第二百四十一號驅潜特務艇の艦歴

 年 月 日:艦歴

19.04.01:起工、仮称艦名:第2091號艦 19.08.28:命名:達第283号:第二百四十一號驅潜特務艇 19.08.28:類別等級制定:内令第1002号:種別:特務艇、類別:驅潜特務艇、艇型:第一號型 19.08.28:本籍仮定:内令第1006号:大阪警備府 19.09.19:進水 19.10.22:竣工
19.10.22:本籍:内令第1207号:大阪警備府 19.10.22:内令第1208号:紀伊防備隊所属 19.10.22:戦時編制:大阪警備府部隊紀伊防備隊 19.10.22:軍隊区分:機密大阪警備府命令作第18号:海面防備部隊 19.11.--:特務艇長:海軍少尉 松本 幸治      〜11.16由良内 19.11.20:海防機密第201329番電:阿波大島沖敵潜探知現場に急行、乙配備艇に協力 19.11.20:由良内〜対潜掃蕩〜乙配備〜11.24由良内 19.11.26:海防機密第261522番電:27日0800発、江須埼配備 19.11.27:由良内〜江須埼配備〜12.01由良内 19.11.28:海防機密第281501番電:29日航空母艦信濃通過時、北緯23度20分線より区間護衛 19.11.29:海防機密第291210番電:雷撃された信濃を潮岬市江埼間直接護衛 19.12.04:海防機密第041526番電:05日0800発、甲配備 19.12.05:由良内〜甲配備〜12.08由良内 19.12.11:海防機密第111521番電:12日0800発、江須埼配備 19.12.12:由良内〜江須埼配備〜12.16由良内 19.12.18:海防機密第181538番電:19日0800発、乙配備 19.12.19:由良内〜乙配備〜12.23由良内 19.12.25:海防機密第251640番電:26日0700発、甲配備 19.12.26:由良内〜甲配備〜12.29由良内 20.01.01:特務艇長:海軍少尉 川野 寅雄 20.01.02:海防機密第021539番電:03日0800発、乙配備 20.01.03:由良内〜乙配備〜01.08由良内 20.01.12:海防機密第121448番電:13日0800発、乙配備 20.01.13:由良内〜乙配備〜01.18由良内 20.01.20:海防機密第201455番電:21日0800発、江須埼配備 20.01.21:由良内〜江須埼配備〜01.25由良内 20.01.28:海防機密第281501番電:29日0800発、甲配備 20.01.29:由良内〜甲配備〜 20.01.30:海防機密第300845番電:第三護衛隊に協力、江須埼に出現の敵潜を掃蕩      〜対潜掃蕩〜 20.02.01:軍隊区分:機密大阪警備府命令作第2号(01.20附):海面防備部隊 20.02.01:海防機密第011000番電:第三高島丸艇長は第二十號第九十八號第二百四十一號驅潜特務艇を      指揮、警戒を厳にし西航路護衛に万全を期せ 20.02.01:海防機密第011615番電:01日夜の東航船護衛終了後掃蕩を止め田辺警泊      〜02.02由良内 20.02.04:海防機密第041637番電:05日0800発、乙配備 20.02.05:由良内〜「波號第百五號潜水艦」公試監視艇〜02.09由良内 20.02.12:海防機密第121526番電:13日0030発、江須埼配備 20.02.12:由良内〜江須埼配備〜02.17由良内 20.02.22:由良内〜甲配備〜02.26由良内 20.02.27:特務艇長:海軍兵曹長 仲森 繁 20.03.01:海防機密第011549番電:02日0800発、甲配備 20.03.02:由良内〜甲配備〜03.07由良内 20.03.10:海防機密第101119番電:11日0800発、江須埼配備 20.03.11:由良内〜江須埼配備〜 20.03.12:海防機密第122108番電:13日1200発周参見沖発江須埼に向け船団航路付近の掃蕩を実施後、      船団を護衛北上せよ      〜03.13由良内 20.03.14:由良内〜一般作業〜03.15由良内 20.03.16:海防機密第161516番電:17日0800発、乙配備 20.03.17:由良内〜乙配備〜牟岐 20.03.19:0600 対空戦闘:十三粍機銃100発、七粍七機銃100発発射 20.03.