第二幸昌丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 13.04.--:進水、命名:第二幸昌丸 13.05.--:竣工
16.08.12:徴傭 16.09.20:入籍:内令第1093号:特設監視艇、呉鎮守府所管
16.10.15:内令第1253号:佐伯防備隊所属
16.11.20:内令第1494号:呉海軍警備隊所属 16.12.10:戦時編制:呉鎮守府部隊呉海軍警備隊
18.04.01:特設監視艇隊編制:内令第586号:第四監視艇隊 18.04.01:戦時編制:横須賀鎮守府部隊第四監視艇隊 18.04.25:呉〜05.02女川 18.05.--:(現在)監視艇長:海軍兵曹長 小川 一二三 18.05.19:小名浜を基地として塩屋崎付近海面の警戒 18.05.26:敵潜攻撃 18.06.12:小名浜〜06.12女川 18.06.15:特設監視艇隊編制:内令第1207号:第四監視艇隊の項を削る
18.06.15:内令第1209号:女川防備隊所属 18.06.15:戦時編制:横須賀鎮守府部隊横須賀防備戦隊女川防備隊 18.06.15:軍隊区分:横須賀鎮守府海面防備部隊南三陸部隊特設監視艇(甲) 18.06.15:内令第1208号:横須賀鎮守府所管に変更 18.06.15:女川〜哨区〜07.06女川 18.07.09:軍隊区分:南三陸部隊機密第8番電:第三哨戒隊 18.07.09:女川〜哨区〜07.11女川 18.07.11:女川〜哨区〜07.15女川 18.07.26:女川〜07.26塩釜 18.07.26:修理(12.12まで) 18.11.29:軍隊区分:機密南三陸部隊命令作第7号:第三哨戒隊(5)第五小隊(20) 18.12.12:塩釜〜12.12女川 18.12.19:女川〜哨区〜12.22鮎川12.23〜哨区〜12.24女川 19.01.03:女川〜哨区〜01.08女川 19.01.13:女川〜01.13鮎川01.13〜01.13女川 19.01.18:女川〜哨区〜01.23女川 19.01.27:女川〜哨区〜01.28対潜掃蕩〜01.31女川 19.02.17:女川〜哨区〜02.22女川 19.02.27:女川〜哨区〜03.05女川 19.03.08:女川〜哨区〜03.12女川 19.03.09:監視艇長:海軍中尉 佐々木 林太郎 19.03.12:女川〜哨区〜03.15女川 19.03.22:女川〜哨区〜03.25女川 19.04.02:女川〜哨区〜04.05女川 19.04.14:女川〜哨区〜04.18女川 19.04.27:女川〜(教練射撃曳的艇、荒天により教練射撃中止)〜04.28女川 19.05.02:女川〜(教練射撃曳的艇)〜05.02女川 19.05.07:女川〜哨区〜05.12女川 19.05.22:女川〜哨区〜05.25女川 19.05.28:女川〜哨区〜05.30女川 19.06.03:女川〜哨区〜06.03女川 19.06.05:南三陸部隊機密第051300番電:06日0800女川発、「第二號金剛丸」と交代配備 19.06.06:女川〜哨区〜06.09女川 19.06.11:女川〜哨区〜06.12女川 19.06.21:女川〜哨区〜06.22女川 19.06.24:女川〜哨区〜06.25女川 19.06.26:女川〜(教練射撃曳的艇)〜06.26女川 19.06.27:女川〜哨区〜06.28女川 19.07.01:女川〜哨区〜07.01女川 19.07.03:女川〜哨区〜07.03女川 19.07.12:南三陸部隊機密第121300番電:      1.第三十三號掃海艇及び第二幸昌丸は12日0800女川発、夫々金華山及び小名浜哨区に就け   2.第四十七號驅潜艇及び第二號金剛丸は夫々交代帰投せよ 19.07.13:女川〜小名浜哨区哨戒〜07.16女川 19.07.20:女川〜哨区〜07.23女川 19.07.28:南三陸部隊機密第281433番電:      1.第三十三號掃海艇及び第二幸昌丸は29日0800女川発、夫々金華山及び小名浜哨区に就け   2.