第二百二十一號驅潜特務艇の艦歴

 年 月 日:艦歴

19.01.18:起工、仮称艦名:第2071號艦 19.07.03:進水 19.07.10:命名:達第222号:第二百二十一號驅潜特務艇 19.07.10:類別等級制定:内令第835号:種別:特務艇、類別:驅潜特務艇、艇型:第一號型 19.07.10:本籍仮定:内令第851号:大阪警備府 19.08.28:竣工
19.08.28:本籍:内令第1003号:大阪警備府 19.08.28:内令第1004号:紀伊防備隊所属 19.08.28:戦時編制:大阪警備府部隊紀伊防備隊 19.08.28:軍隊区分:機密大阪警備府命令作第14号:海面防備部隊 19.11.--:特務艇長:海軍少尉 竹内 照雄      〜11.09由良内 19.11.13:海防機密第131629番電:14日0800発、甲配備 19.11.14:由良内〜甲配備〜 19.11.14:海防機密第141511番電:15日極力第8114船団を護衛      〜11.18由良内 19.11.21:海防機密第211509番電:22日0800発、甲配備 19.11.22:由良内〜甲配備〜11.26由良内 19.11.27:海防機密第271521番電:28日0800発、甲配備 19.11.28:由良内〜甲配備〜 19.11.28:海防機密第281501番電:29日航空母艦信濃通過時、潮岬東西線より区間護衛 19.11.29:海防機密第291210番電:雷撃された信濃を潮岬市江埼間直接護衛 19.11.29:海防機密第291532番電:30日夜、甲当直 19.12.01:海防機密第011521番電:02日東航船団護衛後、由良内帰投      〜12.03由良内 19.12.05:海防機密第051429番電:06日0800発、甲配備 19.12.06:由良内〜甲配備〜12.10由良内 19.12.13:海防機密第131509番電:14日0800発、甲配備 19.12.14:由良内〜甲配備〜12.18由良内 19.12.21:海防機密第211509番電:22日0800発、甲配備 19.12.22:由良内〜甲配備〜12.26由良内 19.12.28:海防機密第281555番電:29日0800発、甲配備 19.12.29:由良内〜甲配備〜01.03由良内 20.01.06:海防機密第061546番電:07日0230発、江須埼配備 20.01.07:由良内〜江須埼配備〜01.08由良内 20.01.11:勝浦船渠にて修理(01.22まで) 20.01.23:海防機密第231732番電:24日0800発、甲配備 20.01.24:由良内〜甲配備〜01.25由良内 20.01.26:海防機密第261524番電:27日0800発、乙配備 20.01.27:由良内〜乙配備〜 20.01.27:海防機密第271528番電:28日1400より約2時間第一海面にて波號第百七潜水艦公試警戒艇      〜01.31由良内 20.02.01:軍隊区分:機密大阪警備府命令作第2号(01.20附):海面防備部隊 20.02.01:海防機密第011522番電:02日0800発、甲配備、第三高島丸と交代 20.02.02:由良内〜甲配備〜02.06由良内 20.02.07:由良内〜座礁した「第五共榮丸」救難〜02.07由良内 20.02.09:海防機密第091601番電:10日0030発、甲配備 20.02.10:由良内〜甲配備〜02.15由良内 20.02.17:海防機密第171508番電:18日0800発、江須埼配備 20.02.18:由良内〜江須埼配備〜 20.02.22:海防機密第221549番電:23日便宜帰投      〜02.23由良内 20.02.26:海防機密第261744番電:26日0800発、乙配備 20.02.27:由良内〜 20.03.03:海防機密第031637番電:04日0800発、甲配備 20.03.03:由良内〜甲配備〜03.09由良内 20.03.12:由良内〜甲配備〜 20.03.12:海防機密第122108番電:13日1200発周参見沖発江須埼に向け船団航路付近の掃蕩を実施後、      船団を護衛北上せよ 20.03.15:海防機密第15----番電:驅逐艦柿を曳航の驅逐艦萩を江須埼より護衛      〜03.17由良内 20.03.19:海防機密第191610番電:20日0800発、甲配備 20.03.20:由良内〜甲配備〜03.25由良内 20.03.28:海防機密第281508番電:29日0800発、護衛終了後江須埼配備 20.03.29:由良内〜江須埼配備〜04.03由良内 20.04.05:由良内〜神戸曳航作業〜04.11由良内 20.04.14:由良内〜乙配備〜04.19由良内 20.04.20:由良内〜対潜掃蕩〜04.20田辺 20.04.21:田辺〜西航船団護衛〜04.21田辺 20.04.21:海防機密第211751番電:田辺待機、第8421船団を厳重護衛      〜04.22由良内 20.04.27:由良内〜乙配備〜05.04由良内 20.05.06:由良内〜05.06小松島 20.05.06:小松島〜      〜05.06 1205 阿波大島の42度7浬にてB-24 2機と交戦:十三粍機銃68発、九九式小銃57発発射〜      〜05.06 1232 総員退去〜      〜05.06 1250 日和佐海岸に座洲〜      〜05.06由良内〜      〜05.10大阪 20.05.10:木津川船渠にて修理 20.06.01:戦時編制:大阪警備府部隊第六特攻戦隊紀伊防備隊 20.06.--:特務艇長:海軍少尉 今藤 良一 20.06.--:木津川船渠にて修理
20.08.15:残存 20.12.01:除籍
20.12.01:入籍:内令第5号:掃海艦、大阪地方復員局所管 20.12.01:内令第7号:大阪地方復員局掃海部大阪支部所属 20.12.20:内令第12号:「驅潜特第二百二十一號」と呼称 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅) 21.06.15:複二第5号:阪神掃海部所属 21.06.25:復二第48号:神戸掃海部所属 21.11.01:復二第368号:阪神掃海部所属 22.08.01:復二第543号:下関掃海部所属 22.10.27:復二第770号:下関掃海部所属解除
23.01.01:船主:運輸省 23.05.01:海上保安庁 23.08.20:掃海船「驅特第二二一号」(MS-02):運輸省告示第230号 24.10.20:掃海船「驅特第二二一号」(MS-02):海上保安庁告示第36号(24.10.18) 26.12.01:掃海船「よしきり」(MS-02):海上保安庁告示第31号(26.12.24)
27.08.01:保安庁警備隊掃海艇 29.07.01:海上自衛隊掃海艇「よしきり」(MS-02) 32.09.01:海上自衛隊掃海艇「よしきり」(MSI-690) 36.03.31:海上自衛隊支援船「特務雑船29号」(YAS-29) 37.03.31:除籍

同型艇

 第一號第百號第百五十一號第二百五十號

兵装

 九三式十三粍単装機銃1基、
 爆雷手動投下台2基、爆雷、軽便探信儀1基。

(20.01現在)
 九三式十三粍単装機銃1基、
 爆雷手動投下台2基、爆雷、軽便探信儀1基、簡易式水中聴音機1基。

写真資料

 なし

前の艇へ ← 驅潜特務艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る