特設砲艦「浮島丸」と会合〜      〜08.19横須賀 18.08.05:軍隊区分:第二基地航空部隊電令作第24号:第二基地航空部隊哨戒部隊第一哨戒隊 18.08.20:横須賀〜08.20横浜 18.08.23:横浜〜08.23横須賀 18.09.--:軍隊区分:第一直哨戒隊乙直 18.09.03:横須賀〜09.24横浜 18.09.30:横浜〜横浜 18.10.08:横浜〜清水 18.10.09:東海造船所にて修理開始 18.11.01:上架 18.11.14:下架 18.12.07:修理完成 18.12.07:清水〜12.08横須賀 18.12.14:生糧品搭載 18.12.15:横浜〜      〜12.20 着哨(155度線)〜      〜12.24 1547 特設砲艦「浮島丸」と会合〜      〜12.27 151度線に移動〜      〜12.29 着哨(151度線)〜      〜12.31 0955 特設砲艦「浮島丸」と会合〜      〜01.02 1000 徹哨〜      〜01.07横浜 19.01.22:横浜〜      〜01.27 着哨(156度線)〜      〜01.31 1100 特設砲艦「浮島丸」と会合〜      〜02.04 特設監視艇に護衛され帰投〜      〜02.10横浜 19.02.21:戦時編制:聯合艦隊北東方面艦隊第二十二戦隊第一監視艇隊 19.02.21:氷搭載 19.02.22:生糧品搭載 19.02.24:横浜〜      〜着哨(150度線)〜      〜03.03 特設監視艇勝榮丸」を護衛し横浜に向う〜      〜03.09横浜 19.03.15:監視艇長:海軍少尉 小林 吉松 19.03.29:横浜〜      〜「ヘ」線(155度線)着哨〜      〜04.03 1035 特設砲艦「浮島丸」と会合〜      〜「ニ」線(157度線)着哨〜      〜04.10 0600 「ト」線に移動〜      〜04.13 徹哨〜      〜04.18横浜 19.05.02:横浜〜      〜05.10 1100 特設砲艦「浮島丸」と会合〜      〜05.11 0600 「ヘ」線より「ハ」線へ哨区移動〜      〜05.12 0453 特設砲艦「浮島丸」と会合〜      〜05.19 徹哨〜      〜05.25横浜 19.06.06:横浜〜      〜06.13 1506 特設砲艦「浮島丸」と会合〜      〜06.28横浜 19.07.04:横浜〜空襲警報発令により内港浮標に疎開〜07.06横浜(桟橋) 19.07.14:横浜〜      〜07.20 152度線〜      〜07.21 1606 特設砲艦「浮島丸」と会合〜      〜07.23 154度線〜      〜07.25 0750 特設砲艦「浮島丸」と会合〜      〜07.26 153度線〜      〜07.26 1110 特設砲艦「浮島丸」と会合〜      〜横浜 19.08.01:戦時編制:聯合艦隊第二十二戦隊第一監視艇隊 19.08.01:軍隊区分:第七基地航空部隊第一哨戒部隊第一直哨戒隊 19.08.13:三菱重工業株式會社横浜造船所にて      九三式十三粍単装機銃1基、九六式二十五粍単装機銃2基新設工事(08.16まで) 19.08.18:横浜〜      〜09.07横浜 19.09.15:淺野ドックにて兵員寝台増備(09.19まで) 19.09.--:電波探信儀新設 19.09.25:軍隊区分:第七基地航空部隊第二哨戒部隊 19.09.25:横浜〜      〜10.08 台風被害〜      〜10.14横浜 19.--.--:軍隊区分:第七基地航空部隊第一哨戒部隊第一直哨戒隊 19.10.22:横浜重工業株式會社にて二十五粍機銃台手摺、船橋窓等修理(10.29まで) 19.10.--:電波探信儀、十三粍機銃1基新設 19.10.31:横浜〜      〜11.13横浜 19.11.22:横浜重工業株式會社にて船底塗替、艦橋操舵機、甲板填隙、外舷修理(01.10まで) 20.01.01:軍隊区分:哨戒部隊第一直哨戒隊 20.01.11:横浜〜      〜C二分哨〜      〜01.24横浜 20.02.11:横浜〜      〜交戦、損傷〜      〜02.20横浜(山下桟橋) 20.02.--:軍隊区分:第七小隊(172) 20.03.26:横浜〜      〜03.26 1320 (N30.10-E138.30)B-24 1機発見、対空戦闘〜      〜03.26 1359 打方始め〜           二十五粍機銃105、十三粍機銃140、短六糎砲15発発射〜      〜03.26 1410 打方止め〜      〜03.27 南哨区着〜      〜04.07 0830 (N30.00-E138.30)B-29 24機発見、対空戦闘〜      〜04.07 0840 打方始め〜           二十五粍機銃45、十三粍機銃46発発射〜      〜04.07 0843 打方止め〜      〜04.08 1330 (N31.00-E138.30)B-29 1機発見、対空戦闘〜      〜04.08 1340 打方始め〜           二十五粍機銃60、十三粍機銃16、短六糎砲5発発射〜      〜04.08 1400 打方止め〜      〜横浜 20.08.10:特設監視艇隊編制:内令第729号:特設監視艇隊編制を廃止
20.08.10:除籍:内令第730号 20.08.10:解傭 20.08.15:残存

同型船

 なし。

兵装

(開戦時)
 なし。

(17.06.05)
 九二式七粍七単装機銃1基、三八式小銃5挺、拳銃2丁、九五式爆雷改二4個。

(17.11.16)
 山内式六糎砲1門、
 九二式七粍七単装機銃1基、三八式小銃5挺、拳銃2丁、九五式爆雷改二4個。

(19.08.16)
 山内式六糎砲1門、九六式二十五粍単装機銃2基、九三式十三粍単装機銃1基、
 九二式七粍七単装機銃1基、三八式小銃5挺、拳銃2丁、九五式爆雷改二4個。

(19.09.--)
 山内式六糎砲1門、九六式二十五粍単装機銃2基、九三式十三粍単装機銃1基、
 九二式七粍七単装機銃1基、三八式小銃5挺、拳銃2丁、九五式爆雷改二4個、
 電波探信儀1基。

(19.10.--)
 山内式六糎砲1門、九六式二十五粍単装機銃2基、九三式十三粍単装機銃2基、
 三八式小銃5挺、拳銃2丁、九五式爆雷改二4個、
 電波探信儀1基。

* 七粍七単装機銃撤去の記録はありませんが昭和20年4月の対空戦闘で1発も発射していないことから
  撤去されていると思われます。

写真資料

 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編
 雑誌「丸スペシャル」潮書房 No.53「日本の小艦艇」(P.63)
 雑誌「丸Graphic Quarterly」潮書房 No.20 「写真集 日本の小艦艇(続)」(P.143)
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫 (3016)

前の艇へ ← 特設監視艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る