第二百二十二號驅潜特務艇の艦歴

 年 月 日:艦歴

19.04.28:起工、仮称艦名:第2072號艦 19.07.10:命名:達第222号:第二百二十二號驅潜特務艇 19.07.10:類別等級制定:内令第835号:種別:特務艇、類別:驅潜特務艇、艇型:第一號型 19.07.10:本籍仮定:内令第851号:呉鎮守府 19.--.--:進水 19.11.01:竣工
19.11.01:本籍:内令第1230ノ2号:呉鎮守府 19.11.01:内令第1230号ノ3:佐伯防備隊所属 19.11.01:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊佐伯防備隊 19.12.--:呉〜12.08佐伯 19.12.14:佐伯〜対潜訓練〜12.14佐伯 19.12.17:佐伯〜哨戒〜12.18佐伯 19.12.20:佐伯〜哨戒〜12.21佐伯 19.12.23:佐伯〜哨戒〜12.24佐伯 20.--.--:特務艇長:海軍兵曹長 土井 一人 20.02.04:佐伯〜G哨戒〜02.05佐伯 20.02.07:佐伯〜G哨戒〜02.08佐伯 20.02.10:佐伯〜航行管制〜02.13佐伯 20.02.20:佐伯〜三式掃海具掃海訓練〜02.20佐伯 20.02.25:佐伯〜掃海訓練〜02.25佐伯 20.02.26:佐伯〜聯合掃海訓練〜02.28佐伯 20.--.--:軍隊区分:下関防備隊指揮下 20.03.24:軍隊区分:関門防備部隊第二掃海隊 20.03.29:佐伯〜03.29吉見 20.03.31:BC間掃海中機雷3個爆発 20.04.07:軍隊区分:下防機密第071705番電:第一特別掃海隊 20.04.11:触雷した「第二百十五號驅潜特務艇」「第二百三十號驅潜特務艇」を曳航〜04.11吉見 20.05.--:軍隊区分:関門西口部隊第五掃海隊第二小隊
20.06.10:内令第527号:呉防備隊所属 20.06.10:戦時編制:呉鎮守府部隊第八十一戦隊呉防備隊 20.06.12:軍隊区分:下関防備隊作戦指揮を解く 20.06.12:吉見〜06.12佐伯 20.06.24:軍隊区分:関門防備部隊電令作第16号:関門港掃海隊
20.08.15:残存 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅) 20.11.30:除籍:第301730番電
20.12.01:入籍:内令第5号:掃海艦、呉地方復員局所管 20.12.01:内令第7号:呉地方復員局掃海部呉支部所属 20.12.20:内令第12号:「驅潜特第二百二十二號」と呼称 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅) 21.06.15:複二第5号:大竹掃海部所属 22.08.01:複二第543号:下関掃海部所属 22.10.27:復二第770号:下関掃海部所属解除 22.10.27:復二第771号:大阪地方復員局所管に変更
23.01.01:船主:運輸省 23.05.01:海上保安庁 23.08.20:掃海船「驅特第二二二号」(MS-03):運輸省告示第230号 24.10.20:掃海船「驅特第二二二号」(MS-03):海上保安庁告示第36号(24.10.18) 25.06.30:電気通信省告示第205号(25.09.04):船舶託送発受所の施設事項変更       名称:MS〇三託送発受所、       新定繋港:大阪、旧定繋港:呉 26.12.01:掃海船「はつたか」(MS-03):海上保安庁告示第31号(26.12.24)
27.08.01:保安庁警備隊掃海艇 29.07.01:海上自衛隊掃海艇「はつたか」(MS-03) 32.09.01:海上自衛隊掃海艇「はつたか」(MSI-696) 40.03.31:除籍

同型艇

 第一號第百號第百五十一號第二百五十號

兵装

(第一號型驅潜特務艇の計画時)
 九二式七粍七単装機銃1基、爆雷22個、吊下式水中聴音機1基、軽便探信儀1基。

写真資料

 雑誌「世界の艦船」海人社 2003年7月号増刊「海上保安庁全船艇史」(P.65)
 「残存帝国艦艇」図書出版社 S47.12 木俣慈郎(P.88, 92)
 「終戦と帝国艦艇」光人社 H23.01 福井静夫(129)

前の艇へ ← 驅潜特務艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る