第二玉園丸の船歴

 年 月 日:船歴

T09.--.--:起工 T09.10.--:進水、命名:第二玉園丸 T09.--.--:竣工、船主:倉場富三郎、船籍港:三重県鳥羽町
T09.11.30:汽船トロール漁業許可       許可番号:第五六號       名義:倉場富三郎外三名 代表者倉場富三郎       操業区域:東海及黄海       漁獲物陸揚港:長崎港、博多港、下関港       許可期間:許可の日より十箇年 T09.12.15:汽船トロール漁業許可証書換       名義:長崎海運株式會社に変更(倉場富三郎外三名 代表者倉場富三郎より借受) T10.--.--:船主:長崎海運株式會社、船籍港:長崎に変更 03.05.--:汽船トロール漁業許可証書換       名義:共同漁業株式會社に変更 03.06.30:船主:共同漁業株式會社、船籍港:下関に変更 04.05.15:汽船トロール漁業許可証書換       漁獲物陸揚港:下関港、長崎港、戸畑港に変更 05.03.24:船籍港:戸畑に変更 05.11.10:汽船トロール漁業許可更新       許可期間:昭和05年11月30日より起算し十箇年 07.--.--:信号符字:JEMBに変更 08.07.14:汽船トロール漁業許可失効(廃止) 08.11.16:船籍港:神戸に変更 09.--.--:船主:株式會社蓬莱漁業公司、船籍港:基隆、船舶番号:台湾211、信号符字:JJRGに変更 11.--.--:船主:共同漁業株式會社、船籍港:東京、船舶番号:41967、信号符字:JEMBに変更 12.05.07:船主:日本水産株式會社に変更
12.10.--:徴傭:一般徴傭船 12.10.17:特設運送船天洋丸」に横付け、缶水を補給
13.05.19:入籍:内令第396号:特設掃海艇、呉鎮守府所管
13.05.19:特設掃海隊編制:内令第397号:第二掃海隊 13.05.19:掃海艇長:海軍豫備大尉 佐久間 耕一 13.06.09:呉〜江南 13.08.01:入渠 13.08.12:出渠 13.08.--:江南〜      〜08.13 上海にて特設運送船衣笠丸」の左舷前部に横付け、清水搭載〜 13.10.01:徴傭 14.02.26:入渠 14.03.06:出渠 14.03.--:〜03.12小松島 14.03.15:内令第186号:特設掃海隊編成廃止
14.03.15:内令第187号:横須賀鎮守府所管へ変更、大湊防備隊所属 14.03.--:(現在)掃海艇長:海軍豫備中尉 長嶺 爲三郎 14.07.20:掃海艇長:海軍豫備大尉 佐久間 耕一(昭和十四年海軍小演習終結所属要港帰投まで臨時) 15.--.--:信号符字:JJRGに変更 15.05.15:大湊〜第二回教練運転〜05.15大湊 15.06.29:大湊〜大空霧中飛行警戒艇〜07.18大湊 15.08.07:大湊〜実験掃海〜08.07大湊 15.11.20:掃海艇長:海軍豫備中尉 吉田 駒雄 15.11.23:長嶺艇長退任 15.12.12:吉田艇長退任 15.12.21:掃海艇長:海軍豫備中尉 横溝 俊雄 16.01.11:機密大湊要港部命令第42号:01.13 大湊発、横須賀回航 16.01.15:横溝艇長退任 16.01.15:内令第49号:大湊防備隊所属を解く
16.01.15:特設掃海隊編制:内令第30号:第十六掃海隊 16.01.15:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第六根據地隊第十六掃海隊 16.01.15:掃海艇長:海軍豫備中尉 横溝 俊雄 16.02.04:略称制定:第164号掃海艇 16.02.12:横須賀〜南洋方面〜08.02二見 16.09.01:艦隊区分:第四艦隊機密第228番電:(49)第六根據地隊(3)第十六掃海隊 16.10.01:特設掃海隊編制:内令第1165号:第十六掃海隊より削る
16.10.15:特設掃海隊編制:内令第1252号:第二十七掃海隊 16.10.15:戦時編制:大湊警備府部隊第二十七掃海隊 16.12.01:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第6号:津軽防備部隊 16.12.07:大湊〜02.16大湊 17.01.15:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第17号:津軽防備部隊 17.02.23:兵装工事完了      〜03.09大湊 17.03.12:大湊〜03.23大湊 17.03.27:大湊〜 17.04.01:函館〜 17.04.15:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第24号:津軽防備部隊 17.04.