第三玉園丸の船歴

 年 月 日:船歴

T09.--.--:起工 T09.12.--:進水、命名:第三玉園丸 T10.--.--:竣工、船主:倉場富三郎外三名
T10.02.07:汽船トロール漁業許可       許可番号:第六六號       名義:倉場富三郎外三名 代表者倉場富三郎       操業区域:東海及黄海       漁獲物陸揚港:長崎港、博多港、下関港       許可期間:許可の日より十箇年 T10.03.03:汽船トロール漁業許可証書換       名義:長崎海運株式會社に変更(倉場富三郎外三名 代表者倉場富三郎より借受) T10.--.--:船主:長崎海運株式會社、船籍港:長崎 03.05.--:汽船トロール漁業許可証書換       名義:共同漁業株式會社に変更 03.06.30:船主:共同漁業株式會社、船籍港:下関に変更 04.05.15:汽船トロール漁業許可証書換       漁獲物陸揚港:下関港、長崎港、戸畑港に変更 05.03.24:船籍港:戸畑に変更 06.01.30:汽船トロール漁業許可更新       許可期間:昭和06年02月07日より起算し十箇年 06.06.08:汽船トロール漁業取締規則により東海及黄海に於ける汽船トロール漁業の操業を禁止       期間:自昭和06年07月01日 至同年08月31日 07.--.--:信号符字JENBに変更 08.07.14:汽船トロール漁業許可失効(廃止) 08.10.28:汽船トロール漁業許可       許可番号:第一二七號       名義:共同漁業株式會社       操業区域:東海、黄海及北緯二十一度以南の南支那海       漁獲物陸揚港:戸畑港、下関港、長崎港、香港       許可期間:昭和08年10月28日より起算し一年六箇月 08.11.16:船籍港:神戸に変更 09.07.01:汽船トロール漁業許可証書換       名義:豊洋漁業株式會社に変更 09.08.16:汽船トロール漁業許可証書換       名義:共同漁業株式會社に変更 09.12.20:汽船トロール漁業許可失効(廃止) 10.--.--:船主:株式會社蓬莱漁業公司、船籍港:基隆、船舶番号:台湾236に変更 11.--.--:船主:共同漁業株式會社、船籍港:東京、船舶番号:41970に変更 12.05.07:船主:日本水産株式會社に変更
12.10.--:徴傭:一般徴傭船 12.10.25:金門島攻略戦(10.29まで)
13.06.07:入籍:内令第476号:特設掃海艇、呉鎮守府所管
13.06.07:特設掃海隊編制:内令第477号:第二掃海隊 13.06.07:掃海艇長:海軍豫備大尉 瀬川 岩雄 13.06.23:藤永田造船所株式會社にて艤装工事完了 13.06.27:呉〜中支方面〜 13.10.01:徴傭 14.02.26:入渠 14.03.08:出渠 14.03.--:〜03.15鎮海 14.03.15:特設掃海隊編制:内令第186号:特設掃海隊編制を廃止
14.03.15:内令第188号:佐世保鎮守府所管へ変更、鎮海防備隊所属 14.07.20:掃海艇長:海軍豫備中尉 日野 千代松(昭和十四年海軍小演習終結所属要港帰投まで臨時) 16.01.15:内令第49号:鎮海防備隊所属を解く
16.01.15:特設掃海隊編制:内令第30号:第十三掃海隊 16.01.15:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第三根據地隊第十三掃海隊 16.01.15:内令第50号:横須賀鎮守府所管へ変更 16.01.15:掃海艇長:海軍豫備中尉 日野 千代松 16.02.01:第三根據地隊機密第108番電:略称:第136号掃海艇 16.02.09:横須賀〜南洋方面〜03.14横須賀 16.05.05:横須賀〜南洋方面〜 16.06.02:掃海艇長:海軍豫備大尉 日野 千代松 16.09.01:艦隊区分:第四艦隊機密第228番電:(46)第三根據地隊(3)第十三掃海隊 16.10.15:特設掃海隊編制:内令第1252号:第十三掃海隊 16.12.--:艦隊区分:第三根據地隊(3)第十三掃海隊第二小隊(3) 16.12.--:軍隊区分:パラオ方面防備部隊 16.12.