極洋丸の船歴

 年 月 日:船歴

13.01.07:起工 13.06.28:進水、命名:極洋丸 13.10.05:竣工、登録総噸数:17,548、登録純噸数:13,875
13.10.04:母船式鯨漁業母船使用承認証交付       承認番号:第壹號       名義:極洋捕鯨株式會社       承認期間:自昭和13年10月04日 至昭和14年05月31日       操業区域:南緯四十度以南の海面       独航附属漁船:総噸数二百五十噸以上のもの八隻、三百噸以上のもの一隻 13.10.11:(南氷洋捕鯨第1回)神戸〜11.07フリーマントル〜タラカン〜04.16佐世保〜04.20神戸 14.--.--:登録総噸数:17,549、登録純噸数:13,763に変更 14.10.21:母船式鯨漁業母船使用承認証交付       承認番号:キ第壹號       名義:極洋捕鯨株式會社       承認期間:自昭和14年10月21日 至昭和15年05月31日       操業区域:南緯四十度以南の海面       独航附属漁船:総噸数二百五十噸以上のもの八隻、三百噸以上のもの一隻 14.10.29:(南氷洋捕鯨第2回)神戸〜04.19神戸 15.10.10:(南氷洋捕鯨第3回)神戸〜03.29神戸 16.--.--:北米からの重油輸送 16.--.--:北米からの重油輸送
16.11.17:徴傭:一般徴傭船(給油船)、横須賀鎮守府所管
16.12.03:横須賀〜12.03久里浜12.07〜12.15馬公12.17〜12.18高雄12.27〜01.04横須賀 17.01.--:機密横須賀鎮守府命令第4号:輸送任務 17.01.--:機雷弾薬爆弾その他軍需品搭載 17.01.09:横須賀〜01.13佐世保01.16〜01.21馬公01.28〜01.29高雄02.06〜02.12大阪02.16〜      〜02.18呉02.19〜02.19鹿ノ川02.21〜02.21呉 17.02.23:呉〜03.01高雄03.03〜03.05リンガエン03.09〜03.19ペナン03.21〜03.23昭南03.25〜      〜04.08呉04.09〜04.10相生 17.04.--:入渠 17.04.14:相生〜04.15呉04.16〜04.16鹿ノ川04.18〜04.24横須賀 17.04.--:運輸機密第948番電:人員及び軍需品輸送 17.04.28:横須賀〜04.30鹿ノ川05.03〜05.06横須賀 17.05.--:海運機密第118番電:軍需品輸送 17.05.09:横須賀〜05.11呉05.12〜05.12鹿ノ川05.15〜05.17横須賀 17.05.--:海運機密第18番電:軍需品輸送 17.05.22:横須賀〜05.27サイパン05.28〜06.02ラバウル06.08〜06.13トラック06.16〜      〜06.24横須賀 17.07.01:運輸機密第804番電:サイパン行二號外部油49,000t外4件、      パラオ行兵器自動車部分品外2件其の他搭載輸送任務 17.07.01:横須賀〜07.01横浜07.05〜07.10サイパン07.14〜07.18パラオ07.21〜      〜07.26バリックパパン07.30〜08.03ミリ08.06〜08.16横浜08.22〜08.22横須賀 17.07.10:船長:海軍嘱託 小間 芳男 17.08.--:運輸機密第26番電:ラバウル、サイパン行各種飛行機外5件搭載 17.08.28:横須賀〜08.28富津沖08.28〜 17.08.31:運輸機密第484番電:行動指示      〜09.01 特設運送船乾隆丸」と分離〜      〜09.03サイパン 17.09.--:サイパン〜09.06ラバウル09.16〜09.20トラック09.24〜10.04ミリ10.07〜      〜10.18横浜10.25〜10.25横須賀 17.10.25:船長:海軍嘱託 佐藤 貞次郎 17.10.28:横須賀〜11.06トラック11.12〜11.17パラオ11.19〜11.25ミリ11.28〜      〜12.12横浜 17.12.19:(西行第75船団)横浜〜12.21下津 17.12.22:下津〜12.22大阪12.23〜12.24六連 17.12.25:六連〜01.02楡林01.06〜01.10ミリ01.19〜      〜潜水艦の攻撃により損傷〜01.23昭南 18.01.24:修理開始 18.06.09:(第696船団)昭南〜06.12聖雀 18.06.21:(第404船団)聖雀〜06.27馬公 18.06.28:(第276船団)馬公〜07.02六連 18.07.03:六連〜07.04神戸 18.07.05:神戸〜07.08四日市 18.07.10:四日市〜       〜07.11 0042(N33.31-E135.24)雷撃を受け左舷後部に被雷1本(不発)、直に爆雷攻撃〜       〜07.11神戸 18.07.11:神戸〜07.12門司 18.07.13:(第176船団)門司〜07.18高雄 18.07.19:高雄〜07.19馬公07.22〜07.29聖雀 18.07.31:(第597船団)聖雀〜08.03昭南 18.08.12:(第612船団)昭南〜08.15聖雀 18.08.18:(第419船団)聖雀〜08.22潜水艦と交戦、小破〜08.25馬公 18.08.26:(第296船団)馬公〜08.31六連08.31〜09.01下津
18.08.31:解傭:兵備三機密第18号の8の37(18.08.23) 18.09.01:徴傭:船舶運營會海軍配當船
18.09.01:入籍:内令第1820号:特設運送船(給油船)、横須賀鎮守府所管
18.09.01:戦時編制:海軍省配属、横須賀鎮守府所属、特設運送船(乙) 18.09.12:下津〜門司      (佐世保にて航空機14機、雑貨物18t、便乗者339 名搭載) 18.09.13:(第197船団)門司〜佐世保09.14〜09.15鹿児島09.17〜09.18名瀬 18.09.19:2348 座礁、大破、機関室浸水の為、発電機使用不能 18.09.20:0820 自力浮揚の見込みなし 18.09.28:船体放棄 18.11.07:官房軍機密第1327号:海軍配當船「極洋丸」処理の件訓令:      成るべく速やかに引卸救助、現場作業の実施は主として日本海難救助株式會社を使用し      自辨困難なる要具及び消耗品等は官給するものとす 18.12.08:兵備三機密第422号:海軍配當船一覧表掲載 19.01.09:日本海難救助株式會社「山陽丸」による救難作業開始 19.02.20:兵備三機密第216号:海軍配當船一覧表掲載 19.03.14:日本海難救助株式會社「山陽丸」による救難作業再開 19.05.31:救難作業継続中 19.06.07:日本海難救助株式會社「山陽丸」による救難作業再開 19.07.13:船舶警戒隊退船 19.07.15:日本海難救助株式會社「山陽丸」による救難作業打切
19.12.15:除籍:内令第1358号 19.12.15:解傭
20.01.19:座礁中の船体に雷撃を受けるが被害なし
座礁場所:名瀬湾大熊港湾岸山羊島より80度400m 座礁原因:台風

