鹽屋の艦歴

 年 月 日:艦歴

17.04.01:起工、仮称艦名:第220号艦 17.12.25:命名:達第345号:特務艦「鹽屋」(シホヤ) 17.12.25:類別等級制定:内令第2395号:種別:特務艦、類別:運送艦、艦型:足摺型 18.03.08:進水 18.10.27:艤装員長:海軍大佐 木岡 蟻志松(兼務) 18.11.01:艤装員長:海軍大佐 池内 正方 18.11.09:竣工 18.11.09:本籍:内令第2341号:佐世保鎮守府、役務:在役特務艦
18.11.09:戦時編制:聯合艦隊所属給油艦 18.11.09:特務艦長:海軍大佐 池内 正方 18.12.15:北九州部隊機密第150920番電:      1.沖ノ島防備衛所は0630同衛所より348度距離21kmに敵潜水艦を聴知せり      2.各艇は直に出動、鎭警部隊に協力哨戒に任ずべし        似島筑前大島、小呂島間、第六十六號驅潜特務艇小呂島、壱岐(魚釣埼)の間、山彌丸馬渡島、        的山大島間、第八十九號驅潜特務艇古志岐島、長瀬埼間      3.各衛所は警戒を厳にすべし      4.特務艦鹽屋15日0900六連通過16日0800佐世保入港の予定 18.12.17:官房艦機密第6258号:運送艦迷彩塗装の件訓令:二號色 19.01.06:(臨時M船団)高雄〜01.09マニラ01.10〜01.13タラカン01.14〜01.15バリクパパン 19.01.27:ザンボアンガ〜 〜01.28 0230頃(N05.46-E124.04)陸軍徴傭船「共同丸」より突如砲撃を受ける〜      〜01.28ダバオ 19.02.03:特務艦長:海軍大佐 佐藤 述 19.04.--:タウイタウイ〜   〜04.01(N02.50-E120.32)「第百二號哨戒艇」が護衛を開始〜      〜04.02バリクパパン 19.04.--:バリクパパン〜マニラ 19.04.--:マニラ〜      〜04.21 「第百二號哨戒艇」が護衛を開始〜      〜04.21ホロ04.22〜04.22ボンガオ 19.04.--:ボンガオ〜タラカン 19.04.28:タラカン〜04.29バリクパパン 19.05.04:バリクパパン〜05.06ダバオ 19.05.09:ダバオ〜05.10ザンボアンガ05.10〜05.11セブ 19.05.12:「第三十號掃海艇」に重油28t補給 19.05.14:セブ〜05.16バリクパパン 19.05.23:バリクパパン〜      〜05.24 0615 対潜哨戒機(零式観測機)1機護衛開始〜      〜05.24 0713(N01.45-E121.04)雷撃4本回避〜      〜05.24 0739 第1回爆雷攻撃〜      〜05.24 0803 第2回爆雷攻撃(2回合計8個)〜      〜05.25ダバオ 19.--.--:ダバオ〜06.03バリクパパン 19.06.07:バリクパパン〜
19.06.08:沈没 19.08.10:類別等級削除:内令第938号 19.08.10:除籍:内令第943号
喪失場所:N03.15-E124.03 メナドの北西 喪失原因:米潜水艦Rasher(SS-269)の雷撃

同型艦

 足摺

兵装

 四十口径八九式十二糎七聯装高角砲2基、九六式二十五粍二聯装機銃2基。

写真資料

 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫 (2733)
 「日本海軍艦艇写真集 巡洋艦」ダイヤモンド社 H17.08 呉市海事歴史科学館(P.201)

前の艦へ ← 運送艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る