第二須山丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 12.05.--:進水、命名:第二須山丸 --.--.--:竣工、船主:須田義次郎、船籍港:臺南
15.--.--:船主:蓬莱漁業株式會社、船籍港:基隆に変更
16.09.06:徴傭 16.09.20:入籍:内令第1093号:特設監視艇、佐世保鎮守府所管
16.10.15:内令第1253号:馬公防備隊所属 16.10.15:戦時編制:馬公要港部部隊馬公防備隊 16.11.20:戦時編制:馬公警備府部隊馬公防備隊 16.11.20:軍隊区分:機密馬公警備府命令作第−号:基隆方面防備部隊 16.11.20:軍隊区分:機密馬公警備府命令作第−号:直卒部隊警戒部隊特設監視艇(乙):特令により編入 17.01.--:馬公 17.01.15:軍隊区分:機密馬公警備府命令作第7号:基隆方面防備部隊 17.02.28:機密馬公警備府命令作第19号:      2.高雄方面防備部隊指揮官及基隆方面防備部隊指揮官は各其の所属特設監視艇をして指揮官        所定に依り主として各担任区域の監視哨戒に任ぜしむべし      3.前諸号各指揮官は右本務に支障なき限り固有船員をして兼て漁撈に従事せしむることを得        馬公海軍軍需部長は本件に関し特設監視艇長の要求に応じ之に便宜を供与すべし 17.03.30:馬警府機密第379番電:速やかに馬公に帰投せよ 17.04.04:機密馬公警備府命令作第25号:       馬公防備隊司令は特設監視艇第二十七長榮丸第五日吉丸第一須山丸、第二須山丸をして       準備完成次第、馬公発佐世保経由横須賀に回航せしめ横須賀鎮守府に引渡すべし       行動を予定し報告すべし 17.04.08:馬公〜佐世保〜横須賀 17.04.10:軍隊区分:機密馬公警備府命令作第27号:直卒部隊警戒部隊、基隆方面防備部隊より除く
17.04.10:特設監視艇隊編制:内令第657号:第四監視艇隊 17.04.10:内令第659号:横須賀鎮守府所管に変更 17.04.10:戦時編制:横須賀鎮守府部隊第四監視艇隊 17.04.10:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第74号:直卒部隊特設監視艇(乙) 17.04.--:馬公〜佐世保04.19〜04.25横須賀 17.05.--:監視艇長:海軍兵曹長 甲田 嘉市 17.05.01:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第78号:直卒部隊特設監視艇(乙) 17.05.--:軍隊区分:第三哨戒隊 17.05.21:艤装整備工事完了 17.05.29:横須賀〜第一哨戒線哨戒〜06.07横須賀 17.06.12:横須賀〜第一回東京湾要塞聯合応用教練乙軍参加〜06.14横須賀 17.06.15:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第99号:直卒部隊特設監視艇(乙) 17.06.19:横須賀〜第一哨戒線哨戒〜06.30横須賀 17.06.03:横須賀〜第三哨戒線哨戒〜07.08横須賀 17.07.11:横須賀〜第一哨戒線哨戒〜07.22横須賀 17.07.31:横須賀〜第一哨戒線哨戒〜08.10横須賀 17.08.21:横須賀〜第一哨戒線哨戒〜      〜08.24 「盛海丸」遭難現場着、乗員救助及び警戒〜      〜08.25 「盛海丸」遭難者41名を女川警察に引渡し〜      〜08.25 「盛海丸」救助任務終了、固有任務に就く〜      〜08.28女川 17.08.29:女川〜第一哨戒線哨戒〜09.02横須賀 17.09.08:横須賀〜09.08横浜 17.09.08:神奈川造船にて船体機関修理(10.19まで) 17.09.25:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第126号:直卒部隊特設監視艇(乙) 17.10.19:横浜〜10.19横須賀 17.10.22:横須賀〜試運転、結果不良〜10.22横浜 17.10.22:神奈川造船にて機関修理(11.02まで) 17.11.02:横浜〜11.02長浦 17.11.10:長浦〜第一哨戒線哨戒〜11.14女川 17.11.15:女川〜第一哨戒線哨戒〜11.24第三哨戒線哨戒〜11.26長浦 17.12.11:長浦〜第一哨戒線哨戒〜12.24長浦 18.01.09:監視艇長:海軍兵曹長 平井 高三郎 18.01.10:長浦〜第一哨戒線哨戒〜01.13女川 18.01.