--:軍隊区分:機密津軽防備部隊命令作第8号:室蘭哨戒隊      〜06.08大湊 17.06.11:大湊〜07.15大湊 17.07.20:缶修理 17.07.25:大湊〜09.04大湊 17.08.01:掃海艇長:海軍豫備大尉 横溝 俊雄 17.09.05:軍隊区分:津防機密第408番電:厚岸隊 17.09.25:函館〜 17.10.01:軍隊区分:機密津軽防備部隊命令作第9号:厚岸隊      〜10.25大湊 17.11.01:大湊〜 17.11.04:大湊〜01.17大湊 17.11.25:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第36号:津軽防備部隊 18.01.20:大湊〜02.11大湊 18.02.14:大湊〜05.21大湊 18.03.31:船主:日本海洋漁業統制株式會社に変更 18.05.26:釧路〜05.28釧路 18.05.31:釧路〜06.02釧路 18.06.05:釧路〜06.05釧路 18.06.07:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第44号:津軽防備部隊 18.06.07:釧路〜06.09大湊 18.06.27:大湊〜06.28釧路06.30〜07.02釧路 18.07.01:掃海艇長:海軍大尉 横溝 俊雄 18.07.05:釧路〜07.07釧路 18.07.08:軍隊区分:津防機密第081723番電:小樽隊 18.07.08:釧路〜      〜07.12 北航船「東海丸」を積丹岬付近迄直接護衛〜      〜07.16小樽 18.07.13:軍隊区分:大警機密第131054番電:電令作第77号:作戦に関し護衛部隊指揮官の指揮下 18.07.19:軍隊区分:大警機密第191408番電:電令作第82号:護衛部隊指揮官の作戦指揮を解く 18.07.19:小樽〜07.20小樽 18.07.22:小樽〜07.23小樽 18.07.26:小樽〜小樽 18.08.02:小樽〜08.03小樽 18.08.05:小樽〜08.06小樽 18.08.09:小樽〜08.09小樽 18.08.13:小樽〜08.13小樽 18.08.15:小樽〜08.19小樽 18.08.21:津防機密第211451番電:一時西掃蕩隊と呼称 18.08.21:小樽〜08.26小樽 18.08.27:津防機密第272001番電:西掃蕩隊編成を解く 18.08.30:小樽〜09.02小樽 18.09.04:小樽〜09.06小樽 18.09.05:掃海艇長:海軍大尉 河上 大四 18.09.09:小樽〜09.11小樽 18.09.13:小樽〜小樽 18.09.19:小樽〜09.24小樽 18.09.26:小樽〜09.28小樽 18.10.01:小樽〜哨戒〜10.02小樽 18.10.07:小樽〜対潜掃蕩及び哨戒〜10.10大湊 18.10.--:入渠 18.10.27:大湊〜哨戒〜10.29小樽 18.11.03:小樽〜哨戒〜11.03小樽 18.11.05:小樽〜哨戒〜11.06小樽 18.11.13:小樽〜哨戒〜11.14小樽 18.11.20:小樽〜哨戒〜11.21小樽 18.11.24:小樽〜哨戒〜11.25小樽 18.11.28:小樽〜哨戒〜11.29小樽 18.12.02:小樽〜哨戒〜12.03小樽 18.12.06:小樽〜哨戒〜12.07小樽 18.12.10:小樽〜哨戒〜12.11小樽 18.12.14:小樽〜哨戒〜12.15小樽 18.12.19:小樽〜哨戒〜12.20小樽 18.12.25:小樽〜哨戒〜12.26小樽 18.12.28:小樽〜哨戒〜12.30小樽 18.12.31:軍隊区分:大警電令作第142号:横須賀鎮守府長官の作戦指揮下 19.01.03:小樽〜01.25釧路02.10〜02.18釧路 19.02.