同型船

 なし。

兵装

 要調査

写真資料

 「海軍雑誌 海と空」 昭和13年08月号 海と空社
 「海軍雑誌 海と空」 昭和13年12月号 海と空社
 「海洋少年」通巻19号 海と空社
 雑誌「海と空」増刊「特殊船舶画報」S14.07 海と空社(P.40)
 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和13年10月号、昭和13年11月号
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1987年9月号「日本商船隊の懐古 No. 98」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 2017年11月号「思い出の日本貨物船その255」-- これは誤り(12月号で訂正)
 「船舶百年史」有明書房 S32.09 上野喜一郎 (P.190)
 「川崎重工業株式会社社史」 S34.10 川崎重工業株式会社(P.266)
 「極洋捕鯨30年史」 S43.05 極洋捕鯨株式会社 (P.143,145,149)
 Collection of Mr. Ron Wolford

備考

本船は昭和18年12月8日付兵備三機密第422號における海軍配當船の一覧表に記載があり、昭和19年6月21日付兵備三機密第558號の一覧表には記載がありません。昭和18年12月8日の時点ではまだ特設運送船籍にあり、何故、一時的に海軍配當船扱いになったのか、今後調査が必要です。

前の船へ ← 特設運送船(給油船) → 次の船へ

前の船へ ← 海軍配當船 → 次の船へ

Homeへ戻る