興義丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 15.03.27:進水、命名:興義丸 15.08.14:竣工
16.09.05:徴傭 16.09.20:入籍:内令第1093号:特設捕獲網艇、横須賀鎮守府所管
16.09.20:捕獲網艇長:海軍豫備中尉 足立 睦雄 16.10.30:艤装工事完了 16.10.31:特設驅潜隊編制:内令第1311号:第六十六驅潜隊 16.10.31:戦時編制:聯合艦隊第五艦隊第七根據地隊第六十六驅潜隊 16.12.01:横須賀〜12.04父島 16.12.07:父島〜12.13父島 16.12.17:父島〜12.26父島 17.01.09:父島〜01.13父島 17.01.20:父島〜01.20父島 17.01.24:父島〜01.25父島 17.01.31:父島〜02.01父島 17.02.04:父島〜02.04父島 17.02.06:父島〜02.07父島 17.02.09:父島〜02.13父島 17.02.20:特設砲艦吉田丸」に横付し清水補給 17.02.20:父島〜02.27父島 17.02.28:父島〜03.01父島 17.03.04:父島〜03.14父島 17.03.11:七根機密第655番電:対潜対空警戒を厳にしつつ要務終了後、父島に帰投 17.03.17:父島〜03.18父島 17.03.19:父島〜03.19父島 17.03.20:父島〜03.20父島 17.03.25:父島〜03.26父島 17.03.26:父島〜03.27父島 17.04.01:父島〜04.02父島 17.04.07:父島〜04.08父島 17.04.09:父島〜04.10父島 17.04.10:父島〜04.11父島 17.04.11:父島〜04.12父島 17.04.13:父島〜04.14父島 17.04.16:父島〜04.17父島 17.04.19:父島〜04.22父島 17.04.23:父島〜04.24父島 17.04.26:父島〜04.27父島 17.05.07:父島〜05.08父島 17.05.09:父島〜05.10父島 17.05.14:父島〜05.17浦賀 17.05.20:入渠 17.05.25:出渠 17.05.27:浦賀〜05.27横須賀  17.06.03:横須賀〜06.07父島 17.06.09:父島〜06.12父島 17.06.15:特設驅潜隊編制:内令第1048号:第六十六驅潜隊の項を削る
17.06.15:内令第1051号:父島方面特別根據地隊所属 17.06.18:父島〜06.19父島06.26〜06.30父島07.03〜07.03父島07.12〜07.13父島 17.07.20:父島〜07.21父島07.27〜07.29父島08.08〜08.09父島08.15〜08.25父島 17.09.03:父島〜09.04父島09.12〜09.13父島09.21〜09.23父島 17.09.25:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第126号:小笠原部隊 17.10.19:父島〜10.20父島 17.10.27:父島〜10.29父島11.03〜11.08横須賀 17.12.04:横須賀〜12.30横須賀 18.01.05:横須賀〜01.29父島02.02〜02.28父島03.08〜03.10父島03.17〜03.20父島 18.03.26:父島〜04.26父島04.30〜05.10父島05.22〜06.05父島06.13〜06.23父島 18.07.01:父島〜07.04父島07.08〜08.01父島09.05〜09.29父島10.04〜10.11横須賀 18.10.16:横須賀〜10.21父島10.24〜 18.11.03:出渠      〜11.09横須賀 19.01.07:横須賀〜01.11父島 19.01.15:(船団護衛)父島〜01.20南鳥島〜02.06父島 19.03.--:軍隊区分:父島方面防備部隊特設驅潜隊(4)(3) 19.03.--:捕獲網艇長:海軍大尉 泉 强 19.03.01:父島〜試運転〜03.01父島 19.03.11:(東松2号船団護衛)父島〜北緯30度20分線にて護衛終了〜03.17父島 19.03.17:小笠原部隊信電令第8号:硫黄島回航、陸軍部隊輸送任務 19.03.17:父島〜03.18硫黄島 19.03.20:陸軍部隊揚陸完了 19.03.20:硫黄島〜03.21父島 19.03.21:小笠原部隊信電令第10号:父島−西之島間不時着機の捜索救難任務 19.03.21:父島〜遭難機捜索〜特設驅潜艇白鷹丸」遭難者救助〜03.23父島 19.03.24:小笠原部隊電令作第78号:「芝園丸」父島−硫黄島間往復護衛任務 19.03.25:(「芝園丸」護衛)父島〜03.26硫黄島03.28〜04.02父島 19.04.--:軍隊区分:父島方面防備部隊小笠原部隊特設驅潜隊(2)(3) 19.04.04:小笠原部隊信電令作第26号:      1.第四三二四船団4日横須賀に向け出撃の予定      2.第十七掃海隊司令は右船団並に護衛部隊を指揮し北緯31度線附近まで護衛に任じ        由利島猿島と会合後、先任指揮官に任務を引継ぎたる後、第十七掃海隊を率い(第五利丸欠)        帰投すべし      3.文丸、興義丸は横須賀に回航、所要の修理に従事したる後、帰投の途次東京湾部隊指揮官の        協議に応じ適宜回航船団の護衛に任ずべし 19.04.04:(第4324船団護衛)父島〜04.06八丈島 19.04.15:軍隊区分:小笠原方面防備部隊電令作第3号:小笠原方面防備部隊 19.04.07:八丈島〜04.08横須賀 19.04.10:横浜淺野船渠にて船体機関修理工事(05.16まで) 19.05.12:軍隊区分:機密横鎮電令作第352号:甲直接護衛部隊編入 19.05.14:横防電令作第115号:第3516船団の横浜−父島間直接護衛任務 19.05.16:横須賀〜第3516船団護衛〜05.20父島 19.05.20:軍隊区分:機密横鎮電令作第374号:小笠原部隊編入 19.05.21:九六式二十五粍二聯装機銃装備 19.05.29:小笠原部隊信電令作第55号:第4530乙船団護衛協力後、作戦緊急資材搭載し帰投 19.05.30:(第4530乙船団護衛)父島〜06.02横須賀 19.06.07:小笠原部隊電令作第114号:第3609船団護衛任務 19.06.07:横須賀〜06.07横浜 19.06.08:(第3609船団護衛)横浜〜06.12父島 19.06.14:(「彌榮丸」船団護衛)父島〜      〜06.15 1640頃荒天により「彌榮丸」船団と分離〜      〜06.18横須賀(長浦) 19.06.21:横須賀〜06.21横浜 19.06.19:機密横鎮電令作第449号:第3622船団を護衛し父島帰投 19.06.20:小笠原部隊電令作第123号:横鎮電令作第449号任務 19.06.22:(第3622船団護衛)横浜〜06.24八丈島06.27〜 19.06.30:敵潜制圧〜特設運送船百jロ」遭難者救助〜07.01父島 19.07.04:父島二見〜 19.07.05:横須賀向け退避中、右舷船首と中央部機械室に被雷
19.07.05:沈没 19.09.10:除籍:内令第1067号 19.09.20:解傭
喪失場所:N27.50-E141.20 西之島北東40km付近 喪失原因:米潜水艦Plaice(SS-390)の雷撃

同型船

 厚榮丸

兵装

(参考:開戦時の標準兵装)
 四十口径四一式八糎砲1門、十三粍単装機銃1基、七粍七単装機銃1基、
 六十糎探照燈1基、
 爆雷投射機1式、爆雷投下台2組、爆雷24個、
 一四式捕獲網4組、吊下式水中聴音機1基。

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和15年12月号
 "ONI 208-J Supplement No.2 (March 1945) Far-Eastern Small Craft"

前の艇へ ← 特設捕獲網艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る