建設の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 --.--.--:進水、命名:建設(Chien She) 09.11.12:竣工、船主:Wangpoo Conservancy Board、船籍港:上海
17.02.21:傭船? 17.03.03:逓信省告示第341号:船舶託送発受所名:建設號託送(ケンセツゴウタクソウ)、      (内務省關門海峡改良事務所建設號)、呼出符号:JGAZ、定繋港:小倉、実施期日:17.02.21 17.05.17:大阪〜      〜05.17 ---- 市江埼より敷設艇成生」、「第五十三號驅潜特務艇」、特設掃海艇第三江口丸」が護衛〜      〜05.17 1830 敷設艇「成生」、「第五十三號驅潜特務艇」は対潜掃蕩に向う〜      〜05.17 1845 特設掃海艇「第三江口丸」護衛の下、由良内に向う〜      〜御坊 17.05.19:御坊〜      〜05.19 0900 特設驅潜艇第九日東丸」が護衛〜       〜05.19 1100 市江埼にて特設驅潜艇「第九日東丸」護衛終了、             敷設艇「成生」、「第五十三號驅潜特務艇」、特設掃海艇第三高島丸」が護衛開始〜      〜05.19 1330 潮岬南方にて「第五十三號驅潜特務艇」、特設掃海艇「第三高島丸」護衛終了、             驅逐艦「沖風」、敷設艇浮島」、電纜敷設艇初島」が護衛開始〜      〜05.19 日没をもって敷設艇「成生」の護衛終了〜      〜05.20 0600 伊勢湾にて驅逐艦「沖風」、敷設艇「浮島」、電纜敷設艇「初島」護衛終了〜      〜05.20名古屋 17.07.22:大阪警備府電令作第26号:      1.徴傭船建設號(TGZ、速力九.五節船長ノルウェー人、日本人七十一名、支那人百三十名        乗船)二十七日〇五〇〇名古屋発二二〇〇潮岬を通過紀伊水道を経て小樽に回航の予定 --.--.--:所属:本四港湾建設部
19.11.05:徴傭:一般徴傭船(雑用船)、佐世保鎮守府所管、佐世保鎮守府配属 19.11.06:マニラロープ輸送任務(11.25まで) 19.11.--:清水補給 19.11.26:小倉〜11.26若松 19.11.27:飲料水、燃料炭補給 19.11.28:若松〜11.30大阪 20.06.23:笠戸船渠にて修理待ち 20.08.05:笠戸船渠にて終戦まで修理
20.08.15:残存  --.--.--:解傭

同型船

 なし。

兵装

 要調査

写真資料

 「戦前船舶」第七号 戦前船舶研究会(P.27)

前の船へ ← 一般徴傭船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る