東州丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 T07.10.--:進水、命名:War Horus T07.11.15:竣工、船主:The Shipping Controller、船籍港:London、      船舶番号:142758、登録総噸数:2,266、登録純噸数:1,351、登録長:251.0、登録幅:43.8、      運航:Furness, Withy and Company、
T09.--.--:改名:Emma、      船主:Filippo Baglietto, Genoa、船舶番号:898に変更 T12.--.--:改名:Giuseppe Soncino、      船主:Lloyd Marittimo Società Italiana di Navigazione、船籍港:Genoaに変更     T15.--.--:改名:東州丸、      船主:工藤祐雄、船籍港:東京、船舶番号:31729、      登録総噸数:2,115、登録純噸数:1,218、登録長:251.2、登録幅:43.5に変更       02.12.21:船主:株式會社阿部商會、船籍港:神戸に変更 06.06.13:傭船主:日魯漁業株式會社(07.03まで) 14.--.--:登録純噸数:1,219に変更 15.03.02:船主:阿部信一に変更 16.03.18:船主:東洲汽船株式會社に変更
--.--.--:徴傭:船舶運營會 19.02.29:奥尻島〜03.02小樽 19.03.--:石炭2,950t搭載 19.03.04:小樽〜03.06新潟 19.03.--:石炭2,950t揚陸 19.03.08:新潟〜03.10小樽 19.03.--:石炭2,950t搭載 19.03.11:小樽〜03.14新潟 19.03.--:石炭2,950t揚陸 19.03.18:新潟〜03.20小樽 19.03.--:石炭2,970t搭載 19.03.23:小樽〜03.26新潟 19.03.--:石炭2,970t揚陸 19.03.31:新潟〜04.03小樽04.08〜04.09岩内 19.04.--:石炭2,980t搭載 19.04.10:岩内〜04.12船川04.13〜04.14新潟 19.04.22:石炭2,980t揚陸完了 19.04.23:新潟〜04.25敦賀04.27〜04.29彦島 19.04.29:入渠、船体修理(06.04まで) 19.06.04:燃料搭載 19.06.04:彦島〜06.04門司 19.06.--:セメント2,837t搭載 19.06.08:門司〜06.08六連 19.06.09:六連〜06.14大泊06.19〜06.20恵須取 19.06.--:石炭2,940t搭載 19.06.22:恵須取〜06.25新潟 19.06.26:新潟〜06.26直江津 19.06.28:直江津〜06.29新潟 19.06.29:新潟〜07.03恵須取 19.07.--:石炭3,000t搭載 19.07.04:恵須取〜07.08新潟07.09〜07.10船川 19.07.11:石炭揚陸完了 19.07.15:船川〜07.16函館07.20〜07.23恵須取 19.07.--:石炭3,030t搭載 19.07.24:恵須取〜07.28新潟 19.07.30:石炭3,030t揚陸完了 19.07.30:新潟〜08.01小樽08.03〜08.04恵須取 19.08.--:石炭3,060t搭載 19.08.06:恵須取〜08.09船川 19.08.11:石炭3,060t揚陸完了 19.08.11:機密舞鶴鎮守府命令第178号:(2,115t)徴傭授受の件 19.08.12:解傭
19.08.12:徴傭:一般徴傭船(雑用船)、舞鶴鎮守府所管、海軍省配属 19.08.12:船長:海軍嘱託 岡段 英四郎(部内限り奏任官待遇) 19.08.13:船川〜08.15敦賀08.16〜08.19清津 19.08.--:銑鉄2,400t搭載 19.08.24:清津〜08.28舞鶴 19.08.--:銑鉄2,400t揚陸、船体修理 19.09.07:砲煩兵器装備工事及び迷彩塗装工事に着手 18.09.08:偽装工事に着手 19.09.12:爆雷兵装工事に着手 19.09.13:機械室軸室間交通孔閉塞工事に着手 19.09.18:砲煩兵器装備工事及び迷彩塗装工事完成 19.09.19:爆雷兵装及び水中聴音機装備完成 19.09.21:応急用器材搭載工事完成 19.09.22:機械室軸室間交通孔閉塞工事完成 19.09.22:舞鶴〜09.23馬山 19.09.--:銑鉄2,916t、干明太70t搭載 19.09.28:馬山〜09.30若松 19.10.01:若松〜10.02吉浦 19.10.07:吉浦〜10.08津久見 19.10.--:セメント2,000t搭載 19.10.12:津久見〜10.13門司 19.10.--:セメント800t搭載 19.10.14:門司〜10.16神戸 19.10.16:荒田造船にて修理工事(10.17まで) 19.10.--:セメント300t、艀2隻搭載 19.10.18:神戸〜10.23横須賀 19.10.23:艀2隻揚陸 19.10.23:横須賀〜10.23芝浦 19.10.--:セメント2,500t揚陸 19.10.26:芝浦〜10.26横須賀 19.10.--:震洋55隻、トラック4台、軍需品276t搭載 19.10.30:横須賀〜10.30横浜10.31〜11.01清水11.02〜11.09佐世保 19.11.--:震洋55隻揚陸、アルコール、兵器及び木材547t搭載 19.11.16:佐世保〜11.19鎮海 19.11.--:アルコール、木材揚陸 19.11.23:鎮海〜11.23馬山 19.11.--:銑鉄2,952t搭載 19.11.26:馬山〜11.30神戸 19.12.--:銑鉄2,952t揚陸 19.12.05:川崎重工業株式會社にて修理工事開始 19.12.18:川崎重工業株式會社にて修理工事完成 19.12.19:神戸〜12.20門司12.22〜12.23馬山 19.12.--:銑鉄2,952t搭載 19.12.28:馬山〜01.02吉浦 20.01.10:吉浦〜01.11若松 20.01.--:石炭2,935t搭載 20.01.16:若松〜01.16周防灘01.18〜01.20神戸 20.01.25:神戸〜01.26因島 20.02.18:因島〜02.19屋代島02.23〜02.23徳山 20.02.--:空ドラム缶6,600個搭載 20.02.27:徳山〜02.27門司 20.02.28:門司〜03.01馬山03.07〜03.11敦賀 20.03.--:銑鉄2,916t搭載 20.03.21:敦賀〜03.22美保ヶ関 20.03.24:美保ヶ関〜03.25笠戸 20.03.26:笠戸船渠にて入渠、船体修理(04.28まで) 20.04.27:笠戸〜04.27徳山04.30〜大阪 20.05.18:大阪〜安下庄05.24〜      〜05.24 本山浮標の192度3,000mにて触雷、航行不能〜      〜05.26 曳航され部崎着 20.05.27:(「三浦」が曳航)部崎〜05.27門司 20.05.27:2353 門司第二浮標繋留中対空戦闘 20.06.30:解傭通知:軍務三機密第610号ノ14:       船主及び船主代行者:船舶運營會、授受地:適宜、授受指定:舞鶴鎮守府 20.06.30:解傭
20.07.01:2320 下関第一浮標繋留中対空戦闘:焼夷弾に依り一、二番艙左右舷に径40cmの破孔      救助艇1隻損傷他
20.08.15:残存:SCAJAP No.T-068 

同型船

(英国第一次大戦戦時標準船)
 War Dance(第二大源丸)、War Isis、War Osiris、War Hathor、War Karma(山丸)。

兵装

 十三粍機銃。

写真資料

 小樽市博物館所蔵(103-2)
 "Bowling Green State University - Historical Corrections of the Great Lakes"

前の船へ ← 一般徴傭船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る