第貮共和丸の船歴

 年 月 日:船歴

09.12.--:起工 10.04.--:進水、命名:第貮共和丸 10.05.--:竣工
15.09.15:徴傭 15.09.15:入籍:内令第575号:特設監視艇、呉鎮守府所管
15.--.--:昭和十五年度海軍大演習期間中に使用
15.10.08:除籍:内令第575号 15.10.10:解傭
16.08.30:徴傭 16.09.20:入籍:内令第1093号:特設監視艇、呉鎮守府所管
16.10.15:内令第1253号:佐伯防備隊所属
16.11.20:内令第1494号:呉海軍警備隊所属 16.12.10:戦時編制:呉鎮守府部隊呉海軍警備隊
18.04.01:特設監視艇隊編制:内令第586号:第四監視艇隊 18.04.01:戦時編制:横須賀鎮守府部隊第四監視艇隊 18.04.12:呉〜06.14釜石 18.05.--:(現在)監視艇長:海軍兵曹長 肥谷 覺 18.06.--:修理(08.01まで) 18.06.15:特設監視艇隊編制:内令第1207号:第四監視艇隊の項を削る
18.06.15:内令第1209号:女川防備隊所属 18.06.15:戦時編制:横須賀鎮守府部隊横須賀防備戦隊女川防備隊 18.06.15:軍隊区分:横須賀鎮守府海面防備部隊南三陸部隊特設監視艇(乙) 18.06.15:内令第1208号:横須賀鎮守府所管に変更 18.08.01:修理完了 18.08.01:釜石〜08.01女川 18.08.09:女川〜哨区〜08.15女川 18.08.15:女川〜対潜掃蕩〜08.16女川 18.08.24:女川〜哨区〜08.30女川 18.09.11:女川〜哨区〜09.16女川 18.09.26:女川〜哨区〜10.02女川 18.10.10:女川〜哨区〜10.16女川 18.10.25:女川〜哨区〜10.30女川 18.11.09:女川〜哨区〜11.14女川 18.11.22:女川〜江ノ島見張所〜石巻沖にて飛行作業〜11.22女川 18.11.24:女川〜哨区〜11.29女川 18.11.29:軍隊区分:機密南三陸部隊命令作第7号:第一哨戒隊(2)第二小隊(8) 18.12.04:女川〜哨区〜12.06女川 18.12.24:女川〜哨区〜12.29女川 19.01.08:女川〜哨区〜 19.01.11:荒天により左舷装備爆雷1個流失、左舷前部四?上梁5米破損、後部便所破損〜      〜哨区〜01.14女川 19.01.23:女川〜哨区〜01.28女川 19.02.07:女川〜哨区〜02.12女川 19.02.22:女川〜哨区〜02.28女川 19.03.03:女川〜哨区〜03.09女川 19.03.10:内令第424号:女川防備隊から除く
19.03.10:特設監視艇隊編制:内令第426号:第四監視艇隊 19.03.10:戦時編制:聯合艦隊北東方面艦隊第二十二戦隊第四監視艇隊 19.03.10:軍隊区分:第二基地航空部隊哨戒部隊 19.03.12:女川〜哨区〜03.14女川 19.03.22:第四監視艇隊麾下に入る 19.03.22:女川〜03.24横浜03.25〜03.25横須賀 19.04.03:横須賀〜04.06清水 19.04.--:修理(07.09まで) 19.04.15:軍隊区分:2FBG命令作第9号:第二基地航空部隊第二哨戒部隊 19.06.--:艇番号:414 19.07.09:清水〜07.10横浜 19.07.10:軍隊区分:北東方面部隊第二哨戒部隊 19.07.19:横浜〜07.28釧路08.01〜08.08幌筵
19.08.01:戦時編制:聯合艦隊第二十二戦隊第四監視艇隊 19.08.01:軍隊区分:千防部隊電令作第105号:千島防備部隊哨戒部隊 19.08.08:軍隊区分:C直哨戒隊 19.08.16:千根信電令第68号:温禰古丹大泊より加熊別に転進の陸軍海上機動第三旅団の輸送2往復 19.08.17:幌筵〜08.17片岡08.18〜08.18大泊08.19〜08.19加熊別湾 19.08.20:対空戦闘: 19.08.--:加熊別湾〜08.23幌筵 19.09.09:幌筵〜丙哨戒線哨戒〜 19.10.09:荒天の為、片岡湾軍需部前桟橋付近に座礁、特設監視艇第八號正榮丸」の助力にて離礁、舵流失 19.10.14:(「王田丸」が曳航)片岡〜       〜10.16 0435 松輪島北北西5浬にて米潜水艦Tilefish(SS-307) より砲撃を受ける〜      〜10.16 0600 特設監視艇王田丸」に8名救助され、艇長他11名行方不明〜      〜10.16 0615 沈没
19.10.16:沈没 20.08.10:特設監視艇隊編制:内令第729号:特設監視艇隊編制を廃止 20.08.10:除籍:内令第730号 20.08.10:解傭
喪失場所:N48.07-E153.04 松輪島北北西9km付近 喪失原因:米潜水艦Tilefish(SS-307)の砲撃

同型船

 なし

兵装

 要調査

写真資料

 なし

備考

 昭和19年08月〜10月にかけて幌筵とあるのは基地のあった幌筵海峡に面した幌筵島烏川湾又は占守島片岡湾を指します。


前の艇へ ← 特設監視艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る