民星丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 15.11.29:進水、命名:民星丸 16.03.07:竣工、船主:東光商事株式會社
16.--.--:運航:三光汽船株式會社 16.09.06:函館統制工業にて艤装工事開始
16.09.10:徴傭
16.09.15:敷設艇長:海軍豫備中尉 堤 幸男
16.09.20:入籍:内令第1093号:特設敷設艇、横須賀鎮守府所管
16.09.20:軍隊区分:機密大湊要港部命令第234号:当分の間、大湊防備隊司令指揮下、      函館船渠株式會社にて艤装 16.10.15:内令第1253号:大湊防備隊所属 16.10.15:艤装工事完了 16.10.15:敷設艇長:海軍豫備大尉 堤 幸男 16.12.01:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第6号:宗谷防備部隊 16.12.05:大湊〜12.12稚内 16.12.10:戦時編制:大湊警備府部隊大湊防備隊 16.12.24:大泊〜哨戒〜      〜12.24 1525 暴風雪の為、西能登呂岬西岸白主に座礁〜      〜12.25 特設砲艦千歳丸」現場着、救難作業〜      〜12.29 自力離礁時に船底各所が岩礁に触れて浸水〜 16.12.30:特設砲艦「千歳丸」と交代、特務艦「大泊」が救難作業継承      〜12.30 1515 缶水欠乏、排水喞筒故障〜      〜12.31 特設監視艇繁進丸」による救難作業〜      〜01.18 日本サルベージ救難船「那須丸」来着、救難作業〜      〜01.21 0700 離礁、「那須丸」に曳航される〜      〜01.31函館 17.02.01:入渠 17.04.09:出渠 17.04.15:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第24号:津軽防備部隊 17.04.--:軍隊区分:機密津軽防備部隊命令作第8号:津軽哨戒隊西口隊特設敷設艇隊 17.04.21:修理完成 17.04.23:函館〜04.23大湊 17.04.27:大湊〜教練射撃〜04.27大湊 17.04.30:大湊〜第一、第四哨区哨戒〜05.05大湊 17.05.14:大湊〜第二、第四哨区哨戒〜05.23大湊 17.05.30:大湊〜第二哨区哨戒〜06.01大湊 17.06.15:大湊〜第二、第四哨区哨戒〜06.25大湊 17.06.27:大湊〜第二、第四哨区哨戒〜06.29大湊 17.07.01:大湊〜第二、第四哨区哨戒〜07.09大湊 17.07.15:大湊〜第二、第四哨区哨戒〜07.18大湊 17.07.24:大湊〜第二、第四哨区哨戒〜      〜07.27浮流機雷銃撃処分〜      〜第二、第四哨区哨戒〜08.04大湊 17.08.05:大湊〜C、第二、第四哨区哨戒〜08.17大湊 17.09.04:大湊〜第二、第四哨区哨戒〜09.13大湊 17.09.20:大湊〜第二、第四哨区哨戒〜09.30大湊 17.10.01:軍隊区分:機密津軽防備部隊命令作第9号:西口隊 17.10.04:函館〜第二、第四哨区哨戒〜10.08函館 17.10.11:函館〜第二、第四哨区哨戒〜10.16函館 17.10.18:函館〜第二、第四哨区哨戒〜10.24函館 17.11.01:函館〜第四哨区哨戒〜11.02大湊 17.11.04:大湊〜第四哨区哨戒〜11.05函館 17.11.07:函館〜第四哨区哨戒〜11.13函館 17.11.17:函館〜第四哨区哨戒〜11.20函館 17.11.23:函館〜第四哨区哨戒〜11.27大湊
17.11.25:内令第2178号:千島方面特別根據地隊所属 17.11.25:戦時編制:大湊警備府部隊千島方面特別根據地隊 17.11.25:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第36号:津軽防備部隊 17.12.02:大湊〜12.16大湊 17.12.26:大湊〜01.27大湊 18.02.01:大湊〜02.10大湊 18.02.23:大湊〜03.20大湊 18.03.25:大湊〜03.30大湊 18.04.--:船主:三光汽船株式會社に変更 18.04.--:大湊〜04.11大湊 18.04.27:大湊〜04.29大湊 18.05.08:軍隊区分:大湊警備府電令作第33号:千島方面特別根據地隊 18.05.11:大湊〜05.22幌筵 18.06.01:軍隊区分:機密千防部隊命令作第2号:敷設部隊 18.06.05:清水30t搭載 18.06.07:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第44号:千島防備部隊 18.06.