--:〜02.24清水 19.02.26:清水〜02.28清水 19.03.01:釧路〜 19.03.30:軍隊区分:津軽防備部隊指揮官の作戦指揮下 19.03.30:軍隊区分:厚岸隊 19.04.10:軍隊区分:大湊警備府電令作第167号:厚岸防備部隊 19.04.11:釧路〜哨戒〜04.12釧路 19.04.14:釧路〜哨戒〜      〜04.15 トセップ岬62度3浬にて雷撃を受けた「隅田丸」を猿留鼻5度約300米接岸迄曳航〜      〜対潜掃蕩〜      〜04.17釧路 19.04.18:釧路〜哨戒〜04.21釧路 19.04.23:釧路〜哨戒〜04.28釧路 19.04.30:釧路〜哨戒〜05.02釧路 19.05.04:釧路〜哨戒〜05.06釧路 19.05.08:釧路〜対潜掃蕩〜05.11釧路 19.05.14:釧路〜哨戒〜05.16釧路 19.05.19:釧路〜哨戒〜05.20釧路 19.05.24:釧路〜哨戒〜05.26釧路 19.05.28:釧路〜哨戒〜05.29厚岸 19.05.30:厚岸〜哨戒〜05.31釧路 19.06.02:釧路〜哨戒〜06.04釧路 19.06.06:釧路〜対潜掃蕩〜06.10釧路 19.06.10:河上大尉補厚岸防備隊附 19.06.10:特設掃海隊編制:内令第745号:第二十七掃海隊の項を削る
19.06.10:内令第751号:厚岸防備隊所属 19.06.10:戦時編制:大湊警備府部隊厚岸防備隊 19.06.10:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第83号:厚岸防備部隊 19.06.10:艦船番号:1第一玉園丸、2第二玉園丸、3吉野丸、4園部丸 19.06.10:掃海艇長:海軍大尉 河上 大四 19.06.13:釧路〜06.14釧路 19.06.14:釧路〜06.17釧路 19.06.19:釧路〜      〜06.19 一般徴傭船「第二御崎丸」と合同、護衛開始〜      〜06.20 キ902船団の区間護衛〜      〜06.21 護衛を特設掃海艇園部丸」に引継ぐ〜      〜06.21釧路 19.06.24:釧路(0700)〜06.24釧路(1130) 19.06.24:釧路(1400)〜06.24釧路(1430) 19.06.25:釧路〜06.26釧路 19.06.29:釧路〜07.01釧路 19.07.04:釧路〜07.06釧路 19.07.09:釧路〜07.13釧路 19.07.15:釧路〜07.17釧路 19.07.20:釧路〜07.22釧路 19.07.24:釧路〜07.26大湊 19.07.28:入渠        九三式十三粍単装機銃一型改一2基新設工事(07.27〜08.02)       機銃装備位置:(1)艇長室屋根上(2)後部上甲板中央(艇尾より290糎)       簡易式聴音機二型捕音器筐修理       軽便探信儀送波器取付 19.08.05:出渠 19.08.15:大湊〜08.16釧路 19.08.17:釧路〜08.17厚岸08.17〜08.17釧路 19.08.20:釧路〜08.22釧路 19.08.25:釧路〜08.27釧路 19.08.28:釧路〜08.30釧路 19.09.01:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第89号:厚岸防備部隊 19.09.02:釧路〜09.04釧路 19.09.07:釧路〜09.09釧路 19.09.11:釧路〜09.13釧路 19.09.16:釧路〜09.17釧路 19.09.20:釧路〜09.22釧路 19.09.25:釧路〜09.27釧路 19.09.30:釧路〜09.30釧路 19.10.01:釧路〜10.02釧路 19.10.05:信令第3号:艦船番号変更:1吉野丸、2園部丸、3第一玉園丸、4第二玉園丸 19.10.05:釧路〜10.07厚岸10.08〜10.08釧路 19.10.11:釧路〜10.13厚岸10.16〜10.16釧路 19.10.16:釧路〜10.16釧路 19.10.17:(第二百四十一號魚雷艇及び第二百四十六號魚雷艇を曳航)釧路〜      〜10.18 1145 曳航用具損傷、両艇とも自力航行開始〜      〜10.18室蘭 19.10.20:室蘭〜10.21広尾 19.10.21:(第二百五十一號魚雷艇を曳航)広尾〜10.22釧路 19.10.23:釧路〜10.25釧路 19.10.28:釧路〜10.29室蘭10.31〜特型運貨船曳航〜11.01厚岸 19.11.01:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第91号:厚岸防備部隊 19.11.02:厚岸〜11.02釧路 19.11.07:釧路〜11.09釧路 19.11.12:釧路〜11.14釧路 19.11.17:釧路〜11.17釧路 19.11.17:釧路〜 19.11.18:十勝川沖から機関故障漂流中の「第一春日丸」を曳航〜11.18釧路 19.11.18:釧路〜11.20釧路 19.11.24:(第二百四十二號魚雷艇及び第二百四十九號魚雷艇を曳航)釧路〜      〜11.25 1830 浦河の西23浬にて第二百四十九號魚雷艇の曳索切断〜      