鳴尾丸の船歴

 年 月 日:船歴

T--.--.--:起工 T11.12.05:進水、命名:鳴尾丸 T11.12.--:竣工、船主:共同漁業株式會社、船籍港:広島県土生町、登録純噸数:81
T11.12.26:汽船トロール漁業許可       許可番号:第九〇號       名義:共同漁業株式會社       操業区域:東海及黄海       漁獲物陸揚港:下関港、博多港、長崎港       許可期間:許可の日より十箇年 T12.--.--:登録総噸数:83に変更 T13.--.--:船籍港:下關に変更 02.12.15:汽船トロール漁業許可証書換       操業区域:東海、黄海及南支那海       漁獲物陸揚港:下関港、長崎港、基隆港及高雄港に変更 03.12.19:汽船トロール漁業許可証書換       操業区域:東海及黄海       漁獲物陸揚港:下関港、博多港、長崎港に変更 04.05.15:汽船トロール漁業許可証書換       漁獲物陸揚港:下関港、長崎港、戸畑港に変更 05.03.24:船籍港:戸畑に変更 06.06.08:汽船トロール漁業取締規則により東海及黄海に於ける汽船トロール漁業の操業を禁止       期間:自昭和06年07月01日 至同年08月31日 07.11.17:汽船トロール漁業許可更新       許可期間:昭和07年12月26日より起算し十箇年 09.07.01:汽船トロール漁業許可証書換       名義:豊洋漁業株式會社に変更 09.08.16:汽船トロール漁業許可証書換       名義:共同漁業株式會社に変更 12.05.07:船主:日本水産株式會社に変更 12.06.04:汽船トロール漁業許可証書換       名義:日本水産株式會社に変更
15.10.12:徴傭 15.11.01:入籍 内令第777号:特設掃海艇、横須賀鎮守府所管
15.11.01:掃海艇長:海軍豫備中尉 松岡 宆 15.11.01:株式會社東京石川島造船所深川工場にて艤装工事開始 15.11.15:艤装工事完了 15.11.15:特設掃海隊編制:内令第838号:第二十五掃海隊 15.11.15:戦時編制:横須賀鎮守府部隊横須賀防備戦隊第二十五掃海隊 15.11.15:深川〜11.15横須賀 16.01.14:横鎮機密第91号の3:略称制定:第252号掃海艇 16.01.15:特設掃海隊編制:内令第30号:第二十五掃海隊 16.10.15:特設掃海隊編制:内令第1252号:第二十五掃海隊 16.11.19:掃海艇長:海軍豫備中尉 天野 孝哉 16.12.06:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第14号:海面防備部隊伊勢湾方面防備支隊 16.12.23:東水路掃海完了 17.01.28:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第45号:海面防備部隊伊勢湾方面防備支隊 17.03.11:伊勢湾防備支隊電令作第22号:03.12午後トーノ附近にて「金剛山丸」により炭水補給 17.04.01:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第72号:海面防備部隊伊勢湾方面防備支隊 17.04.10:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第74号:海面防備部隊伊勢湾方面防備支隊 17.04.17:的矢 17.04.18:第五区 17.05.01:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第78号:海面防備部隊伊勢湾方面防備支隊 17.05.02:伊勢湾防備支隊機密第126番電:作命令第12号第一配備配備乙にて厳戒      哨区基点大王埼灯台の150度6浬      第一線 基点より90度30浬線付近      第二線 基点より230度30浬線付近      第一線、第二線哨戒 17.05.04:1400 爆雷攻撃   1410 特設砲艦「金剛山丸」遭難者救助開始、55名救助 17.05.05:25掃機密第150番電:1400配備位置:大王崎180度7浬 17.05.06:伊勢湾防備支隊機密第160番電:1400配備位置:哨区 17.05.07:伊勢湾防備支隊機密第170番電:1000配備位置:鳥羽 17.05.10:伊勢湾防備支隊機密第201番電:1000配備位置:鳥羽 17.05.11:伊勢湾防備支隊機密第208番電:1000配備位置:鳥羽 17.05.12:伊勢湾防備支隊機密第223番電:1000配備位置:鳥羽 17.05.15:軍隊区分:機密横鎮海面防備部隊命令作第39号:伊勢湾方面防備支隊 17.05.15:伊勢湾防備支隊機密第241番電:1000配備位置:哨区 17.05.18:伊勢湾防備支隊機密第274番電:1000配備位置:哨区 17.05.19:伊勢湾防備支隊機密第285番電:1000配備位置:哨区 17.05.20:軍隊区分:第一編制:哨戒部隊第三哨戒隊(1) 17.05.20:軍隊区分:第二編制:哨戒部隊第三哨戒隊(1) 17.05.24:鳥羽〜05.25鳥羽 17.06.15:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第99号:海面防備部隊伊勢湾方面部隊 17.06.15:軍隊区分:機密横鎮海面防備部隊命令作第42号:伊勢湾方面防備部隊 17.07.05:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第105号:東京湾方面部隊 17.07.05:海面防備部隊機密第567番電(07.01):07.05以降成るべく速やかに東京湾に廻航 17.07.07:鳥羽〜07.11長浦 17.07.11:長浦〜07.12長浦 17.07.13:長浦〜      〜07.14東水道掃海完了〜       〜07.17C,D点の警戒〜      〜07.18「榛名丸」警戒及び相模灘警戒〜      〜07.18清水 17.07.