--:パラオ〜ガダラク01.02〜01.02パラオ 17.01.03:パラオ〜01.03ガダラク01.05〜01.05パラオ 17.01.07:パラオ〜01.07ガダラク01.09〜01.09パラオ 17.01.11:パラオ〜01.13ガダラク01.14〜01.14パラオ 17.01.16:パラオ〜01.16ガダラク01.18〜01.19パラオ 17.01.21:パラオ〜01.21ガダラク01.23〜01.23パラオ 17.01.25:パラオ〜01.25ガダラク01.27〜01.27パラオ 17.01.28:パラオ〜01.28ガダラク01.29〜01.29パラオ 17.02.01:パラオ〜02.01ガダラク02.02〜02.02パラオ 17.02.04:パラオ〜02.04ガダラク02.05〜02.05パラオ 17.02.06:パラオ〜02.06ガツレル02.06〜02.06パラオ 17.02.07:パラオ〜02.07ガツレル02.08〜02.08ガダラク02.09〜02.09ガツレル02.10〜02.10パラオ 17.02.24:パラオ〜02.24ガダラク02.25〜02.25パラオ 17.02.28:パラオ〜02.28ガダラク03.01〜03.01パラオ 17.03.03:パラオ〜03.03ガダラク03.04〜03.04パラオ 17.03.07:パラオ〜03.07ガダラク03.08〜03.08パラオ 17.03.11:パラオ〜03.11ガダラク03.12〜03.12パラオ 17.03.15:パラオ〜03.15ガダラク03.16〜03.16パラオ 17.03.19:パラオ〜03.19ガダラク03.20〜03.20パラオ 17.03.23:パラオ〜03.23ガダラク03.24〜03.24パラオ 17.03.27:パラオ〜03.27ガダラク03.28〜03.28パラオ港外03.29〜03.29パラオ 17.03.30:パラオ〜03.30ガダラク03.31〜03.31パラオ 17.04.03:パラオ〜04.03ガダラク04.04〜04.04パラオ 17.04.07:パラオ〜04.07カサオ礁沖04.09〜04.09パラオ 17.04.10:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第三特別根據地隊第十三掃海隊 17.04.10:パラオ〜04.10ガダラク04.11〜04.11パラオ 17.04.15:パラオ〜04.15デンキス沖04.17〜04.17パラオ 17.04.19:パラオ〜04.19ガダラク04.20〜04.20パラオ 17.04.23:パラオ〜04.23ガダラク04.24〜04.24パラオ 17.04.27:パラオ〜04.27ガダラク04.28〜04.28パラオ 17.04.30:パラオ〜04.30ガダラク05.01〜05.01パラオ 17.05.01:掃海艇長:海軍予備大尉 17.05.04:パラオ〜05.05パラオ 17.05.08:パラオ〜05.10パラオ 17.05.12:パラオ〜05.14パラオ 17.05.15:パラオ〜05.17パラオ 17.05.19:パラオ〜 17.05.20:軍隊区分:マーシャル方面防備部隊
17.06.15:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第四根據地隊第十三掃海隊 17.06.15:艦隊区分:聯合艦隊第四艦隊第四根據地隊第十三掃海隊(5) 17.06.15:トラック 17.07.04:トラック〜07.13二見〜横須賀 17.07.10:特設掃海隊編制:内令第1216号:第十三掃海隊の項を削る