--:幌筵〜      〜06.09 0530 千防信電令作第63号(片岡に帰投補給をなせ)〜      〜06.09幌筵海峡 18.06.10:重油7t、清水30t搭載 18.06.14:千防信電令作第65号:       民星丸は明15日1000迄に阿頼度島の南方15浬に至り附近の警戒に任じ崎戸丸阿頼度海峡通過後       (明日1200の予定)片岡に帰投せよ 18.06.15:幌筵海峡〜陸軍徴傭船崎戸丸」間接護衛〜06.15幌筵海峡 18.06.18:千防信電令作第67号:       19日以後当隊対潜警戒配備左の通定む       (イ)部隊名(ロ)指揮官(ハ)兵力(ニ)配備標準(ホ)分担区域の順以下同断      1.甲哨区(幌筵方面)       (イ)東側隊(ロ)石垣海防艦長(ハ)石垣、第十四號驅潜艇、第十五號驅潜艇 民星丸       (ニ)武蔵湾方面二隻、幌筵海峡南口 民星丸、片岡湾一隻(ホ)甲哨区東岸及武蔵湾方面      5.各隊内の配備及交代は各隊指揮官所定とす      7.本令発動時機19日0000 18.06.18:千防部隊信電令作第67号:19日以後対潜警戒配備:東側隊(甲哨区) 18.06.22:清水30t搭載 18.06.27:(「紅海丸」護衛)幌筵海峡〜06.30幌筵海峡 18.07.01:敷設艇長:海軍大尉 堤 幸男 18.07.01:幌筵哨区哨戒(08.31まで) 18.07.14:柏原大艇用浮標設置作業(07.15まで) 18.07.16:志林規島沖196度22浬にて対潜掃蕩
18.08.05:内令第1598号:千島方面根據地隊所属 18.08.06:軍隊区分:大海指第263号:作戦に関し北東方面艦隊司令長官指揮下(08.05付) 18.08.10:軍隊区分:機密千島防備部隊命令作第4号:千島防備部隊附属 18.09.01:幌筵哨区哨戒(10.06まで)  18.10.05:軍隊区分:大湊警備府長官指揮下(冬季大湊方面引揚期間) 18.10.06:(「葵丸」護衛)片岡〜10.11小樽10.13〜10.14大湊 18.10.10:軍隊区分:機密千島防備部隊命令作第7号:千島防備部隊附属
18.10.20:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第60号:津軽防備部隊 18.10.26:軍隊区分:津防機密第261626番電:一時、東口隊      〜10.27函館 18.11.01:函館〜哨戒〜11.02函館 18.11.04:函館〜哨戒〜11.05函館 18.11.07:軍隊区分:津防機密第071000番電:一時、室蘭隊 18.11.07:函館〜哨戒〜11.08室蘭 18.11.10:軍隊区分:津防機密第100853番電:室蘭隊 18.11.13:室蘭〜哨戒〜11.15室蘭 18.11.17:室蘭〜哨戒〜11.19室蘭 18.11.21:室蘭〜哨戒〜11.22室蘭 18.11.24:室蘭〜哨戒〜11.25室蘭 18.11.27:室蘭〜      〜11.27座礁した「星丸」救難作業を警戒〜      〜11.29函館 18.11.30:函館〜11.30大湊 18.12.01:軍隊区分:千島防備部隊から除く
18.12.01:内令第2579号:第六十一警備隊所属 18.12.01:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第六根據地隊第六十一警備隊
19.03.31:内令第506号:第四十一警備隊所属 19.03.31:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第四根據地隊第四十一警備隊      〜04.03トラック 19.04.14:トラック〜04.17トラック 19.04.23:トラック〜04.24モートロック04.25〜04.26トラック 19.04.--:軍隊区分:機密カロリン方面防備部隊命令作第14号:哨戒部隊
19.06.10:沈没 19.06.10:除籍:内令第752号 19.06.10:解傭
喪失場所:不詳 喪失原因:不詳

同型船

 なし。

兵装

(参考:標準兵装)
 短八糎砲1門、
 機雷50個。

写真資料

 なし。

前の艇へ ← 特設敷設艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る