屏東丸の船歴

 年 月 日:船歴

09.10.03:起工、第一次船舶改善助成施設第21号 10.03.23:進水、命名:屏東丸 10.08.31:竣工
10.09.06:東京〜高雄
12.--.--:徴傭:陸軍 13.--.--:解傭 14.--.--:徴傭:陸軍 16.--.--:解傭
16.08.31:徴傭 16.09.06:三菱重工業株式會社横浜造船所にて艤装工事開始 16.09.20:入籍:内令第1093号:特設運送船(雑用船)、佐世保鎮守府所管
16.09.20:戦時編制:海軍省配属、佐世保鎮守府所属、特設運送船(甲) 16.09.20:監督官:海軍中佐 川合 信 16.10.08:艤装工事完了 16.11.08:二見〜南洋方面〜11.14硫黄島 16.--.--:機密横鎮命令第763号:ペリリュー、パラオ向け軍需品輸送 16.--.--:木材雑貨油類、機械類、燃料炭700t搭載 16.12.06:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第14号:直卒部隊補給部隊 16.12.06:芝浦〜南洋方面〜12.26横浜 17.01.08:佐世保〜 17.01.28:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第45号:直卒部隊補給部隊から削除
17.03.01:輸送船隊区分:第一分隊(船番号:5) 17.03.08:(あ号T作戦)昭南(ケッペル西港)〜      〜03.08 1712 特設運送船廣隆丸」、木曾川丸」が船団に加入〜      〜03.09 0300 驅逐艦「綾波」、第一掃海隊、「第五號掃海艇」が合同〜      〜03.09 1830 驅逐艦「朝霧」が合同〜      〜03.09 2000 特設運送船「廣隆丸」、同「木曽川丸」が船団から分離し彼南に向かう〜      〜03.11 1130 巡洋艦「由良」が合同〜      〜03.11 2300 直接護衛隊、掃海隊と分離〜      〜03.12 0010 ウェー島バロハン湾 17.03.12:0235 近衛師団歩兵団上陸成功 17.03.12:第三水雷戦隊機密第146番電:       屏東丸はサバン湾に回航揚陸作業をなせ       第八號驅潜艇は屏東丸転錨後サバン湾口の警戒に任ぜよ 17.03.12:1730 サバン湾に転錨 17.03.13:サバン桟橋横付け中 17.03.--:サバン〜04.07大阪
17.04.10:大阪〜04.15東京04.21〜05.08アンボン 17.04.23:船長:海軍嘱託 佐藤 護(部内限り奏任官待遇) 17.05.09:特設砲艦大興丸」を横付け、石炭補給(05.10まで) 17.05.10:特設砲艦萬洋丸」を横付け、石炭補給(05.11まで) 17.05.14:アンボン〜      〜05.15 0700 水雷艇初雁」が護衛を止め反転〜      〜ケンダリー 17.08.25:戦時編制:聯合艦隊南西方面艦隊所属 17.09.02:(「同和」を曳航)彼南〜      〜グラン沖に損傷、錨泊中の「北海丸」を曳航〜      〜09.21 特設掃海艇第二利丸」と合同〜      〜09.23昭南(軍港) 17.09.10:監督官:海軍中佐 柏木 質 17.--.--:昭南〜10.11西貢10.15〜10.25西貢10.28〜04.18西貢 18.04.25:西貢〜07.06西貢 18.05.25:指揮官:海軍中佐 柏木 質 18.07.15:西貢〜07.28ポートブレア07.30〜 18.08.17:昭南〜08.20ベラ湾〜08.22カーニコバル(近衛師団揚陸)08.23〜
18.08.23:沈没 18.11.01:除籍:内令第2288号 18.11.01:解傭
喪失場所:カーニコバル島マラッカ泊地東方2km付近 喪失原因:B24 二機による空爆

同型船

 彰化丸臺東丸

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報」S12.06 海と空社 (P.33)
 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報2600年版」S15.04 海と空社(P.88)
 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和10年4月号、昭和10年9月号
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1982年10月号「日本商船隊の懐古 No.40」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 2015年10月号「思い出の日本貨物船その230」
 雑誌「丸エキストラ戦史と旅」4 潮書房
 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編
 「船舶百年史」有明書房 S32.09 上野喜一郎 (P.140)
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第六巻(P.122)
 「商船建造の歩み」 S34.08 三菱造船株式会社
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.97)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.66)
 "ONI 208-J (Revised) Japanese Merchant Ships Recognition Manual (1944)" (P.89)

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る