17.07.10:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第四根據地隊第四十三警備隊 17.07.10:内令第1217号:第四十三警備隊所属 17.08.--:横須賀にて船体機関修理 17.09.26:横須賀〜 17.09.--:トラック〜哨区哨戒〜10.09トラック 17.10.14:トラック〜哨区哨戒〜10.16トラック 17.10.17:トラック〜哨区哨戒〜10.20トラック 17.10.21:トラック〜哨区哨戒〜10.22トラック 17.10.23:トラック〜哨区哨戒〜10.25トラック 17.10.28:トラック〜哨区哨戒〜10.31トラック 17.11.02:トラック〜対潜掃蕩〜11.05トラック 17.11.07:トラック〜対潜掃蕩〜11.09トラック 17.11.13:トラック〜対潜掃蕩〜11.18トラック 17.11.20:内令第2141号:呉鎮守府所管へ変更 17.11.20:トラック〜対潜掃蕩〜11.26トラック 17.12.06:トラック〜対潜掃蕩、護衛〜12.09トラック 17.12.11:トラック〜対潜掃蕩〜12.14トラック 17.12.16:トラック〜対潜掃蕩〜12.18トラック 17.12.20:トラック〜対潜掃蕩〜12.21トラック 17.12.23:トラック〜対潜掃蕩〜12.26トラック 17.12.29:トラック〜護衛〜12.31トラック 18.01.02:トラック〜対潜掃蕩〜01.03トラック 18.01.04:トラック〜対潜掃蕩〜01.06トラック 18.01.07:トラック〜01.11トラック 18.01.23:トラック〜特設運送船第二號天洋丸」護衛〜01.27トラック 18.01.27:工作部沖にて修理 18.02.--:軍隊区分:パラオ警備部隊 18.03.31:船主:日本海洋漁業統制株式會社に変更 18.06.--:パラオ      〜06.11 1435 陸軍徴傭船ぜのあ丸」遭難現場着〜      〜06.11 1501 「第四十六號哨戒艇」が陸軍徴傭船「ぜのあ丸」を曳航開始〜      〜06.11 1507 特設監視艇八紘丸」来着〜      〜06.11 1530 「第四十六號哨戒艇」が陸軍徴傭船「ぜのあ丸」の曳航を中止〜      〜06.11 1720 陸軍徴傭船「ぜのあ丸」の前部につけ曳航を試みるも曳航できず〜      〜06.11 1730 陸軍徴傭船「ぜのあ丸」から離し、「第四十六號哨戒艇」が後部より曳航開始〜      〜06.11 1814 「第四十六號哨戒艇」が陸軍徴傭船「ぜのあ丸」の曳航を中止〜      〜06.11 1817 陸軍徴傭船 「ぜのあ丸」船長と船員決死隊を収容〜      〜06.11 1851(N07.23-E134.28) 「ぜのあ丸」沈没〜      〜パラオ 18.07.--:軍隊区分:機密カロリン方面防備部隊命令作第22号:パラオ方面警備部隊 19.01.01:(現在)掃海艇長:海軍大尉 津穐 幸彦 19.01.02:パラオ〜対潜掃蕩〜01.04オ708船団護衛〜01.06パラオ 19.01.08:パラオ〜01.11パラオ
19.01.10:内令第77号:第三十特別根據地隊所属 19.01.11:外板破孔箇所及び缶内部掃除(01.23まで) 19.01.24:パラオ〜01.27パラオ 19.03.01:内令第392号:第三十根據地隊所属 19.03.30:0530 ウルクターブル島避泊錨地〜      0544 対空戦闘:留式七粍七単装機銃1,400発発射      0545 打方始め      0650 マラカル山頂の205度2,130mに投錨(ウルクターブル島避泊錨地)      0910 打方始め   1005 打方始め      1730 打方止め      1840 出港      1905 工作艦「明石」に横付け      1910 工作艦「明石」に防火隊派遣      2120 派遣隊収容、横付け離す      2340 マラカル山頂の205度2,130mに投錨(ウルクターブル島避泊錨地) 19.03.31:0715 打方始め      0904 打方始め      1009 打方始め      1600 打方止め
19.09.08:沈没 19.11.10:除籍:内令第1258号 19.11.10:解傭
喪失場所:パラオ港 喪失原因:空爆

同型船

 第一玉園丸第二玉園丸

兵装

 砲1門、留式七粍七単装機銃、小銃

写真資料

 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編

前の艇へ ← 特設掃海艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る