--:清水〜      〜07.19東水道掃海完了〜      〜07.22駿河湾哨戒〜      〜07.22長浦 17.07.--:長浦〜      〜07.23 駿河湾哨戒〜      〜07.24 駿河湾哨戒〜      〜07.25 駿河湾哨戒〜      〜07.26 駿河湾哨戒〜      〜07.27 駿河湾哨戒〜 17.07.27:25掃電令作第1号:07.29午後清水港にて第一小隊に引継ぎ終了次第横須賀廻航、      浦賀水道簿日施掃海及び哨戒      〜07.28 駿河湾哨戒〜      〜清水 17.07.29:清水〜07.30長浦 17.07.31:長浦〜館山 17.08.01:掃海艇長:海軍豫備大尉 天野 孝哉 17.08.01:館山〜      〜08.01日施掃海〜      〜08.02東水道掃海完了〜      〜08.02長浦 17.08.03:長浦〜08.03館山 17.08.03:館山〜      〜08.03東水道日施掃海完了〜      〜08.04掃海完了〜      〜08.04長浦 17.08.05:長浦〜      〜08.05掃海完了〜      〜08.07長浦 17.08.--:長浦〜      〜08.12N線哨戒〜      〜長浦 17.08.14:浦賀〜港外〜長浦 17.08.15:長浦〜      〜08.15東水路掃海完了〜      〜08.16長浦 17.08.17:長浦〜      〜08.17N線哨戒〜      〜08.18N線哨戒〜      〜08.20長浦 17.08.23:海面防備部隊無電0800:野島埼の南5浬の敵潜掃蕩  17.08.21:長浦〜      〜08.21東水路掃海完了〜N線哨戒〜      〜08.22哨区発、野島埼の東方、特設航空機運搬艦富士川丸」発見の敵潜掃蕩〜      〜08.23哨区に向う〜      〜08.23N線哨戒〜      〜08.23驅逐艦「朧」と交代、特設運送船山jロ」護衛〜      〜08.24長浦 17.08.25:長浦〜      〜08.25西行特設運送船第二東洋丸」護衛〜      〜08.27O線哨戒〜      〜08.29浦賀 17.08.31:恒例検閲 17.09.--:浦賀〜09.02長浦 17.09.03:長浦〜09.07長浦 17.09.09:長浦〜09.16長浦 17.09.18:長浦〜      〜09.19 1900 館山海軍航空隊前に避泊中、強風に圧流せられ館山海岸に座州〜      〜09.19 2400 自力離洲〜      〜浦賀 17.09.22:浦賀〜      〜09.18N線哨戒〜      〜09.19N線哨戒〜      〜09.20N線哨戒〜      〜09.21N線哨戒〜      〜09.22N線哨戒〜      〜09.23N線哨戒〜      〜09.24N線哨戒〜      〜09.25N線哨戒〜      〜10.01哨区発〜      〜10.02浦賀 17.09.25:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第126号:海面防備部隊東京湾方面部隊 17.10.02:浦賀〜西水道掃海〜浦賀 17.10.03:浦賀〜東水道掃海〜10.03浦賀 17.10.05:浦賀〜東水道掃海〜10.05浦賀 17.10.05:浦賀〜西水道掃海〜10.05浦賀 17.10.06:浦賀〜東水道掃海〜10.06浦賀 17.10.07:浦賀〜10.07浦賀 17.10.09:浦賀〜東水道掃海〜10.09浦賀 17.10.11:浦賀〜東水道掃海〜10.11浦賀 17.10.12:浦賀〜野島埼の100度34浬の敵潜掃蕩〜      〜10.13O哨区敵潜捜索〜       〜10.15勝浦沖対潜掃蕩〜 17.10.23:長浦〜長浦 17.11.05:長浦〜女川 17.11.08:女川湾を基地として女川沖及金華山沖の哨戒 17.11.13:山田湾外哨戒 17.11.14:山田湾外哨戒 17.11.15:山田〜対潜掃蕩〜11.15宮古 17.11.16:宮古付近海面哨戒 17.11.17:宮古〜対潜哨戒〜11.17釜石 17.11.18:対潜警戒 17.11.20:(第39船団護衛) 17.11.21:女川港警戒 17.11.22:女川港警戒 17.11.23:女川近海哨戒 17.12.--:軍隊区分:三陸部隊 17.12.01:大船渡付近海面の対潜哨戒及び船団護衛 17.12.05:女川にて炭水補給 17.12.08:大船渡〜金華山女川間哨戒〜 18.03.31:船主:日本海洋漁業統制株式會社に変更 18.07.01:掃海艇長:海軍大尉 天野 孝哉 18.07.29:掃海艇長:海軍大尉 阿部 六郎 18.10.25:横須賀〜対潜掃蕩〜11.03鳥羽 18.11.01:特設掃海隊編制:内令第2283号:第二十五掃海隊の項を削る
18.11.01:内令第2284号:伊勢防備隊所属 18.11.01:戦時編制:横須賀鎮守府部隊横須賀防備戦隊伊勢防備隊 18.11.07:鳥羽〜対潜掃蕩、船団護衛〜11.12鳥羽 18.11.18:鳥羽〜船団護衛〜11.21長浦 18.11.21:船体兵器修理 18.11.26:長浦〜11.26横須賀 18.11.26:横須賀海軍工廠にて船体兵器修理 18.12.--:入渠 18.12.15:出渠 18.12.--:横須賀〜鳥羽 18.12.18:鳥羽〜船団護衛〜12.21鳥羽 18.12.24:鳥羽〜対潜掃蕩、船団護衛〜
18.12.25:沈没 19.08.10:除籍:内令第949号 --.--.--:解傭
喪失場所:N34.02-E136.19 三重県九木崎東方5km付近 喪失原因:米潜水艦Gurnard(SS-254)の雷撃

同型船

 芙蓉丸金剛丸能代丸英風丸

兵装

 要調査

写真資料

 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編

前の艇へ ← 特設掃海艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る