--:艇長交代 18.01.14:女川〜第一哨戒線哨戒〜      〜01.25 館山にて錨捜索作業〜      〜01.26 錨捜索作業中止〜      〜01.26長浦 18.01.28:長浦〜館山にて錨捜索作業〜01.29長浦 18.05.16:哨区哨戒 18.05.31:哨区哨戒 18.06.10:女川〜金崋山沖にて対潜掃蕩〜06.11女川 18.06.15:特設監視艇隊編制:内令第1207号:第四監視艇隊の項を削る
18.06.15:内令第1209号:女川防備隊所属 18.06.15:戦時編制:横須賀鎮守府部隊横須賀防備戦隊女川防備隊 18.06.15:軍隊区分:横須賀鎮守府海面防備部隊南三陸部隊特設監視艇(乙) 18.06.15:女川〜哨区〜女川 18.06.30:女川〜哨区〜07.05女川 18.07.15:女川〜哨区〜07.21女川 18.07.30:女川〜哨区〜08.04女川 18.08.10:修理(12.08まで) 18.11.29:軍隊区分:機密南三陸部隊命令作第7号:第二哨戒隊(4)第四小隊(17) 18.12.14:女川〜哨区〜12.19女川 18.12.29:女川〜哨区〜01.03女川 19.01.07:監視艇長:海軍兵曹長 竹内 清麿 19.01.14:女川〜哨区〜01.18女川 19.01.25:女川〜江ノ島〜01.25女川 19.01.28:女川〜哨区〜02.02女川 19.02.12:女川〜哨区〜02.17女川 19.02.22:女川〜哨区〜 19.02.24:小名浜防波堤灯台の310度950mの海岸に座礁、機関室の前部兵員室に浸水〜      午前中、「アグリ」船4隻及び曳船「第十一橘川丸」により離礁作業完了〜 19.02.25:天候悪化により救難作業難航〜 19.02.26:船体が陸岸に打寄せられ損傷、引揚げに方針変更〜 19.03.01:修理(10.15まで) 19.04.28: 第一號驅潜特務艇が引卸し作業開始 19.10.15:小名浜〜(特設掃海艇第一鶚丸」が曳航)〜塩釜 19.10.--:修理(11.16まで) 19.11.16:塩釜〜11.16女川 19.11.22:女川〜哨区〜11.24女川 19.11.28:女川〜哨区〜12.03女川 19.12.09:女川〜12.09塩釜 19.12.09:修理(01.03まで) 20.01.03:塩釜〜01.03女川 20.01.--:監視艇長:海軍兵曹長 木下 虎雄 20.01.09:女川〜哨区〜01.14女川 20.01.20:南三陸部隊機密第201205番電:21日0830女川発、「第二號桐丸」と交代配備 20.01.21:女川〜第一哨戒線哨戒〜01.26女川 20.01.30:女川〜哨区〜女川 20.03.--:監視艇長:海軍兵曹長 松下 清 20.03.05:女川〜哨区〜03.05女川 20.03.08:女川〜哨区〜03.09女川 20.03.15:女川〜哨区〜03.15女川 20.03.20:女川〜哨区〜03.28女川 20.03.30:女川〜哨区〜03.30女川 20.04.--:監視艇長:海軍兵曹長 木下 虎雄 20.04.03:女川〜哨区〜04.06女川 20.04.10:女川〜湾口哨戒〜04.11女川 20.04.11:女川〜対潜掃蕩〜04.14女川 20.04.14:南三陸部隊信電令作第16号:南掃蕩隊より除く 20.04.15:軍隊区分:機密横須賀鎮守府電令作第93号:三陸部隊 20.04.20:女川〜哨区〜04.25女川 20.04.26:女川〜哨区〜04.26女川 20.04.26:三陸部隊信電令第5号:27日0800女川発、第三十三號掃海艇と交代配備 20.04.27:女川〜金華山哨区哨戒〜 20.07.15:戦時編制:大海幕機密第608号ノ272:横須賀鎮守府部隊第七特攻戦隊女川防備隊
20.08.15:残存 20.10.20:解傭 22.05.03:除籍:復二第327号

同型船

 第一須山丸

兵装

 要調査

写真資料

 なし

前の艇へ ← 特設監視艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る