第四十四號驅潜艇及び第一鶚丸は夫々交代帰投せよ 19.07.29:女川〜小名浜哨区哨戒〜08.01女川 19.08.06:南三陸部隊機密第061612番電:07日0800女川発、「第一鶚丸」と交代配備 19.08.07:女川〜小名浜哨区哨戒〜08.10女川 19.08.12:南三陸部隊機密第121512番電:      1.第二幸昌丸及び第三魁丸は13日0800女川発、夫々金華山及び小名浜哨区に就け   2.第三十三號掃海艇及び第一鶚丸は交代帰投せよ 19.08.13:女川〜金華山哨区哨戒〜08.16女川 19.08.18:南三陸部隊機密第18----番電:19日0800女川発、「第一鶚丸」と交代配備 19.08.19:女川〜      〜08.20 塩屋埼沖より「安房丸」を護衛〜      〜08.22女川 19.08.24:南三陸部隊機密第241400番電:25日0800女川発、「第一鶚丸」と交代配備 19.08.25:女川〜小名浜哨区哨戒〜08.28女川 19.08.30:南三陸部隊機密第301825番電:31日0800女川発、「第一鶚丸」と交代配備 19.08.31:女川〜小名浜哨区哨戒〜09.03女川 19.09.08:南三陸部隊機密第081352番電:09日0830女川発、第一號驅潜特務艇と交代配備 19.09.09:女川〜小名浜哨区哨戒〜09.12女川 19.09.17:南三陸部隊機密第171405番電:18日0830女川発、「第一鶚丸」と交代配備 19.09.18:女川〜小名浜哨区哨戒〜09.21女川 19.09.26:南三陸部隊機密第261506番電:27日0830女川発、第一號驅潜特務艇と交代配備 19.09.27:女川〜小名浜哨区哨戒〜09.30女川 19.10.02:南三陸部隊機密第021430番電:      1.第二幸昌丸及び第一號驅潜特務艇は3日0830女川発、金華山及び小名浜哨区に就け      2.第三十三號掃海艇及び第一鶚丸は之と交代帰投せよ 19.10.03:女川〜金華山哨区哨戒〜10.06女川 19.10.13:女川〜哨区〜10.19女川 19.10.25:女川〜10.25石巻 19.10.25:修理(20.03まで) 19.12.--:(現在)監視艇長:海軍兵曹長 小林 孝徳 20.03.20:南三陸部隊信電令第26号:21日0830女川発金華山哨区に就け 20.03.21:女川〜哨区〜03.25女川 20.03.27:南三陸部隊信電令第29号:28日0830女川発、第八十八號驅潜特務艇と交代配備 20.03.28:女川〜小名浜哨区哨戒〜      〜03.30 1345 塩谷埼灯台190度8浬にて第九〇三航空隊筑波派遣隊の不時着機(355)             搭乗員3名救助〜      〜03.30 1400 第1929船団護衛〜      〜03.31女川 20.04.04:女川〜哨区〜04.04女川 20.04.05:南三陸部隊信電令第34号:06日0830女川発、第百六十一號驅潜特務艇と交代配備 20.04.06:女川〜小名浜哨区哨戒〜04.09女川 20.04.10:女川〜      〜04.10 0635 哨区着〜      〜04.10 0700 対潜警戒開始〜      〜04.11女川 20.04.11:女川〜対潜掃蕩〜 20.04.12:南三陸部隊電令作第23号:哨区を徹し「第一鶚丸」捜索 20.04.13:1058「敵浮上潜水艦1隻見ゆ。金華山の70度20浬」、浮上潜水艦と交戦       
20.04.13:沈没 20.07.10:除籍:内令第624号 20.07.10:解傭
喪失場所:N38.27-E142.13 宮城県金華山北東49km付近 喪失原因:米潜水艦Parche(SS-384)の砲撃

同型船

 なし

兵装

 要調査

写真資料

 なし

前の艇へ ← 特設監視艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る