第八號住吉丸の船歴

 年 月 日:船歴

12.03.--:起工 12.08.28:進水、命名:第八住吉丸 12.10.--:竣工、登録総噸数:139、登録純噸数:89
15.--.--:登録総噸数:131、登録純噸数:81に変更
16.08.28:徴傭 16.09.20:入籍:内令第1093号:特設監視艇、呉鎮守府所管
16.10.15:内令第1253号:佐伯防備隊所属 16.11.20:内令第1494号:呉海軍警備隊所属 17.04.08:下架
17.04.10:特設監視艇隊編制:内令第657号:第三監視艇隊 17.04.10:戦時編制:聯合艦隊第五艦隊第三監視艇隊 17.04.10:内令第659号:横須賀鎮守府所管に変更 17.04.--:第二分隊B:第五小隊(350)      〜04.11横須賀 17.04.11:監視艇長:海軍兵曹長 佐竹 兵一 17.04.16:横須賀〜ルヲ哨区哨戒に向う〜ビルヂポンプ故障〜04.17横須賀 17.04.25:横須賀〜哨区哨戒〜04.29釧路 17.05.--:第二聯隊第五小隊 17.05.06:釧路〜ヨ哨戒線ロ配備点哨戒〜05.24横須賀 17.05.25:爆雷投下台装備工事(05.30まで) 17.05.31:横須賀〜ト哨戒線ニ配備点哨戒〜 17.06.12:1200 荒天による波浪の衝撃で船底より浸水      1500 機械使用不能      ---- 特設監視艇國宮丸」他第五小隊が排水を援助      1820 救援要請      2135 特設巡洋艦赤城丸」来着   2210 特設巡洋艦「赤城丸」一旦現場を去る 17.06.13:0030 特設砲艦昭興丸」来着      0300 手動喞筒4台にて排水      0845 特設砲艦「昭興丸」が右舷後部に接触      1150 浸水甚だしく見込みないため人員搭載物品を特設砲艦「昭興丸」に移載 17.06.14:0535 艦橋の一部を残し全部水浸し      0537 特設巡洋艦「赤城丸」来着      0833 廃棄処分
17.06.14:沈没 17.07.01:特設監視艇隊編制:内令第1181号:第三監視艇隊より削る 17.07.01:除籍:内令第1184号 17.07.01:解傭
喪失場所:N37.21-E161.07 南鳥島北東200km附近 喪失原因:海難

同型船

 なし

兵装

 要調査

写真資料

 なし

備考

「日本船名録」における本船の船名は「第八住吉丸」ですが「徴傭船舶名簿」では「第八號住吉丸」として記載され、内令も「第八號住吉丸」として出されております。なお、昭和17年に入籍された「第八住吉丸」とは別船です。


前の艇へ ← 特設監視艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る