有馬丸の船歴

 年 月 日:船歴

11.03.18:起工 11.09.10:進水、命名:有馬丸 11.11.30:竣工、登録総噸数:7,386、登録純噸数:4,327
11.--.--:ヨーロッパ ハンブルク線 12.--.--:東航世界一周線 --.--.--:中南米線 --.--.--:船長:柳原 13.--.--:登録総噸数:7,389、登録純噸数:4,326に変更 16.05.14:アントハーガスター〜      〜05.25 モイエンド港(ペルー)南方4mileの浅瀬に座礁〜「高岡丸」が救難作業〜 16.09.24:完全浮揚に成功 16.09.--:(「崎戸丸」が曳航)〜カヤオ 16.09.--:応急修理 16.10.09:(「崎戸丸」が曳航)カヤオ〜11.20横浜 16.11.--:修理(8ヶ月)
17.07.06:徴傭:船舶運營會 17.--.--:船長:田口 英重 17.10.03:逓信次官発、海第1582号:10月分陸軍配當船      10.31頃名古屋発〜蘭貢(一航海) 17.11.--:陸軍配當船として運航 17.12.--:陸軍配當船として運航終了 17.12.10:兵備三機密第17号の11の21:徴傭通知 17.12.29:解傭
17.12.29:徴傭 17.12.29:船長:海軍嘱託 田口 英重(部内限り奏任官待遇) 17.12.30:株式會社大阪鐵工所因島造船所に入渠、第二次応急油槽船に改造 18.01.28:官房機密第281830番電:成るべく速やかに重油補給装置を施行 18.02.20:工事完了
18.02.15:入籍:内令第255号:特設運送船(給油船)、呉鎮守府所管
18.02.15:戦時編制:海軍省配属、呉鎮守府所属、特設運送船(甲) 18.02.15:監督官:海軍大佐 小沢 覺輔 18.03.03:呉〜03.11昭南 18.03.--:軽油7,880トン、砲艇3隻搭載 18.03.25:昭南〜雷撃を受けるが回避〜03.28バリックパパン 18.03.--:砲艇3隻揚陸 18.03.30:バリックパパン〜トラック向け航行〜      〜04.03 パラオ付近にて驅逐艦「夕月」と会合、護衛を受ける〜      〜04.03 右舷四番船艙、一番船艙に被雷
18.04.04:沈没 18.05.01:除籍:内令第835号 18.05.01:解傭:兵備三機密第18号の5の8:事故通知 18.05.20:契八機密第18号の317:事故通知の日を以て傭船契約解除
喪失場所:N10.12-E134.35 パラオ島北方310km付近 喪失原因:米潜水艦Haddok(SS-231)の雷撃

同型船

 (A型)赤城丸淺香丸粟田丸吾妻丸

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報」S12.06 海と空社 (P.54)
 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報2600年版」S15.04 海と空社(P.80)
 「海軍雑誌 海と空」 昭和14年07月号 海と空社
 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和11年11月号、昭和11年12月号
 雑誌「世界の艦船」海人社 1998年10月号「思い出の日本貨物船その26」
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本郵船船舶100年史」(P.204, 236)
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1983年5月号「日本商船隊の懐古 No. 47」山田早苗
 「日本郵船戦時戦史」S46.05 日本郵船株式会社
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.69)
 "ONI 208-J (Revised) Japanese Merchant Ships Recognition Manual (1944)" (P.114)

前の船へ ← 特設運送船(給油船) → 次の船へ

Homeへ戻る