第一日の丸の船歴

 年 月 日:船歴

03.12.18:起工 04.05.28:進水、命名:日の丸  04.08.15:竣工、船主:日本食鹽回送株式會社、船籍港:兵庫縣垂水
14.09.15:船主:日の丸汽船株式會社、船籍港:神戸に変更
15.12.21:徴傭:一般徴傭船(雑用船)、横須賀鎮守府所管、横須賀鎮守府配属 16.01.24:解傭
16.--.--:改名:第一日の丸 --.--.--:徴傭:船舶運營會 18.06.11:第1次海軍指定船 18.08.24:三菱重工業株式會社神戸造船所にて修理工事着手 18.08.--:陸軍配當船として運航 18.09.06:(第321船団)馬公〜09.13聖雀 19.02.--:陸軍配當船として運航終了 19.02.19:配当船発令:       授受地:神戸       授受年月日:昭和19年2月22日       記事:呉鎮守府より大阪警備府に委託 19.02.20:兵備三機密第216号:海軍配當船一覧表掲載 19.02.--:海軍配當船として運航、呉鎮守府所管 19.03.08:(モタ09船団)門司〜03.08富江03.09〜      〜03.11 0950 落伍船「忠洋丸」捜索の為、「第三十八號哨戒艇」が約2時間反転〜      〜03.13 1130 敷設艇前島」が護衛に加入〜      〜03.13 1844(N25.58-E121.34)「第三十八號哨戒艇」が敵潜水艦らしきものを探知〜      〜03.13 1851 「第三十八號哨戒艇」が爆雷50個を反復投射〜      〜03.14馬公 19.03.15:(モタ09船団)馬公〜      〜03.15 1210 「第三十八號哨戒艇」が船団に復帰〜      〜03.15高雄 19.04.13:ワシレ〜アンボン向け航行
19.04.16:沈没  --.--.--:解傭
喪失場所:S02.25-E127.30 ブル島ナムレア北東105km 喪失原因:米潜水艦Paddle(SS-263)の雷撃

同型船

 なし。

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1981年5月号「日本商船隊の懐古 No.23」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 2012年5月号「思い出の日本貨物船その189」
 「船舶百年史前篇」有明書房 S32.09 上野喜一郎 (P.145)

前の船へ ← 海軍配當船 → 次の船へ

Homeへ戻る