〜11.25 2045 曳索修理完了、曳航続行〜      〜11.26 0640 第二百四十二號魚雷艇曳航用ビット切損のため曳航停止〜      〜11.26 0850 第二百四十二號魚雷艇修理完了、曳航開始〜      〜11.26室蘭 19.11.28:室蘭〜11.29釧路 19.12.01:釧路〜「北進丸」護衛〜12.03釧路 19.12.06:釧路〜12.08釧路 19.12.11:釧路〜12.12白糠12.13〜12.14釧路 19.12.19:釧路〜12.21釧路 19.12.25:釧路〜12.27釧路 19.12.31:釧路〜12.31厚岸01.02〜01.02釧路 20.01.03:釧路〜01.04釧路 20.01.08:釧路〜01.10釧路 20.01.13:釧路〜01.15釧路 20.01.19:釧路〜01.21釧路 20.01.24:釧路〜01.26釧路 20.01.29:釧路〜01.31釧路 20.02.03:釧路〜缶漏洩、哨戒不能〜02.03釧路 20.02.09:釧路〜02.11釧路 20.02.12:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第94号:厚岸防備部隊 20.02.13:釧路〜02.15釧路 20.02.17:釧路〜02.19釧路 20.02.21:釧路〜02.23釧路 20.02.25:釧路〜02.27釧路 20.03.04:釧路〜03.04釧路 20.03.10:釧路〜03.10釧路 20.03.15:釧路〜03.17釧路 20.03.20:釧路〜03.22釧路 20.03.25:釧路〜03.27釧路 20.03.26:信電令第18号:艦船番号変更:1園部丸、2吉野丸、3第二玉園丸、4第一玉園丸 20.03.30:釧路〜04.04釧路 20.04.05:釧路〜04.07釧路 20.04.06:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第95号:厚岸防備部隊 20.04.07:釧路〜04.09釧路 20.04.14:釧路〜04.16釧路 20.04.19:釧路〜04.21釧路 20.04.23:釧路〜04.25釧路 20.04.24:掃海艇長:海軍大尉 棚田 僖朔 20.04.27:釧路〜04.29釧路 20.05.02:釧路〜05.07釧路 20.05.10:釧路〜05.12釧路 20.05.16:釧路〜05.18釧路 20.05.19:釧路〜特設掃海艇吉野丸」を捜索〜05.20釧路 20.05.22:釧路〜05.22厚岸05.22〜05.22釧路 20.05.23:釧路〜05.25大湊 20.05.28:大湊工作部一号船渠にて入渠 20.06.06:出渠 20.06.07:十三粍機銃増備及び探信儀室新設工事(06.15まで) 20.06.16:大湊〜06.16大湊 20.06.17:大湊(0730)〜06.17大湊(1230) 20.06.17:大湊(1900)〜06.18室蘭06.20〜06.21釧路 20.06.18:軍隊区分:大湊警備府電令作第63号:津軽防備部隊 20.06.18:軍隊区分:津防機密第180840番電:室蘭隊:護衛に関し第百九十六號海防艦の区処 20.06.21:軍隊区分:大湊警備府電令作第66号:厚岸防備部隊 20.06.22:釧路〜06.23釧路 20.06.26:釧路〜06.26厚岸06.26〜06.26釧路 20.06.27:釧路〜06.30釧路 20.07.--:釧路〜07.14釧路 20.07.14:釧路港にて米第38機動部隊艦載機の空爆を受け被弾大破
20.08.15:残存:SCAJAP No. T-195 20.11.07:除籍:第081231番電 20.11.07:解傭

同型船

 第一玉園丸第三玉園丸

兵装

官房艦機密第27135号(19.04.23)による調整図面)
 三年式短八糎砲1門、九六式二十五粍単装機銃2基、九三式十三粍単装機銃2基。

(19.08.02)
 三年式短八糎砲1門、九三式十三粍単装機銃2基、三八式小銃、
 二式爆雷18個、
 簡易式水中聴音機三型改一1基、軽便探信儀一型1基

(20.06)
 三年式短八糎砲1門、九三式十三粍単装機銃3基、三八式小銃、
 二式爆雷18個、
 簡易式水中聴音機三型改一1基、軽便探信儀一型1基

写真資料

 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫 (3007)

前の艇へ ← 特設掃海艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る