力行丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 05.09.04:進水、命名:Corabank 07.08.--:竣工、船主:Bank Line, Limited、船籍港:Belfast、船舶番号:161876、信号符字:LHBP、      登録総噸数:8,898、登録純噸数:5,366
07.08.--:運航:Andrew Weir & Company 12.12.27:逓信省告示第4191号:私設無線電信施設許可
12.12.27:改名:力行丸       船主:日本石油株式會社、船籍港:東京、船舶番号:44240、信号符字:JDAM、      登録総噸数:9,181、登録純噸数:7,143 12.12.27;横浜にて定期検査 13.05.--:中間検査 14.07.--:中間検査 15.11.--:中間検査 16.09.26:傭船主:共同企業株式會社 17.04.--:横浜にて定期検査
--.--.--:徴傭:船舶運營會陸軍配當船 18.05.25:第1次海軍指定船 18.10.29:(第215船団)高雄〜      〜10.30 1330 基隆発の「日安丸」が船団に加入〜      〜11.04門司 19.03.01:(モタ07船団)門司〜03.09高雄 19.06.13:船主:日本油槽船株式會社に変更 19.06.24:(マタ23船団)マニラ〜06.29基隆 19.07.12:(ミ06船団)高雄〜      〜07.12 0745 基隆行船団4隻分離、基隆より2隻合同〜      〜07.17 0820 「第三十八號哨戒艇」が船団から分離〜      〜07.17門司 19.08.--:中間検査 19.08.18:門司〜08.18六連 19.08.19:(ミ15船団)六連〜08.25高雄 19.08.30:(ミ15船団)高雄〜      〜08.31 0330(N21.24-E121.07)「千代田丸」被雷沈没〜      〜08.31 0435(N21.30-E121.19)鵞鸞鼻南東70km附近にて被雷〜      〜09.01東港沖 19.09.09:東港沖〜09.10高雄 19.10.12:0730 敵機と交戦      1830 敵機と交戦 19.11.17:高雄〜11.18馬公 20.01.03:0930 敵機と交戦 20.01.03:馬公〜01.05基隆 20.01.09:1518 敵機と交戦 20.01.21:0910 敵機と交戦      1455 敵機と交戦 20.03.06:0630 波浪により被雷箇所から船体切断
20.03.06:沈没 --.--.--:解傭
喪失場所:N.-E. 基隆 喪失原因:海難

同型船

 なし。

兵装

 野砲。

写真資料

 雑誌「海と空」増刊「特殊船舶画報」S14.07 海と空社(表紙, P.55)
 "The World's Merchant Fleets 1939" Chatham Publishing 1999 Roger Jordan(P.255)
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual"(P.329)

前の船へ ← 陸軍配當船 → 次の船へ

Homeへ戻る