--:牟岐〜乙配備〜03.22由良内 20.03.23:由良内〜浜寺機雷処分〜03.24由良内 20.03.24:海防機密第241519番電:25日0800発、甲配備 20.03.25:由良内〜甲配備〜03.25由良内 20.03.25:海防機密第251524番電:26日0800発、乙配備 20.03.26:由良内〜乙配備〜03.31由良内 20.04.03:海防機密第031503番電:04日0000発、甲配備 20.04.03:由良内〜江須埼配備〜04.08由良内 20.04.10:海防機密第101601番電:11日0800発、乙配備 20.04.11:由良内〜乙配備〜04.16由良内 20.04.19:由良内〜      〜04.19 1305 第8418船団遭難現場着〜      〜04.20田辺 20.04.21:田辺〜西航船団護衛〜04.21田辺 20.04.21:海防機密第211751番電:田辺待機、第8421船団を厳重護衛      〜04.22 甲配備〜      〜04.25由良内 20.04.25:由良内〜乙配備〜04.26由良内 20.05.01:海防機密第010957番電:対潜掃蕩 20.--.--:由良内〜対潜掃蕩〜 20.05.01:海防機密第011732番電:掃蕩を止め第五十號海防艦警戒艇      〜05.01田辺〜      〜乙配備〜05.06由良内 20.05.08:由良内〜乙配備〜05.10由良内 20.05.12:海防機密第121501番電:13日0800発、乙配備 20.05.13:由良内〜乙配備〜05.17由良内 20.05.18:海防機密第181650番電:19日0400発、乙配備 20.05.19:由良内〜丙配備〜05.24由良内 20.05.25:海防機密第251708番電:26日1500発、丙配備 20.05.26:由良内〜丙配備〜05.31由良内 20.06.01:戦時編制:大阪警備府部隊第六特攻戦隊紀伊防備隊 20.06.02:海防機密第021743番電:03日0500発、丙配備 20.06.03:由良内〜丙配備〜06.08由良内 20.06.09:由良内〜丙配備〜06.10由良内 20.06.12:由良内〜丙配備〜06.16由良内 20.06.18:由良内〜丙配備〜06.18由良内 20.06.19:由良内〜丙配備〜06.19由良内 20.06.23:由良内〜06.28由良内
20.08.15:残存 20.12.01:除籍
20.12.01:入籍:内令第5号:掃海艦、大阪地方復員局所管 20.12.01:内令第7号:大阪地方復員局掃海部大阪支部所属 20.12.20:内令第12号:「驅潜特第二百四十一號」と呼称 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅) 21.06.15:複二第5号:阪神掃海部所属 21.06.25:復二第48号:神戸掃海部所属 21.11.01:復二第368号:阪神掃海部所属 22.08.01:復二第543号:下関掃海部所属 22.10.27:復二第770号:下関掃海部所属削除
23.01.01:船主:運輸省 23.05.01:海上保安庁 23.08.20:掃海船「驅特第二四一号」(MS-04):運輸省告示第230号 24.10.20:掃海船「驅特第二四一号」(MS-04):海上保安庁告示第36号(24.10.18) 26.12.01:掃海船「ふるたか」(MS-04):海上保安庁告示第31号(26.12.24)
27.08.01:保安庁警備隊掃海艇 29.07.01:海上自衛隊掃海艇「ふるたか」(MS-04) 31.04.01:海上自衛隊特務艇「特務1号」(MS-04) 32.09.01:海上自衛隊特務艇「特務1号」(ASM-51) 35.03.31:海上自衛隊支援船「特務雑船25号」(YAS-25) 37.03.31:除籍

同型艇

 第一號第百號第百五十一號第二百五十號

兵装

 九三式十三粍単装機銃1基、
 爆雷手動投下台2基、爆雷、軽便探信儀1基、簡易式水中聴音機1基。

写真資料

 なし

前の艇へ ← 驅潜特務艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る